モビルスーツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

モビルスーツ (MOBILE SUIT: MS) は、アニメ機動戦士ガンダム』をはじめとする「ガンダムシリーズ」に登場する、架空の兵器の分類の一つ。一種のロボットで、ほとんどの場合人型をした有人機動兵器の事を指す。英題では「機動戦士」にあたる部分にこの語が使用される。

目次

概要[編集]

劇中の大道具・小道具としてのモビルスーツ[編集]

1979年制作の『機動戦士ガンダム』において初登場したモビルスーツは、1972年の『マジンガーZ』以来のロボットアニメに登場するロボット達とは大きく異なる描かれ方をしていた。それまでのロボットアニメに登場するロボットは、いわば特撮番組などにおけるヒーロー怪獣を、主役ロボットと敵役ロボットとに置き換えたものであった。これに対して、『ガンダム』はモビルスーツを現実の世界の戦闘機や戦車と同じような兵器の一種として描いたのである。

例えば、『機動戦士ガンダム』で最も数多く登場したモビルスーツ・ザクは、それまでのロボットアニメの敵巨大ロボと根本的に異なり「同型機が何度も、かつ同時に複数登場する」という点で画期的であった(『新造人間キャシャーン』のアンドロ軍団のように、量産型の登場例は全高2メートル程度ながらも既にあった)。それまでの敵ロボットは毎回毎回外見も行動も異なるものが一機ずつ登場していたのに対し、『機動戦士ガンダム』第1話から第11話までの間、敵側のモビルスーツはいわゆるザク、旧ザク、そしてシャア専用ザクだけで通したのである。その後も、現実の歩兵や戦車・戦闘機などが複数編成で運用されるのと同様に、ザクは同じ機体が同時に複数登場するのが常とされた。またザクの武装はマシンガンバズーカといった実在の歩兵用火器をモビルスーツの大きさにしたものであり、怪獣のような火炎や怪光線で攻撃してきた従来の敵ロボットとはこの点でも一線を画していた。外観も、商品化が予定されていなかったこともあって、大戦中のドイツ軍兵士をイメージさせる兵器らしさを強調したデザイン、戦車などの軍用車両を思わせる緑系のカラーリングとなっていた。

主人公アムロ・レイが搭乗する主役機ガンダムは、ザクと比べて性能は多少は良いが桁外れに強かったわけではない。ビームライフルや頑丈な装甲といったアドバンテージはあったものの、敵のパイロットの腕前や戦術により、しばしば苦戦を強いられている。また、敵側にもグフドムといった新型モビルスーツが登場するにつれ、機体性能の差も縮まっていった。

こうした「巨大ロボットを現実の兵器と同じに扱う」という、従来のロボットアニメと一線を画したコンセプトは、多くの追随作を生み、一大ジャンルに発展していった。

こうした路線はその後の多くのロボットアニメで洗練され、主役メカが存在せず敵味方が同じ工業製品の量産機で戦うという内容の『装甲騎兵ボトムズ』でピークに達する(『リアルロボット』という呼び名を作ったのは『ボトムズ』の監督の高橋良輔であるとされる)[1]

当初は宇宙を舞台にしたリアルな物語を作ろうとしていた『機動戦士ガンダム』の企画時に、本来は登場させるつもりはなかった巨大ロボットをスポンサーの意向により登場させざるを得なくなった際、スタジオぬえ高千穂遙が、ロバート・A・ハインラインSF小説宇宙の戦士』の一読を企画部長の山浦栄二に薦めた。「リアルな人型の兵器が存在してもおかしくない」と感じた総監督の富野喜幸(現・富野由悠季)をはじめとした制作スタッフは、当初はその「パワードスーツ」のアイディアを元に全高2m程度の強化装甲服を物語に使うつもりであったが(「モビルスーツ」という名称はその名残である)、スポンサーからどうしても巨大ロボットを出さなくては駄目だと要求されたため、戦闘機と同サイズである身長18mのロボット、つまりマジンガーZと同じ大きさのロボットを出すこととなった。当然、現実的な兵器論としてはこの様に巨大なものは役には立たないことは分かっていたが、当時のアニメロボットの主流は50m〜100m程度であったためこれでも十分にリアルな描写ができると判断され、しぶしぶ企画に登場させることにした。だが実際に企画を進めてみるとリアリティのある巨大ロボットは非常におもしろい演出ができることがわかり、結果的に『ガンダム』は『マジンガーZ』とも『宇宙の戦士』とも違った新天地を切り開くことになる。モビルスーツという兵器の概念は、こうして生み出されることになった。 当初は、物語の最後まで敵側のモビルスーツはザクのみで通す予定であった。しかし視聴率低下によるテコ入れから複数の目新しい敵キャラクターとして新型機を登場させざるを得なくなり、さらには非人間型の怪獣的なモビルアーマーまで顔を出すことになった。これらの登場はリアルな世界観を破壊してしまうのではないかと最初は懸念されたものの、現実の戦争でも戦況の変化と共に新型兵器が次々と戦線に投入されることは全くおかしな事ではなく、あくまでリアリティをそこなわない程度に抑えられて物語にうまく華を添えることになり、ビジネス的にもバラエティに溢れたキャラクタービジネスの大成功へとつながることになった。

初代ガンダムはロボットアニメというジャンルに、『宇宙戦艦ヤマト』で見られたような戦場を舞台とした人間ドラマの要素を取り込んだ初の作品であるといわれる。戦場で相対する人々の人間模様、特に成長途上の少年少女達が多く登場し彼らの成長が作品の柱になっており、また物語後半に登場する重要なテーマ「人類の革新『ニュータイプ』」という存在の意味や意義を描くことに主眼をおいており、モビルスーツの華々しい活躍は作品を彩っているものの、それら重厚な物語に水を差すようなことはない。

なお「モビルスーツ」以降、ロボットアニメでは登場する巨大ロボット兵器を単に「ロボット」と呼ばず、「重機動メカ」「ウォーカーマシン」「オーラバトラー」など、各作品が世界観に沿った固有の総称を設定する事が慣例となっている。富野によれば、現場でもロボットではなくモビルスーツと呼ぶ事を徹底したという。[2]

キャラクターとしてのモビルスーツ[編集]

モビルスーツはキャラクターの一種としても非常に成功した部類である。『機動戦士ガンダム』の本放送は、そのリアリティを重視した物語が従来のロボットアニメとあまりに異質であったこともあって当初は視聴率が今ひとつ振るわず、またメインスポンサーであったクローバーが発売していた玩具の売り上げが不振であったために終盤近くで打ち切りとなってしまった。その後1980年バンダイからガンダムをはじめとしたモビルスーツのプラモデルが発売され、価格の手ごろさなどから当時の子供達に絶大な人気を博した。やがて「ガンプラ」と呼ばれるようになったこれらのプラモデルの人気と、ドラマ性を重視した物語の評価とが相まって『機動戦士ガンダム』の再放送の視聴率は非常に高いものとなり、そして劇場版映画として再編・上映され大ヒットとなった。ガンプラは子供向けの簡便な低価格キットから高年齢層向けに凝った作りの高価格キットまで幅広く展開されている。四半世紀を経た現在でも続編作品の登場機体に加え、いまだに初代ガンダムやザクの新型キットが発売されるなどその人気は全く衰えていない。

ガンプラ以外にもフィギュアなどが発売され、またモビルスーツが登場するコンピューターゲームも、その操縦を楽しむアクションゲームやこれによる戦略を楽しむシミュレーションゲーム等多数が制作されている。子供向けやファン向け以外でも、一般の大人向けの商品のキャラクターとしてもモビルスーツは人気がある。

またモビルスーツを2〜3頭身程度にデフォルメした『SDガンダム』シリーズも高い人気を持つ。これらは本来のモビルスーツをコミカルに表現したもので、体型以外の設定はそのままにコンピュータゲームに登場したり、あるいは本来のガンダムシリーズを離れて全く新しいキャラクター・世界観を構築したものもある。

モビルスーツのデザイナー[編集]

『機動戦士ガンダム』においてモビルスーツをデザインしたのはメカデザイナーの草分けである大河原邦男である。実際の現場では監督の富野由悠季やキャラクターデザイナー作画監督安彦良和によってもデザインの提案や修正がおこなわれている(初期デザインのガンダムには鼻と口があったのだが、安彦が異議を唱え、現在のようにマスクを付けているかのようなデザインとなった。また、青をベースとしたカラーリングだったのを、白をベースとするよう提案したのも安彦である)。さらに、番組中期以降の登場メカの大半は富野によってラフデザインがおこされ、それに比較的忠実な大河原によるフィニッシュワークが行われているため、基本デザインは富野によるものと言っても過言ではない(『伝説巨神イデオン』でも同様のことが行われた)。ガンダムブーム・ガンプラブームによって「メカニックデザイナー(メカニカルデザイナー)」という職種が注目されるようになった。

以降のガンダムシリーズにおいても、永野護出渕裕カトキハジメなどといった多くのメカデザイナーが参加している。アメリカのインダストリアルデザイナーシド・ミードも『∀ガンダム』に参加したことがある。漫画家の鳥山明も自作品内でオリジナルのモビルスーツをデザインし登場させた。

モビルスーツの設定付け[編集]

『機動戦士ガンダム』がアニメファンの人気を獲得する中で、その世界観に関する考察や様々な後付け設定の創作が行われている。例えば制作スタッフとラポート社発行のアニメ雑誌「アニメック」編集部との交流により、モビルスーツには実在の兵器に似せた型式番号が割り当てられるようになった。例えばガンダムには「RX-78」、ザクには「MS-06」といった具合である。モビルスーツの型式番号や名称は、スタジオぬえが係わった、みのり書房発行の雑誌「月刊OUT」別冊『GUNDAM CENTURY』により、「RX-78-2 ガンダム(2号機)」「MS-06F ザクII F型」と、また旧ザクやシャア専用ザクも「MS-05 ザクI」「MS-06S 指揮官用ザクII」とより詳細に設定された。さらに最初の劇場版公開当時、講談社のムックで劇中には登場しなかったバリエーション機が創作され、これは後にGUNDAM CENTURYで生まれた設定を加えて拡大し、バンダイの『モビルスーツバリエーション』 (MSV) として商品展開、ガンプラなどで人気を博した。これらはアニメの制作スタッフによるものではなかったが、ずっと後に作られた作品の劇中に登場することで、公式的な設定となっていった。

また、当初モビルスーツによる白兵戦を必然のものとするために、レーダー等を使用不能にする粒子として創作されたミノフスキー粒子についても、『GUNDAM CENTURY』などにより設定が拡大し、劇中の様々な兵器などの設定付けがおこなわれた。例えばビームライフルなどを実現するメガ粒子、いわゆるバリアを実現するためのIフィールドジェネレーター、空中に大型の機器を浮かべるためのミノフスキークラフトなどである。これらは後にミノフスキー物理学という架空の科学体系としてまとめられている。モビルスーツが人型をしている理由についても、手足を動かす際の反作用で機体の向きを制御するAMBACという概念が創作されている。

こういった膨大かつ詳細な設定はそれ自体でファンを楽しませるものとなると同時に、後に作られたロボットアニメにも同様の設定付け、特に「人型有人兵器の名称とその存在理由」を考証する必要性を生み出し、ジャンル全体に良くも悪くも非常に大きな影響を残している。

