miwa

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
miwa
基本情報
出生 1990年6月15日(24歳)
出身地 日本の旗 日本神奈川県三浦郡葉山町
血液型 A型
学歴 慶應義塾大学[1][2]商学部卒業[3][4]
ジャンル J-POP[5]
ポップ・ロック[5]
職業 シンガーソングライター
担当楽器 ボーカルギターピアノ
活動期間 2007年 -
レーベル Sony Records
2010年 - )
事務所 トライストーン・エンタテイメント
共同作業者 NAOKI-T、Quatre-M
公式サイト miwa-web.com
著名使用楽器
Gibson J-45
Gibson Joan Jett “Black Heart” Melody Maker[6]
Bacchus Flying V(タイプ)
Gibson Les Paul Junior

シェリル・クロウ[7][8]など

miwa(ミワ、1990年6月15日 - )は、日本女性シンガーソングライター

神奈川県三浦郡葉山町出身。東京都育ち。血液型A型[9]身長148.9cm。所属レコード会社Sony Records所属事務所トライストーン・エンタテイメント[10]。公式ファンクラブは「yaneura-no-neko」。

略歴

メジャーデビュー以前

1990年6月15日に神奈川県三浦郡葉山町で生まれ、その後東京都に引っ越す。父親が音楽好きだったため、幼い頃から父親の聴く音楽を自然と耳にしていた[7]

15歳の頃から作曲を始めるようになり、高校入学後に独学でギターを始めるがなかなか上達しなかったため、その後は習いに行った[8]

Wake Up, Break Out!」を高校1年生の時に制作する[11]。高校在学中、下北沢ロフトを中心に都内、夏休みなどには父親の実家がある沖縄県(主に北谷)でライブ活動を行うが、通っていた高校は芸能活動が禁止であったため、友人にも秘密にして活動を続けていた。その期間に自主制作による2枚のシングル「Song for you/TODAY」「そばにいたいから」を枚数限定で発売[12]。その後、メジャーデビューが決定したため高校3年生の冬から本格的な楽曲制作に取りかかる。

2010年

3月3日、1stシングル「don't cry anymore」をリリースし、Sony Recordsよりメジャーデビュー。同日にはshibuya eggmanにてデビュー記念ライブを開催。

4月17日に、ニッポン放送で『miwaのオールナイトニッポンR』放送開始。4月21日、第64回ザテレビジョンドラマアカデミー賞より「don't cry anymore」でドラマソング賞を受賞[13]

7月29日、ギブソン米国公式サイトのニュースページにて、エレキギタージョーン・ジェットモデルを手にしたことが取り上げられ、初めて日本人の女性が紹介された記事となった[14][6]

8月16日、尾崎豊のカバー「僕が僕であるために」とTHE BLUE HEARTSのカバー「青空」を配信限定リリース。

9月1日リリースの3rdシングル「chAngE」はオリコン週間シングルチャートで初登場8位を記録し、初のオリコンチャートトップ10入り。9月5日、『miwaのオールナイトニッポンR』内のプロジェクトとして、自身を部長とする『miwa軽音楽部』を発足。応募者の中から抽選で選ばれた24人のファンとギタリストの古川ヒロシを招き、エレキギターで「chAngE」を弾くというテーマの下、Sony Music Studios Tokyoにて第1回目の部活動を行った[15][16]

11月 - 12月には初のソロライブツアー『miwa "very first tour" miwa yade! miwa dagah! miwa dayo!』を開催。

2011年

1月5日、第25回日本ゴールドディスク大賞よりザ・ベスト5ニュー・アーティストを受賞[17]。1月12日、槇原敬之トリビュートアルバムWe Love Mackey』に「北風 〜君にとどきますように〜」で参加。

2月23日リリースの5thシングル「春になったら」は、2011年3月1日から3月20日までの期間限定でJR東日本山手線原宿駅の発車メロディとしても起用された。

4月5日に、ニッポン放送で『miwaのオールナイトニッポン』(一部)放送開始。4月6日リリースの1stアルバム『guitarissimo』は、オリコン週間アルバムチャートで初登場1位を獲得し、シングル・アルバムを通じて自身初のオリコンチャート1位を獲得[18]。1stアルバム後の6月 - 7月にはライブツアー『miwa live tour 2011 "guitarissimo"』を開催。

