100s

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
100s
基本情報
出身地 日本の旗 日本
ジャンル ロック
職業 ロックバンド
活動期間 2001年
レーベル 東芝EMI
2004年 - 2006年
エイベックス/FIVE D plus
2007年 -)
公式サイト www.100s.jp/
メンバー
中村一義(ボーカルギター
池田貴史(キーボード
町田昌弘(ギター)
小野眞一(ギター)
山口寛雄(ベース
玉田豊夢(ドラム

100s(ひゃくしき)は日本のロックバンドである。

概要[編集]

元々男性ソロシンガーとして活動していた中村一義が、2000年、ロッキングオン主催の第1回ROCK IN JAPAN FESTIVALにて大トリとしてライブを行う予定だったが、台風の直撃を受け中止になってしまった。 リベンジを果たすため2001年、再びROCK IN JAPAN FESTIVALに大トリとして出演した。そのときに中村とバックバンドのメンバーは意気投合し、同じメンバーで中村のレコーディングとツアーを行った後、バンド100sとして活動を開始した。中村のサポートから発展して結成されたバンドであり、実質上の1stアルバムは100sのメンバーでレコーディングを行い、中村一義名義でリリースされた「100s」である。 ちなみにメンバーの玉田と池田は中村一義のサードアルバム「ERA」にも参加している。

バンド名の由来は、『機動戦士Ζガンダム』でクワトロ・バジーナが乗るモビルスーツ百式である。

メンバーの町田、玉田、山口は音楽専門学校の同級生。中村、池田は家が近所である。

メンバー[編集]

  • 中村一義 (なかむら かずよし、1975年2月18日-)ボーカル、(ギター
    • ニックネームは中村くん、一義、ナカカズなど。
    • 1997年にソロとしてデビュー。
    • 結成当初はライブではギターを弾いていたが、完全に100s名義になってからはボーカルに専念している。
    • ほとんどの楽曲の作詞・作曲を担当している。
    • 山崎まさよし斉藤和義らとさんよしくんと称されることがある。
    • 独特の発語感を持ちそのボーカリゼーションは日本語英語とも言われている。
  • 町田昌弘 (まちだ まさひろ、1975年11月6日-)ギター
    • ニックネームはまっちぃ。
    • キャスバル」としてソロ活動も行っていて、アルバムを一枚リリースしている。
    • 山口、玉田とともにkiccaのメンバーとしても活動している。
    • THE STAND UP、WONDERSなどのプロデュースを行っている。
    • 北出菜奈の「挑発ガール」(KISS or KISS カップリング)を山口とともに作曲。
    • 2009年からは、THE BOOMのサポートメンバーとしてツアーに帯同、アルバムにも参加している。
  • 小野眞一 (おの しんいち、1974年1月28日-)ギター
    • ニックネームは小野ちゃん。
    • 2000年shortcut miffy!のメンバーとしてデビュー。現在は解散している。
    • 現在、taeのギター、フィッシュバスケットのボーカル&ギターとしても活動中。
    • Daily Chainsawという個人サイトを持っている。内容は自身の音楽活動とは直接関係ないものが殆ど。
    • 「まんまる」のPVにおいて奇妙な着ぐるみを着させられておりライブもその着ぐるみを着て登場することがある。

来歴[編集]

  • 2001年中村のROCK IN JAPAN FESTIVAL出演を機に結成されたのが100sである。その後、意気投合し、レコーディングに入る。
  • 2007年FIVE D plusへ移籍。3rdシングル「希望」、4thシングル「ももとせ」をリリース。その後、待望の2ndアルバム「ALL!!!!!!」はオリコン初登場9位。また全国ツアー“100s LIVE TOUR 2007 百来来!!!!!!”を敢行し、その最終特別公演として「今一度音志を洗濯したく候」を両国国技館にて行う。ROCK IN JAPAN FESTIVALにも出演した。

ディスコグラフィ[編集]

中村一義名義[編集]

シングル[編集]

  • キャノンボール(2002年1月23日)
  • セブンスター(2002年4月11日)
  • 新世界(2002年7月31日)

アルバム[編集]

100s名義[編集]

シングル[編集]

アルバム[編集]

DVD[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2005年9月7日 10Oz. TOBF-5395 オリコン最高66位
2nd 2006年2月19日 100s Ozlive -The Tour of OZ 2005- VFBV-00018
3rd 2007年12月26日 100s LIVE TOUR 2007 百来来!!!!!! VFBV-00016 オリコン最高158位

参加作品[編集]

発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
2005年9月30日 HAPPY BIRTHDAY,JOHN TOCT-25899 オリコン最高42位、登場回数6回
2008年3月26日 Fantastic Plastic Machine『Sound Concierge "Japanese Lyric Dance"』 AVCD-23586 オリコン最高51位、登場回数6回
2010年8月4日 FPM『VERSUS. JAPANESE ROCK VS FPM SELECTED AND NON-STOP MIXED BY FPM』 AVCD-38079 オリコン最高95位、登場回数3回

ミュージックビデオ[編集]

監督 曲名
遠藤主任 「A」「Honeycom.ware」「あの荒野に花束を」「なぁ、未来。」「ももとせ」「希望 from DVD「百未来!!!!!!-100s LIVE TOUR 2007-」(ONLY SSTV EDITION)」「扉の向こうに」
遠藤主任+TEXXXXXAS 「Q & A」
遠藤主任+豊田京太郎 「希望」
Yuji Endo 「Honeycom.ware from DVD「Ozlive!-The Tour of OZ 2005-」」
横浜聡子 「そりゃそうだ」「モノアイ」「魔法を信じ続けているかい?」

関連項目[編集]

  • 石野田奈津代 - バンド Kicca のボーカル。中村一義はじめ100sのメンバーが参加。

読み方[編集]

  • 100s(バンド名)…ヒャクシキ
  • 100s(アルバム名)…ヒャクエス
  • A…エース
  • Honeycom.ware…ハニコム・ウェア
  • OZ…オズ
  • 10Oz…テン・オンス

外部リンク[編集]

  • 100s.jp - 公式ウェブサイト