フラワーカンパニーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フラワーカンパニーズ
基本情報
別名 フラカン
出身地 日本の旗 日本 愛知県名古屋市
ジャンル ロック
ブルースロック
パンク・ロック
ハードロック
活動期間 1989年 -
レーベル アンティノスレコード
1995年 - 2001年
カレーライスレコード
(2001年 - 2002年
トラッシュレコード
(2002年 - 2006年
ハイラインレコーズ
2007年
ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ
2008年 - )
公式サイト フラワーカンパニーズ OFFICIAL WEBSITE
メンバー
鈴木圭介 (ボーカル
グレートマエカワ (ベース
竹安堅一 (ギター
ミスター小西 (ドラムス

フラワーカンパニーズFlower Companyz)は、1989年愛知県名古屋市にて結成された日本ロックバンド。男性4人によって構成される。

メンバー[編集]

  楽曲のほとんどを作詞作曲している。

  • グレートマエカワ(本名: 前川 昌彦(まえかわ まさひこ)、1969年9月27日 - 、血液型A型) - ベース
    バンドのリーダー。アマチュア時代から複数の芸名を名乗っており、現在の芸名はミック前川、カルロス前川に続き3つ目である。
  • 竹安堅一(たけやす けんいち、1969年12月21日 - 、血液型O型) - ギター
  • ミスター小西(ミスターこにし、本名: 小西 康文(こにし やすふみ)、1969年12月4日 - 、血液型B型) - ドラムス

鈴木・マエカワ・小西は同じ中学校の同級生。竹安はマエカワと同じ高校の同級生である[1]

来歴[編集]

初期[編集]

  • 1989年
    4月23日 フラワーカンパニーズ結成。初セッションをする。
    8月5日 地元・名古屋にて初ライヴ。
  • 1990年
    5月 初のデモテープ「フラワーカンパニーズ」発売。
    8月 2ndデモテープ「セカンド・カンパニーズ」発売。
    9月16日 「TOYOTA YOUNG MUSIC FESTIVAL」で優勝。また、マエカワが同大会でベストベーシスト賞を受賞。
  • 1991年
    1月 3rdデモテープ「天狗」発売。
    6月 4thデモテープ「浪漫の尻尾」発売。
    10月18日 東京で初のライヴを行う。
  • 1992年
    2月28日 アルバム「聞コエマスカ」をリリース。初のCD音源となった(デビュー以前に発表されたCDはこの作品のみである)。また同日、名古屋「E.L.L」にてレコ発ワンマンライブを行う。
    6月 5thデモテープ「フラカンの赤い夕暮れ」発売。
    9月 6thデモテープ「フラカンの暗い週末」を発売。
  • 1993年
    1月 7thデモテープ「フラカンの幸せ降ってこい」発売。
    4月 8thデモテープ「フラカンの孤高の戦士(ソルジャー)」発売。

第一期メジャー[編集]

  • 1995年
    2月 アンティノスレコードと契約。
    3月8日 この日発売の、元PRINCESS PRINCESS中山加奈子のソロアルバム「ナカヤマの一発。」にメンバー全員でコーラス参加。自らのバンドよりもコーラスとして世の中にデビューしたことになる。
    5月21日 1stアルバム「フラカンのフェイクでいこう」でメジャーデビュー。翌22日よりツアー「フラカンの情熱ズンドコロックンロールツアー」(計5本)をスタート。
    10月21日 自ら設立したインディーズ・レーベル“カレーライスレコード”よりオフィシャル・ブートレグ・シングル「夢の列車」発売。また、それを記念したツアー「フラカンの夢の列車発車オーライツアー」(計9本)をスタート。

インディーズ[編集]

  • 2001年
    3月 アンティノスレコードを離れる。
    8月8日 13thシングル「真赤な太陽」をライブ会場限定で発売。
    11月5日 「2001年秋LIVE TOUR“幸せまっしぐら”」(全国9ヶ所、全10公演)スタート。
このほか、年間100本を超えるライブを行う。
このほか、前年に引き続き年間100本を超えるライブを行う。

第二期メジャー[編集]