11月には、「アコギ」1本で弾き語りをするライブツアー『miwa acoustic live tour "acoguissimo"』を開催。

12月21日には、同年6月からのライブツアーを映像化した『miwa live tour 2011 "guitarissimo"』をリリース。12月24日、Zepp Tokyoにてワンマンライブ『miwa -39live- "miwanissimo"』を開催。

2012年

3月1日、自身が「COTTON USA」のキャンペーン・キャラクターに起用される。同協会のイメージソング「コットンの季節」も書き下ろす[19]

3月7日、チャリティーシングル「All You Need Is Love」に参加。3月14日には、2ndアルバム『guitarium』をリリース。同アルバムリリース後の5月 - 6月に、ライブツアー『miwa concert tour 2012 "guitarium"』を開催。

6月6日には、初のミュージックビデオクリップ集『miwa clips vol.1』を発売。

8月15日、9thシングル「ヒカリヘ」をリリース、同年のTSUTAYAのCDシングル・レンタル年間ランキングで2位を獲得するなどのロングセールスを記録した。[20]

9月 - 10月には、前年に引き続き「アコギ」1本の弾き語りライブツアー『miwa acoustic live tour 2012 "acoguissimo 2"』を開催。

10月24日、YUIのトリビュートアルバム『SHE LOVES YOU』に「Good-bye days」で参加。12月にはライブツアー『miwa -39 live tour- "miwanissimo 2012"』を開催。

2013年

1月16日リリースの10thシングル「ホイッスル〜君と過ごした日々〜」は、第91回全国高等学校サッカー選手権大会の応援歌として制作された。1月19日、国立競技場における同大会決勝戦の試合開始前に、自身がグラウンド上においてライブ演奏を行った。また同曲は、1月28日付けBillboard JAPANラジオ・エアプレイ・チャート「Hot Top Airplay」第1位をマークした。

3月29日、自身初の日本武道館公演となる『miwa live at 武道館 〜卒業式〜』を開催。翌日の3月30日には38人限定招待の『miwa special live at 下北沢ロフト』を同名のライブハウスで行った。3月は26日にオールナイトニッポン放送終了、同月付で大学を卒業(後述)するなど、節目の時期となった。

5月22日、3rdアルバム『Delight』をリリースし、発売月にゴールド認定(CD、日本レコード協会)を受けた。発売初月にゴールド認定を受けたのはシングル・アルバムを通じて本人初である。同アルバムリリース後の7月〜9月に、ライブツアー『miwa concert tour 2013 "Delight"』を開催。 12月23,24日、ワンマンライブとなる『miwa-39 live tour-“miwanissimo2013”』を開催。12月27日にはミュージックステーションスーパーライブ、12月31日には第64回NHK紅白歌合戦に初出場を果たした。曲目は「ヒカリヘ」。

2014年

2月7日、『オールナイトニッポンGOLD』に出演。

2月12日、13枚目のシングル『Faith』を発売。

2月20日、『SCHOOL OF LOCK』に出演。

3月8日・9日に東京・国立代々木競技場第一体育館にてワンマンライヴ「miwa spring concert 2014 "渋谷物語〜完〜"」を開催し、松坂桃李西田敏行がメーンキャストの映画『マエストロ!』(2015年公開)でフルートを吹くヒロイン・橘あまね役で出演、女優としてデビュー予定であることをサプライズ発表した。

人物・エピソード

好きなアーティストは洋楽ではシェリル・クロウアヴリル・ラヴィーンキャロル・キングディープ・パープルテイラー・スウィフトなど[7]で、邦楽ではアンジェラ・アキaikoYUKIRADWIMPSなどをよく聴いている[21][22]

使用楽器はギターピアノで、エレキギターはデビュー当時は練習中[23]であったが、「chAngE」から使用している。ギブソン米国公式サイトで初めて紹介された日本人女性でもある(日本人としてはB'z松本孝弘以来2人目)[14]。ギターを始めたのは15歳からで、きっかけはシェリル・クロウを見て女性が弾き語る姿を格好良いと思ったから[24]

趣味は散歩[25]ショッピングファッションで、休日は友人とカフェ巡りなどをしている。沖縄県に住んでいる祖母の影響で幼い頃から健康にも興味があり、健康オタクと自称している[8]

明るくて元気な強い人と見られることが多いが、実際は泣き虫だという[7][11]。大切なものは家族と友達で、好きな言葉は「千里の道も一歩から」である[10]

