テゴマス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
テゴマス
基本情報
別名 Tegomass
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
活動期間 2006年 -
レーベル ジャニーズ・エンタテイメント
事務所 ジャニーズ事務所
メンバー
手越祐也
増田貴久

テゴマス英語: Tegomass)は、日本のヴォーカルユニットNEWSの派生ユニットである[1]。所属芸能事務所ジャニーズ事務所。所属レコード会社ジャニーズ・エンタテイメントスウェーデンではTegomass名義で活動を行う。

メンバー[編集]

概要[編集]

NEWSのメンバーでもある、手越祐也増田貴久によるヴォーカルユニット。ユニット名はデビューを機に、二人の名字「手越(テゴシ)」「増田(マスダ)」から2文字ずつ取り、「テゴマス (Tegomass)」と名付けられた。

ジャニーズJr.時代から二人で歌う機会を得るようになる[2]。NEWSが結成されてからは、アルバム『touch』に収録されている「ずっと」、DVD『NEWSニッポン0304』に収録されている「ありがとう・今」などのオリジナル曲を発表しており、を重視したコンビとして活動する[3]

2006年11月、もともとマステゴと呼ばれていたが「Tegomass」としてシングル『Miso Soup』をスウェーデンで発売。ジャニーズ事務所としては初の試みである欧州先行デビューとなる[4]。これは、NEWSがスウェーデンの作曲家チームから『紅く燃ゆる太陽』『サヤエンドウ』『夢の数だけ愛が生まれる』などの楽曲の提供を受けていたことと、同じくスウェーデンの作曲家チームによる作品である修二と彰青春アミーゴ』がスウェーデン国内でも好反応を得たことがきっかけとなって、現地のレコード会社「スカンジナビアソングス」(レーベル「HAWK RECORDS」)がジャニーズ事務所側にスウェーデン進出を打診したためである[4][5]。歌唱力も考慮された[4]

来歴[編集]

2006年[編集]

11月15日、スウェーデンで「Tegomass」としてシングル「Miso Soup」でデビュー。11月13日から17日まで現地でプロモーション活動を行い、マスメディア14社からの取材に応じた[4]。発売日当日にストックホルム市内で行ったイベントでは500人を動員し[4]、その様子は現地の大手新聞『ダーゲンス・ニュヘテル』でも取り上げられる[6]。現地では音楽業界の関係者を招いたパーティーも開き[7]、デビューシングルのタイトルにならって味噌汁を振る舞った[2]

12月20日、日本で「テゴマス」としてシングル「ミソスープ」でデビュー。オリコンシングルチャートで1位を記録する。

2007年[編集]

3月、『第38回春の高校バレー全国大会』スペシャルサポーターに就任する。同時期に行っていたNEWSのコンサートツアーの合間をぬいながら、同大会を取り扱うテレビ番組『若さでアタック!第38回春の高校バレー』(フジテレビ系)に出演。試合会場であるさいたまスーパーアリーナへ足を運び試合を観戦したほか、デジタルカメラで選手の様子を撮影し、「マルイチカラのキセキ」というコーナーで紹介した。また、初日の開会式の入場行進では出場校の名前を全て読み上げた。

5月16日、テレビアニメ『ラブ★コン』(TBS系)のテーマ曲が収録された「キッス〜帰り道のラブソング〜」を発売する。

6月16日、台湾の音楽祭「金曲奨」に日本代表のプレゼンターとして出演し、「ミソスープ」など2曲を披露。翌17日、台北市内の野外ステージでライブを行った。

「ミソスープ」がスウェーデンでゴールドディスク賞を受賞[要出典]

2008年[編集]

6月18日、シングル「アイアイ傘」をリリース。

2009年[編集]

7月8日、シングル「七夕祭り」をリリース。

7月15日、ファーストアルバム『テゴマスのうた』リリース。

7月22日 - 、テゴマス初のライブツアー『テゴマス1stLIVE テゴマスのうた♪』が行われる。

2010年[編集]

4月21日、ミニアルバム『テゴマスのあい』をリリース。

5月1日 - 、セカンドライブツアー『テゴマス 2ndライブ テゴマスのあい♥』が行われる。

8月19日、神宮外苑花火大会に出演し、国立競技場のオープニングアクトを務める。日本国内では初の屋外ライブとなった。

2011年[編集]

2月16日、シングル「青いベンチ」をリリース。同曲は男性デュオ、サスケの2004年に発売したヒット曲をカバーしたものである。

8月6日、神宮外苑花火大会に近藤真彦滝沢秀明らと出演。

10月19日、アルバム『テゴマスのまほう』をリリース。

10月22日 - 、サードライブツアー『3rdライブ テゴマスのまほう★』が行なわれた。

2012年[編集]

