亀田誠治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
亀田 誠治
基本情報
出生名 亀田 誠治
出生 1964年6月3日(50歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク
出身地 日本の旗 日本
学歴 早稲田大学第一文学部
職業 音楽プロデューサー編曲家作曲家ベーシスト
担当楽器 ベース
活動期間 1989年 -
レーベル EMIミュージック・ジャパン[注 1]
(2004年 - 2012年)
事務所 誠屋
共同作業者 東京事変など
公式サイト 亀の恩返し

亀田 誠治(かめだ せいじ、1964年6月3日 - )は、日本ミュージシャン音楽プロデューサーベーシストバンド東京事変の元メンバー。アメリカ合衆国ニューヨーク出身。早稲田大学卒業。妻は歌手の下成佐登子

来歴[編集]

生い立ち[編集]

アメリカ合衆国・ニューヨーク生まれ(生後1年で帰国)。一時期、大阪千里に住んでいたこともある。幼少時よりクラシックギターピアノを学び、14歳の頃にベースを始める。武蔵高等学校から早稲田大学第一文学部に進学する[1]

音楽業界へ[編集]

大学在学中にピアニスト・ヴォーカリストの吉中美樹音楽ユニット「Miki-Pooh」を結成。就職活動の代わりに曲を書いてアレンジし、デモテープを作ってはレコード会社に送り、バンドのコンテストにも応募するなど、音楽業界へ入る道筋を探していた[1]。彼が作った曲をきっかけに仲間のデビューが決まるが、デビュー曲の作曲やアレンジはプロが行い、彼自身はデビューすることもそこに関わることもできなかった[1]。しかし、その縁でプロのレコーディング現場に出入りするようになり、スタジオに通いながらプロのやり方を勉強している内にこまごまとした仕事を任されるようになる[1]

大学卒業後の1989年、自身の曲がアイドルグループCoCoのデビュー直後のシングルに採用されることが決まってアレンジも任されることになり、ハーフトーンミュージックに所属して編曲家、アレンジャーとして活動を開始する[1]。その一方で、当時「もう一度夜を止めて」という曲がスマッシュヒットしていた学生時代のサークルの先輩であったシンガーソングライター崎谷健次郎からコンサートツアーでのサポート・ミュージシャンに起用されたことをきっかけに、ベーシストとしても様々なアーティストたちのレコーディングにスタジオ・ミュージシャンとして参加するようになる[1]1995年には崎谷健次郎のアコースティック・ライヴに参加し、その模様はNHK-BS2で放映された。なお、日本国内で彼に影響を受けたべーシストは数多く、高い技量、メロディーラインを食わない派手なベースライン、音楽的思考、そして独特の歪んだベースの音などは彼の持ち味といえる。

音楽プロデュース業確立期[編集]

1999年からアレンジャーとベーシストとして参加した椎名林檎のアルバムが2作連続してミリオンセラーとなったことで音楽業界に名前が知られるようになり、次第に音楽プロデューサーとしての仕事が増えてくる[1]

2000年代に入ると、スピッツ平井堅スガシカオなど、様々なアーティスト達から次々にプロデュースの依頼が舞い込むようになり、有名プロデューサーの仲間入りを果たした。

「東京事変」結成〜解散[編集]

2004年夏、旧知の椎名林檎の誘いで彼女のバンド「東京事変」にベーシストとして加入、40歳にして念願のバンドデビューを果たし、ミュージシャンとして日本武道館のステージに立つという25年越しの夢を実現した[1]。東京事変ではベース演奏の他に、作詞(1曲)と作曲(8曲、うち2曲は共作)も担当している。

2007年平井堅の「哀歌 (エレジー) 」やアンジェラ・アキサクラ色」など数多くの楽曲を編曲した実績により、第49回日本レコード大賞の編曲賞を受賞した。

2008年5月、映画『隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS』の制作スタッフからの指名で、布袋寅泰KREVAとともに期間限定ユニットThe THREE」を結成し、映画をプロモーションする[2]