この点については、監督である富野自身が、かつては「大型の人型汎用ロボットは、その人型ゆえに人間と同等の汎用性と実用性がある」という素朴な解釈を披露することが多かったが、最近のガンダムエース誌での対談においては「背景は人間の戦闘である、という事を表す記号として、あえて人型にこだわっているだけ」という主旨の発言が多い。かつて作中の人物にも「あんなの(足)飾りです」と言わせていた。

後の作品などへの影響[編集]

『機動戦士ガンダム』におけるモビルスーツの描写は、『超時空要塞マクロス』『装甲騎兵ボトムズ』『銀河漂流バイファム』『ファイブスター物語』『新世紀エヴァンゲリオン』など、後進のロボットアニメに多大な影響を与えている。これらの作品では、『機動戦士ガンダム』同様にあくまでロボットをドラマの大道具の一種として描いている。後に古今のロボットアニメのロボット達が一堂に会するシミュレーションゲーム『スーパーロボット大戦シリーズ』において、これらのロボットに対して「リアルロボット」という分類名が与えられた。一方で『マジンガーZ』以来のロボットをヒーローと同等の存在として描くものを「スーパーロボット」と称し、リアルロボットとスーパーロボットはお互いに影響を与えつつ今日に至っている。

鉄腕アトム』が等身大の人間と共に活動するロボットに対するあこがれを、『鉄人28号』が大型ロボットに対するあこがれをかき立て、共に日本のロボット技術者にとって究極の目標となったように、モビルスーツも『マジンガーZ』と共に有人型ロボットへのあこがれをかき立て、ロボット開発の目標のひとつとなった。2005年に「LAND WALKER」という有人型二足歩行ロボットが公開された際には、「遂にモビルスーツ出現か」とまで騒がれるほどであった。このように「モビルスーツ」という言葉は、『機動戦士ガンダム』の知名度の高さもあり、人が乗って操縦桿で操縦する人型ロボット全体を示す代名詞にすらなっている。

劇中におけるモビルスーツの概要[編集]

モビルスーツは平均的に人間の約10倍の大きさ(身長180cmならば18m、6階建てのビル相当。ただし作品によって大きさはまちまちである)をした人間型有人機動兵器で、胴体や頭部に設けられた操縦席に直接人間が乗り込み操縦をする。地球上や宇宙空間で主に活動するが、海洋や砂漠等の局地ではそれ専用に製作もしくは改修されたモビルスーツであれば行動できる。また、以上に挙げたどの環境でも行動可能なモビルスーツも存在する。

その行動はほとんどの場合、敵対勢力との戦闘を目的としており、ビームライフルを始め複数の武器を携帯するのが常である。また、モビルスーツそれ自体が移動するための燃料類(推進剤等)の搭載量が限られているため、稼動のためには補給や修理、整備を行える施設及びモビルスーツ単体の輸送も可能な宇宙戦艦などの、バックアップ体制が欠かせない(例外として∀ガンダムは自己修復機能を持ち単機での運用が可能であるが、本来は戦術システムの一部としての運用を前提にしていたとみられる)。

また、モビルスーツはその外形を人型を拡大したものにすることで、人間に似た多用途性や汎用性を獲得したが、逆に人型にとらわれない外形で、モビルスーツにはない高加速能力や火力の増加などを取得している「モビルアーマー」という種類も存在する。例外的に機動戦士ガンダムSEEDに登場する四足獣型のバクゥ及びその派生機・後継機は人形ではないがモビルスーツに分類されている。

なお、モビルスーツとの区別のため、人間が直接着用する従来のパイロットスーツや宇宙服は「ノーマルスーツ」と呼称されている。

ガンダムシリーズは以下に述べるように複数の世界観で展開され、モビルスーツの設定は各々の世界観で多少異なっている。

各作品シリーズにおけるモビルスーツ[編集]

以下の設定には、アニメ作品中で表現されたものの他、先に述べたような雑誌上の企画で創作されたものや漫画・小説などの派生作品で創作されたものも含まれている。そうして作られた設定は後にサンライズの監修を受けて設定集などの形にまとめられたものが多いが、中には他の作品と矛盾を起こすものや後に顧みられなくなったもの、サンライズによって後に取り消されたものもある。

『機動戦士ガンダム』(宇宙世紀)シリーズ[編集]

『機動戦士ガンダム』をはじめとする作品群の舞台となる「宇宙世紀」におけるモビルスーツ(Mobile Suit)は、"Mobile Space Utility Instrument Tactical" の略とされ、「戦術汎用宇宙機器」の意味である。

ただ、これは後にサンライズでSF考証を手がけることになる森田繁が、1980年代初めの同人誌「ガンサイト」やムック「ガンダムセンチュリー」で作った略語で、また裏設定の創作を手がけるプロダクション「伸童舎」のメンバーらによる、1990年代以降の関連書籍にも記載されている。それ以前には、単に“機動服”という意味を意図した乱暴な和製英語として存在していた。また、劇場版第2作『機動戦士ガンダムII 哀・戦士編』のパンフレットに掲載された大河原邦男のイラストには、「宇宙白兵戦用重機動宇宙服」という言葉が意訳語として掲載されていた。

黎明期[編集]

地球連邦政府に対する全面戦争を想定していたジオン公国が、質、量ともに強大な力を持つ地球連邦軍に対し優位に立つための新しい兵器として、宇宙世紀0071年にサイド3の民間企業ジオニック社ツイマッド社MIP社に宇宙用機動兵器の開発を委託。両社の提出した試作機はどちらも「腕」を備え「能動的質量移動による自動姿勢制御(AMBAC)」が可能であったが、加えて「脚」を備え完全な人型であったジオニック社の機体の方が選ばれ、宇宙世紀0073年、MS-01という型式番号とモビルスーツという名称を与えられた。宇宙世紀0075年、実戦型モビルスーツの採用トライアルにおいて、ジオニック社はYMS-05、ツイマッド社はEMS-04(ヅダ)を提出。EMS-04は宇宙空間での高い機動力を発揮しながらも試験中に爆発事故をおこし、結局安定した性能を示したYMS-05が採用され、「MS-05 ザク」(後にザクI)と命名された。また、地球侵攻作戦のための局地戦用MS開発も宇宙世紀0076年に開発が始められた。

そして、ザクIとその改良型であるザクIIの大量生産が行われ(この頃からザクIは旧ザクと呼ばれるようになる)、宇宙世紀0079年の一年戦争の緒戦に投入された。戦艦対戦艦の超長距離砲撃戦や突撃挺・戦闘機による一撃離脱戦法という、従来の艦隊決戦のみを想定していた地球連邦軍の意表をつく形で、目視での遠近感が掴みにくい宇宙空間で、しかも高い機動性を発揮するモビルスーツが接近し、敵艦に直接攻撃を加え撃破するという戦闘を行い、有効な迎撃手段を持たない地球連邦軍に対して圧倒的優位に立つこととなった。

この他、モビルスーツの開発以前にジオン公国で発見されていたミノフスキー粒子(レーダーやセンサー類を使用不能にするなど様々な働きをする)を戦闘空域で散布する事により、高性能レーダーに頼っていた地球連邦軍戦艦の索敵手段を封じる事に成功したのも大きな勝因であった。また、後に地球上においても水陸両用MSが連邦軍の艦艇に多大な被害を与えている。

そして、ジオン軍に決定的な差を付けられ、大打撃を受けた地球連邦軍も「V作戦」(正しくは「V計画」)を立案し極秘にモビルスーツを開発。当初完成したのはガンダムガンキャノンガンタンクという3種類のモビルスーツであった。連邦軍は、これらの中で特に能力が突出して高かったガンダムの簡易量産型であるジムを大量に生産し、実戦投入した。これにより地球連邦軍は一年戦争に勝利する事ができた。

それ以降、モビルスーツという新たな兵器体系は戦車や航空機等といった既存の兵器のほとんどに取って代わる存在となり、また、多種多様なモビルスーツが製作されていく事となる。

なお『ガンダム』世界はエネルギーを木星産のヘリウム3による核融合発電に依存している。モビルスーツの動力源にはミノフスキー物理学により大幅な小型化を実現したミノフスキー・イヨネスコ型熱核反応炉が使用されており、冷却問題を除けば稼働時間限界はないと言ってよい(ただし、具体的に核融合をどう用いて発電を行うかについて、作品中で語られたことはない)。

また、高性能だが汎用性・生産性に乏しく後にモビルアーマーへと怪物的進化を遂げたジオン側モビルスーツと、汎用性と生産性を重視して数で圧倒した連邦側モビルスーツが、それぞれ第二次世界大戦におけるドイツとアメリカの戦車開発・運用状況を反映していると言われている。

激動期[編集]

宇宙世紀0080年代後半は、MS開発における激動期である。ムーバブルフレーム構造を採用した第2世代から、変形機構を備えた第3世代、さらにニュータイプ(NT)対応機能を備えた第4世代といった、MS数世代分の進化がこの時期に集中している。地球連邦軍内部におけるエゥーゴティターンズの主導権争い、アクシズの帰還など、地球圏は一年戦争時に匹敵する混沌とした状況下にあった。また、当時は一年戦争以降積極的に進められていた公国系と連邦系の技術融合の成果が結実した時期でもあり、それらの相乗効果と相まってMSの単機あたりの性能は爆発的に向上していった。

機能向上に伴う付加機能の方が脚光を浴び、その性能を更に向上させるべく、本来のMSにとって必要とされない装備が追加されていくようになる。こうしてMSは徐々に巨大化を余儀なくされる。MSの平均全長は一年戦争期の機体の18m前後を超え、1割増し以上の20m強となる。

巨大化に伴い、さらに多様な機能が要求される。変形機能は勿論のこと、戦艦クラスに匹敵、或いは優るような火力、惑星間に及ぶ航続距離、大気圏内航行能力、そしてサイコミュの搭載など、MSに対する要求はまさしく万能兵器を志向するものであった。万能的な機能を搭載するため、巨大化は増進される。実験機の中には30mは優に超え、40mに達する機体まで出現し始めた。この時点でMSは進化の袋小路に入り込み、いわゆる恐竜的進化を遂げつつあった[3]

モビルスーツの世代別分類[編集]

モビルスーツが登場して以降、その時代背景や技術水準によって様々なタイプのモビルスーツが開発されている。モビルスーツは次のように大別される。

第1期モビルスーツ[編集]
第1世代モビルスーツ

主に『機動戦士ガンダム』とその外伝群、および『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』に登場する世代。

ジオン公国軍が開発したザクIを始めとし、モノコック構造あるいはセミ・モノコック構造を基本としている。一年戦争終結までに開発されたモビルスーツのほぼ全てと、デラーズ紛争期のモビルスーツがこれに含まれる。以後のモビルスーツの基礎を築いた。

モビルスーツという兵器が登場したばかりのため、様々なタイプのものが製作され運用された。運用されるものの中には後方支援タイプのキャノン搭載タイプや、水中で行動可能なものなどもみられた。しかし、世代が進みモビルスーツの性能が上がるにしたがい、こういった専用のタイプというものは製作されなくなる傾向があり、多岐にわたったMSの進化の道は次第に絞られて洗練されていった。

第2世代モビルスーツ

主に『機動戦士Ζガンダム』『機動戦士ガンダムΖΖ』『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』に登場する世代。

