TRICK (倖田來未のアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
TRICK
倖田來未スタジオ・アルバム
リリース 2009年1月28日
ジャンル J-POP
時間 59分19秒(CD)
レーベル rhythmzone
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 週間1位(2週連続・オリコン
  • 2009年2月度月間1位(オリコン)
  • 2009年度上半期6位(オリコン)
  • 2009年度年間15位(オリコン)
ゴールド等認定
倖田來未 年表
Kingdom
2008年
TRICK
2009年
OUT WORKS & COLLABORATION BEST
2009年
TRICK 収録の シングル
  1. MOON
    リリース:2008年6月11日
  2. TABOO
    リリース:2008年10月8日
  3. stay with me
    リリース:2008年12月24日
テンプレートを表示

TRICK』(トリック)は、2009年1月28日に発売された日本歌手倖田來未の7枚目のオリジナルアルバム。発売元はrhythmzone

解説[編集]

オリジナルアルバムとしては、2008年に発売された『Kingdom』以来、約1年振りのリリースとなる。ジャケット写真がそれぞれ異なる「CD+2DVD」(限定版ではない)、「CD」のみの、それぞれの「通常版」と、初の試みとして、予約を行うだけで通常価格から割り引きされる限定サービス・「TRICKプライス版」(同2種)の合計4形態でのリリースとなった。

40thシングル「MOON」から「Moon Crying」、「That Ain't Cool」、41stシングルの「TABOO」、先行シングルとなった42ndシングルの「stay with me」の既存曲4曲と新曲11曲を加えた全15曲収録(ボーナストラック含む)。なお、「Once again」、「Lady GO!」、「Always」、「Winter Bell」は、収録されていない。

また、「CD+2DVD」の「TRICKプライス版」にはボーナストラックとして、オランダ出身のロックバンドショッキング・ブルーのカバーである「Venus」が追加収録されている。

今作のテーマは“エンターテインメントの追求”。彼女にとってのエンターテインメントの集大成がライブであり、今回は、そのライブの構想も同時に練りながら、曲を制作したとの事。そのために、200曲以上あるデモテープを聴きながら、ライブで映えそうだと思った曲を選んでいったのだという[1]

今作は、HIP HOP、エレクトロ、ロック、R&B、バラード、ポップスと、振り幅の広い曲を揃え、色々な人物に化けるという“音楽のトリック”を繰り広げる事で“新鮮な驚き”を届けたい、という思いを込めて作った作品であると彼女は語っている[1]

DVD1は「ミュージックビデオ集」となっている。「前作『Kingdom』では全曲のPVを撮影したが、今回の『TRICK』では全曲ではなく、今作をバランスよく多角的に描ける楽曲のみをセレクトして映像にした。そこで選ばれたのが、アルバムの軸となり全体のイメージを表現できる「show girl」。そして、素顔の自分を表現している「JUST THE WAY YOU ARE」であった」と語っている。

DVD2は、2008年10月23日に新木場STUDIO COASTにて、“踊れること”をコンセプトに、クラブを意識して構成され、一夜限りで行われた「KODA KUMI SPECIAL LIVE“Dirty Ballroom”〜one night show〜」の模様を完全収録したライブDVDとなっている。

「TRICKキャンペーン第2弾」として、「CD+2DVD」(「TRICKプライス版」も含む)に、39枚の「ラッキーTRICKゴールドカード」、または390枚の「ラッキーTRICKシルバーカード」がランダムに封入され、該当者は応募すると、「ラッキーTRICKゴールドカード」では彼女の直筆サイン入り「TRICKスペシャルポスター」のプレゼント、「ラッキーTRICKシルバーカード」では「TRICKスペシャルポスター」をプレゼントされる特典があった。

全タイプ初回限定版には、「KODA KUMI LIVE TOUR 2009 〜TRICK〜」の先行予約案内告知用紙が封入された。

本作のリリースを記念して、着うた、FLASHパズルゲームの配信、彼女本人からの動画メッセージなどのコンテンツが用意されている『期間限定「TRICK」特設モバイルサイト』が開設された。

収録内容[編集]

CD[編集]