2009年5月2日・3日、日本武道館にて、自身の総指揮によるライブイベント「亀の恩返し」を開催[3]

2009年12月06日、TBS系放送の情報ドキュメンタリー番組情熱大陸」に出演、作業風景が特集される。

2010年、NHK-BS2で放送されている音楽情報番組『ウエンズデー J-POP』に音先案内人として不定期出演。

2012年2月29日閏日)、所属していた「東京事変」が解散。

現在まで[編集]

2012年7月1日、クリエイティブディレクターの箭内道彦東日本大震災復興支援プロジェクト「THE HUMAN BEATS」の一環として楽曲制作の依頼を受け、箭内が作詞・作曲、亀田がプロデュースを手がけたチャリティソング「『two shot』feat.キヨサク【one chorus ver.】」が配信リリースされる[4][注 2]。ボーカルはMONGOL800のキヨサクがウクレレの弾き語りで参加。

2012年9月19日、「THE HUMAN BEATS」のチャリティCD「Two Shot」がタワーレコード限定でリリースされる[5][注 2]。前作の配信版に新たにRHYMESTERMummy-Dがラッパーとして参加。

2012年11月4日、ラフォーレミュージアム六本木にて、ヤマハLMが開催するイベント「サウンドジャム」内のスペシャルイベントとして、亀田主催のベースコンテスト「第一回亀田杯ベース選手権大会」の最終ライブ審査を開催。

2013年5月18日・19日、日本武道館にて主催ライブイベント「亀の恩返し2013」を開催[6]

2013年7月31日と8月1日に東京・東京国際フォーラム ホールAで開催されたクインシー・ジョーンズの来日公演にて、トリビュートパートのプロデュースを手掛ける[7]

2013年9月9日より、自身が出演した東洋水産のカップ麺「マルちゃん 麺づくり」CMが放送開始[8]

2013年12月、音楽プロデュースを手がけた映画「カノジョは嘘を愛しすぎてる」が劇場公開[注 3]。劇中バンド「CRUDE PLAY」と「MUSH&Co.」のプロデュースも行う。

2014年5月11日、東京・青山 スパイラルホールにて、亀田主催のベースコンテスト「第二回亀田杯ベース選手権大会」の最終審査を公開ライヴ形式で行う[10][注 4]

2014年10月12日、東京・恵比寿ザ・ガーデンホールにてトーク&ライヴイベント「J-WAVE『BEHIND THE MELODY』〜FM 亀の恩返し supported by イープラス」を開催[11]

2014年11月、flumpoolのボーカル山村隆太とギター阪井一生の誘いで期間限定のスペシャルユニット「THE TURTLES JAPAN」を結成[12][13]

音楽的影響[編集]

雑誌『ベースマガジン』にて、「細部に渡ってポール・マッカートニーに音楽を学んだ」と話している[14]。ギターを持ちながらビートルズのレコードをかけ、「ハロー・グッドバイ」を聴いた時に自然とベースのラインを追っかけていた事がベースを始めるきっかけだったという。

使用機材[編集]

主にフェンダーの66年製ジャズベースを使用しているが最近ではYAMAHAのBB-2024カメダバージョンをステージで多く使っている。

関連アーティスト[編集]

プロデュース、編曲、楽曲提供[編集]

あ行[編集]

青西高嗣赤い公園安達祐実亜波根綾乃絢香新居昭乃新垣結衣綾瀬はるかANZAアンジェラ・アキUNDER THE COUNTERいきものがかり石岡美紀磯崎健史ISSAET-KING泉川そら175R、岩見十夢、WEAVER、wilberry、呉汝俊WEATHER SIDE上田愛美上田まり植村花菜ウカスカジー、臼田道成、内田有紀宇宙まおEvery Little Thingエレファントカシマシ遠藤久美子大原櫻子OverTheDogs沖仁小田茜

