三文ゴシップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
三文ゴシップ
椎名林檎スタジオ・アルバム
リリース 2009年6月24日
ジャンル J-POP
時間 50分5秒
レーベル EMIミュージック・ジャパン/Virgin Music
プロデュース 化猫キラー[1]
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 2009年7月度月間6位(オリコン)
  • 2009年8月度月間43位(オリコン)
  • 2009年度年間39位(オリコン)
  • 1位(iTunes Store
  • 2009年度年間9位(iTunes Store)
ゴールド等認定
椎名林檎 年表
MoRA
(2008年)
三文ゴシップ
(2009年)
サタデーナイト・ゴシップ
(2009年)
三文ゴシップ 収録の シングル
  1. カリソメ乙女 (DEATH JAZZ ver.)
    リリース:2006年11月11日(配信限定)
テンプレートを表示

三文ゴシップ』(さんもんゴシップ 英題:Superficial Gossip)は、2009年6月24日に発売された日本シンガーソングライター椎名林檎の4作目のスタジオ・アルバム。発売元はEMIミュージック・ジャパン/Virgin Music

初回生産分のみ、スリーブケース&素肌ブックレット仕様。

概要[編集]

ソロ名義では、2007年に斎藤ネコとの共同名義で発表されたアルバム『平成風俗』より約2年4ヶ月ぶり、純粋な椎名林檎単独名義としては、2003年に発表されたアルバム『加爾基 精液 栗ノ花』より約6年4ヶ月ぶり、通算4作目となるオリジナル・アルバム[2]

本作の発売前、5月27日にソロ名義では約5年半ぶりとなるシングル『ありあまる富』が発売されたが、本作の構成が出来上がった後に書き下ろされたために収録されなかった。そのためアルバムの先行シングルという扱いではないが、カップリング曲として収録された「SG~Superficial Gossip~」という楽曲は本作の予告編のような曲であると語っている[3]。「カリソメ乙女」は、2006年11月11日に配信限定で発売された「カリソメ乙女(DEATH JAZZ ver.)」が収録されている。これまで椎名が発表してきたアルバムでは全編を通して基本的に同一のアレンジャー編曲を担当していたが、本作には合計10組ものアレンジャーが参加しているのが特徴。なおトータル・プロデュースは前作『加爾基 精液 栗ノ花』同様、化猫キラーである。

本作も今まで発表してきた作品に倣い、7曲目「旬」を中心に曲目がシンメトリーにされているほか、総合収録時間も50分5秒(50:05)にされている。収録曲のうち数曲にはミュージック・ビデオが製作され、「ありあまる富」のミュージック・ビデオとともにミュージック・ビデオ集『性的ヒーリング〜其ノ四〜』に収録され、本作から数曲をセレクトしたアナログ盤アルバム『サタデーナイト・ゴシップ』とともに同年8月26日に発売された。

アートワーク[編集]

本作とシングル『ありあまる富』のジャケットブックレット、また一連のアーティスト写真およびポスターは“ヌード”をコンセプトに、木村豊によって制作された。本作収録曲「旬」のミュージック・ビデオもこのコンセプトを基に製作されている。またブックレット等で抱えているギターは、肌色に塗装されたギブソンSGである。6月22日から28日には、期間限定でJR山手線東京メトロの主要駅に巨大ポスターが貼り出された。このほかに、NHKの番組『SONGS』では2週に渡って特集されるなど、様々な媒体のメディアに出演した。

収録楽曲について[編集]

