チェックマーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

チェックマークは「」のように下か右下に伸びたあと右上に撥ねる線であらわされる図形である。

解答用紙などにおいて解答者の答えに対する正誤を表す印での使用法や、作業済みかを表す印として使用される。ペケマークと呼ばれることもある。

解答用紙などの解答に対してチェックマークが付いていた場合、日本ではその解答が間違っているため再度チェックするようにという意味で使用されることが多いが、欧米や中国ではその解答が正解である場合にチェックマークが付けられることが多い。

日本で「正しい」を示す記号は(まる)であり、「誤り」を示す記号は「×」(ばつ)である。

チェックマークが付加されている状態を「チェックが付く」や、「ペケになっている」のように言うことがある。

漢文におけるレ点も似た字形を書くが、チェックマークとは異なる。

符号位置[編集]

記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
U+2713 1-7-91 ✓
✓
チェックマーク
U+2611 - ☑
☑