か行[編集]

片平里菜勝又亜依子金月真美、河合みわこ、CANNABIS蔦谷好位置)、木村カエラCUNEKinKi Kidsクノシンジクラムボン栗山千明CRUDE PLAYGLAY区麗情KGOLD RUSH倖田來未國府田マリ子高鈴CoCoゴスペラーズ、こながやひろみ、近藤晃央

さ行[編集]

坂本サトル櫻井智、Samarie、猿岩石椎名へきる椎名林檎Genius、the sheep、しおりcinema staff、柴田由紀子、清水翔太下川みくに#18JUJUSchliemannGIRAFFESwitch StyleスガシカオスキマスイッチSCANDAL杉本理恵鈴木聖美鈴木紗理奈鈴木ユカリSTARSthe strange dramaスピッツThe THREE布袋寅泰×KREVA×亀田誠治)、セカイイチ相馬裕子SOPHIA

た行[編集]

高野寛高橋由美子谷村有美丹下桜チェキッ娘CHAGECHARCOAL FILTERチャットモンチーCHARA露崎春女D-LITEテゴマスTETSU69Dew傳田真央(MAO/d)、TWO of USDo As Infinity東京事変東京スカパラダイスオーケストラ堂本剛ともさかりえtriple image

な行[編集]

永作博美中村中ナスカナチュラル ハイ、nicco(ニコ)、NICO Touches the Walls西脇唯、西田昭彦、西田ひかる西村雅彦νNEWS沼田壮平のあのわNORTHERN BRIGHT

は行[編集]

秦基博back numberハナエ羽田惠理香PUFFY浜崎あゆみ早坂好恵、ハラフウミ(原由子×風味堂)、原由子HUNGRY DAYSPIERROTビビアン・スー、THE HUMAN BEATS、平井堅平原綾香広沢タダシFUZZY CONTROLFUNKY MONKEY BABYSTHE BOOM風味堂FoZZtone深田恭子福原美穂藤井フミヤ藤田恵美(Emi with 森亀橋=森俊之、亀田誠治、佐橋佳幸)、フジファブリックPlastic TreeフラワーカンパニーズThe FLAREBREATHFLOW星野源堀川早苗

ま行[編集]

松崎しげるMUSH&Co.松千松たか子ミサイルイノベーション観月ありさ、みみずくず、宮沢和史MIYAVI vs KREVAMAYメレンゲ(クボケンジ)、森口博子森山直太朗

や行[編集]

矢野真紀矢部美穂山嵐山口由子山下久美子YUKIゆず吉田真里子米倉千尋米村裕美

ら行[編集]

L'Arc〜en〜Ciel、READ ALOUD、Litaribbon、Ring My Bell from key station、ΛuciferLetit goROCK'A'TRENCH

わ行[編集]

WISEWINO

ベーシストとして[編集]

東京事変Bank Bandillion雅-MIYABI-椎名林檎ともさかりえPUFFY栗山千明BAND FOR "SANKA"氷室京介ミドリカワ書房坂本真綾甲斐名都スキマスイッチポルノグラフィティ

主な音楽制作活動[編集]