  • 2009年
    1月16日 「ツアー2009 たましいによろしく」スタート。
    4月23日 結成20周年記念ワンマンライブ「フラカン生誕20周年記念祭」を京都磔磔で開催。
    9月16日 結成20周年記念として、トリビュートアルバム「深夜高速 -生きててよかったの集い-」発売。また、再発盤「Prunes & Custard+3」「怒りのBONGO+3」同時発売。
    10月17日 日比谷野外大音楽堂にて、結成20周年記念ライブ「20年だヨ! 全員集合」開催。また、ライブ終了後から、ベストアルバム「フラカン入門」収録曲の選曲参考用アンケートを3週間にわたり実施。
  • 2012年
    4月14日 フラワーカンパニーズ全国ツアー『春チェスト初夏チェスト(仮)』スタート。
    4月27日 昨年のARABAKI ROCK FEST.で開催予定であったが東日本大震災の影響で中止となっていた『フラワーカンパニーズ×斉藤和義~フラカン和義のロックンロール500万ボルト~』をリベンジ開催。
    10月3日 14thアルバム「ハッピーエンド」発売。
    10月18日 フラワーカンパニーズ全国ツアー『ハッピーエンド 2012‐2013』スタート。

作品[編集]

デモテープ[編集]

  • フラワーカンパニーズ (1990年5月)
  • セカンド・カンパニーズ (1990年8月)
  • 天狗 (1991年1月)
  • 浪漫の尻尾 (1991年6月)
  • フラカンの赤い夕暮れ (1992年6月)
  • フラカンの暗い週末 (1992年9月)
  • フラカンの幸せ降ってこい (1993年1月)
  • フラカンの孤高の戦士(ソルジャー) (1993年4月)

シングル[編集]

  リリース日 タイトル 規格 規格品番 備考
1st 1996年2月21日 孤高の英雄 8cmCD ARDJ-5026
2nd 1996年10月2日 俺たちハタチ族 Part 1 〜ああ今日も空振り 12cmCD ARCJ-52
3rd 1996年11月1日 俺たちハタチ族 Part 2 〜冬のにおい 12cmCD ARCJ-54
4th 1997年5月21日 靴下 8cmCD ARDJ-5048
5th 1997年8月21日 最高の夏 8cmCD ARDJ-5055
6th 1997年11月6日 ヒコーキ雲 8cmCD ARDJ-5060 テレビ東京アニメはれときどきぶた」エンディングテーマ
7th 1998年2月25日 涙よりはやく走れ/さっぱり行進曲 8cmCD ARDJ-5061
8th 1998年4月8日 ホップ ステップ ヤング 8cmCD ARDJ-5065
9th 1998年7月18日 LOVE ME DO 8cmCD ARDJ-5072
10th 1998年9月9日 元気ですか 8cmCD ARDJ-5074
11th 1999年1月21日 夜明け 8cmCD ARDJ-5082
12th 2000年2月2日 BELLBOTTOM JACK 12cmCD ARCJ-126
13th 2001年8月8日 真赤な太陽 12cmCD CRFC-001 ライブ会場・通信販売限定
14th 2002年2月28日 人間の爆発 12cmCD CRFC-002 ライブ会場・通信販売限定
15th 2003年1月8日 真冬の盆踊り 12cmCD TXCA-4
16th 2004年9月15日 深夜高速 12cmCD TXCA-11
17th 2006年3月25日 はじまりのシーン 12cmCD TXXC-1003 ライブ会場・通信販売限定
18th 2007年6月13日 下北沢へ出かけよう/下北沢へ出かけない 12cmCD RTC-002
19th 2008年4月1日 この胸の中だけ 12cmCD ライブ会場限定
20th 2008年11月26日 この胸の中だけ 12cmCD+DVD
12cmCD
AICL-1971/2(初回盤)
AICL-1973(通常盤)
初回生産限定盤:CD+DVD
21st 2010年3月31日 元少年の歌 12cmCD+DVD
12cmCD
AICL-2097/8(初回盤)
AICL-2099(通常盤)
初回生産限定盤:CD+DVD
映画『誘拐ラプソディー』主題歌
22nd 2013年1月23日 ビューティフルドリーマー 12cmCD+DVD
12cmCD
AICL-2493/4(初回盤)
AICL-2395(通常盤)
初回生産限定盤:CD+DVD
23rd 2013年8月28日 夜空の太陽 12cmCD+DVD
12cmCD
AICL-2516/7(初回盤)
AICL-2518(通常盤)
初回生産限定盤:CD+DVD