10月6日、『テレビ朝日ドリームフェスティバル2012』に出演。

2013年[編集]

3月6日、シングル「サヨナラにさよなら」をリリース。

5月22日、シングル「猫中毒」をリリース。

2014年[編集]

1月22日、アルバム『テゴマスの青春』をリリース。

作品[編集]

タイアップジャニーズ タイアップ一覧を参照。

シングル[編集]

リリース日 タイトル 最高位 備考
1 2006年12月20日 ミソスープ 1位 ジャニーズ事務所としては初の欧州先行デビュー(詳細はミソスープを参照)
2 2007年5月16日 キッス〜帰り道のラブソング〜 2位
3 2008年6月18日 アイアイ傘 1位
4 2009年7月8日 七夕祭り 1位
5 2011年2月16日 青いベンチ 2位 ジャニーズ事務所としては初のカバーシングル 
6 2013年3月6日 サヨナラにさよなら 2位 松尾潔によるプロデュース作品。「サヨナラにさよなら」の手越祐也と歌える「テゴ・カラ」と増田貴久と歌える「マス・カラ」を収録。
7 2013年5月22日 猫中毒 2位 RIAJゴールド認定(CD)

アルバム[編集]

オリジナルアルバム[編集]

リリース日 タイトル 最高位 備考
1 2009年7月15日 テゴマスのうた 1位
2 2010年4月21日 テゴマスのあい 2位 ミニアルバム 
3 2011年10月19日 テゴマスのまほう 1位
4 2014年1月22日 テゴマスの青春 2位

映像作品[編集]

リリース日 タイトル
1 2010年1月20日 テゴマス 1st LIVE TOUR 2009〜テゴマスのうた〜
2 2011年5月11日 テゴマス 2nd ライブ テゴマスのあい♥
3 2012年4月25日 テゴマス 3rd ライブ テゴマスのまほう★

出演[編集]

テレビ番組[編集]

  • 若さでアタック! 第38回春の高校バレー(2007年3月19日 - 3月25日、フジテレビ

ラジオ番組[編集]

  • テゴマスのらじお(2011年10月26日 - 、MBSラジオ)

イベント[編集]

コンサート[編集]

タイトル 日程 会場 備考
2009年 テゴマスのうた♪ 2009年7月22日‐8月20日 大阪城ホール国立代々木競技場
仙台サンプラザホール、広島ALSOKホール
北海道厚生年金会館福岡サンパレス
2010年 テゴマスのあい♥ 2010年5月1日‐8月1日 大阪城ホール、さっぽろ芸術文化の館新潟県民会館秋田県民会館
日本ガイシホール広島市文化交流会館仙台サンプラザホール岩手県民会館
郡山市民文化センター国立代々木競技場 第一体育館
アルファあなぶきホール長野市民会館鹿児島市民文化ホール
佐賀市文化会館、国立代々木競技場第一体育館(追追加公演)
2011年 テゴマスのまほう★ 2011年10月22日‐12月28日
2014年 テゴマスの青春 2014年2月15日‐4月24日

連載[編集]

  • ますてご(2006年1月19日 - 3月31日、Johnny's Web)
  • テゴ+マス=☆(2007年5月2日 - 6月3日、Johnny's Web)
  • テゴマスのひび♪(2009年7月22日 - 、Johnny's Web)

出典・脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 所属レコード会社であるジャニーズ・エンタテイメントの公式サイトの表記にならう。(参照: 2007年5月21日)
  2. ^ a b 三沢千晶(Text)「ARTIST INTERVIEW」『oricon style 2006 No.49-1373』、オリコン・エンタテインメント、2006年。
  3. ^ 「Holy Night with Miso Soup!」『Duet 2007年1月号』、ホーム社、2006年。
  4. ^ a b c d e NEWS手越&増田、スウェーデンでお先にデビュー…ジャニーズ初、欧州先行発売スポーツ報知、2006年11月23日。(参照: 2006年11月23日、消滅確認: 2007年7月18日)
  5. ^ 「「ミソスープ」チャートイン「NEWS」から新ユニット」スポーツニッポン、2006年11月23日。
  6. ^ Proper popduo pa pr-partyDagens Nyheter、2006年11月17日。(参照: 2006年11月18日)
  7. ^ Tegomass15日スウェーデンデビュー、リリースパーティBeatguide Sweden、2006年11月20日。(参照: 2007年5月21日)