アーティスト 期間 仕事内容
CoCo 1990年-1994年 デビュー直後から作曲、編曲で参加しており、関わった楽曲は20曲以上になる。シングル曲で初めて編曲に参加したのは、1990年5月発売の「夏の友達」。[注 5]
永作博美 1993年-1994年 ribbon在籍当時にリリースされたソロシングル「My Home Town」「Without You」「逢いにきて」、及びアルバム『N』、『Here and Now』のすべての編曲及びサウンド・プロデュースで参加。なお、レコーディングではベースも演奏し、1993年9月16〜17の両日、渋谷ON AIRで行われたソロ・コンサート「HIROMI NAGASAKU LIVE SHOW'N'」にもバックバンドのメンバーとして参加している。
國府田マリ子 1997年-2001年 多数のアルバムとシングルにおいて、編曲とベースを担当している。またバックバンドのメンバーも務める。
椎名林檎 1999年-2002年 ファースト・アルバムとセカンド・アルバム、およびカバー・アルバムや初期の多数のシングル曲にアレンジャーとベーシストとして参加。またコンサート・ツアーにもベーシストとして参加している。[注 6]
Do As Infinity 2000年- 3rdシングル「Oasis」からアレンジャー、プロデューサー、レコーディングでのベース演奏で参加。
Emi with 森亀橋 2001年- 森俊之(Keyboard)、亀田誠治(Bass)、佐橋佳幸(Guitar)の3人のプロデュース・チームが、元Le Couple(ル・クプル)の藤田恵美をヴォーカルに迎えたユニット[注 7]
CHARCOAL FILTER 2002年-2004年 編曲とプロデュースを担当[注 8]
平井堅 2002年- シングル「大きな古時計」で編曲とベースを担当して以降、「LIFE is... 〜another story〜」「瞳をとじて」「POP STAR」「哀歌(エレジー)」「僕は君に恋をする」などに参加。
Bank Band 2005年- 沿志奏逢2』とライブ『ap bank fes('05〜)』にベースで参加。
いきものがかり 2006年 ホットミルク風が吹いているなどのアレンジ
ポルノグラフィティ 2006年 シングル「ハネウマライダー」収録全曲でレコーディングでのベース演奏に参加。
坂本真綾 2007年 ミニ・アルバム『30minutes night flight』に収録の「セツナ」にベース演奏で参加。
The THREE 2008年 布袋寅泰KREVAとの期間限定ユニット。映画『隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS』の主題歌「裏切り御免」をリリース。
秦基博 2008年 シングル「フォーエバーソング」で編曲を担当。
NICO Touches the Walls 2009年 シングル「ビッグフット」、「ホログラム」、「かけら -総べての想いたちへ-」、アルバム「オーロラ」で編曲を担当。
THE HUMAN BEATS 2012年 MONGOL800の上江洌清作、RHYMESTERMummy-D、クリエイティブディレクターの箭内道彦とのユニット。東日本大地震チャリティーシングル「Two Shot」をリリース。
大原櫻子 2014年 明日もカノジョは嘘を愛しすぎてる)などの作詞作曲。
THE TURTLES JAPAN 2014年 flumpool山村隆太阪井一生からの打診によって結成。1stシングル『It's Alright!』を2014年11月に発売予定[注 9][13]

出演[編集]

TV番組[編集]

ラジオ番組[編集]

  • BEHIND THE MELODY〜FM KAMEDA[16]J-WAVE、2012年4月 - 現在)

