鋼の錬金術師 嘆きの丘の聖なる星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鋼の錬金術師 > 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST > 鋼の錬金術師 嘆きの丘の聖なる星
鋼の錬金術師
嘆きの丘の聖なる星
監督 村田和也
脚本 真保裕一
製作 鋼の錬金術師2011製作委員会
出演者 朴璐美
釘宮理恵
音楽 岩代太郎
主題歌 L'Arc〜en〜Ciel
GOOD LUCK MY WAY
撮影 武井良幸
編集 坂本久美子
製作会社 ボンズ
配給 松竹
アニプレックス
公開 日本の旗 2011年7月2日
上映時間 110分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

鋼の錬金術師 嘆きの丘の聖なる星』(はがねのれんきんじゅつし ミロスのせいなるほし、Fullmetal Alchemist: The Sacred Star of Milos)は、2011年7月2日公開の日本アニメーション映画

概要[編集]

荒川弘の少年漫画『鋼の錬金術師』を原作としたアニメーション映画。本作の制作は2010年7月に『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』の放送終了後に発表され、正式なタイトルは同年11月に発表された。

『鋼の錬金術師』は、世界観や各種設定が原作漫画とは根本から異なるアニメ独自のオリジナルシリーズとして2003年にも一度テレビアニメ化されており、その2003年版アニメの完結編として2005年に『劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者』が公開された。

2009年には前述した『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』(以下、『鋼FA』)のタイトルで、今度は原作に準拠した形で再アニメ化されたが、本作はメインスタッフが2003年、2009年のTVシリーズ及び2005年の劇場版とは異なっている。なお、音響監督三間雅文プロデューサー丸山博雄 (MBS) など、一部のスタッフは『鋼FA』から引き続いて登板しており、声優陣についても『鋼FA』から引き継いでいる。また、2005年の劇場版と同様、TBSが製作委員会に参加している。

制作はこれまでのシリーズに引き続きボンズ。配給は2005年版映画と同様、松竹に加え、本作では製作担当のアニプレックスも参加している。

ストーリーは原作の物語の映像化ではなく、その途中の描かれなかった空白の期間に挿入される、映画オリジナルのものとなる。「原作の流れでいくとアルが錬成陣なしで錬金術を使うことができるようになっていて、なおかつロイとその部下は中央にいる時期」と語られており[1]、その時期は原作の第11巻(第45話)辺りに相当する。解説番組『劇場映画公開記念!「鋼の錬金術師 嘆きの丘の聖なる星」あなたは兄弟の絆に涙するSP』においては、TVシリーズ『鋼FA』第21話辺りに位置する旨がそれまでの総集編を交えて説明された。

本作は西の国境の街・テーブルシティが主な舞台のため、原作のキーキャラクターであるホムンクルス達やリンらシン国人達は登場しない(後述する特別版コミックス「第11.5巻」には本作の序章となる原作「第45.5話」が収録されており、映画本編に登場しない一部のキャラクターが登場する)。ゲストキャラクターのデザイン原案は一部を原作者の荒川が務めているが、ストーリー面には一切関わっておらず、特に事前の注文をつけることもなく「アニメはアニメスタッフに任せるというスタンス」でいる[2]

全国90スクリーンという小規模公開でありながら、2011年7月2日から7月3日の初日2日間で興収1億4,503万3,800円、動員10万7,975人になり、映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第3位という好成績となった[3]。また、ぴあ初日満足度ランキングでも第3位という好評価を得ている。興行収入6.5億円(キネマ旬報より)。

キャッチコピー[編集]

  • ついに語られる、禁断の絆の物語。
  • 人は何かの犠牲なしに 何も得る事などできない。
  • 守りたいものは、確かにここにある。

ストーリー[編集]

錬金術を使いこなす少年、エドワード・エルリックと、その弟であるアルフォンス・エルリックは、自身らの過去の過ちから失ってしまったものを取り戻す方法を探し、アメストリス国中を旅していた。