※アンティノス時代に発表された1stから12thまでのシングルは廃盤。

オリジナルアルバム[編集]

  リリース日 タイトル 規格 規格品番 備考
インディーズ 1992年2月28日 聞コエマスカ CD TGCS-105 <収録曲>[2]
1. 黄色い猿の嘆き(作詞:鈴木K助 作曲:堅竹安・鈴木K助)
2. あんな風になってしまうのに(作詞:鈴木K助 作曲:ミック・鈴木K助)
3. フラワーカントリーII(作詞:鈴木K助 作曲:堅竹安・鈴木K助)
4. ダイヤモンド(作詞:鈴木K助 作曲:ミック・鈴木K助)
5. 夢の列車(作詞:鈴木K助 作曲:堅竹安とフラワーカンパニーズ)
6. 青い瞳(作詞:鈴木K助 作曲:堅竹安・鈴木K助)
7. 聞こえますか(作詞:鈴木K助 作曲:ミック・鈴木K助)
8. 浪速の花(作詞:鈴木K助 作曲:堅竹安・鈴木K助)
全編曲:フラワーカンパニーズ
1st 1995年5月21日 フラカンのフェイクでいこう CD ARCJ-8
2nd 1996年2月21日 フラカンのマイ・ブルー・ヘブン CD ARCJ-30
ミニアルバム 1996年7月1日 恋をしましょう CD ARCJ-39
3rd 1996年11月21日 俺たちハタチ族 CD ARCJ-55 初回仕様:オールカラー36ページ デラックス・ブックレット
4th 1998年4月22日 マンモスフラワー CD ARCJ-79 初回限定:スペシャルパッケージ
5th 1999年2月24日 Prunes & Custard CD ARCJ-93 初回限定:デジパック仕様
6th 2000年3月30日
2000年4月5日
怒りのBONGO LP
CD
SYUM-0154
ARCJ-130
初回限定:デジパック仕様 (CD)
7th 2002年7月31日 吐きたくなるほど愛されたい CD TXCA-1
8th 2003年4月2日 発熱の男 CD TXCA-5
9th 2003年11月12日 東京タワー CD TXCA-7
10th 2004年11月25日 世田谷夜明け前 CD TXCA-12
11th 2006年7月5日 脳内百景 CD TXCA-17
12th 2008年11月26日 たましいによろしく CD+DVD
CD
AICL-1974/5(初回盤)
AICL-1976(通常盤)
初回生産限定盤:CD+DVD(「この胸の中だけ」Music Video収録)
13th 2010年11月3日 チェスト! チェスト! チェスト! CD+DVD
CD
AICL-2182/3(初回盤)
AICL-2184(通常盤)
初回生産限定盤:CD+DVD、紙ジャケット仕様
14th 2012年10月3日 ハッピーエンド CD+DVD
CD
AICL-2435-2436(初回盤)
AICL-2437(通常盤)
初回生産限定盤:CD+DVD(「エンドロール」Music Video、新曲レコーディング映像収録)

※アンティノス時代に発表された1stから6thまでのアルバム、およびミニアルバムは再発アルバムリリースに伴い廃盤。

再発アルバム[編集]

  リリース日 タイトル 規格 規格品番 備考
1st+ミニアルバム+ボーナストラック 2007年4月25日 フラカンのフェイクでいこう+恋をしましょう+7 CD MHCL-1058
2nd+ボーナストラック 2007年4月25日 フラカンのマイ・ブルー・ヘブン+5 CD MHCL-1059
3rd+ボーナストラック 2008年3月19日 俺たちハタチ族+9 CD MHCL-1314
4th+ボーナストラック 2008年3月19日 マンモスフラワー+6 CD MHCL-1315
5th+ボーナストラック 2009年9月16日 Prunes & Custard+3 CD AICL-2040
6th+ボーナストラック 2009年9月16日 怒りのBONGO+3 CD AICL-2041

その他アルバム[編集]

