中牟礼貞則

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中牟礼貞則
基本情報
出生 1933年3月15日(81歳)
出身地 日本の旗 日本 鹿児島県出水市
学歴 青山学院大学
ジャンル ジャズ
職業 ギタリスト
担当楽器 ギター
活動期間 1952年 -
公式サイト 中牟礼貞則 Sadanori Nakamure
著名使用楽器
ギブソン・ES-175

中牟礼 貞則(なかむれ さだのり、1933年3月15日[1] - )は鹿児島県出水市(旧出水郡)出身のジャズギタリスト[1]

生い立ち[編集]

小学生のころからギターが好きで自作の木製ギターを制作したり、蓄音器で音楽を聴いていたりした[1]。18歳で東京都に移住して青山学院大学在学中の1952年にプロデビューした[1]渡辺貞夫前田憲男猪俣猛などのミュージシャンと共演した[1]1963年銀巴里セッションに参加した[1]

弟子に渡辺香津美がいる[1]

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

  1. INTER CROSS(1999年、ZEST)[2]
  2. Remembrance(2001年1月21日、ZEST)[2]
  3. ギター・サンバ (2007年10月26日)

参加作品[編集]

  1. ギター・ルネッサンスⅢ(2006年6月7日)[3]
  2. My Heart Belongs to daddy(2006年11月26日)[3]
  3. Gentle Three (2008年12月17日)

出典[編集]

外部リンク[編集]