ローズ・ピアノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ローズ・ピアノRhodes Piano )は電気式鍵盤楽器の一種(エレクトリックピアノ)。日本では70年代までローデス・ピアノと表記されることが多かった。フェンダー社フェンダー・ローズが特に有名で、この種のピアノの代名詞化している。

ローズ・ピアノ
(Fender Rhodes "Silvertop" 73 Stage Piano)

概要[編集]

1940年代にハロルド・ローズ(Harold Rhodes )によって「前線の兵士たちを慰安する(音楽療法)目的で」発明された。最も初期の物は航空機のパーツを使って組み立てられた"Pre-Piano"というもの(同様の楽器はKAWAIから「トイ・ピアノ」として現在も販売されている)。これにマグネティックピックアップを取り付け、大音量を得られるように改良した。1959年楽器メーカーのフェンダー社と合弁事業を開始し、以降1974年頃まで"Fender Rhodes"の名の下で製品を生産・販売した。この時期の楽器はロゴに"Fender"の文字があることから「フェンダー・ローズ・エレクトリック・ピアノ」或いは「フェンダー・ローズ(ローデス)」と呼ばれる。フェンダーによって生産が開始された1960年当初、筐体はクリーム色で、天板は有名なフィエスタ・レッド(朱色)をはじめとする各種のカラー・バリエーションがあり、1963年以降にはセレステやピアノといった新規モデルも追加された。

1960年代には製造が開始されているが、まだ生産数も少なかったことや非常に重かったこと、ピアノの代用品としてはあまりにもかけ離れた音であったことにより、広くは使われなかった。ドアーズレイ・マンザレクが、低音域32鍵のバージョン「ピアノ・ベース」でベースラインを弾いていたのと、ビートルズのアルバム「レット・イット・ビー」でビリー・プレストンが初期型(Silver Top: 天板が銀)のスーツケース・ピアノを演奏していたのが最も有名な例だろう。1970年代中盤になってから、それまで多く使われていたRMIエレクトラピアノやウーリッツァーなどに代わり、ロックやジャズで広く使用される様になった(使用例を参照)。1973年、「ローズ」のブランドはフェンダーから独立する(尤も、フェンダーと同じCBS傘下であった)[要出典]。1975年頃、ブランド名が"Rhodes"に変更されロゴマークから"Fender"の文字が消えたため、以降のモデルは「ローズ・エレクトリック・ピアノ」或いは「ローズ・ピアノ」と呼ばれる。1980年代中盤にヤマハからDX7が発売され、ローズを模したクリスタルのようなエレクトリックピアノのトーンが人気を博すまではクロスオーバーバンドでの必需品ともなった。電子キーボードが主流となった現在もなお、スムーズ・ジャズを初め幾つかのジャンルで使用されることがある。

現在でもローズの音を求める演奏家は多く、ビンテージのローズを買い求める人は多い。全盛期の生産数は多かったので、プレミア価値は他の楽器と比べて少ないが、1台ごとの性格の違いが大きいので注意。多くの電子ピアノシンセサイザーにローズのサンプリング音が内蔵されている他、サンプリング・ライブラリーも多数販売されている。また、2006年には遂に、ローズ・ブランドでの新型エレクトリックピアノ「ローズ Mark 7」が発表された。日本では2009年9月から山野楽器が総代理店としてMark 7の販売を開始した。輸入一号機の所有者は山下達郎である。彼のライブ「山下達郎パフォーマンス2010」の中で披露された『潮騒』の中でそのエピソードが語られた。

公式的な演奏の採用[編集]

全国高等学校野球選手権大会の「NHK学校紹介用BGM」、選抜高等学校野球大会の「入場行進曲」の演奏に当楽器が使用された。

原理[編集]

ローズ・ピアノの内部

h字型の非対称な金属製音叉の一方の枝をハンマーで叩き、近傍の電磁ピックアップで電気信号に変換する方式。ハンマーで叩く側の枝はトーンジェネレータと呼ばれ、片持ち梁状(L字型)で先端は金属棒となっている。他方の枝はトーンバーと呼ばれる捻った形状の金属板で、トーンジェネレータの振動に共鳴振動する。非対称な二つの枝により鋭い打撃音と長く伸びる減衰音から鳴る独特の音色を発音する。生の音は、正弦波に近くて特徴ある澄んだ、なおかつアタックの強い音を発生するが、ピアノに内蔵のトーンコントロールの調整や、アンプをオーバードライブ気味に歪ませた時の低音のうなるような力強い音は独特な印象を与える。初期には太い音が好まれ、1970年代後半からは金属的なアタックを強調した透明感のある音が好まれるようになる(「ダイノ・マイ・ピアノ」という改造モデルがそのサウンドの元祖であった。しかしこのサウンドはDX7など後発の音源方式で再現されやすく、ローズが駆逐される原因ともなる)。

機種[編集]