第2世代モビルスーツの条件として全天周囲モニター・リニアシート・イジェクションポッドの採用、ムーバブルフレームの導入、装甲材としてガンダリウムγを使用していることの3つを満たしていることが挙げられる(ただし、装甲についてはチタン複合材を使用する『第1.5世代』ともいうべき機体も複数存在する)。また、ジェネレーターの小型軽量化と高出力化によりビーム兵器の携行が一般的となった。装甲もビームの直撃を避けるため運動性重視のものとなり、それを対ビームコーティング仕様のシールドで補っている。さらにAMBAC機能強化のために四肢とは別にテールスタビレーターやフレキシブルバインダーなどの可動肢を設けた機体も多い。一年戦争終結後に開発され、グリプス戦役から第二次ネオ・ジオン抗争に掛けてのほとんどの量産機がこれにあたる。

第3世代モビルスーツ

第2世代モビルスーツに可変機構を加えた可変モビルスーツがこれにあたる。グリプス戦役から第一次ネオ・ジオン抗争に掛けて多くの試作機が投入され、機動性や行動範囲を高めたり状況によって可変して戦闘することが出来た。しかしその反面、生産コストの高騰や機体構造が複雑になったことによる整備性の低下などにより主力機とはなりえなかった。

第4世代モビルスーツ

第一次ネオ・ジオン抗争時に台頭した、大火力を備えるニュータイプパイロット対応モビルスーツの総称。基本的な条件としてはモビルアーマークラスの高出力ジェネレータの搭載、並びにジェネレータ直結式の高出力メガ粒子砲を固定武装として有すること、さらに、サイコミュの安全性が高く、高度なニュータイプ能力を持たないパイロットにも操縦可能な点が挙げられる(インコムバイオセンサーといった簡易サイコミュもこの範疇に含まれる)。また、多機能化を追求した結果、総じて大型化する傾向にあり、頭頂高20mを超える機体が多い。変形機構の有無は条件には含まれず、スラスター・デバイスの推力自体は然程向上していない。しかし、ジェネレータの出力そのものが大きいため、モビルスーツとしての機動力は旧世代機を上回る例も少なくない。また、MSZ-010 ΖΖガンダムのような第3・第4世代双方の機能を有する機体も極一部には存在するが、この様な超々高級機は例外とされている。

第4世代モビルスーツは、その攻撃能力面において極めて高い性能(雑誌『ガンダム・ファクトファイル』を始め、ガンダム関連の書籍では「恐竜的進化を遂げた」と形容される事が多い)を発揮したものの、兵器としては末端肥大化した感も否めず、また、コストや運用性の問題から大量生産には向かず、一部のエース・パイロット向けに少数が配備されるに留まっている。また、モビルスーツの技術的限界が見え始めた時期でもあり、第二次ネオ・ジオン抗争以降は再びシンプルな機体コンセプトへと回帰していく事となる。ただし、攻撃力の側面としてはオプション装備として受け継がれていく。

第5世代モビルスーツ

ミノフスキークラフトを搭載したモビルスーツを第5世代モビルスーツと呼ぶ。すぐに第2期モビルスーツの時代に移行してしまったため、ここに分類されるものはペーネロペーΞガンダムゾーリン・ソールのみである。なお、後述の第2期モビルスーツを第5世代モビルスーツに分類する資料もある。

第2期モビルスーツ[編集]

主に『機動戦士ガンダムF91』『機動戦士Vガンダム』に登場する世代。

宇宙世紀0110年代、これまで大型・高機能・複雑化、それに伴うコスト高という進化を続けていたモビルスーツを、原点に立ち返って見直す風潮が生まれる。そしてこれまでモビルスーツ開発の主導権を握っていたアナハイム・エレクトロニクス社に対抗して、サナリィF90という小型モビルスーツを製作し、アナハイムが製作したモビルスーツ(MSA-0120)とのコンペティションにて、F90が次期主力モビルスーツに決定される。これ以前のモビルスーツは第1期モビルスーツと分類され、以降は第2期モビルスーツと分類される。全高は第4世代モビルスーツでは最大20mを超えていたのに対し、15m程度にまで小型化される。ミノフスキー・イヨネスコ型熱核反応炉の高出力化、小型化が進み、ビームシールドの装備と単独での長時間飛行が標準的となる。また、このサイズでのIフィールド防御や大容量の携行武器も実装されている。 ただし150年代の連邦軍主力として作られたジェイブスは当時の平均的なMSよりも一回り大きく、さらにザンスカール帝国のMSにもアビゴルやザンネックなどの18~20m級の機体が存在する。

有人機動兵器のその後[編集]

その後宇宙世紀0120年代から少なくとも0150年代までは、第2期モビルスーツが主力となったことが判明している。

そのさらに先の時代においては作品によって異なる解釈と設定がされており、その一つである『逆襲のシャア』から続く未来としての宇宙世紀0200年代を書いた小説『ガイア・ギア』では、全ての機体が大気圏内を単独で自在に飛行可能に、標準のビームライフルがグリプス戦役におけるハイメガランチャー並の威力になり、Iフィールドバリアがビーム・実体弾を問わず防御可能、サイコミュ関連の技術が常人でも簡単に使用可能になるなど、無数の技術革新によってモビルスーツの運用方法・存在意義に大きな変化が訪れたことにより「モビルスーツ」と言う名称に替わって、これらの人型機動兵器はマン・マシーン(MM)と呼ばれるようになった。多くのマン・マシーンは20〜24m程度のサイズで、周辺機器のバリエーションが豊富だったり、ペイロードが増えたことによりマルチロール機となっている。

『Vガンダム』から続く未来である宇宙世紀0220年代を描いた作品『G-SAVIOUR』ではその後もモビルスーツの呼称が存続したとされ、性能の向上と共に全高は0150年代と比較してやや大型の18~20m程度となっている。その他にもモビルウェポン(MW)と呼ばれる無人機動兵器が運用されているなどの新たな技術が開発していることが描かれている。再度の大型化を経てもモビルスーツの飛行能力は維持されているが、さらにセイバーシリーズブグ系などには腰部に専用のユニットを装着する手法が広まっており、それによって宇宙における高速移動や地上における長距離飛行、長時間のホバリングを行うことが可能となっている。その他にはレイブンのようなほぼ完全な自律行動を行える無人機なども開発されている。

モビルスーツの階層構造[編集]

過剰性能とも言えるほどに高い性能を持たせた試作機・RX-78-2ガンダムは諸事情により実戦投入され、パイロットの技量もあって目を見張るほどの活躍を見せ、さらにこの戦果を元に量産機ジムが開発された。このことは後のモビルスーツ開発に重要な示唆を与えた。すなわち、エース級のパイロットに高性能な試作機を与え実戦投入し、その運用データを一般兵向けに簡略化した量産機開発に役立てるというものである。こうして高性能試作機と量産機という階層構造(ヒエラルキー)が出現した。

グリプス戦役期から第二次ネオ・ジオン抗争期にかけて(すなわち第2世代から第4世代にかけて)、階層構造に基づく機体性能の差別化が積極的に図られている。特に高性能な試作機はフラグシップ機として各陣営や製作元の象徴として扱われたことから、その開発に費用や新技術の投入を惜しまない傾向が見られ、結果としてモビルスーツの恐竜的進化を促すこととなった。

他の世界観の作品においても階層構造によるモビルスーツ間の極端な格差が見られることがある。

モビルスーツの系統別分類[編集]

モビルスーツをその開発者や技術の系統、およびそれからくる外観の差で分けることもある。ガンダムほかを原点とするいわゆる「連邦系」と、ザクIを原点とする「公国系(ジオン系)」の二種類に大まかに分類することがある。

連邦系モビルスーツはおおむね以下のような特徴を持つ:

  • 直線的なシルエット
  • “人間の両目”風デュアルセンサー、もしくはゴーグル型のセンサーユニット
  • 胸部に左右一対のスラスター兼用排気口
  • スマートな脚部

これに対し、公国系モビルスーツは:

  • 曲線的なシルエット
  • モノアイ(単眼)タイプのセンサーユニット
  • 大振りのスカート型腰部アーマー
  • 太めの(特にすねのあたりが大きく広がった)脚部

一年戦争期には連邦系・ジオン系双方には一目でそれとわかる差異があったが、同戦争後には双方の技術者が事実上アナハイム・エレクトロニクス社に一本化されたことから、双方の特徴が混じり合ったモビルスーツも登場している。また、その後の時代に新しく誕生した勢力が開発したモビルスーツにも、多くの場合その勢力特有の外見的特徴が確認できる。


『機動武闘伝Gガンダム』シリーズ[編集]

機動武闘伝Gガンダム』の「未来世紀」世界におけるモビルスーツ (Mobile-suit) は、元々作業機械として開発されたが、コロニー浮上時の戦乱において武装されるようになり、第一次カオス戦争にて急速に発展した。

ガンダムファイトの開始後は主にコロニーの防衛などの役目を担うが、量産機であるため、国を代表するべく作られたモビルファイターと比べると能力はかなり劣る。

モビルファイターはこの世界観独特の種別で、国家間戦争に代わってコロニー国家の覇権を賭けて行われるイベント「ガンダムファイト」のために作られた機種であり、モビルトレースシステムなど通常のモビルスーツとは異なった部分がある。他に「DG細胞」という一種のナノマシンによって形作られたデビルガンダムやこれによって作り出されたデスアーミーなど、未来世紀独特の機種が存在する。

黒歴史によれば、モビルスーツ関連の科学技術が最も高水準まで発達したのはこの時代である。後の時代において、モビルトレースシステムやナノマシン技術は廃れてしまい、未来世紀当時に開発された技術や機体は、後の時代においてはダウングレードして使用されているとされているという説もある。


『新機動戦記ガンダムW』シリーズ[編集]

新機動戦記ガンダムW』の「コロニー歴(アフターコロニー)」世界におけるモビルスーツ (Mobile Suit) は、 "Manipulative Order Build and Industrial Labors Extended Suit" の略で、「建設および工業労働用有腕式拡充型(宇宙)服」の意味である。レーダー技術の発達が進むなか、従来の兵器に取って代わるものとして開発された。ただ、劇中の説明では、「二本の足を使って歩く」白兵戦闘用兵器にこだわり普及させたのは、「ロームフェラ財団」の戦争哲学が強く反映されてのことだとされる。

なお、自動で敵味方識別及び攻撃等、一切の操作を行えるモビルスーツはモビルドール(MOBILE DOLL, MOBILE Direct Opertional Leaded Laborの略)と呼ばれている。


『機動新世紀ガンダムX』シリーズ[編集]

機動新世紀ガンダムX』の「アフターウォー」世界においてはモビルスーツの登場要因や特別な意味づけはなされておらず、宇宙世紀の考え方とほぼ同じ見方である。旧連邦軍は主力機としてドートレスシリーズに一本化し、フラッグシップとしてガンダムタイプを投入。一方革命軍は多種多様な局地戦用のモビルスーツ、モビルアーマーを随時投入していった。

第7次宇宙戦争における大規模なコロニー落としによって地球が壊滅した後の「アフターウォー」世界において、地球上には旧連邦軍・宇宙革命軍双方のモビルスーツ等が数多く残され、物資として取引される一方、これを武器とする「モビルスーツ乗り」と呼ばれる人々が現れた。彼らは傭兵として活動したり、バルチャーとして両勢力の残したモビルスーツ等の機器を漁ったり、中には盗賊の類となるものもいた。そのためモビルスーツ乗りの評価は非常に低かったようである。これらモビルスーツ乗りが主に搭乗している機種は殆どが第七次大戦時に開発された量産型モビルスーツが殆どで、連邦軍と革命軍のパーツ規格が統一されていたためか、多種多様なカスタムモビルスーツを生み出している。