  リリース日 タイトル 規格 規格品番 備考
ベスト・アルバム 1997年9月18日 ヤングフラワーズ 〜Early FLOWER COMPANYZ CD ARCJ-71
ベストアルバム 2002年10月23日 Singles & More 〜Antinos Years CD ESCL-9082 アンティノス時代のシングルを中心としたベスト。通称「花表」。
裏ベストアルバム 2002年11月7日 スーパー裏ベスト CD TXCA-02 メンバー選曲によるベスト。通称「花裏」。
ライブアルバム 2003年8月23日 フラカン一座、熱狂低気圧 磔磔ライブ CD TXXC-1001 ライブ会場限定発売
ベストアルバム 2007年10月10日 BEST FLOWER 〜Trash Years〜 CD TXCA-19 トラッシュレコーズ移籍後のベストアルバム
ライブアルバム+レアトラック集 2007年10月10日 LIVE TRASH, RARE TRASH 2CD TXXC-1004/5 ライブ会場・通販限定発売
トリビュートアルバム 2009年9月16日 深夜高速 -生きててよかったの集い- CD AICL-2039 結成20周年を記念したトリビュートアルバム。「深夜高速」を様々なアーティストがカバー。
ベストアルバム 2010年1月27日 フラカン入門 CD+DVD
CD
AICL-2079/80(初回盤)
AICL-2081(通常盤)
結成20周年を記念した初のオールタイムベストアルバム。収録曲はオフィシャルサイトで行われたアンケートを参考に決定。
初回生産限定盤のみ激レアライブ映像+「深夜高速(2009)」ビデオクリップを収録したDVD付。
ライブアルバム 2013年3月22日 @WWW 2013.1.23 Premium Live “Beautiful Dreamer” CD+DVD
CD
AICL-2516/17(初回盤)
AICL-2518(通常盤)
キーボードやストリングス隊を含む特別編成で行われたライブを収録したもの。
ベストアルバム 2013年10月23日 新・フラカン入門 (2008-2013) CD+DVD
CD
AICL-2594/95(初回盤)
AICL-2596(通常盤)
2008年のメジャー復帰以降の楽曲が選ばれたベストアルバム。

DVD[編集]

参加作品[編集]

発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
2002年12月4日 昭和レジデンス 青盤 BSCL-30008 14.香り/フラワーカンパニーズ
15.涙でいっぱい/フラワーカンパニーズ
SUBSTANCE
2003年10月29日 外道狂TRIBUTE~ゲゲゲの外道讃歌~ AICL-1493 2.にっぽん讃歌 Sony Music Associated Records
2005年1月20日 D★SELDOME 其の10 SELD-010 11.深夜高速 新星堂限定販売
2006年3月22日 GO-GO KING RECORDERS ORIGINAL RECORDINGS vol.1 COCP-50884 4.真赤な太陽 TRIAD
2006年4月21日 mF247.jp:GOOD VIBE IF YOU WANT IT!ROCK VOL.1 MFDS-0001 1.深夜高速 mF247
2007年1月7日 NO COLLECTORS NO LIFE YOUTH-011 3.30 Youth inc.
2007年8月22日 酔いどれ詩人になるまえに VPCC-84437 5.青い春 VAP
2008年4月9日 ニッポンのロックを聴こう! MHCL-1322 15.深夜高速 GT music
2009年12月9日 THIS IS FOR YOU〜THE YELLOW MONKEY TRIBUTE ALBUM BVCL-50 12.プライマル。 THE YELLOW MONKEYトリビュートアルバム
2010年6月16日 DJやついいちろう「ATARASHII YATSU!」 VICL-63635 19.真冬の盆踊り Victor Entertainment
2010年9月8日 モテキ的音楽のススメ 土井亜紀・林田尚子盤 AICL-2163 3.深夜高速(2009) Sony Music Associated Records
2010年12月1日 ロマンチスト〜THE STALIN・遠藤ミチロウTribute Album〜 BVCL-148 6.GO GO スターリン Ariola
2010年11月10日 ピエロとスイカと88ライダー KICS-1624 1.青いお空に ニューロティカトリビュートアルバム
2011年3月16日 GO!GO!7188 Tribute - GO!GO! A GO!GO! VICB-60069 7.跳び跳ねマーチ Victor Entertainment
2012年5月23日 東京こんぴ 藍盤 VICL-63874 13.東京タワー Victor Entertainment
2013年3月6日 ユニコーン・カバーズ KSCL-30008 1.スターな男 Ki/oon Music

