丸印

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

丸印(まるじるし)は、円形記号である。

丸印、まるじるし・白丸、しろまる)は人類の日常生活において、頻繁に遭遇する形状であることから、人類の早い時期より用いられていた[要出典]

黒丸、くろまる)は、多くは○と対で使用される。一般には黒丸と呼ぶが、フォントには通常がないため、赤や青などの別の色の場合であっても、この記号が使用されることが多い。

用途[編集]

○と●を対比して用いる場合[編集]

  • 相撲星取表で、○は白星といわれ勝利を、反対に●は黒星といわれ敗北を表すのに使用される。これにならい、相撲以外の勝敗表でもこれらの記号で勝敗を表すことがある。
  • 碁石オセロの石を表す場合に、○は白石を、●は黒石を表す。
  • 点字を表現する場合に、●は突状になっている箇所を、○は突状になっていない箇所を表す。

○の用途[編集]

この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(各種丸印などの一部の記号)が含まれています詳細

●の用途[編集]

その他の用途[編集]

  • 伏字を表すのに使われる。特に●はで文字を塗りつぶした状態の形状になることによる。
  • 箇条書きの先頭に置く記号(ビュレット)として用いられる。

符号位置[編集]

以下に Unicode で定義されている丸印を示す。

記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
U+25CB 1-1-91 ○
○
丸印、白丸
WHITE CIRCLE
U+25CF 1-1-92 ●
●
黒丸
BLACK CIRCLE
U+25EF 1-2-94 ◯
◯
大きな丸
LARGE CIRCLE[1]
U+20D8 - ⃘
⃘
COMBINING RING OVERLAY
U+20DD - ⃝
⃝
COMBINING ENCLOSING CIRCLE[2]
U+25CC - ◌
◌
DOTTED CIRCLE
U+25CD - ◍
◍
CIRCLE WITH VERTICAL FILL
U+25D9 - ◙
◙
INVERSE WHITE CIRCLE
U+26AA - ⚪
⚪
MEDIUM WHITE CIRCLE
U+26AB - ⚫
⚫
MEDIUM BLACK CIRCLE
U+26AC - ⚬
⚬
MEDIUM SMALL WHITE CIRCLE
U+274D - ❍
❍
SHADOWED WHITE CIRCLE
U+2B55 - ⭕
⭕
速度制限基本[3]
HEAVY LARGE CIRCLE
U+2B24 - ⬤
⬤
BLACK LARGE CIRCLE
U+2B58 - ⭘
⭘
町村役場 区役所(東京以外)[4]
HEAVY CIRCLE
U+FFEE - ○
○
HALFWIDTH WHITE CIRCLE
🔴 U+1F534 - 🔴
🔴
LARGE RED CIRCLE
🔵 U+1F535 - 🔵
🔵
LARGE BLUE CIRCLE
  1. ^ JIS X 0208-1990まで「合成用丸」とされていたが、JIS X 0208:1997で合成に使えない「大きな丸」となった[2][3]
  2. ^ Unicode の結合文字。
  3. ^ ARIB STD-B24 における説明。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ http://en.academic.ru/dic.nsf/enwiki/11410493 (en:Marujirushiより、英語)
  2. ^ 『7ビット及び8ビットの2バイト情報交換用符号化漢字集合』 日本規格協会1997年1月20日(原著1978年1月1日)、24頁。JIS X 0208。
  3. ^ 『7ビット及び8ビットの2バイト情報交換用符号化拡張漢字集合』 日本規格協会、2004年2月20日(原著2000年1月20日)、52頁。JIS X 0213。

関連項目[編集]