  1. 流行
    東京事変の元メンバーであるヒイズミマサユ機を含むPE'Zのメンガーが演奏に参加しており、編曲にも参加している。またマボロシ坂間大介(Mummy-D)と竹内朋康がそれぞれラップギターで参加している。ちなみに椎名は同年3月に発表されていたマボロシのアルバム『マボロシのシ』収録曲の「あまいやまい feat. 椎名林檎」にフィーチャリングゲストとして、詞曲とボーカルで参加している。ミュージック・ビデオが製作され、ミュージック・ビデオ集『性的ヒーリング〜其ノ四〜』に収録されている。坂間と竹内はミュージック・ビデオにも出演している。
  2. 労働者
    100sの池田貴史が編曲およびキーボードコーラスを担当。その後、椎名は2011年3月に発表された池田のソロユニットレキシのアルバム『レキツ』収録曲の「きらきら武士 feat. Deyonna」にフィーチャリングゲストとして参加している。
  3. 密偵物語
    作曲家服部隆之が編曲および指揮を担当(服部は2001年に発表された椎名のシングル『真夜中は純潔』にカップリング曲として収録されている「シドと白昼夢」、2003年に発表された「りんごのうた」の編曲も行っている)。椎名曰く、この楽曲は「真夜中は純潔」の続編とのこと。同年8月26日に発売されたアナログ盤アルバム『サタデーナイト・ゴシップ』には、冒頭に「尖った手□」のラップを挿入した「密偵物語 Saturday Night Gossip Ver.」が別バージョンとして収録されている。また、椎名の楽曲で他者が作詞を担当するのは本楽曲が初となる。
  4. 〇地点から
    タイトルは「ゼロちてんから」と読むが、本来の「0」である部分は図形の丸印で表記されている。
    以前より椎名の作品やコンサートミュージックシーケンサーを担当していた中山信彦が編曲に参加している。
  5. カリソメ乙女
    椎名林檎×SOIL&"PIMP"SESSIONS名義で2006年11月11日より発売されていた配信限定シングル「カリソメ乙女(DEATH JAZZ ver.)」を収録(なお、ジャケットや歌詞カードには「DEATH JAZZ ver.」といった表記はされていない)。初のCD音源化となる。
  6. 都合のいい身体
    斎藤ネコが編曲および指揮を担当。ミュージック・ビデオが製作され、ミュージック・ビデオ集『性的ヒーリング〜其ノ四〜』に収録されている。
  7. 6月1日に着うた、着うたフルで先行配信された。シングルカットこそされていないが、本作のリード曲である。ミュージック・ビデオも製作され、ミュージック・ビデオ集『性的ヒーリング〜其ノ四〜』に収録されている。
    編曲を担当しているSOIL&"PIMP"SESSIONS内のユニットJ.A.Mとは、2008年に放送されたNHKトーク番組トップランナー』に出演した際にも共演している。
  8. 二人ぼっち時間
    6月1日に着うた、着うたフルで先行配信された。
    2003年に発表された「りんごのうた」に続く2作目のNHKみんなのうた』提供楽曲。
  9. マヤカシ優男
  10. 尖った手□
    タイトルは「とがったてぐち」と読むが、本来の「口」である部分は図形の正方形で表記されている。
    1曲目の「流行」同様、Mummy-Dがラップで参加しており、この曲ではさらにMr.Drunk名義で編曲にも参加している。また同年8月26日に発売されたアナログ盤アルバム『サタデーナイト・ゴシップ』には、本楽曲のラップを冒頭に挿入した「密偵物語 Saturday Night Gossip Ver.」が別バージョンとして収録されている。
  11. 色恋沙汰
    ミュージック・ビデオが製作され、ミュージック・ビデオ集『性的ヒーリング〜其ノ四〜』に収録されている。
  12. 凡才肌
    伴奏はcobaによるアコーディオンのみ。cobaとの共演は2001年に発売されたシングル『真夜中は純潔』のカップリング曲「愛妻家の朝食」以来2作目となる。
  13. 余興
    2008年に行われた「椎名林檎 (生)林檎博'08 ~10周年記念祭~」のアンコールで新曲として披露され、『Ringo EXPO 08』に「余興(仮)」として収録されていたものが正式に音源化された。同コンサートでもエレキギターを担当していた名越由貴夫が編曲およびギターを担当している。
  14. 丸の内サディスティック(EXPO Ver.)
    1999年に発表された1作目のアルバム『無罪モラトリアム』に収録されている「丸の内サディスティック」のアレンジバージョン。東京事変のメンバーから唯一参加している浮雲が編曲およびコーラスを担当。また、浮雲が本名の「長岡亮介」の名義でボーカル・ギターを担当するバンド、ペトロールズのメンバーである三浦淳悟がベースを担当している。歌詞の大部分が英語に変更されたほか、ブックレットの1ページ目では「㋚」とのみ表記されている。元は2008年に行われた「椎名林檎 (生)林檎博'08 ~10周年記念祭~」のエンドロールの際に流れた曲であり(ただし『Ringo EXPO 08』には収録されておらず、詞も異なる)、シンメトリーの構成からも外されているため実質的にはボーナス・トラックとして収録された楽曲。ミュージック・ビデオ集『性的ヒーリング〜其ノ四〜』にはエンドロールとして収録されている。