大戦後革命軍は開発機種をクラウダに一本化し、質と量の両立を図ったのに対し、新連邦はガンダムタイプを再生させたが、ドートレスの後継機開発はやや遅れており、その過程で数多くのユニークな試作機が相次いで開発、投入された。最終的に主力機は大気圏飛行能力を有すバリエントとドートレス・ネオに帰結していったが、戦前と戦後では連邦と革命軍の開発コンセプトが逆転してしまう結果となった。


『∀ガンダム』シリーズ[編集]

∀ガンダム』の「正暦」世界においてモビルスーツは「マウンテンサイクル」という場所から黒歴史の遺産として発掘された物であり、地球に住む人々はモビルスーツを「機械人形」と称する。

地球においては「月光蝶」によって過去に文明が失われており、物語において月の人々ムーンレィスの入植強行を受けた時点ではレシプロ航空機が最新兵器というレベルであった。モビルスーツを運用しているムーンレィスに地球の人々は太刀打ちできず、そのためマウンテンサイクルから発掘される機械人形は地球の人々にとって貴重な戦力となっている。

また、この時代ではムーンレィスにとってもモビルスーツは未知の存在であり、既に存在するモビルスーツのメンテナンスや組み立ては出来るが、機体をゼロから設計して建造する技術は失われている。ナノマシン技術によって、この時代のモビルスーツは自己保存・自己修復を行う事が出来る。これが、地球人とムーンレィス双方にとって救いとなっている。


『機動戦士ガンダムSEED』シリーズ[編集]

機動戦士ガンダムSEED』、『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』の舞台となる「コズミック・イラ」の世界において、モビルスーツの元となった起源は人類初のコーディネイターであるジョージ・グレンが木星探査船「ツィオルコフスキー」に搭載した外骨格補助動力装備の宇宙服とされている。インターフェースにはフィードバック機能があり、発揮するトルクに比して精密な動作をこなす事が可能になっている。

兵器としてのモビルスーツの出現理由・開発経緯は同作品のキーアイテムの一つであるニュートロンジャマー(NJ)とモビルスーツと密接なかかわりを持つ。C.E.65年、ザフトは史上初のMS試作1号機「ザフト」[4]を完成させた。C.E.70年2月14日の血のバレンタイン事件によって地球軍の核の脅威を認識したザフトがNJを実戦投入したことにより、以降(NJの電波妨害効果によって)有視界での戦闘が主体となり、有視界接近戦用兵器MSが戦闘の主力となることが想定され、MSの研究開発が進められていった[5]

ヤキン・ドゥーエ戦役におけるプラント地球連合との対立激化の中で、プラントの軍事組織ザフトは新兵器としてモビルスーツ「ジン」を実戦投入した。その後の両者の衝突においてモビルスーツ1機でモビルアーマー3機ないし5機の戦力に匹敵するとされている。またザフトは、四足獣型モビルスーツであるバクゥラゴゥや水陸両用型モビルスーツグーンゾノを開発しており、それらのモビルスーツは局地での戦闘で大きな戦果をあげた。地球連合軍もモビルスーツ「G兵器」を開発を行い、それをもとに開発・量産されたストライクダガーは、OS[6]の改良によりナチュラルでも操縦可能であり、両者はほぼ対等のモビルスーツを実戦配備するに至った。

大半の機種は超電導バッテリーの電力で稼働しているが、一部の高性能機は核分裂エネルギーによる核動力(原子力)を動力源としている。TVシリーズに登場する核動力機は全てプラント(ザフト)製であるが、国土が宇宙であるプラントは核燃料のリソースを持っていない。このため、プラントは核兵器を国産出来ず、保有する核兵器は全て地球連合軍が廃棄したものや押収したものの流用・転用である。


『機動戦士ガンダム00』シリーズ[編集]

『00』の主な舞台である24世紀初頭(テレビシリーズでは西暦2307年と西暦2312年)におけるモビルスーツは、我々が住む現実世界の現状を色濃く反映している世界観に基づき、基本的には(相応のフィクションを混入させつつ)現実のテクノロジーの延長上に位置する技術を用いて作られているとされる。このため、勢力ごとに設計思想が大きく異なり、従来の作品でいうモビルスーツのイメージを持つものはGNドライヴ搭載機のみである。

21世紀後半、軌道エレベーター建設に際し、その作業に用いる有人機器をイオリア・シュヘンベルグ博士が考案、これが本シリーズにおける後世のモビルスーツの原型となった。イオリアのいた300年前の時代にMSは存在しなかったが、人型汎用兵器の出現を予見し[7]、武力介入に向けて「機動兵器」の開発に着手する。

Eカーボンによる防御力の向上により、巨大化した在来兵器よりも高い機動性を持っていたために、主力兵器に置き換わった[8]。また、後述するガンダムが現れる2307年までは、レーダーや電子機器を阻害する要因(=GN粒子)は存在しなかったため、MSには各種戦術ミサイルの搭載が可能で、長距離戦闘も考慮されている。

作中の三大勢力の内ユニオンとAEUの主力MSは飛行型可変MSが中心で、投入領域を選ばないマルチロール化を推し進めている。1世代あたりの機種は両陣営共に1機種のみで、1stシーズン劇中では、旧式化した先代主力機リアルド、ヘリオンから、新鋭機フラッグ、イナクトに更新しつつあった。陸戦専用の機体等も基本的にこれらを改修したもので、完全な同世代別機種というものは存在しない。

軌道エレベーターの完成と、太陽光発電によるエネルギー革命後、MSの動力は内燃機関から太陽光発電に対応したものに一新されている。また、CO2排出に伴うペナルティの強化によってそれ以前の、つまり内燃機関搭載の旧世代機は太陽光発電の恩恵を受けない第三国へ輸出がなされている。これら第三世界に輸出されるMSはAEU製と人革連製が圧倒的に多いが、AEUは現用機をも販売していることから、一部からは批判の声も上がっている。これらMSはかつてのMBT並の価格[要出典]で取引され、その結果MSによるテロが頻発し社会問題化している。

対して、私設武装組織「ソレスタルビーイング」(以下CB)が保有する4機のモビルスーツ“ガンダム”は半永久機関である「太陽炉(GNドライヴ)」というオーバーテクノロジーを搭載。数世紀先の技術とも言われるほどの超高性能を実現したことにより、従来兵器を圧倒。また、水中、地上、空中、及び宇宙空間を含む全領域での活動が可能。加えて、GNフィールドを展開することによって単独での大気圏突入もいとも簡単にやってのけることができる。

後にCBから内通者が現れ、各陣営へと技術が流出。各国家群はこの機に乗じてCB壊滅を目論み、国連軍として共同でガンダム殲滅作戦を実施することになる。このときに誕生したのが、ジンクスである。これは、内通者がCBの根幹を成すコンピュータ「ヴェーダ」から盗み出したデータによって開発したガンダムスローネの量産仕様であり、CBのオリジナルのガンダムとは系統を異にする。 この情報流出によって誕生した各機体が搭載する太陽炉は、真紅のGN粒子を発する擬似型で、[T](タウ)型と呼ばれる。オリジナルと比較した場合、活動限界が存在しかつスターターも必須である。しかし、炉内壁面をTDブランケットで固めることによる粒子封じ込め技術、フォトンの永久連鎖崩壊に必要な物質の採集に100年近い時間を要するオリジナルと異なり、比較的短期間でのマスプロダクトが可能である。

地球連邦が誕生した後もジンクスが三代にわたってマイナーチェンジされ量産がなされているが、2312年に上述の殲滅作戦にて鹵獲したガンダムのデータを基に上位機種として完全新型機アヘッドが就役した。このアヘッドもアレハンドロ・コーナー一派が開発を進めていたもので[9]、基本構造が第3世代ガンダムに近くなった[10]。ただし擬似太陽炉搭載型MSは独立治安維持部隊「アロウズ」に優先的に供給されているため、以前の各陣営の主力機体も継続して使用されている。

また、上位種を自称するイノベイターと名乗る集団もガデッサやガラッゾといったGNZシリーズという専用機を保有しており、こちらは彼らが掌握した「ヴェーダ」のアクセスレベル7から入手した第3世代ガンダムのデータを流用して建造(こちらはアヘッドとは系統が異なる完全なコピーでありオリジナルのガンダムに限りなく近い性能を持つ)[9]したものである。故に、ジンクス、アヘッドとも異なる系統の機体である。また、今まで開発されたガンダムのデータを全て組み合わせて開発された機体がリボーンズガンダムである。リボーンズガンダムの母体となった1ガンダムのデータを基にアレハンドロ専用機アルヴァアロンも開発されている。


『機動戦士ガンダムAGE』[編集]

機動戦士ガンダムAGE』の「Advanced Generation」世界におけるモビルスーツ(MS)は、物語開始前に地球圏で起った「コロニー国家戦争」を契機に開発された機動兵器。
本作では、この1作品で宇宙世紀作品群で描かれた年月に匹敵する、約100年間の物語を3人の主人公を通して描く構想になっており、MSなどの兵器類も年月の経過に伴い進化を遂げる事になる。以下、各主人公の物語(=編)におけるMSの特徴を記載する。なお、MS登場後は、戦闘用を「モビルスーツ」、作業用を「モビルスタンダード」と分類され、共にMSと略されている。

物語開始前(~A.G.101)[編集]

「コロニー国家戦争」終結時に各国家間で「銀の杯条約」が締結され、MSをはじめとする兵器、及び軍事技術に関わるデータは全て破棄、若しくは封印され当時の先端軍事技術の大半がロストテクノロジー化した。この影響で軍事用MSの開発系譜は長らく断絶する。以後、モビルスーツはその能力を用途別に厳しく制限され、民生用の3種の「MS」=作業重機「モビルスタンダード」、競走機器「モビルスポーツ」、警備用機器「モビルセキュリティ」としてのみ存続することとなる。

民間では省力型MSに相当する工事作業用MS重機「モビルスタンダード」の開発や「MSグランプリ」なるモータースポーツ的な競技用にMSのカスタムチューンを行う「MS鍛冶」と呼ばれる技術者たちがMSの根幹技術を継承。このほか、一部のMS鍛冶は独自に軍事に転用可能な技術の研究を密かに行っていた。 「コロニー国家間戦争」に投入されたMSなどの詳細は明らかになっていないが、「自己修復」「自己進化」を行える大型機動兵器が存在していた事が確認されており、A.G.年代の技術水準を大幅に上回っていたと見られる。

A.G.101~A.G.115(フリット編)[編集]

A.G.101年、突如出現し人類を襲い始めた謎の敵性兵器「UE(Unknown Enemy)」に対抗するべく、開発が継続されていた「モビルスタンダード」が戦闘用に改修され連邦軍の機動兵器として採用されるも、地球連邦の技術力は総じてUEに大きく劣っている。その後、多少の改良が施され主力モビルスーツ・ジェノアスとして配備されるが、UEには相変わらず全く歯が立たなかった。
A.G.115年、一人目の主人公フリット・アスノが彼の家に代々伝わるコアユニット・AGEデバイスを解析、協力者たちと共同で造り上げたMS・ガンダムAGE-1がロールアウト。優秀なMS鍛冶であるアスノ家の叡智を結晶化したAGEデバイスと、AGE-1を戦闘経験の積み重ねで自己進化させる武装製作メカ・AGEビルダーとを連携させた、進化する兵器システム「AGEシステム」により、AGE-1は初期時にはUEを通常の方法で倒せる唯一のMSとなった。
その後、AGEシステムで生まれた対UE戦闘用の武器はUEの地球侵略拠点・宇宙要塞アンバット攻略に協力した一部のコロニー戦闘勢力が使用したほか、一部パイロットが個人的にAGE-1のデータを基にした専用MSを作ったりするなど、ガンダムのテクノロジーは小規模ではあるが多少ほかのMSにフィードバックされた。