  • Army Air Corp Piano (1942-1945)
  • Rhodes Pre-Piano (1946-?)
  • Fender Rhodes (Pre-CBS, 1960-1965) - [モデル] Piano Bass (1960), Celeste (1963), Piano 61 (1965), Piano 73 (1965)
  • Student Pianos (1965-1973) - [モデル] KBS 7024、KMC I
  • Fender Rhodes (Silver Top, 1965-1969) - [モデル] Piano 73, Piano 88, Piano Bass, Celeste (37鍵/49鍵)
  • Fender Rhodes Mark I (1969-1975) - [モデル] Stage 73, Stage 88, Suitcase 73 (1970), Suitcase 88 (1972), Piano Bass
  • Rhodes Mark I (1975-1979) - [モデル] 同上
  • Rhodes Mark II (1979-1983) - モデル変更: Piano Bassが消え、54 (54鍵)が追加
  • Rhodes Mark III EK-10 (1980) - [モデル] Stage 73
  • Rhodes Mark IV (1983) - 1台のみ試作 (電子音源式88鍵)
  • Rhodes Electronic Piano Model 3363 (1983) - ARP Electronic Piano
  • Rhodes Mark V  (1984) - [モデル] Stage 73
  • Roland Rhodes   (Post-CBS, 1987-1997) - [モデル] MK60, MK80 (デジタル・ピアノ), VK1000 (ドローバー・オルガン), 660, 770 (Roland U-20系サンプル音源)
  • Rhodes Mark 7  (2007-) - [モデル] Sシリーズ 61/73/88、Aシリーズ 61/73/88、AMシリーズ 61/73/88

幾つかの機種が存在するが、日本では以下の2機種が知名度が高いと思われる。

ローズ・スーツケース・ピアノ
キーボード部分とアンプ/スピーカー部分が1セットになった機種。運搬を考慮してスーツケース型のトランクに収納する仕様になっている。出力80Wのアンプで4個のスピーカーを鳴らすため、必ずしも別売のアンプ/PAを必要としない。また、このアンプとスピーカーによって得られる音質が独特であるとされている。73鍵式と88鍵式があり、どちらもサステイン・ペダルとトーンコントロールが付いている。
ローズ・マーク1・ステージ・ピアノ
上記のスーツケース型からアンプとスピーカー部分を省略したタイプ。そのためスーツケース型より安価だが、単体では音を出す事が出来ず、PAもしくは別売のアンプを用意する必要がある。こちらも73鍵式と88鍵式がある。

使用例[編集]

ジャズ[編集]

  • ローズピアノを始めて大々的にジャズに導入したのは、キャノンボール・アダレイの「マーシー・マーシー・マーシー」におけるジョー・ザヴィヌルであろう。この演奏に注目したマイルス・デイヴィスは、自らのバンドでもザヴィヌルにローズを演奏させ、それ以降のエレクトリックサウンドにもローズを使い続けた。チック・コリアが初めてマイルス・デイヴィスのセッションに呼ばれた際、現場には見慣れたピアノがなく、当時まだ珍しかったローズピアノとRMIピアノが置かれていた。マイルスが音色を気に入って取り寄せたのだが、チックは最初、「こんなオモチャを弾くのか?」と否定的だったという。しかし、いざ弾き始めるや、その独特な音色に驚き、イマジネーションが一気に膨らんだそうである。ローズの音色はその後、チックのシグネイチャートーンになる。また、ローズに対する同様の印象を、やはりマイルスに呼ばれた、キース・ジャレットも残している。エレクトリック初期のステージでは殆ど使われていないが、徐々にステージにもローズが置かれるようになっていった。またアレンジャーのギル・エヴァンスも愛用していた。

ソウル[編集]

フュージョン[編集]

ロック[編集]

  • レッド・ツェッペリンのアルバム「聖なる館」に収録された「ノー・クォーター」をライブで再現する際、ジョン・ポール・ジョーンズが演奏している(エフェクトはマエストロのフェイザーを使用。スタジオ版ではホーナー・エレクトラピアノという、アップライトタイプでローズとウーリッツァーの中間の様な音色を持ったエレピを使用し(レッド・ツェッペリンの全アルバムで聴かれるエレピ音色は全てこの楽器が使われた)、EMS VCS3のフィルター回路でエフェクトを付けている)。
  • スティクスの「ベイブ」で冒頭部から使用されている。
  • PFMのアルバム「ジェット・ラグ」他で全体的に使用されている。
  • パトリック・モラーツイエスのアルバム「リレイヤー」で使用した。特に同アルバムの2曲目での演奏は凄まじい。
  • ハットフィールド・アンド・ザ・ノースナショナル・ヘルスでキーボードをつとめたデイヴ・スチュワートは、ファズ・オルガンと併用でフェンダーローズを多用している。特に、ハットフィールズからブラッフォードのファースト、フィールズ・グッド・トゥ・ミーにかけては徐々にオルガンよりもフェンダーローズの法が使用頻度が高くなっていく。ただし、ソロに於いてはオルガンにその座を譲ることが多かった。ブラッフォードのセカンド以降はヤマハのCP80にその座を取って代わられ、その後使用されていない。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]