アメストリスの首都であるセントラルシティにある中央刑務所、そこにはメルビン・ボイジャーという名の囚人がいた。刑期終了を間近に控えていながら、メルビンは新聞のとある記事を読んだことをきっかけに脱獄する。メルビンの使いこなす未知の錬金術を目撃したエルリック兄弟は、その錬金術の詳細を知るために彼を追いかけ、西の大国・クレタとの国境の街・テーブルシティへと辿りついた。

かつては「ミロス」と呼ばれていたという、巨大な崖「デスキャニオン」に周囲を覆われたその街で、エルリック兄弟はミロスのレジスタンス組織「黒コウモリ」に属する1人の少女と出会った。ジュリア・クライトンというその少女の言葉に導かれ、兄弟はその地でかつて起こった惨劇、ミロスの民の過酷な歴史と「鮮血の星」にまつわる伝説について知らされるのだった。

登場人物[編集]

エドワード・エルリック
- 朴璐美
アルフォンス・エルリック
声 - 釘宮理恵
ウィンリィ・ロックベル
声 - 高本めぐみ
ロイ・マスタング
声 - 三木眞一郎
リザ・ホークアイ
声 - 折笠富美子
アレックス・ルイ・アームストロング
声 - 内海賢二
ハイマンス・ブレダ
声 - 佐藤美一
ヴァトー・ファルマン
声 - 本作では台詞なし

ゲストキャラクター[編集]