A.G.140~A.G.142(アセム編)[編集]

この時代、UEは真の名であるヴェイガンと呼ばれ、彼らが駆るMSも火星移住計画が失敗し連邦から見捨てられた移民団の末裔たち(つまり、普通の人類)が独自に開発・発展させた兵器である事が明らかになっている。連邦軍MSは初期時から多少進化してはいたが、未だに、「コウモリ戦役」時のMSが主力であり、最新鋭機であるアデルも、AGE-1の生産仕様であり、基本設計は四半世紀前の機種である。そのため技術的格差は縮まってるものの、ヴェイガンを掃討出来るだけの軍事力を得るには至っていない。一方、AGEデバイスはフリットから息子のアセム・アスノに受け継がれ、ガンダムAGE-1で蓄積されたデータから新型機・ガンダムAGE-2が開発された。
一方、ヴェイガンはXラウンダー専用機の開発を重視し、ゼハート・ガレット専用機・ゼイドラとデシル・ガレット専用機・クロノスを開発した。主力MSは最新鋭機であるドラドに更新されつつあるが、こちらも四半世紀以上前の主力機であるガフランやバクトが現役で稼動している。

A.G.164~(キオ編、三世代編)[編集]

この時代のヴェイガンは地球侵略を見越して開発されていた局地専用MSを相次いで投入しているが、Xラウンダー専用機においては既に技術的に性能向上が限界とされている。地球連邦軍はAGE-2をベースにした可変MSクランシェを主力とし、ヴェイガンに劣るとされた機動力の大幅向上に成功した。一方で宇宙においてはA.G.140年代を前後して反連邦勢力が台頭し、連邦正規軍に対抗可能なカスタムMSが出現するようになる。 ここになってヴェイガンの技術の高さの理由が明らかになる。銀の杯条約で破棄された技術が詰められたデータバンク「EXA-DB」の一部を入手したことにより、地球連邦軍を上回る技術を得る事が出来たと語れられている。

解説[編集]

ここからは、いずれの世界観にも共通する点や比較しながら解説する点を取り上げてゆく。

モビルスーツの構造[編集]

モビルスーツは基本的に人型をしており、ほとんどは胴部・頭部・両腕・両足を有する。一部にこれ以外の可動部として翼などを有する機体や頭部と胴部が一体となったもの、脚部の代わりとなる移動装置を備えるものもある。

典型的なモビルスーツは胴部に操縦席・動力源(核融合炉などによるジェネレーターやバッテリーなど。詳しくは後述)を有する。これにも例外があって頭部に操縦席を設けたもの(例:ジオング)、脚部にジェネレーターを設けたもの(例:Ζガンダム)、複数の機関を機体胴部に搭載するのでは大型化してしまうため、肩に装備することで大型化を防ぎながらも圧倒的な高出力を実現したもの(例:ダブルオーガンダム)のような機種がある。動力源から得られたエネルギーはパイロットが操縦装置を介して指令した情報によって機体各部に分配伝達され、人体の神経・筋肉に相当する装置によって機体の動作を実現する。宇宙世紀ではフィールドモーターと流体パルスモーター、コズミック・イラではバーニアモーターと呼ばれるものがモビルスーツの関節駆動システムとして使われている。

モビルスーツの操縦席はほとんどの場合単座式である(複座式は初期型ガンタンクやガンダムハルートなど、極少数の機体しか確認できない。また、訓練用の機体に複座仕様のものがある)。

宇宙空間で活動するモビルスーツは一種の宇宙船でもあり、乗員の生命維持のために必要な気密機構・生命維持装置等を備えている。戦闘で破壊される危険性が常にあるため、宇宙空間では乗員は通常ノーマルスーツと呼ばれる専用の宇宙服を着た上で搭乗する(中にはシャア・アズナブルハマーン・カーンなどのように、野戦服のまま搭乗するパイロットもいるが、これはごく少数である)。地上でもやはり機体の損傷などによる擱座遭難の危険があるため、『ガンダムSEED』や『ガンダム00』では機内に積載されたサバイバルキットやレーションなどを使用するエピソードがある。機種によっては搭乗者の脱出・生存のための機構を備えるものがあり、コクピット全体を脱出装置としたり(例:イジェクションポッド)、コア・ファイターのように小型戦闘機を内蔵してこれを脱出装置とするものもある。

頭部にはカメラ・レーダー等の各種センサーや通信アンテナ等を備えている。文字通りモビルスーツの「顔」であるためしばしば相手を威圧するような、あるいはヒロイックさを感じさせるような凝った意匠が施されることがある。特に「ガンダムタイプ」と呼ばれる意匠を有するフェイスは、それ自体に戦略的効果やプロパガンダ的意味合いがある。

腕部は一般に汎用のマニピュレーターとして機能する。戦闘時には種々の武装を必要に応じて持ち替えることでモビルスーツは高い汎用性を獲得している(中にはガトリング砲(ガンタンク)や爪(ズゴック)等、手ではないものにし、目的に特化させた機体も存在する)。脚部は歩行装置としてだけではなく大型スラスターを備えた推進装置や降着装置としても機能する。特に宇宙世紀では両腕・両足を動かした際の慣性で機体の向きを変えるAMBACという技術があり、そのためのユニットとしても四肢は重要なものとされている。

胴体背部にはバックパック(富野はその外観から、ランドセルをもじったランドルと略称でこれを呼んでいた)を備えており、初期の作品においてはメインスラスターを備えるほか予備武装の装着箇所としても使用されている。シリーズが進むにつれバックパックに装着される部品は大型化し、機体を特徴づける重要なポイントともなっている。端的な例としてザクマインレイヤーの機雷散布ポッド、νガンダムフィン・ファンネルウイングガンダムゼロの巨大な翼、ガンダムXサテライトキャノン、果てはゴッドガンダムの光輪といったものまで存在する。またストライクガンダムストライカーパックと呼ばれる複数種類のバックパックを換装することにより、多用な戦況に対応している。西暦のモビルスーツにおいてはバックパックはイオンプラズマジェットやスラスターなどであり、シンプルなものとなっている。ガンダムにおいてもそれは変わらず、特にガンダムエクシアとガンダムデュナメスはGN粒子を放出するコーン型スラスターが露出している。第3世代ガンダムのみならずGNドライヴ[T]搭載機も総じてコーン型スラスターが背面から突き出している。4年後の世界においてもそれは変わっていないが、新たに現れたガンダム(第4世代)のバックパックにはスラスターが装備されており、コーン型スラスターは消失している。セラヴィーガンダムにおいては、バックパックとして別のMSを装備するという奇想天外なものとなっており、敵の意表を突いた奇襲が可能。

モビルスーツの操作[編集]

ほとんどの作品において、モビルスーツの操縦はシートに座り、中央のモニターを見ながら、左右各1本の操縦桿とフットペダルを中心に、他キーボードなどの補助的な入力装置によってなされている。寝ている状態から立ち上がらせるには操縦桿とペダルの同調・整合操作によって為される、一方でバーニア全開噴射は両の操縦桿を一杯に引く、など、実際に何をどう操作すればモビルスーツがどのような挙動を起こすのかまでは設定されていない模様である。スロットルのような操縦桿を押せばモビルスーツが立ち上がったり、飛び上がったり、あるいは何かしらの前向きな動きを見せるといった演出が見られることが多い。

そのため、モビルスーツの操縦をモチーフとしたコンピュータゲームにおいては作品ごとに様々な解釈が見られるのだが、ファースト放映直後の文献ではモビルスーツの動きは、あらかじめ各局面に最も適切なパターンが教えられることによって決定付けられており、パイロットはその局面に応じて最も適切な稼動パターンを選択することで戦い、なおも実戦で得たノウハウを愛機のコンピュータにプログラミングする、といった解説がなされていた(宇宙世紀における教育型コンピュータの定義)。

またモビルスーツパイロットについては、しばしば訓練を受けていない素人がいきなりそれなりにモビルスーツを乗りこなしてしまうケースが見られる(例えばアムロ・レイキラ・ヤマトなど)。こういった人々は例えばニュータイプのような第六感とも言える特殊な感覚を持つ人々であったり、あるいはコーディネイターのような特に優れた資質を持った人々であることが多い。なお、モビルスーツを操縦や乗り換えの際の技術的難度についての描写や設定は作品によって大小差異があり、厳密にははっきりしていない。

宇宙世紀において、U.C.0090年代前半(『逆襲のシャア』の時代)にはアームレイカーと呼ばれる球状のコントロールスティックによる操縦方式が浸透した。これはスラスターの噴射からモビルスーツの指の動きまで、全ての操作を手元で行うことができるという物であった。だが、その一方で衝撃によって手が抜けやすく、万一手指を負傷した場合、機体の操作に支障をきたすという欠点があった。それゆえに不評も重なり、数年後の連邦軍機ではアームレイカーの採用は中止されている。また、サイコミュにより操縦をサポートしている機体も存在する。

『逆襲のシャア』の3年後の世界を描いた『機動戦士ガンダムUC』では、コンソールのタッチパネルやレバーに備えられたボタンでの武器の選択、使用、パージを行っている描写が見られる。またフットペダルを踏み込んだり、レバーを前に押し出すとモビルスーツの推進器の出力が上がるようである。しかし、フットペダルとレバーを操作して出力を上げる描写があるのはいずれもユニコーンガンダムで、しかも別々のシーンでこれらの方法が用いられている。よって二つの方法が連動している操作方法なのか、あるいは別の操作方法なのかどうかははっきりとしない。 そして、上記のユニコーンガンダムはNT-Dというシステムが起動してデストロイモードに移行した状態では、手足による操作を必要とせず、パイロットが考えることをダイレクトに機体モーションに反映するインテンション・オートマチックを実現。これはサイコミュの技術発展が成した産物であるサイコフレームが骨格となっているため実現したシステムである。

未来世紀においてはモーションキャプチャに似たシステムを用い、コクピット内の操縦者の動きをトレースすることでモビルファイターを動かすモビルトレースシステムが実用化されている。これはモビルスーツの操作技術としては史上最高峰の技術とされ、実用化されていたのはこの時代だけである。後にこの技術は失われてしまい、この時代に作られた機動兵器はコクピットを交換して運用される事となった。

アフターコロニーのウイングガンダムゼロには「ゼロシステム」というシステムが装備されていた。これはシステム自身が必要な判断を下すものであるが、システムの方が操縦者を制御してしまうという危険な代物である。

コズミック・イラのモビルスーツは、シナプス融合による神経接続によって操縦を補助されている(コーディネイターが人型兵器を創ったのも、身体能力に優れる彼らが、その身体能力を直接活かすため[要出典]だという)。コーディネイターの身体能力を基準に造られたザフト製のモビルスーツは、大半のナチュラルでは元々戦闘における運用実績が無いこともあって操作が困難であった[11]。そのため地球連合軍ストライクの実戦データをもとにナチュラルでも操作できるモビルスーツのOS(オペレーティングシステム)を開発するまで、モビルスーツ普及に支障をきたすこととなる。他の世界観のモビルスーツも人工知能などによる操作補助がなされているとされるが、コズミック・イラ作品群では特にOSなどを重要な要素として描いている。