歌詞に関しては、少し誤解されていても気にせず、正しく伝わることよりも楽しく聞いてもらえることが一番だという[26]

デビュー当時から慶應義塾大学商学部に在学しており[1]、学業と両立させながら音楽活動に励んでいた。2013年3月27日、無事に大学を卒業した事を発表した[3]

漫画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』の映画版のオーディションを受けて、書類選考で落ちたと言う[27]。同漫画の作者の青木琴美とは少し親交があり、『2013 FNS歌謡祭』(フジテレビ)では、映画版の主役の大原櫻子と音楽共演した。

使用楽器

ギター

アコースティックギターは、ギブソン・J-45(2000年製)のナチュラル・フィニッシュを愛用しており、バックとサイドがローズウッド仕様になっている[8]。このギターは通っていた高校がアルバイトを禁止していたため、秘密にアルバイトをして高校2年生の3月にその貯金で購入した[28]エレキギターは、ギブソン・メロディメーカーのJoan Jett Blackheart[14][6]と、BacchusのフライングV(BFV-2010K[要出典][29]を使用している。フライングVは、concert tour 2012 "guitarium"の間に誕生日を迎え、サポートメンバーからプレゼントされた物である。

また、現在坂崎幸之助からTerry's TerryのTJ-80を借り受けている。

  • アコースティックギター
    • Gibson J-45 - 2000年製。メインギターとして使用。
    • Collings D2H [30]
  • エレキギター

ピアノ

ピアノは2歳の頃から習っており、ギターを始める以前はピアノで楽曲を制作していた。デビュー前のライブではギター弾き語り以外にピアノ弾き語りによる演奏も行なっていた。デビュー後では「片想い」でピアノを演奏する姿を披露している。

ディスコグラフィ

シングル

  発売日 タイトル 規格 規格品番 最高順位
オリコン[32]
自主制作
1st 2007年12月24日 Song for you/TODAY 12cmCD - -
2nd 2008年5月3日 そばにいたいから 12cmCD - -
メジャー
1st 2010年3月3日 don't cry anymore 12cmCD SRCL-7217 11位
2nd 2010年6月23日 リトルガール CD+DVD SRCL-7303/4 18位
12cmCD SRCL-7305
3rd 2010年9月1日 chAngE CD+DVD SRCL-7357/8 8位
12cmCD SRCL-7359
4th 2010年12月1日 オトシモノ CD+DVD SRCL-7427/8 14位
12cmCD SRCL-7429
5th 2011年2月23日 春になったら CD+DVD SRCL-7553/4 11位
12cmCD SRCL-7555
6th 2011年6月29日 441 CD+DVD SRCL-7665/6 7位
12cmCD SRCL-7667
7th 2011年9月21日 FRiDAY-MA-MAGiC CD+DVD SRCL-7736/7 9位
12cmCD SRCL-7738
8th 2012年2月1日 片想い CD+DVD SRCL-7846/7 7位
12cmCD SRCL-7848
9th 2012年8月15日 ヒカリヘ CD+DVD SRCL-8074/5 4位
12cmCD SRCL-8076
10th 2013年1月16日 ホイッスル〜君と過ごした日々〜 CD+DVD SRCL-8218/9 4位
CD+DVD SRCL-8220/1
12cmCD SRCL-8222
11th 2013年4月24日 ミラクル CD+DVD SRCL-8267 6位
12th 2013年9月4日 Faraway/Kiss you[33] CD+DVD SRCL-8348/9 6位
12cmCD SRCL-8350
12cmCD SRCL-8351
13th 2014年2月12日 Faith[34] CD+DVD SRCL-8477/8 4位
12cmCD SRCL-8479
14th 2014年7月2日 君に出会えたから CD+DVD SRCL-8579 4位
12cmCD SRCL-8571

アルバム

  発売日 タイトル 規格 規格品番 最高順位[35]
1st 2011年4月6日 guitarissimo CD+DVD SRCL-7597/8 1位
CD SRCL-7599
2nd 2012年3月14日 guitarium CD+DVD SRCL-7890/1 3位
CD SRCL-7892
3rd 2013年5月22日 Delight CD+DVD SRCL-8297 1位
CD SRCL-8299