ジュリア・クライトン
声 - 坂本真綾
16歳。「黒コウモリ」を名乗るミロスのレジスタンス組織に所属する、茶髪に碧眼の少女。錬金術師で、両親が遺した術式は使いこなせずにいるが、バタネンから教わった簡易な医療系錬金術を扱う事が出来る。戦士としても優秀で、銃などの扱いや身体能力に長けており、グライダー部隊の一員として戦場にも赴いている。
幼い頃、家族に連れられて西の大国・クレタに亡命、その後何者かによって錬金術師だった両親を惨殺され、兄・アシュレイとも生き別れ、孤児になっていた所を、デスキャニオンの人々に保護される。祖国・ミロスの復興のために励んでおり、ミロスの人々からの信頼は厚い。
本人は知らなかったが、自分の右脇腹に親から託された錬成陣があり、アシュレイのものと重ね合わせることで「鮮血の星」の錬成陣が完成する。アトラスの正体を知るや激しい憎悪に駆られ、エドの制止も振り切って「鮮血の星」を飲み込み強大な力を手に入れる。「鮮血の星」をその身に取り込んだ状態では、クライトン家に伝わる電撃の錬金術をノーモーションで使いこなす。掌から出すその電撃でアトラスを撃退し、そのまま「鮮血の星」製造施設を破壊した。その後は我に帰り、クレタ側の崖から噴出したマグマを塞き止め、対決の末に瀕死となったアシュレイを、体内の「鮮血の星」に残った力すべてと自身の左脚を犠牲にして死の淵から救った(エドによると、アシュレイはまだ生きていたので厳密には人体錬成ではないらしいが、死の淵から救い上げる際「真理の扉」らしき描写も一瞬映る)。事件後は欠損した左脚にリハビリ用の簡易な機械鎧を装着しており、クレタの人々と生きていく道を選んだ。
アシュレイ・クライトン
声 - 木村良平
ジュリアの良き聡明な兄。親の意思を引き継ぎミロスに伝わる「鮮血の星」の研究をしていたが、ジュリアが幼い頃に行方不明となった。
メルビン・ボイジャー / アトラス
声 - 森川智之
26歳。ジュリアが捕まったニュースを見て中央刑務所から脱獄した青年で、錬金術師。長い黒髪で、首の周囲に大きな傷跡を持つ。両の掌には血で刻んだ錬成陣があり、右手ので氷雪を、左手ので電撃を操る。本人は「こっち(右)が父から受け継いだ錬成陣、そしてこちら(左)は母親から」と説明していた。
強盗傷害罪で刑務所に入れられていたが、刑期満了を目前に控えた時期に脱獄。錬金術に精通したエルリック兄弟も知らないアメストリスの錬金術とは原理の異なる錬金術を駆使して戦う。
当初は顔と本人の弁から、生き別れたジュリアの兄アシュレイ・クライトンだと思われていたが、その正体はアシュレイから顔の皮膚と左脇腹の錬成陣を奪って顔を自分のそれに移植した、クライトン家の警護長アトラス中尉である。「鮮血の星」を我が物にするためアシュレイに成りすまし、ジュリアと「黒コウモリ」に近づいた。
ミランダやアラン、アメストリス兵達の血液を材料にしてテーブルシティ全体を利用した立体錬成陣によって「鮮血の星」を作るが、肝心のその石をジュリアに奪われ、「鮮血の星」の力を得た彼女の電撃で重傷を負った。それでも「鮮血の星」を得るためにジュリアを追ってデスキャニオンへ降りるが、そこで正体を表したハーシェルに、頭を鷲掴みにされて電撃を流し込まれ死亡。
ちなみに本物のメルビン・ボイジャーは、9年前にセントラルへ出稼ぎに行った身寄りのいない男で、消息は不明。
ミランダ
声 - 玉川砂記子
女性ながらに「黒コウモリ」の戦士達を束ねる若きリーダー。短髪でピアスをつけ、紫色の口紅を引いている。「黒コウモリ」主導部隊である黒装束のグライダー部隊を最前線で指揮を執る勇敢な女性。クレタとアメストリスの間で起こった争いの中で両親を失っており、仲間を率いて祖国であるミロスを復興しようとしている。ジュリアを「黒コウモリ」に誘った人物でもある。
終盤にて、正体を表したアトラスによって背後から特殊な剣で刺され、噴き出た血を「鮮血の星」の生成に利用された。それでも、ジュリアを殺そうとした彼をナイフで刺し一矢報いようとしたが叶わず、右手から錬成した氷柱で心臓を貫かれとどめをさされた。
アラン
声 - 星野貴紀
「黒コウモリ」の中核メンバーで、ミランダの右腕的存在。たくましい顔立ちで、様々な裏工作に携わっている。
実はアトラスの部下で、当時の階級は軍曹。「黒コウモリ」にいたのもジュリアを監視するためだった。しかしアトラスの野望達成と同時に用済みとされ、血を「鮮血の星」の材料にすべく剣で刺されてしまい、そのまま失血死した。