書籍[編集]

  • 鈴木圭介全歌詞集 「イッツ オンリー ロッキュンロール」 (2006年11月11日)
    • ライブダイジェスト収録のDVD付
  • 鈴木圭介エッセイ集 「三十代の爆走」 (2008年11月26日)

ミュージックビデオ[編集]

監督 曲名
柿本ケンサク エンドロール」「深夜高速<25th Anniversary Mix>
カトウカズヤ 「NUDE CORE ROCKN' ROLL」「真冬の盆踊り」「東京タワー」「東京タワー (LIVE)」「白眼充血絶叫楽団」
清家崇人 「永遠の田舎者」
榊英雄 元少年の歌」「終わらないツアー」
柴田剛 ビューティフルドリーマー
中野敬久 夜空の太陽
Nakamura Kota 「はぐれ者讃歌」
ハル ヒコーキ雲」「靴下
番場秀一 ロスタイム
南関東逆境会(大根仁+花くまゆうさく+石田雄介) この胸の中だけ
安田香織 「春色の道(Live ver.)」
山口保幸 感情七号線
不明 BELLBOTTOM JACK」「LOVE ME DO」「あぁ今日も空振り」「ホップ ステップ ヤング」「元気ですか」「孤高の英雄」「最高の夏」「深夜高速 (2009)」「深夜高速 (LIVE)」「深夜高速 (ONLY SSTV EDITION)」「冬のにおい」「夜明け」「涙よりはやく走れ」「恋をしましょう

タイアップ[編集]

曲名 タイアップ
冬のにおい スペースシャワーTV1996年11月度POWER PUSH
涙よりはやく走れ NHK-FMミュージックスクエア」エンディングテーマ
ホップ ステップ ヤング テレビ朝日系「人気者でいこう!」1998年4月~6月度エンディングテーマ
ヒコーキ雲 アニメ「はれときどきぶた」第18話 - 第36話エンディングテーマ
BELLBOTTOM JACK 日本テレビ「アンナ音版」エンディングテーマ
元少年の歌 映画「誘拐ラプソディー」主題歌
青い春 映画「彩恋 SAI-REN」挿入歌
三百六十五歩のマーチ ベネッセコーポレーション「進研ゼミ中学講座」CMソング
ビューティフルドリーマー ドラマ「まほろ駅前多田便利軒」オープニングテーマ
感情七号線 テレビ東京系「アリなし〜アリケン★ゴールデンスタジアム〜」2010年10月23日 - 12月25日エンディングテーマ
夜空の太陽 アニメ「宇宙兄弟」第65話 - 第75話エンディングテーマ

主な出演イベント[編集]