映像作品

  発売日 タイトル 規格 規格品番 最高順位[36]
ライブビデオ 2011年12月21日 miwa live tour 2011 "guitarissimo" DVD SRBL-1502 29位
BD SRXL-24 -
ビデオクリップ 2012年6月6日 miwa clips vol.1 DVD SRBL-1529 8位
BD SRXL-29 7位
ライブビデオ 2012年12月5日 miwa concert tour 2012 "guitarium" DVD SRBL-1542 5位
SRBL-1543
BD SRXL-32 10位
SRXL-33
ライブビデオ 2013年7月24日 miwa live at 武道館 〜卒業式〜 DVD SRBL-1584 8位
BD SRXL-42 15位
ライブビデオ 2014年1月8日 miwa concert tour 2013 "Delight" DVD SRBL-1597 3位
BD SRXL-48 10位

配信楽曲

発売日 タイトル 規格
2010年8月16日 僕が僕であるために デジタル・ダウンロード
2010年8月16日 青空 デジタル・ダウンロード
2011年11月16日 ふたりのサタディ デジタル・ダウンロード
2013年4月1日 Delight 着うた先行配信
2013年7月11日 Kiss you 着うた先行配信
2013年11月6日 It's you! 着うた先行配信
2013年12月18日 キットカナウ 着うた先行配信
2014年1月1日 Faith 着うた先行配信
2014年3月12日 LOVE LOVE LOVE 着うた先行配信
2014年3月22日 君に出会えたから 着うた先行配信
2014年4月5日 Let me go 着うた先行配信

参加作品

シングル

  発売日 タイトル 規格 規格品番
チャリティーシングル 2012年3月7日 All You Need Is Love CD+DVD XNAP-00001/B

アルバム

  発売日 タイトル 規格 規格品番
トリビュートアルバム 2011年1月12日 We Love Mackey CD SRCL-7484
トリビュートアルバム 2012年10月24日 SHE LOVES YOU CD SRCL-8135
トリビュートアルバム 2014年3月26日 私とドリカム -DREAMS COME TRUE 25th ANNIVERSARY BEST COVERS- CD ESCL-4182

映像作品

  発売日 タイトル 規格 規格品番
ライブ&ドキュメンタリービデオ 2012年2月29日 ap bank fes '11 Fund for Japan 3DVD TFBQ-18128

その他

  • 「スプリングハズカム」(2013年2月28日 - 3月31日)
    2013年FM802ACCESSキャンペーン」コラボレーション参加。期間限定オンエアおよび専用サイトでの配信のみ。

楽曲提供

  • 「いつか君が」
    作詞:ももいろクローバーZ & miwa、作曲:miwa、編曲:Naoki-T
    ももいろクローバーZのシングル「GOUNN」に収録)

未発表曲

  • 「Never give it up」、「儚い天気」[37]

出演

映画

ライブ

日程 タイトル 会場
ツアー
2010年11月24日 - 12月8日 miwa "very first tour"
miwa yade! miwa dagah! miwa dayo!
3会場3公演
2011年6月4日 - 7月10日 miwa live tour 2011 "guitarissimo" 6会場7公演
2011年11月2日 - 11月27日 miwa acoustic live tour "acoguissimo" 11会場11公演
2012年5月12日 - 6月24日 miwa concert tour 2012 "guitarium" 11会場13公演
2012年9月8日 - 10月21日 miwa acoustic live tour 2012 "acoguissimo 2" 14会場14公演
2012年12月18日 - 12月22日 miwa -39 live tour- "miwanissimo 2012" 3会場3公演
2013年7月13日 - 9月23日 miwa concert tour 2013 “Delight” 16会場21公演
2013年12月23日-12月24日 miwa-39 live tour-“miwanissimo2013” 1会場2公演
ワンマン
2010年3月3日 2010.3.3 miwa デビューライブ shibuya eggman
2011年12月24日 miwa -39live- "miwanissimo" Zepp Tokyo
2013年3月29日 miwa live at 武道館 〜卒業式〜 日本武道館
2013年3月30日 miwa special live at 下北沢ロフト 下北沢ロフト
その他
2011年10月-11月 学園祭ライブツアー 10会場[38]
2012年3月14日 ホワイトデー女子会 in 渋谷 shibuya eggman
2012年10月-11月 学園祭ライブツアー 3会場[39]