トニ
声 - 川田紳司
「黒コウモリ」に所属する男性。捕えられたアルフォンスの監視役を務める。
狼キメラの襲来を知って、応戦に向かう。
バタネン
声 - 屋良有作
「黒コウモリ」の後見人的存在。医療系の錬金術師。ミロス復興のためなら自分の命すら厭わない覚悟で、ジュリア達と共に戦う。
終盤では「黒コウモリ」の戦士達やクレタ国内のミロスの民を率いてハーシェル不在の地熱プラントを襲撃し、見事に占拠した。
ゴンザレス
声 - 岸野幸正
デスキャニオンに住む、気の良い機械鎧技師の老人。アメストリス人のエド達にも優しく接する。
終盤で機械鎧を損傷したエドに頼まれ、予備の部品を調達した。
ペドロ
声 - 古島清孝
デスキャニオンを守るミロス人の青年。両親をアメストリスとクレタの動乱で失っているが、ミロス復興を夢見て強く生きる。
奇襲をかけてきた狼キメラによって爪で致命傷を負わされ死亡する。
カリナ
声 - 東山奈央
ジュリアを慕うミロス人の少女。友人のティアと作った腕輪をジュリアにプレゼントし、それがジュリアの祖国復興の意思をより高めることとなる。
ティア
カリナの友人。ゴミ拾い中に怪我をして死んだらしい。
ピーター・ソユーズ
声 - 梅津秀行
テーブルシティを統括するアメストリス軍少佐。不法入国者や「黒コウモリ」を忌み嫌い、駆逐するためなら汚い手段も平然と行う。金にも汚い、いわゆる奸物
口封じのためにエドやマスタングを殺そうとするも失敗、逮捕された。
狼キメラ
声- 最上嗣生
人間と狼を錬金術で合成させて造られた合成獣。クレタの特殊部隊員で、人間の姿と半獣の姿を切り替えられる。一振りで列車の車体に大穴を空けるほどの鋭く長い強靭な爪、研ぎ澄まされた嗅覚、驚異的な跳躍力を持ち、高い戦闘能力を有する。メルビンを執拗に狙っている。
テーブルシティ行きの列車の中でエドたちと遭遇し戦うも、「黒コウモリ」とアメストリス軍の戦いに巻き込まれ、機関車が駅にぶつかりそうになったのを機に退散。その後、メルビンの匂いを追って「黒コウモリ」のアジトに侵入したが、エドとメルビンの連携攻撃で仕留められた。
当初は敵かと思われていたが、実はジュリアを守るためにハーシェルが送りこんだボディガードであった。
狼キメラ2
声- 早志勇紀
最初に送りこまれた狼キメラを追ってきたが、エド達は地下水脈を通って逃げたので匂いが分からなくなり、追跡を断念した。
デスキャニオンの戦いでエルリック兄弟を攻撃するも、彼らがアシュレイと対決している間にマスタングよって倒された。
ハーシェル / アシュレイ・クライトン
声 - 木内秀信
西の大国・クレタの軍人で、錬金術師。階級は中佐。鍛え上げられた屈強な体格を持ち、白銀の仮面を装着している。卓越した剣術の手練れで、なおかつメルビンと同じく電撃と氷雪の錬金術を駆使する。「鮮血の星」を体内に取り込んでいる影響からノーモーションでその錬金術を操り、剣術と錬金術を併用することで非常に高い戦闘能力を持つ。
国境警備軍とミロス人にとって聖地であるポロス山から引いた地熱プラントを統括する。クレタの多民族国家という歴史ゆえに発達した諜報ネットワーク「狼」を駆使して、メルビンを執拗に探している。
その正体は、アトラスに襲われて顔の皮膚と左脇腹に刻まれた錬成陣を奪われたものの、両親が研究用に隠し持っていた「鮮血の星」を飲み込んだおかげで生き延びた本物のアシュレイ・クライトンであった。白銀の仮面も、皮膚の無い顔を保護するために装着していた。クレタへ両親が亡命したことをミロスの人々から非難を受けたことを根に持っており、地熱プラントを建造したのも坑道を爆破して噴出した溶岩でデスキャニオンを埋めるためである。自ら決着をつけるために一人でデスキャニオンへ降りていき、両親の仇であるアトラスを殺し、マグマを止めんとするエルリック兄弟とジュリアを攻撃した。
ジュリアの「鮮血の星」を用いた蘇生が成功した際に顔の皮膚も修復されたが、ジュリアとは言葉を交わさず再び仮面を付けてどこかへ旅立っていった。なお、ジュリアとの戦闘で左腕に重度の火傷を負ったようだが、死の淵からジュリアに命を救われるも、壊死した左腕までは修復されなかったようで、去っていく時には左腕が無くなっていた。
機工内アナウンス
声 - 田中みな実(TBSアナウンサー)
サントス
声 - 小杉竜一ブラックマヨネーズ
カルロス
声 - 吉田敬(ブラックマヨネーズ)