  1. INTRODUCTION FOR TRICK
    • 作詞・作曲・編曲:Daisuke "D.I" Imai
    アルバムのオープニングを飾るインスト。歌詞があるものの、ブックレットには記載されていない。
    このインストに関して彼女は、「やはり自分の原点はHIPHOPやR&Bにあると思い、今作のインストは重めのHIPHOPをオープニングにもってきた」と語っている[2]
  2. TABOO
    • 作詞:Kumi Koda, HIRO / 作曲:HIRO(Digz,inc)
    41stシングル。
  3. show girl
    • 作詞:Kumi Koda, カミカオル / 作曲:カミカオル, Tomokazu Matsuzawa
    music.jp TV-CFソング
    「この楽曲が軸となって“TRICK”という今作のコンセプトへと構想が広がっていったというR&Bナンバー。この楽曲で描いているのは“ショーガールの楽屋裏”であり、“男を翻弄する女性”をテーマにしている」と語っている[2]
  4. Your Love
    • 作詞:Kumi Koda, HIRO / 作曲:HIRO(Digz,inc)
    トステム住研グループフィアスホーム TVCMソング
    「TABOO」を制作したHIROが作詞作曲を行ったミドルテンポナンバー。
    この曲に関して、「基本的に自らの作品は、自分で作詞したいと考えているが、ストレートな言葉がメロディに乗って、すんなり自分の中に入ってきたっていうのもあったし、男性目線の歌詞が新鮮だったっていうのもあった。この曲には、私が“好きな人にはこうあってほしい”と思う男性の姿が描かれているから是非収録しようと思った」と語っている[2]
  5. stay with me
    42ndシングル。
  6. This is not a love song
    • 作詞・作曲:Kumi Koda, Steve Lee
    自分が今まで描いたことのなかった、人間の“闇”をテーマにして作った楽曲と語っており、「神様に願っているだけでは何も起こらない。自分自身が歩き出さないと、何も人生は変わらない」というメッセージ性を込めたR&Bナンバーとなっている[2]
  7. Driving
    • 作詞:Kumi Koda / 作曲:Tomokazu Matsuzawa
    自分が車のハンドルを握っていて、その助手席にリスナーを乗せ、近未来の都市を車で疾走する映像を想像しながら作ったという、エレクトロナンバーとなっている。また、この曲は“楽しい世界へ連れてってあげるよ”と、彼女がリスナーをリードする楽曲でもあるので、強い女性をイメージする必要があったという事もあり、彼女が憧れている峰不二子をイメージしたと語っている[2]
  8. Bling Bling Bling feat. AK-69
    • 作詞・作曲:Kumi Koda, Steve Lee, Tina Harris, Pete Martin
    “私は安い女じゃない”“そこらへんの女と一緒にしないで”“私のことが好きなら何でもできるでしょう?”と、男性を服従させるゴージャスな女性がイメージされているのだというHIP HOPナンバー。男性との掛け合いにしたいという思いから、良いラッパーとコラボレーションしたい考え、AK-69にコラボを依頼したとの事。
    本作リリースに合わせて『ミュージックステーション』にてテレビ初披露された。
  9. That Ain't Cool
    • 作詞・作曲:Kumi Koda, Stacy Ferguson, Keith Harris
    40thシングル「MOON」収録曲。
  10. Hurry Up!
    • 作詞:Kumi Koda / 作曲:Ryuichiro Yamaki / 編曲:tasuku
    “男に翻弄される女性”をテーマに、“騙されてはいる。しかし泣き寝入りなんかしたくない”という切なさと怒りが混在する、混沌とした叫びを描いている、初めて4つ打ち系のロックに挑戦としたというロックナンバー[2]
  11. Moon Crying
    • 作詞:Kumi Koda / 作曲:miwa furuse / 編曲:h-wonder, Jun Abe / ストリングスアレンジ:四家卯大
    40thシングル「MOON」収録曲。
  12. JUST THE WAY YOU ARE
    • 作詞・作曲:Kumi Koda, Gerrard, Critchley
    “素顔の倖田來未”をテーマに作られた、ミディアムなR&Bナンバー。
    “毎日はドラマのように上手くはいかないけど、そんな自分を大切な友達が支えてくれる”という“セックス・アンド・ザ・シティ”的な日常を描いたとの事。PVが製作されており、「「show girl」と相反する素顔の自分を表現する為に、エキストラではなく、実際の友人に出演してもらい撮影を行った」と語っている[2]
  13. Joyful
    • 作詞:Kumi Koda / 作曲:Miki Watanabe / 編曲:h-wonder
    涙を流して化粧もボロボロな女性に、“そのままの君が素敵なんだよ”と、背中を押すような楽曲にしたいという思いから「Your Love」と同じく、男性目線で歌ったというポップナンバー[2]
    本作リリースに合わせて『ミュージックステーション』にてテレビ初披露された。
  14. 愛のことば
    • 作詞:Kumi Koda / 作曲:Kosuke Morimoto / 編曲:Masaki Iehara
    「“エンターテインメントの追求”テーマとして、倖田來未が色んな表情に変化していくこのアルバム。その最後には、私のなかでずっと“変わらない”メッセージをリスナーに届けたいという思いで製作した」というバラードナンバー[2]
  15. Venus(Bonus track)
    • 作詞・作曲:Robbie van Leeuwen / 編曲:h-wonder
    P&G「ジレット Venus」CMソング
    「CD+2DVD」の「ハッピーTRICK割引版」のみ収録。
    当初は、CMのためにカバーした楽曲であったが、ライブやa-nationで披露したところ、好評であった為に収録される事となった、全英語詞のアップテンポナンバー。「私の中では、CMの印象が強い楽曲。水辺を風をきりながら歩いている女性をイメージした」と語っている。

DVD1[編集]

  • MUSIC VIDEO
    1. show girl
    2. JUST THE WAY YOU ARE
    3. Moon Crying
    4. That Ain't Cool(Album version)
      シングルのDVDに収録されているものとは別バージョン。
    5. TABOO
    6. stay with me
    • シークレットトラック(画面右側に登場する彼女の目元のラインストーンを選択すると視聴可能)
    1. show girl(Making Video)
    2. JUST THE WAY YOU ARE(Making Video)
    3. Moon Crying(Making Video)
    4. That Ain't Cool(Making Video)
    5. TABOO(Making Video)
    6. stay with me(Making Video)

DVD2[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 倖田來未インタビュー(yahoo music)
  2. ^ a b c d e f g h i 倖田來未「TRICK」特集