収録曲[編集]

# タイトル 作詞 作曲 編曲 時間
1. 「流行」  
椎名林檎 4:16
2. 「労働者」   椎名林檎 椎名林檎 池田貴史 5:01
3. 「密偵物語」   Jack Brown 椎名林檎 服部隆之 3:10
4. 「〇地点から」   椎名林檎 椎名林檎
  • 中山信彦
  • 化猫キラー
3:18
5. 「カリソメ乙女」   椎名林檎 椎名林檎 SOIL&"PIMP"SESSIONS 2:29
6. 「都合のいい身体」   椎名林檎 椎名林檎 斎藤ネコ 3:14
7. 「旬」   椎名林檎 椎名林檎
  • J.A.M
  • 斎藤ネコ(弦編曲)
4:47
8. 「二人ぼっち時間」   椎名林檎 椎名林檎 斎藤ネコ 3:05
9. 「マヤカシ優男」   椎名林檎 椎名林檎 SOIL&"PIMP"SESSIONS 3:57
10. 「尖った手□」  
  • 椎名林檎
  • Mummy-D
椎名林檎
  • 中山信彦
  • Mr.Drunk
  • 化猫キラー
3:02
11. 「色恋沙汰」   椎名林檎 椎名林檎 服部隆之 3:00
12. 「凡才肌」   椎名林檎 椎名林檎
3:48
13. 「余興」   椎名林檎 椎名林檎 名越由貴夫 3:53
14. 「丸の内サディスティック(EXPO Ver.)」   椎名林檎 椎名林檎 浮雲 2:59
合計時間:
50:05

演奏[編集]