ラジオ

放送局 番組名 放送時間 放送期間
ニッポン放送 miwaのオールナイトニッポンR 毎月第3土曜日 27:00 - 29:00 2010年4月17日 - 2011年3月19日
miwaのオールナイトニッポン 毎週火曜日 25:00 - 27:00 2011年4月5日 - 2013年3月26日

タイアップ

起用年 楽曲 タイアップ
2010年 don't cry anymore フジテレビ系ドラマ『泣かないと決めた日』主題歌
レコチョクTV-CMソング
chAngE テレビ東京系アニメ『BLEACH』12thオープニングテーマ
リトルガール TBS系『COUNT DOWN TV』6月度オープニングテーマ
僕が僕であるために 東宝配給映画『カラフル』イメージソング
青空 東宝配給映画『カラフル』エンディングテーマ
オトシモノ TBS系ドラマ『獣医ドリトル』挿入歌
2011年 春になったら NTTドコモ「ガンバレ受験生 '10-'11」「ススメ!新生活」タイアップソング
JR東日本山手線原宿駅2011年3月限定発車メロディ
テレビ神奈川saku saku』3月度エンディングテーマ
Chasing hearts 松竹アニプレックス配給映画『鋼の錬金術師 嘆きの丘の聖なる星』オープニングテーマ
FRiDAY-MA-MAGiC TBS系ドラマ『桜蘭高校ホスト部』主題歌
ふたりのサタディ フジテレビ系『めざましどようび』テーマソング
ハツナツ フジテレビTWO恋愛観察バラエティー あいのり2』主題歌
2012年 クレアデルネ セガリズム怪盗R 皇帝ナポレオンの遺産』オープニングテーマ
いくつになっても ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント配給映画『桜蘭高校ホスト部』主題歌
片想い テレビ神奈川『saku saku』2月度エンディングテーマ
コットンの季節 COTTON USAイメージソング
ヒカリヘ フジテレビ系ドラマ『リッチマン、プアウーマン』主題歌
トヨタ自動車カローラ×『リッチマン、プアウーマン』」CMソング
Napa フジテレビ系ドラマ『リッチマン、プアウーマン』挿入歌
ホイッスル〜君と過ごした日々〜 第91回全国高等学校サッカー選手権大会テーマソング
2013年 Delight フジテレビ系ドラマ『リッチマン、プアウーマン in ニューヨーク』挿入歌
ミラクル 資生堂シーブリーズ』CMソング
スマイル miwa×ペネロペ コラボレーションソング
カラ*フル〜MY STYLE ver.〜 LOWRYS FARM “MY STYLE MY LOWRYS”春キャンペーンソング
Kiss you フジテレビ“ノイタミナ”アニメ「銀の匙 Silver Spoon」オープニング・テーマ
It's you! ハウスウェルネスフーズ「C1000」TV-CM ソング
キットカナウ ネスレ キットカット受験生応援アーティストソング
Faith ユーキャン「通信講座2014年ブランド」テーマソング
2014年 君に出会えたから 資生堂『シーブリーズ』CMソング
空の彼方 NHK総合めざせ!2020年のオリンピアン〜東京五輪の原石たち〜」テーマソング
Let me go 日本テレビ系列ウーマン・オン・ザ・プラネット」オープニングソング