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

楽曲[編集]

主題歌「GOOD LUCK MY WAY
作詞 - hyde / 作曲 - tetsuya / 編曲 - L'Arc〜en〜Ciel西平彰 / 歌 - L'Arc〜en〜Ciel
本作で使用された劇中サイズはL'Arc〜en〜Cielのアルバム『BUTTERFLY』に『GOOD LUCK MY WAY -BUTTERFLY Ver.-』として収録されている。
オープニングテーマ「Chasing hearts
作詞・作曲・歌 - miwa / 編曲 - Naoki-T

先着来場者特典[編集]

先着来場者特典として、本作の序章となるオリジナルエピソード・原作の「第45.5話」が収録された特別版コミックス『鋼の錬金術師 第11.5巻 〜旅立ちの前に〜』が全国先着50万部限定でプレゼントされた。本作の主な舞台が西の国境・テーブルシティということで出演できなかった、リンやランファン、ハボックやフュリーなども登場している。

また8月6日(劇場によっては8月13日)より指定劇場限定で、追加来場者特典として『劇場予告編 生カットフィルム』が数量限定配布された。

スペシャルショートムービー[編集]

公式サイトでオリジナルエピソードを配信。公式サイトでの配信に先立ち、ソフトバンクモバイル「ムービーLIFE」とau one 映画およびLISMO Videoにて先行配信された。

『教えて!ロイ教官!!』
『-歴史編-』、『-文化編-』、『-勢力編-』の全3話を配信。3人がテーブルシティに向かう前という設定で、ロイが教官となりウインリィとリザにミロスについて解説する。
『エド&アルスペシャルインタビュー編』
エドとアルが映画俳優のインタビュー風に登場する。
スタッフ
  • 監督 - 森井ケンシロウ
  • 作画 - STUDIO MORIKEN、大久保香織、曽我部優樹、宮嶋星矢、秋山亮、so-shi
  • 音楽 - 帆足圭吾(ロイ教官編)、和音正人(インタビュー編)

特別番組[編集]

本作の解説番組として、『劇場映画公開記念!「鋼の錬金術師 嘆きの丘の聖なる星」あなたは兄弟の絆に涙するSP』(げきじょうえいがこうかいきねん!「はがねのれんきんじょつし ミロスのせいなるほし」あなたはきょうだいのきずなになみだするスペシャル)が全国各局で放送された。概要にて前述した『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』の総集編、エドワード役・朴璐美へのインタビュー、本作の序盤に当たる映像などが放送された。

放送対象地域 放送局 放送日
(全て2011年
放送時間
長野県 信越放送 (SBC) 6月30日 木曜 25:35 - 26:05
大分県 大分放送 (OBS) 7月1日 金曜 25:25 - 25:55
青森県 青森テレビ (ATV) 7月2日 土曜 10:30 - 11:00
高知県 テレビ高知 (KUTV) 土曜 15:00 - 15:30
長崎県 長崎放送 (NBC)
岩手県 IBC岩手放送 (IBC) 土曜 15:30 - 16:00
山形県 テレビユー山形 (TUY)
島根県鳥取県 山陰放送 (BSS) 土曜 26:20 - 26:50
福島県 テレビユー福島 (TUF) 7月3日 日曜 26:20 - 26:50
富山県 チューリップテレビ (TUT) 7月5日 火曜 25:30 - 26:00
北海道 北海道放送 (HBC) 火曜 25:56 - 26:26
山口県 テレビ山口 (tys) 火曜 27:15 - 27:45
鹿児島県 南日本放送 (MBC) 7月6日 水曜 25:10 - 25:40
静岡県 静岡放送 (SBS) 水曜 26:25 - 26:55
沖縄県 琉球放送 (RBC) 7月8日 金曜 25:15 - 25:45
新潟県 新潟放送 (BSN) 金曜 25:20 - 25:50
石川県 北陸放送 (MRO) 金曜 25:50 - 26:20
近畿広域圏 毎日放送 (MBS) 金曜 26:15 - 26:45
熊本県 熊本放送 (RKK) 7月9日 土曜 11:00 - 11:30
福井県 福井放送 (FBC) 土曜 16:55 - 17:25
秋田県 秋田放送 (ABS) 土曜 25:35 - 26:05
宮崎県 宮崎放送 (MRT) 土曜 26:09 - 26:39
福岡県 RKB毎日放送 (RKB) 土曜 26:45 - 27:15
中京広域圏 中部日本放送 (CBC) 土曜 27:43 - 28:13
広島県 中国放送 (RCC) 7月10日 日曜 27:20 - 27:50
愛媛県 あいテレビ (ITV) 7月15日 金曜 25:35 - 26:05
岡山県・香川県 山陽放送 (RSK) 金曜 25:40 - 26:10
山梨県 テレビ山梨 (UTY) 7月17日 日曜 26:05 - 26:35

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ アニメディア』 2011年1月号。
  2. ^ 『PASH!』2011年5月号。
  3. ^ 『SUPER 8』が2週連続で首位!夏休みを前に『アンパンマン』などのアニメ作品も好調な成績でランクイン!シネマトゥデイ 2011年7月6日。

外部リンク[編集]