  • 1997年 - SPACE SHOWER TV SWEET LOVE SHOWER '97
  • 1997年 - FM802 & SPACE SHOWER TV presents SWEET LOVE SHOWER 1997 SPRING
  • 1998年06月28日 - NISSIN POWER STATION LAST DAYS
  • 1998年07月13日 - ロックロックこんにちは! ver.2.0
  • 1998年07月26日 - MEET THE WORLD BEAT'98
  • 2003年08月16日 - RISING SUN ROCK FESTIVAL 2003 in EZO
  • 2003年12月31日 - COUNTDOWN JAPAN 03/04
  • 2004年08月22日 - MONSTER baSH 2004
  • 2004年12月29日 - COUNTDOWN JAPAN 04/05
  • 2005年05月08日 - FM802 & SPACE SHOWER TV presents SWEET LOVE SHOWER 2005 SPRING
  • 2005年08月14日 - Sky Jamboree '05 ~愛言葉~
  • 2006年07月29日 - AOMORI ROCK FESTIVAL '06
  • 2006年08月06日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2006
  • 2007年08月11日 - AOMORI ROCK FESTIVAL '07
  • 2007年08月24日 - ロックロックこんにちは! Ver. 11PM (Positive Men)
  • 2007年12月28日 - COUNTDOWN JAPAN 07/08
  • 2008年04月29日 - ARABAKI ROCK FEST.08
  • 2008年08月12日 - ロックロックこんにちは! in 仙台 2008
  • 2008年08月15日 - RISING SUN ROCK FESTIVAN 2008 in EZO
  • 2008年12月30日 - COUNTDOWN JAPAN 08/09
  • 2009年04月25日 - ARABAKI ROCK FEST.09
  • 2009年07月18日 - AOMORI ROCK FESTIVAL '09
  • 2009年08月01日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2009
  • 2009年08月28日 - SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2009
  • 2009年12月29日 - RADIO CRAZY
  • 2009年12月31日 - COUNTDOWN JAPAN 09/10(年越しカウントダウン)
  • 2010年05月02日 - ARABAKI ROCK FEST.10
  • 2010年07月17日 - JOIN ALIVE 2010
  • 2010年07月18日 - ap bank fes '10
  • 2010年08月01日 - SETSTOCK 2010
  • 2010年08月06日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2010
  • 2010年12月28日 - COUNTDOWN JAPAN 10/11
  • 2011年07月09日 - 京都大作戦2011年 〜今年も楽しむ覚悟でいらっ祭!〜
  • 2011年12月29日 - COUNTDOWN JAPAN 11/12
  • 2011年12月30日 - RADIO CRAZY 2011
  • 2012年04月28日 - ARABAKI ROCK FEST.12
  • 2012年07月22日 - JOIN ALIVE 2012
  • 2012年07月29日 - FUJI ROCK FESTIVAL 2012
  • 2012年08月04日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2012
  • 2012年09月22日 - AOMORI ROCK FESTIVAL '12
  • 2012年12月29日 - COUNTDOWN JAPAN 12/13
  • 2013年04月27日 - ARABAKI ROCK FEST.13
  • 2013年05月04日 - JAPAN JAM 2013
  • 2013年06月01日 - 百万石音楽祭2013~ミリオンロックフェスティバル~
  • 2013年07月20日 - DOBERMAN presents MOONSTRUCK JAMBOREE 2013
  • 2013年07月28日 - JOIN ALIVE 2013
  • 2013年08月04日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2013
  • 2013年08月25日 - MONSTER baSH 2013(ACOUSTIC SET)
  • 2013年08月29日 - ロックロックこんにちは!Ver.17
  • 2013年09月14日 - AOMORI ROCK FESTIVAL '13
  • 2013年10月05日 - MONGOL800 ga FESTIVAL What a Wonderful World!! 13
  • 2013年10月12日 - BEATRAM MUSIC FESTIVAL 2013
  • 2013年10月25日,26日 - a flood of circle「Tour I'M FREE “AFOCの47都道府県制覇!形ないものを爆破しにいくツアー”」
  • 2013年12月05日 - ZIGZO meeting "SKY HIGH! Vol.3"
  • 2013年12月29日 - RADIO CRAZY 2013
  • 2014年04月02日 - 忘れらんねえよ「忘れらんねえよ主催 ツレ伝ツアー ~序章~」
  • 2014年05月08日 - ThAnX! AX! Clim-AX!
  • 2014年05月10日 - 森、道、市場 2014 ~フランシスコの海へ~
  • 2014年06月08日 - 百万石音楽祭2014~ミリオンロックフェスティバル~
  • 2014年06月25日 - THE BAWDIES「~The 10th Anniversary~ Like a Rockin' Rollin' Stone Tour」
  • 2014年08月02日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2014
  • 2014年08月15日 - RISING SUN ROCK FESTIVAL 2014 in EZO
  • 2014年08月24日 - Sky Jamboree 2014 ~one pray in nagasaki~
  • 2014年09月06日or7日 - OTODAMA'14~音泉魂~
  • 2014年09月13日or14日 - New Acoustic Camp 2014
  • 2014年10月04日or5日 - MONGOL800 ga FESTIVAL What a Wonderful World!! 13+14

関連項目[編集]

  • 大阪球場 - 1998年8月11日開催の「さよなら大阪球場ワンマンライブ」が大阪球場における最後の音楽コンサートとなった。

脚注[編集]

  1. ^ フラワーカンパニーズ 結成20周年記念サイト
  2. ^ クレジットは各々を指す。「鈴木K助」= 鈴木圭介、「堅竹安」= 竹安堅一、「ミック」= グレートマエカワ。

外部リンク[編集]