CM[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 東京事変として所属。
  2. ^ a b これらの楽曲の販売によって得た利益の全額はあしなが育英会「あしなが東日本大地震・津波遺児募金」へ寄付された。
  3. ^ 主演女優を探す「リコを探せ!オーディション」にも審査員として参加[9]
  4. ^ 優勝者は亀田がプロデュースするDo As Infinityのレコーディングにベーシストとして1曲参加することができる。
  5. ^ なお、CoCoの解散記念のメモリアル写真集『未来はCoCoから』(1994年)の中で、グループ解散に際して活動に関わったスタッフの一人として亀田もメッセージを寄せているが、その中で現在の妻である下成佐登子と出会ったきっかけがCoCoのレコーディング・セッションだったことを明かしており、「全くもってCoCo様には頭が上がらないのだ」とコメントしている。
  6. ^ 亀田の「師匠」という愛称は彼女がそう呼んでいることが由来。
  7. ^ 2001年と2003年にリリースされた藤田の「Camomileシリーズ」は、香港で人気に火がつき、台湾、マレーシア、タイ、シンガポール、インドネシアのアジア五カ国でゴールド・ディスク、プラチナ・ディスクを獲得した。
  8. ^ DVD『わくわくチャコールフェア2005 〜積もる話をツモりながらCHARCOAL FILTERとテンション点棒あがるDVD』では、ギターを演奏している極めて珍しいライヴ映像が収録されている(『Kazematic』)。また編曲家としてのイメージの強い亀田だが、Konagawa Takahiroのソロ楽曲「tears」(アルバム『The first tears』収録)では作詞を担当している。
  9. ^ この曲は、TBS系『CDTV』10・11月度オープニングテーマ曲に決定している。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 亀田誠治 (2014年7月9日). 仕事とは? Vol.125 亀田誠治. インタビュアー:泉彩子. 就職ジャーナル, リクルートホールディングス.. http://journal.rikunabi.com/p/worker/job/11426.html 2014年12月6日閲覧。 
  2. ^ The THREE (2008年5月15日). インタビュー. インタビュアー:田中大. @ぴあ, チケットぴあ.. http://www.pia.co.jp/interview/three/index.html 2014年12月6日閲覧。 
  3. ^ “亀田誠治ゆかりのアーティストが武道館で「亀の恩返し」”. 音楽ナタリー. (2009年5月8日). http://natalie.mu/music/news/16242 2014年12月6日閲覧。 
  4. ^ “箭内、亀田、キヨサクがチャリティソング「two shot」配信”. 音楽ナタリー. (2012年7月1日). http://natalie.mu/music/news/72130 2014年12月6日閲覧。 
  5. ^ “箭内、亀田、キヨサク、Mummy-DがチャリティCD発売”. 音楽ナタリー. (2012年9月6日). http://natalie.mu/music/news/76008 2014年12月6日閲覧。 
  6. ^ “亀田誠治によるイベント「亀の恩返し2013」がNHK BSプレミアムで7/27深夜にオンエア”. Ro69. (2013年7月18日). http://ro69.jp/news/detail/85448 2014年12月6日閲覧。 
  7. ^ “クインシー来日公演にJUJU、BoA、土岐、MIYAVIら”. 音楽ナタリー. (2013年7月2日). http://natalie.mu/music/news/94095 2014年12月6日閲覧。 
  8. ^ “レキシ&亀田誠治「麺づくり」CMで瀧本美織とほのぼの家族”. 音楽ナタリー. (2013年9月9日). http://natalie.mu/music/news/98982 2014年12月6日閲覧。 
  9. ^ “映画「カノ嘘」秋役に佐藤健、理子は公募で選ばれた17歳”. コミックナタリー. (2013年3月7日). http://natalie.mu/comic/news/86181 2014年12月6日閲覧。 
  10. ^ “亀田誠治主催の「第二回亀田杯 ベース選手権大会」開催が決定”. Ro69. (2014年10月1日). http://ro69.jp/news/detail/97441 2014年2月19日閲覧。 
  11. ^ “亀田誠治による「亀の恩返し」、開催決定。RIP SLYME・秦 基博らが出演”. Ro69. (2014年8月25日). http://ro69.jp/news/detail/108512 2014年12月6日閲覧。 
  12. ^ “亀田誠治・山村隆太・阪井一生、期間限定ユニット“THE TURTLES JAPAN”結成”. MUSICMAN-NET. (2014年7月22日). http://www.musicman-net.com/artist/37780.html 2014年12月6日閲覧。 
  13. ^ a b “亀田誠治・flumpool山村&阪井による“THE TURTLES JAPAN”、シングル発売決定”. Ro69. (2014年10月1日). http://ro69.jp/news/detail/110832 2014年10月1日閲覧。 
  14. ^ 『ベースマガジン 10月号』、リットーミュージック2005年2014年12月6日閲覧。
  15. ^ 亀田音楽専門学校 SEASON 2 - NHK
  16. ^ 81.3 FM J-WAVE : BEHIND THE MELODY〜FM KAMEDA
  17. ^ マルちゃん「麺づくり」HP

外部リンク[編集]