西暦においては、人類革新連盟のモビルスーツは立座型コクピットとなっており直立状態で操縦を行う。コクピット内にはモニターがなく、パイロットは専用のヘッドマウントディスプレイが取り付けられた専用のスーツを着用しヘッドマウントディスプレイから外部情報を得る。また、宇宙型ではコクピット内は真空になっており、パイロットにはヘッドマウントディスプレイから外部情報と共に空気が送られている。

モビルスーツの動力および推進源[編集]

正暦以前のモビルスーツ[編集]

宇宙世紀作品群においてはミノフスキー物理学を応用したミノフスキー・イヨネスコ型熱核反応炉が動力源とされる。このためロケットノズルの推進剤を除く機体そのものの稼働時間、航続力は極めて長大であり、作戦行動上は事実上無制限といってよい。燃料を構成するヘリウム、セシウム5等は木星で採取され、「ジュピトリス」等の輸送船団によって定期的に地球に運ばれてくる。

ちなみに、アムロが初陣でザクIIの動力炉をビームサーベルで斬ったために大爆発が起こり、コロニー外壁にダメージを与えた描写があるが、現実の熱核融合炉では原理的に、核分裂で爆発する原子爆弾で核融合を起こす水素爆弾と異なり、放射性物質が飛び散る危険性はあるものの破壊や暴走による爆発の危険はなく、核融合が停止するだけである。しかし劇中では『08MS小隊』の陸戦型ジムや『Vガンダム』のジャベリン、『ガンダムUC』のリゼルなど度々動力炉を原因とする大爆発を起こすシーンがあるため、モビルスーツの動力炉には何らかの理由で爆発を起こす可能性が存在しているようである。その他にはサザビーV2ガンダムが戦闘中にパワーダウンを引き起こす描写がある。

『ガンダムX』では15年間放置されていたガンダムXが、手入れなしで特に支障なく一通りの戦闘をこなしていた。さらに『∀ガンダム』に至っては、どれほどの期間土中に埋もれていたのかわからない(7800年程度)モビルスーツがそのまま稼働しているが、これはすべての機体が半永久機関を搭載しているという設定である。中でも人類の文明が最も栄えた時代に作られたといわれている∀ガンダムスモーは、縮退炉(いわゆるブラックホールエンジン)が動力源となっている。

コズミック・イラのモビルスーツ[編集]

これに対して、コズミック・イラ作品群においてはモビルスーツの動力源やその運用可能時間は重要な問題となっている。コズミック・イラ71年当時のモビルスーツは、宇宙世紀のモビルスーツとは違い核融合炉は実用化されておらず、ザフトの散布したニュートロンジャマーによって核分裂反応炉が使用不可であるため、ほとんどの機体がバッテリー駆動である。そのため機体の稼動時間制限や母艦との連携が非常に重要なファクターになっている。劇中でも多くの機体、取り分けビーム兵器やPS装甲等の高出力の装備を有する機体は幾度となくバッテリー切れによる帰艦を余儀無くされている。一方、宇宙世紀のMSにも言えるが、推進剤切れによってMSが帰艦するような描写は無い。

後に、ニュートロンジャマーを無効化するニュートロンジャマーキャンセラー(劇中では「Nジャマーキャンセラー」と省略され表現される)を搭載することにより、核分裂エンジンを使用することが可能になったモビルスーツも登場する。それらのモビルスーツは、バッテリー駆動の機体では稼働時間を考慮して搭載できないような大出力の兵器を使用することが可能であるため、他のモビルスーツと比較して格段に戦闘力が高い。

第二次ヤキン・ドゥーエ攻防戦終結後、ユニウス条約により核エンジンの軍事目的に於ける使用が禁止されたため、コズミック・イラ73年(『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』)において、ザフトは母艦からモビルスーツに無線で電力を供給できるデュートリオンビーム送電システムを開発、インパルスを始めとする「セカンドステージモビルスーツ」に採用される。ただし、この頃オーブにおいて核エンジンを動力とするフリーダムがそのままの状態で復元され、実戦でも使用されているが、作中でこの件が問題にされたことはなかった。なお、小説版『SEED DESTINY』では「戦後の混乱の最中、フリーダム、ジャスティスに関する資料はすべて破棄された」とある。『SEED』の劇中でもフリーダム、ジャスティスが核エンジンを搭載していることはザフト内でも秘匿されていたような描写が見られる。

この頃地球連合軍が強奪したガイア等のモビルスーツにもデュートリオンビーム受信システムが搭載はされていたが、地球連合軍にデュートリオンビーム送電システムのノウハウや設備が無かったため、バッテリーのみでの駆動で運用されていた模様である。その後、地球連合軍の核攻撃などでユニウス条約が事実上形骸化したため、核エンジンとデュートリオンビーム送電システムのハイブリッド化によって出力と持続時間の強化が図られ、デスティニー等ザフトの新型モビルスーツに搭載された。クライン派のストライクフリーダム等も、このハイブリッド機構により従来の数倍の出力を得ることに成功している。

現実世界の原子力発電臨界により連続発生する核分裂反応の熱で湯を沸かしてタービンを回すことにより行われ、また(長寿命ではあるが大出力は期待できない)原子力電池も人工衛星や無人探査艇に使用されているが、コズミック・イラ世界の原子炉ではMHD発電によって炉からのエネルギーを電力に変換している。しかし、モビルスーツに対し電力を供給する側である艦艇の動力源が何であるかは謎のままであり、核融合動力が存在しない世界であるという設定にも関わらず、推進器が熱核ジェット(ロケット)の核融合エンジンであるとする説もある。

西暦のモビルスーツ[編集]

西暦にてソレスタルビーイング(以下CB)が所有するガンダムには太陽炉(以下GNドライヴ)という半永久機関が搭載され推進・動力供給・防御・ジャミングを一手に担う。これによりガンダムが活動を開始した2307年当時、各国が所有するMSを遥かに上回る能力を持っていた。2307年時点の各国のMSの動力源については詳しく言及されていないが、内燃機関や太陽光発電を利用した外部電源方式を採用していた。後に、30基の擬似太陽炉(以下GNドライヴ[T])とそれを搭載する機体(ジンクス)がユニオン・人類革新連盟・AEUに提供されCBのアドバンテージは消失した。

5年後の2312年ではCBがGNドライヴを2基使用したツインドライヴシステムを搭載するダブルオーガンダムの他に、GNコンデンサーで稼動するGNアーチャー等のMSが完成している。またGNドライヴ[T]は連邦によって生産が行われ、主力兵器の殆どがGNドライヴ[T]搭載機となったが、それを取り扱う施設の問題から場所によって旧世代機のMSも配備され続けている。また、イノベイター勢力が保有するガデッサ等のMSにも搭載されているが、彼等の技術によって改良が加えられ小型化・高性能化されている。

2種類存在するGNドライヴの相違点は、発生するGN粒子の特性・稼働時間の有無・生産性の違いが挙げられる。GNドライヴは「トポロジカル・ディフェクト」と呼ばれる現象を稼働原理としており、活動時間はほぼ無限の半永久機関となっている。反面生産性は皆無でGNドライヴの製造には膨大な時間(小説版では20年かかったといわれている)と木星のような高重力下の環境が必要とされる。これに対しGNドライヴ[T]は、電力によりGN粒子を発生させるといういわばGN粒子変換器で、活動時間が有限であるが出力に関しては同等の能力を持っている、また生産性も高く量産にも向いている。GNドライヴ[T]が生成するGN粒子は真紅(アルヴァトーレとアルヴァアロンは金色、改良型は赤みを帯びたオレンジ色)の光を放つ。このGN粒子の放つ光の違いから、GN粒子の光だけでどちらのドライヴを搭載しているかは識別可能である。

また、通常の3倍以上の機体スペックを発揮するトランザムシステム (TRANS-AM) がGNドライヴのブラックボックスに搭載されていた。これはオリジナル特有の能力だったが、後にGNドライヴ[T]でも同システムが発動出来るようになりこのアドバンテージも無くなっている。トランザムシステム発動中は機体スペックを大幅に引き上げるメリットがあるものの、蓄積したGN粒子を大量消費するため発動後の機体性能が大幅に低下する。またGNドライヴ[T]にて同システムを発動しGN粒子を使いきった場合、最悪ドライヴ破損にも繋がるデメリットも存在する。

擬似GN粒子の人体に対する影響はドライヴから放出されているだけなら特に毒性は無く、ビーム兵器用に高圧縮した時のみ毒性が発生する(改良型では無毒化された)。またオリジナルのGN粒子もある特定条件下では強い毒性が発生する性質があり、本編から15年前のCBで起きた事故ではルイード・レゾナンスとマレーネ・ブラディがガンダムプルトーネに乗るシャル・アクスティカを助けようとしてGN粒子を大量に浴びたために死亡、シャルもその毒性により髪の色が銀白色に変わり、そのほかにも左目の虹彩が変異してしまった(これらは粒子の影響なのか定かではないが)。この毒性に関してはCBの医師であるJB・モレノが研究していた。

第2世代の段階でGNドライヴを2基搭載するツインドライヴシステムの構想は存在したものの、機体の大型化を招くのと安定度の不安から実現しなかった。後にイオリア・シュヘンベルグ(ヴェーダ)によって送られたトランザムシステムと共にツインドライヴの情報がプトレマイオス側に送られ、これにより実現化の目処が立っていたがドライヴ同士のマッチングの問題が発生、ガンダムエクシアと0ガンダムに搭載されていたGNドライヴによって同調に成功したものの出力が安定していなかったが、後にそれを制御するシステムを備えたオーライザーが完成し、ツインドライヴシステムの全能力が発揮されることになった。

推進剤[編集]

上記のようにコズミック・イラ作品群以外のガンダムシリーズにおいては、特殊な技術で確立した動力を搭載しておりあまり問題とされないのに対し、MSは機体本体の動力以外に、スラスターやロケットモーターをいくつも装備している。これらは何らかの化学燃料の燃焼、噴射によって推力を得ているのだが、コズミック・イラや宇宙世紀の世界観では、石油を初めとする化石燃料資源がとうの昔に枯渇したことになっている(だが宇宙世紀にガソリン車がまだ存在する)。これに伴って、コズミック・イラでは(ニュートロンジャマーで阻害されるまでは)発電所や軍艦のエネルギー源が専ら原子力になっている。

宇宙世紀、アフター・コロニー、アフター・ウォー、コズミック・イラにおいて航空機のジェットエンジン、艦船のガスタービン、そしてMSのスラスターの燃料は何なのかという素朴な疑問が湧いてくるのであるが、これについてコズミック・イラは設定担当の森田繁は、「何を噴射して推進剤にしているかは決めていないんです」(竹書房パーフェクトアーカイブのインタビュー)と答えている。

これに当てはまらないのが西暦のモビルスーツで、CBの所有するガンダム以外のモビルスーツは水素や電気を推進剤としている。フレームに浸透させることで燃料を確保するという、かつてない斬新なアイデアである(ユニオンの機体)。また、太陽光発電システムから直接電力を受信することでエネルギーを得る機体も存在する(AEUの機体)。一方の人類革新連盟のティエレン宇宙型やティエレンタオツーは燃料タンクを装備しているなど技術的には古いといえるが、水を燃料とするなど他国とあまり変わらない。CBの支援組織「フェレシュテ」が保有するガンダムの一機、ガンダムアブルホールもGN粒子を噴射するGNバーニアと水素を燃料とするプラズマジェットを使い分けることができる。