流行
wutlitzerヒイズミマサユ機PE'Z
drums(PE'Z)
bassNirehara Masahiro(PE'Z)
guitar竹内朋康マボロシ
rap坂間大介(Mummy-D)(マボロシ)
clap :全員
労働者
keybords&chorus:池田貴史100s
drums&percussions:玉田豊夢(100s)
bass :山口寛雄(100s)
密偵物語
organ:倉田信雄
guitar:古川昌義
wood bass:渡辺等
drums:鶴谷智生
latin percussions:川瀬正人
flute :高桑英世
trumpet:西村浩二、横山均
trombone村田陽一
alto sax:ボブザング
tenor sax:小池修
baritone sax:竹野昌邦
vibraphone:香取良彦
conductor:服部隆之
〇地点から
programming&manipulate:中山信彦
piano&lead synth.:椎名林檎
e.sitar&guitars:名越由貴夫
flute,ocarina&bass ocarina:高桑英世
カリソメ乙女
performance:SOIL&"PIMP"SESSIONS
都合のいい身体
piano:市川秀男
guitar:中牟礼貞則
bass:高水健司
drums:村上"ポンタ"秀一
latin percussions:三沢またろう
classic percussions:高田みどり
trumpet:西村浩二、横山均、菅坡雅彦、木幡光邦
trombone:村田陽一、奥村晃、箱山洋樹、池城勉
alto sax:竹野昌邦、鈴木圭
tenor sax:白石幸司、庵原良司
baritone sax:山本拓夫
horn:藤田乙比古、萩原顕章、勝俣泰、木村俊介
tuba:佐藤潔
flute:高桑英世、清野真衣子
oboe:庄司さとし
clarinet:十亀正司
fagotto:福井蔵
harp:朝川朋之
concert master:グレート栄田
violin:滝沢幸二郎、金原千恵子、今野均、押鐘貴之、矢野晴子、中島弦一郎、阿部倫子、小倉達夫、桐山なぎさ、三木希生子、坂田佳奈子、栄田緑、白須今、越川歩、角田知寿子
viora:山田雄司、秋山俊樹、渡部安見子、高嶋麻由、大沼幸江、細川亜維子
cello:前田善彦、笠原あやの、阿部雅士、徳澤青弦、向井航、横岡絵里香
contrabass:齋藤順、斎藤輝彦、一本茂樹、安東章夫
conductor:斉藤ネコ
piano:丈青 (SOIL&"PIMP"SESSIONS)
wood bass:秋田ゴールドマン(SOIL&"PIMP"SESSIONS)
drums :みどりん(SOIL&"PIMP"SESSIONS)
concert master:グレート栄田
violin:滝沢幸二郎、金原千恵子、矢野晴子、押鐘貴之、入江茜、桑田嬢、阿部倫子、小倉達夫、桐山なぎさ、藤家泉子、栄田緑、三木希生子、白須今、越川歩、角田知寿子
viora::秋山俊樹、河野絵里子、島岡智子、得高真奈美、鈴木るか、高嶋麻由
cello:前田善彦、松葉春樹、重松正昭、小沢豊、藤沢俊樹、沖澤直子
contrabass:齋藤順、斎藤輝彦、谷中隆、千葉一樹
conductor:斉藤ネコ
二人ぼっち時間
guitar:中牟礼貞則、柳沢二三男
bass:高水健司
drums:山木秀夫
latin percussions:藤井珠緒、高橋結子
grocken:高田みどり
vibraphone:大石真理恵
trumpet:西村浩二、横山均、小林正弘、田中充
trombone:村田陽一、奥村晃、佐藤洋樹、山城純子
alto sax:本田雅人、鈴木圭
tenor sax:竹野昌邦、吉田治
baritone sax:山本拓夫
conductor:斉藤ネコ
tap:熊谷和徳
マヤカシ優男
performance:SOIL&"PIMP"SESSIONS
尖った手□
programming&manipulate:中山信彦
e.sitar&guitars:名越由貴夫
rap:Mummy-D
色恋沙汰
rhodes:倉田信雄
wood bass:渡辺等
drums:鶴谷智生
guitar:古川昌義
latin percussions:川瀬正人
trombone:村田陽一
vibraphone :香取良彦
concert master :金原千恵子
violin :矢野晴子、大林典代、桑田嬢、伊能修、岩戸有紀子、グレート栄田、桐山なぎさ、真部裕、大久保祐子、押鐘貴之、藤家泉子
viora :山田雄司、榎戸崇浩、大沼幸江、渡部安見子
cello :植木昭雄、笠原あやの
conductor :服部隆之
凡才肌
accordion:coba
余興
guitars:名越由貴夫
bass:キタダマキ(Syrup 16g
drums:白根賢一(GREAT3
chorus&clap:杉山まゆみ、杉山優子、水島七恵、太田有美、川嶋真理、川瀧節子、平等理恵(黒猫堂
丸の内サディスティック(EXPO Ver.)
chorus:浮雲
bass:三浦淳悟ペトロールズ
programming:井上雨迩


脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 椎名林檎と井上雨迩によるユニット。
  2. ^ 椎名林檎6年4カ月ぶりのフルアルバム「三文ゴシップ」”. ナタリー (2009年4月17日). 2012年11月23日閲覧。
  3. ^ 椎名林檎『ありあまる富』オフィシャルインタビュー