連載

  • Go!Go! GUITAR 「Cafe miwa のギターラテ」
  • smart「音楽ツウのこれが好き」

受賞歴・記録

アーティスト

楽曲

参考文献・出典

  1. ^ a b BARKS (2010年1月17日). “慶応大学在学中の19歳miwa、ドラマ主題歌で鮮烈デビュー”. 2010年3月9日閲覧。
  2. ^ ハッピーMusic 2011年7月9日放送分
  3. ^ a b miwaのオールナイトニッポン 2013年3月27日放送
  4. ^ フジテレビ系列「笑っていいとも」2013年8月26日放送分
  5. ^ a b キューブミュージック
  6. ^ a b c Gibson Guitar Corporation (2010年7月29日). “Miwa Goes Electric” (英語). 2010年8月27日閲覧。
  7. ^ a b c d MUSICSHELF (2010年3月2日). “miwa Special Interview”. 2010年3月7日閲覧。
  8. ^ a b c d mFound entertainment (2010年3月24日). “miwa スペシャル・インタビュー”. 2010年3月26日閲覧。
  9. ^ http://www.miwa-web.com/bio/
  10. ^ a b miwa official website. “バイオグラフィ”. 2010年3月7日閲覧。
  11. ^ a b シンコーミュージック・エンタテイメント (4月号 2010年). “miwa わたしらしくできること”. BACKSTAGE PASS 26巻 (4号): 66頁. 
  12. ^ MOD'S SHOP. “miwa”. 2010年4月19日閲覧。
  13. ^ a b webザテレビジョン (2010年5月6日). “ドラマアカデミー賞: 【第64回 ドラマソング賞】”. 2010年5月7日閲覧。
  14. ^ a b c 日刊スポーツ (2010年8月27日). “女性初!miwaギブソン公認ギタリスト”. 2010年8月27日閲覧。
  15. ^ 日刊スポーツ (2010年9月5日). “miwaがファン24人と軽音楽部を発足”. 2010年9月5日閲覧。
  16. ^ miwa official blog (2010年9月5日). “第1回miwa軽音楽部”. 2010年9月5日閲覧。
  17. ^ a b 日本レコード協会 (2011年1月5日). “THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2011”. 2011年1月5日閲覧。
  18. ^ ORICON STYLE (2011年4月12日). “現役大学生miwa、平成生まれのソロ歌手初の1stアルバム首位”. 2011年4月12日閲覧。
  19. ^ COTTON USA. “COTTON USA JAPAN Facebook”. Facebook. 2014年2月19日閲覧。
  20. ^ http://www.cdjournal.com/main//news/mrchildren/48871
  21. ^ MUSICSHELF (2010年3月2日). “朝起きた時に聴きたい曲”. 2010年3月7日閲覧。
  22. ^ ニッポン放送miwaのオールナイトニッポンR』. 2010年4月17日、5月15日放送分。
  23. ^ ヤマハミュージックメディア (4月号 2010年). “インタビュー miwa”. Go!Go! GUITAR 13巻 (4号): 16頁. 
  24. ^ TOKIO HOT 100”. J-WAVE (2012年1月29日). 2012年12月18日閲覧。
  25. ^ トライストーン・エンタテイメント. “miwa Tristone Entertaiment Inc.”. 2011年1月17日閲覧。
  26. ^ 『ロッキング・オン・ジャパン』2012年5月号、miwa p207
  27. ^ miwa ファンクラブ会報誌「yaneura-no-neko vol.12」
  28. ^ ORICON STYLE (2010年3月4日). “『泣かないと決めた日』主題歌で話題のmiwaに迫る!”. 2010年3月7日閲覧。
  29. ^ miwa official blog (2012年7月3日). “ヒカリヘ初収録&初オンエア!”. 2012年7月21日閲覧。
  30. ^ a b c Go!Go! GUITAR 2014年5月号
  31. ^ 最新音楽ニュース・ナタリー. “miwa、緊張リハ終了&白いギブソンで“紅白デビュー””. 2013年12月29日閲覧。
  32. ^ miwaのCDシングルランキング”. オリコン芸能人事典. オリコン. 2013年2月6日閲覧。
  33. ^ miwa、9月に「銀の匙」OP曲含む両A面シングル発売”. ナタリー (2013年6月27日). 2013年7月3日閲覧。
  34. ^ miwa、2014年1弾シングルはタイアップ3曲構成の強力盤”. ナタリー (2014年1月7日). 2014年1月10日閲覧。
  35. ^ miwaのCDアルバムランキング”. オリコン芸能人事典. オリコン. 2013年2月6日閲覧。
  36. ^ miwaのDVDランキング”. オリコン芸能人事典. オリコン. 2013年2月6日閲覧。
  37. ^ http://mfound.jp/report/sp/e/2010/03/201033_miwa_egg_man.html
  38. ^ 防衛医科大学校、拓殖大学八王子キャンパス、金城学院大学、日本大学生物資源科学部、静岡県立大学、白鴎大学、学習院大学、同志社大学、四国大学、岡山理科大学
  39. ^ 金沢星稜大学、亜細亜大学短期大学部、流通経済大学
  40. ^ BARKS (2010年7月23日). “ケータイ世代が選ぶ「今年ブレイクしそうなアーティスト」”. 2010年7月27日閲覧。
  41. ^ 第6回CDショップ大賞2014 入賞11作品発表!”. HMV. 2014年2月19日閲覧。

関連項目

外部リンク