モビルスーツの武装[編集]

火器類[編集]

モビルスーツの武装は、大きく分けて実在の歩兵火器をモビルスーツ大に大型化したものと、ビームライフルに代表されるビーム兵器など架空の兵器とに分けられる(なお、主人公が使う機体はほとんどビーム兵器が使用されている)。ビームライフルやメガ粒子砲などはミノフスキー粒子を圧縮して打ち出す武器で、MSのほとんどはこの武器を通常装備としている。火薬を使用した火器は確実さとエネルギー消費の少なさから、ビーム兵器は破壊力と弾速から用いられる。宇宙世紀においては特にメガ粒子によるビームが用いられる。他にもレールガンが使用されることもある。形態としてはマシンガンアサルトライフルスナイパーライフルバズーカに似たものが多い。生物よりも遥かに強靭なボディを持つモビルスーツは、人間なら両手でなければ到底保持できないようなバズーカなども片手で軽々と扱うことが出来る。

また、手持ちの火器とは別に、小型(と言っても数十ミリ口径のものにはなるが)の機関砲バルカン砲を内蔵火器として装備しているモビルスーツも多数存在する。これらの火器は頭部や胸部に設置されることが多く、主に迎撃・防御用兵器として使用される。ちなみに、ガンダムガンキャノンジム等に搭載されているバルカン砲は口径60mm、発射速度は毎分500〜2000発程度であるという。

この他、機種によっては固定火器として大砲(キャノン砲)や大型ビーム砲、ロケットランチャーなどを装備している場合もある。中にはこうした大型火器の運用を主目的とした、自走砲的な運用がなされるモビルスーツも存在している(例としてガンキャノン・ガンタンク)。これらは一般に支援モビルスーツなどと呼称される。

宇宙世紀では一年戦争の頃には多くのバリエーションが見られるが、機体の万能化により次第にその姿を消していく。

コズミック・イラでは汎用モビルスーツのバックパックを砲戦仕様のもの(代表例としてはストライクランチャーストライカーザクウォーリアのガナーウィザード、ダガーLウィンダムに装備可能なドッペルホルン連装無反動砲などがある)に換装することで支援機体としての運用性を確保する方法が一般的であるため、換装システム確立以前の機種であるザウートとその後継機であるガズウートバスターとその量産型バスターダガーカラミティを除けば、支援モビルスーツという分類のモビルスーツ自体がほとんど存在しない。

格闘武装[編集]

MSが近接白兵戦を実施する場合、ナイフなどをモビルスーツ大にして熱や高周波で破壊力を増したもの、あるいはビームサーベルのように刃をビーム化したものがいわゆる「斬撃兵装」としておもに使用される。

何らかの理由で携帯武装を使用できない場合、徒手空拳の“素手”による殴打、蹴りをおこなう場合もある。細かい関節が集中するマニピュレーター(手)で拳を作り殴りつけることについては、一部関連書籍において『機動警察パトレイバー』の例等にならいあまり推奨されない緊急戦闘手段である旨解説される場合があり、小説版『ジオニックフロント』でも、ソフィ・フランがジムを相手に格闘攻撃を仕掛けた際、「サーボ機構に負担がかかるため整備班からは止められている」といった発言があることから、モビルスーツによる格闘はそれなりに機体へ負担をかけるというマイナス面があるとされている。

しかしながら、「ガンダムシリーズ」の映像作品劇中ではそういったマニピュレータの強度的問題に関する懸念は全く描写されず格闘戦が展開される。『機動戦士ガンダム』TV版第1話および劇場版Iにおいて、ガンダムが素手でザクIIのマルチプルノズルを引きちぎる描写があった。シャア・アズナブル少佐のMS-06SザクIIは左拳でボディブローをガンダムの右脇腹に叩き込み当該箇所の装甲を撓ませた。また、脱走兵ククルス・ドアンの駆るMS-06ザクIIが追っ手のザクIIを正拳突きで撃破したり、オルテガのMS-09ドムがミデア輸送機を両手を組んだナックルボムで破壊したりもしている。『機動戦士Zガンダム』では主人公カミーユのガンダムMK-II3号機がもう1機のMK-IIを連続殴打。『機動戦士ガンダムΖΖ』では主人公ジュドーがゲモン・バジャック駆るゲゼを相手にボクシングのような動きをみせ、逆にゲゼの右2本の腕の連続ジャブを返されノックアウトされてしまう場面があった。『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』では、武器を使い果たしたνガンダムサザビーの頭部に左ストレートの連打を見舞って内部全周モニターの一部を破壊している。『機動戦士ガンダム0083』ではバニングのRGM-79Cジム改がやはり左ストレートでザメルを殴りつけた。『機動戦士Vガンダム』ではワタリーのZM-S08Gゾロがマニピュレータをドリルのように高速回転させたコークスクリューパンチでVガンダムの右腕を破壊している。一方、もともと初期設定でのザクIは、ショルダーアタックを代表とする格闘能力のみで戦うことになっていた。

水陸両用モビルスーツの多くは携帯火器を持たず、その保持のためのマニピュレータも備えず、「アイアンネイル」(ないし「バイスクロー」)と呼ばれる巨大な金属製のかぎ爪を用いた格闘戦を主戦法とする例が大半である。これは設定上では水中で火薬式の銃砲弾やビームの使用が困難なこと、演出上では半魚人的な化け物としてデザインされた水陸両用MSのキャラクター的特質によるものである。ただ、アイアンネイルの見た目はかぎ爪であるものの、戦場で一定の作業性を持つマニピュレーターとしての機能も有していると設定されている[12]

水中行動時の水の抵抗を避けるため[要出典]、マニピュレーターの代わりに固定式の格闘武装(大抵は巨大な爪)を装備していることが多い(爪の他にも、ロケットランチャーやビーム砲を腕部に内蔵しているケースも頻繁に見受けられる。従って大抵の場合、こうしたモビルスーツの腕部は「手」としての機能を成さない)。

ただし、またそれ以外では、一方、ライフルのストックで殴りかかるという現実の歩兵戦で多用されている戦法も『機動戦士Zガンダム』以降は全く使われなくなった。特殊な例としてはグフに装備されたヒートロッドが存在するが、装備した機体の種類は少数に留まっている。その一方で、ショルダーアタック戦法は、マラサイからギラ・ドーガデナン・ゾンへとその無骨な外観とともに継承されている。

『Gガンダム』の未来世紀で行われているガンダムファイトでは格闘家がモビルトレースシステムを用いてモビルファイターを動かすことから、他の世界観のモビルスーツと比べて格闘戦用の武装を用いる割合が非常に高い。例えばシャイニングガンダムのシャイニングフィンガーやゴッドガンダムの爆熱ゴッドフィンガーなど、手そのものを必殺の武器にしてしまうケースもある。他のモビルファイターも、他の世界観では見られないような奇抜な武装を数多く用いている。

機動新世紀ガンダムX』のガンダムXガンダムダブルエックス、『機動戦士ガンダムSEED』のストライクガンダムは、両者とも初陣の戦いで敵MSに正拳突きを見舞っている。

一方さらに他の世界観でもジ・Oセラヴィーガンダムの隠し腕やデスティニーガンダムの掌部ビーム砲「パルマ・フィオキーナ」など、意表を突く格闘用武装を持つケースはある。

遠隔操作兵器[編集]

宇宙世紀作品群には、ミノフスキー粒子存在下でニュータイプの強力な感応波によって遠隔操作を行うサイコミュという技術が開発されている。これによりビットファンネルと呼ばれる遠隔操作用小型兵器が生まれた。また、ニュータイプではない人間(オールドタイプ)でも扱えるようにした、有線式のインコムも存在する。(ただし、射程・動きの精密さ等で劣る)「ガイア・ギア」の時代では、ニュータイプ能力を持たない人間にでもファンネルが使用できるほどに技術が進歩しているが、肉体的・精神的に凄まじい負担がかかる事を覚悟せねばならない。これらは機体から射出・操作し、多数の敵を同時に攻撃したり、逆に一体の敵を死角から取り囲んで集中砲火を浴びせるなど、オールレンジ攻撃を行うことが出来る。『ガンダムX』にも同じような技術「フラッシュシステム」が存在するが、単なる小型兵器を操るだけでなく、機種によってはビットモビルスーツという無人モビルスーツを遠隔操作出来る。

コズミック・イラではガンバレルドラグーンシステムといった遠隔操作兵器が登場するが、これらは感応波ではなく有線ないし無線(量子通信)で操作される。しかし操縦者にニュータイプに似た超人的な空間認識能力を要求するため、限られた人間にしか扱えなかった。しかし、後にシステムに改良が加えられ、ある程度の普遍化に成功している。

西暦では、GNビットと、それを発展させたGNファングが登場する。こちらの制御手段は、ハロなどの機械的バックアップを受けるか、脳量子波を用いて自力で制御するかの2つが判明している。

そのほかの兵器[編集]

現実世界において中〜遠距離兵器として頻繁に用いられるミサイルは、(モビルスーツで白兵戦を行う意義の関係からか)モビルスーツ用の主武装としてはあまり用いられない。特に宇宙世紀作品群においてはミノフスキー粒子によって、コズミック・イラ作品群においてはニュートロンジャマーによって、レーダーが使えなくなっている場合が多いため、ミサイルが使用可能な状況が限られてしまっている[要出典]ためである(このミノフスキー粒子やニュートロンジャマーという存在自体が、モビルスーツによる白兵戦を必然のものとするために創作されたものである)。ただし、小型のミサイルを固定火器やオプション武装として装備しているモビルスーツは、世界観、時代を問わず比較的多い。その母艦となる艦船等も対艦、対空ミサイル兵装を普通に装備しており、また使用しているため、「電波妨害」の設定が影響した具体的場面描写は皆無に近い。

まれに戦略兵器として、核兵器あるいはこれに匹敵する破壊力を持った兵器がモビルスーツによって運用されることがある。宇宙世紀では一年戦争初期にザクIIC型が核を運用したが、後に南極条約によってこの種の大量破壊兵器の使用が禁じられた。しかしガンダム開発計画においてガンダム試作2号機が核攻撃用モビルスーツとして開発され、デラーズ・フリートによって核弾頭ごと強奪されたあげく実際に連邦軍艦隊への襲撃に使用されてしまった。『∀ガンダム』では核弾頭が禁断の兵器として発掘されるが、月面都市に衝突しそうな小惑星を破壊するために∀ガンダムによって使用される。また、『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』にあっては、地球連合軍ウィンダムに核ミサイルを搭載しプラント攻撃を図ったが、これはザフトのニュートロンスタンピーダーによって阻止されている。核以外でも化学兵器である毒ガスが、一年戦争初期のコロニー攻撃などにおいてモビルスーツによって使用されている。

特殊な兵器としてはマイクロウェーブによるエネルギー伝送を利用したガンダムXサテライトキャノン及びガンダムDXのツインサテライトキャノン、ナノマシンによって周囲の物体を分解してしまう∀ガンダム及びターンX月光蝶、CBのメインコンピュータ「ヴェーダ」とリンクする機体全てを制御下に置くガンダムナドレのトライアルシステム及びセラフィムガンダムのトライアルフィールドが挙げられる。これらは単機で戦局や地形を変えるほどのすさまじい力を有すると共に、それぞれの世界観そのものと直結した存在でもある。

