佐野康夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
佐野康夫
基本情報
出生 1965年4月30日(49歳)
出身地 福岡県
血液型 A
ジャンル J-POP
職業 ドラマー
担当楽器 ドラムス
活動期間 1989年 -
公式サイト 佐野康夫オフィシャルサイト

佐野 康夫(さの やすお、1965年4月30日 - )は、日本ドラマー福岡県出身。血液型はA型。

略歴[編集]

小学生時代に地元の児童吹奏楽団に打楽器で入団、ドラムを叩いてみたいと話すうち、先生がパールのチャレンジャー・マークIIを購入、初めてドラムを叩く。途中ベースやピアノに興味を持ったこともあったが長続きせず、以後ドラムに専念する。

中学時代からバンド活動をはじめ、フォーク好きの友達と一緒にフォーク・ソングのコピーをする。高校時代には当時隆盛を誇ったフュージョン・バンドをコピーするようになり、本格的にバンド活動を行う。

大学入学を機に上京。フュージョンの良さを認めつつも自分の中でなにか違うと思う部分もあり、マイルス・デイヴィスジェイムス・ブラウンボブ・マーリーなどの音楽が好きになり、ソウル・ファンクへの興味と共にジャズも勉強したいとの野心から、大学ではいわゆる”ジャズ研”と呼ばれるサークルに入部。ジャズのみならず、ファンクやレゲエもやりたいと、友人のつてを頼って他の大学のロック系のサークルに行くなど、多くのバンドで演奏する。

大学在学中から新宿ピットインなどでセッションするバンドに誘われるようになり、そこからジャズ・シーンの人たちとのセッションをきっかけにプロ・ミュージシャンとしてのキャリアをスタートさせる。

大学卒業の頃、当時セッション仲間だった廣木光一の勧めで古澤良治郎に2年弱ドラムを教わり、キャリアの中でこの時期だけ、師匠と弟子の関係を持つ。

1989年、早坂紗知のアルバム・レコーディングへの参加を機にスタジオ・ミュージシャンとしての活動を本格化、当初はジャズ・アーティストの作品への参加が多かったが、1993年頃からは次第にロックポップスのアーティストの作品にも参加するようになる。

ドラム・セットはカノウプス、シンバルはジルジャン社製をそれぞれ使用。ドラム・シューズは試行錯誤の結果、ニューバランスを愛用している。

2007年、『リズム&ドラム・マガジン』(2007年5月号)にて、Featured Artistとして巻頭特集が組まれ、その表紙を飾った[1]

主な活動[編集]

レコーディング[編集]

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

ライブ[編集]

主な参加ユニット[編集]

  • Earth, Wind & Fighters
  • Electric Nomad
  • 村田陽一(Abstractrio, ORCHESTRA, Hook Up)
  • unbeltipo
  • Seatbelts

脚注[編集]

  1. ^ リットーミュージック社サイトの該当号ページ
  2. ^ 2006年7月2日日比谷野外大音楽堂“SOCIETY OF THE CITIZENS Vol.1”、刄田綴色の代わりにサポートで参加。
  3. ^ 2009年7月7日さいたまスーパーアリーナ“超時空七夕ソニック”

外部リンク[編集]