モビルスーツの運用・補給・支援[編集]

運用のための設備[編集]

モビルスーツは専用の整備設備を持つ基地、あるいは同等の機能を有する海上空母宇宙戦艦宇宙空母などの艦艇での運用が前提となっている。

前者の例としては『機動戦士ガンダム 第08MS小隊』での極東方面コジマ大隊基地や、『ガンダムSEED』のアルテミスなどが挙げられる。これらはMSのみならず、大型艦船なども入港するため、大規模なデッキが複数存在する場合が多い(『機動戦士ガンダム』のソロモンや、各コロニーなどで描写がなされている)。また、巨大な宇宙要塞になると、アルテミスの傘などの特殊な防衛兵器が見受けられる場合もある。

後者の例としては『機動戦士ガンダム』のホワイトベースドロス、『Ζガンダム』のアーガマ、『逆襲のシャア』のラー・カイラム、『ガンダムSEED』のアークエンジェル、『ガンダム00』の地球連邦軍所属の艦艇などが挙げられる。これらはモビルスーツを発進させるためのカタパルトや着艦のためのデッキ、および整備のための諸設備を備えている他、『ガンダム00』ではジンクス系列の機体に搭載されているGNドライヴ[T]はスターターが必要な関係上、専用の設備が必要となるため、MS母艦との連携が必須となる。

支援兵器[編集]

モビルスーツ単体では機動力が不足する場合には(特に大気圏内)サブフライトシステムと呼ばれる補助移動手段を使用することがある。

これはモビルスーツを上に搭載する航空機類であり、同様の支援兵器として『Ζガンダム』のGディフェンサーや『ガンダム00』のオーライザーなどのようにモビルスーツと合体して機動力・戦闘力を増強するものもある。

大気圏再突入[編集]

モビルスーツによる大気圏再突入が行われることもある。

『機動戦士ガンダム』において、ガンダムは単体での大気圏突入を余儀なくされた状況で、耐熱フィルム(テレビアニメ版)あるいは耐熱エアフィールド(映画版)で機体を守り無事生還したが、何も無しで突入したザクはあっけなく燃え尽きてしまっている。なお、漫画版『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』に登場しているガンダムには、本来大気圏突入用の特殊装備は備わっていなかったが、大気圏突入が可能な母艦ホワイトベースの陰に入ることで機体の過熱を防ぎ、奇跡的に大気圏突入に成功している。

『Ζガンダム』においては一般のモビルスーツにバリュートというパラシュートエアバッグを組み合わせたような装置を装着・展開することで大気圏突入を行っている。また、ガンダムMk-IIが乗るスペースシャトル型の盾のようなフライングアーマーや、Ζガンダムデルタプラスのようなウェイブライダー形態への変形機構をもつMSは翼部あるいは盾、および同時に発生する衝撃波によって機体を熱から保護している。またその変形した機体自体がフライングアーマーと同様に他の機体を乗せての大気圏突入すること可能である。

漫画『機動戦士クロスボーン・ガンダム』において、クロスボーン・ガンダムビームシールドで大気圏突入を行っている描写があるが、本来想定されている運用方法ではなく、扱いとしては事故に近かった。しかしこの件により、ビームシールドによる大気圏突入が可能なことが証明されたため、その後の時代設定の作品である『機動戦士Vガンダム』では、ビームシールド使用によるMS単体の大気圏突入が日常的に行われ、宇宙艦船までが艦首にビームシールドを備えて大気圏突入を行うようになっている。

『新機動戦記ガンダムW』およびそのOVA版『ENDLESS WALTZ』に登場するガンダムシリーズは、すべて何らかの方法で単機での大気圏突入が可能である。ウイングガンダムウイングガンダムゼロは(ネオ)バードモードへの変形、ウイングガンダムゼロ(EW版)は4枚の翼で機体を包む、などの例が挙げられるが、ガンダムヘビーアームズ改アルトロンガンダムは、特に機体を包んだり変形させたりすることなく、大気圏突入可能である点が特筆に価する。

『機動新世紀ガンダムX』に登場するガンダムダブルエックスは、Gファルコンと合体することで、大気圏突入が可能になる。

『機動戦士ガンダムSEED』および『SEED DESTINY』に登場するフェイズシフト装甲を搭載した一連のガンダムシリーズ、とりわけ核エンジン搭載機は、これを活用することで機体の過熱を抑え、単機での大気圏突入が可能である。

『機動戦士ガンダム00』のCB所有のガンダムは、GNフィールドを展開することにより、単機での大気圏突入が可能となる。

補給について[編集]

モビルスーツも兵器の一種である以上、推進剤・弾薬の補充や機体のこまめな整備が欠かせない。それらが得られない場合にはモビルスーツの運用には少なくない支障を来たす。

ホワイトベースは当初孤立状態で満足な補給を得られず苦労していたし、『第08MS小隊』ではやはり補給不足でなにかと苦労する前線の様子が描かれている。

『Ζガンダム』ではエゥーゴが鹵獲したガンダムMk-IIの3機のうち2機が解体されて交換パーツにされてしまっている。ジオン側も量産機とはいえザク一機でも補給・整備には手間がかかり、開戦当初の優勢を維持できなかったのも戦線の拡大に補給が追いつかなかったためであるとされる。このため勢力下であっても現地住民の敵対心を煽るような行為を避ける傾向が見られた。前線で支援を受けられない兵士は生身によるゲリラ的な攻撃を仕掛けることもあった。

また、運用現場における細かな改良、整備手順の見直し、改変も日常茶飯事でロールアウト時の古いマニュアルなどあっという間に役に立たなくなる。

もっとも正規の補給が受けられない状況でもどうにかしてしまうケースは結構ある。『ガンダムSEED』では連合やプラントから離反した艦艇が結集した三隻同盟がジャンク屋ギルドを通じて補給をまかなっていたし、『ガンダムX』のバルチャー達に至っては自身のコネを使った独自の補給ルートを構築したり、ありあわせのジャンクパーツでモビルスーツを修理・改造強化したりさらには新しい武器やモビルアーマーまで作ってしまっている。また『ガンダムW』ではレジスタンス的な後方支援に加えて、機体構造の共通化による整備性の向上、パイロット自身で資材調達・改修を行う技術の訓練により戦力を維持していた。

特異な例として『∀ガンダム』では過去の遺物であるモビルスーツや装備品を発掘して運用しており、それらの中にはナノマシンによる自己修復機能を持つ機体(∀ガンダムなど)も存在していた(その分、壊れたら自己修復が終わるまでは手の施しようがないが)。

モビルスーツの耐用年数[編集]

モビルスーツの「耐用年数」について、映像作品中で特に言及されたり、具体的な設定が関連メディアで詳説された例はない。

ただ、機体の個体単位の傷みの進行や経年劣化については、「1年戦争」を舞台とするシリーズ第1作『機動戦士ガンダム』の脚本上で若干の示唆的場面がある。ランバ・ラル隊に補給されたMS-06ザクIIについて、「だいぶ使い込んであるやつだな」「関節は新しいものと換えてあります」というやりとりがされた。また、RX-77ガンキャノンは実戦投入1ヶ月あまりの時点で「オーバーホールでバラしてます」という状態で一時的に出撃不能になった。可動箇所が多く、かつそれを酷使する機械であるモビルスーツは1年未満、数ヶ月単位で機体各部が寿命を迎える模様である。ただ、ある1機が全く稼働不能となるのにかかる時間については不明である。

一方、機種の陳腐化という意味での機種寿命は、現実の兵器に比べるとシリーズを通じてたいへん更新ペースが短く描かれている。戦中は無論、戦間期であってもわずか1〜3年程度で「主力機」が入れ替わってしまっている場合が少なくない。『機動戦士Zガンダム』〜『機動戦士ガンダムZZ』ではとりわけその傾向が顕著で、1陣営の「新主力」とされる機体が1年に3機種も存在したり、1〜数機試作されただけの高価な超高性能機が何機種も実戦に投入され、主人公のライバルキャラクターなどがそれらを次から次へと乗り換えて使用した。

これは、一義的には「ガンダムシリーズ」がロボットアニメという映像娯楽作品であり、常に視聴者に新たな展開を提供しなければならず、またプラモデル等の新製品を発表し続けなければならないスポンサー的要請による。しかし、映像作品の脚本上で機種交替のペースに関する具体的言及がされたことはない。

モビルスーツの耐用年数は、長くて10年程度[要出典]である。「百年先でも使えるように」との願いが込められた百式も、結局はグリプス戦役及び第一次ネオ・ジオン抗争で用いられたのみだった。 これは、宇宙世紀の舞台が、MSという兵器体系の黎明期から始まっている事と、大規模な戦争の最中であることである事に起因している。兵器の性能が2〜3年で刷新され、一方で現用兵器が前線で消耗している状況にあっては、1機種あたりのモデル寿命は短くなる。これは、近代戦以降の航空機戦車と同じである。逆に、発展の停滞期、及び比較的騒乱の少ない時期に配備されたものであれば、モデル寿命は大幅に伸びる。『逆襲のシャア』に登場したジェガンとその後の後継系列機群が該当する(ヘビーガンジェムズガンジャベリンフリーダム等)。

例外として、『ガイア・ギア』に登場したゾーリン・ソールが挙げられる。ゾーリン・ソールは、(度重なる改修を施されながらも)堅実な基本設計により、100年近く経った時代において第一線で活躍していた稀有な機体である。 同じ様に、『機動戦士クロスボーンガンダム・ゴースト』に出てきたザクIIもパレード用に稼働させるために70年以上も(機体のみだが)整備や改修をされながら使われていたケースもある、宇宙世紀では珍しい例である。

また、三大勢力による冷戦状態であるがCB出現まで比較的平穏であった西暦では、従来シリーズと異なり新型機開発に10年以上の時間が掛かるとされており、ヘリオン、リアルド、ティエレン、アンフといった機種は就役してから10年以上主力として運用されている。CBでも支援部隊としてフェレシュテが2307年時点で15年前に開発された第2世代ガンダムを運用し、その行動をサポートしている。2312年にはアヘッドやガデッサなどの新型が次々に投入されているが、これはCBの技術が流出したため。

100年に及ぶ星間戦争という有事を継続しているA.G.年代においては、ジェノアス、Gエグゼス、ガフランといった機体が改良を重ねながら半世紀以上も第一線に留まっている。これは永きに渡る戦争により、革新性より信頼性が求められた結果、機種の更新より改良を優先させるという、双方同じ戦略を取っていることが原因だが、一方で、デファース等半世紀前の試作機が量産され投入されているが、これは技術発展期はA.G.年代以前の「コロニー国家間戦争」時に既に終わっており、以降の技術発展ペースが遅くなっているのが要因である。

さらに特殊な例では、∀ガンダム等の発掘された黒歴史の機体は、ナノマシンの修復機能により幾世紀にも及ぶ年月を経てもなお、その機体性能を保っている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『グレートメカニック9』(双葉社ムック)のダグラム特集内のダグラムスタッフ達との対談で、「多分僕が言い出したこと」高橋自身が語っている。
  2. ^ 『映像の原則』より。
  3. ^ この時期のMSを語る際に良く使われる表現だが、この表現は進化学的には正しくない。正しくは、このような進化は「躯体大化の法則」と呼ばれる。
  4. ^ この名称は、バンダイ『1/100 MGフリーダムガンダム』付属解説書の記述による。
  5. ^ メディアワークス『データコレクション機動戦士ガンダムSEED上巻』「OFFICIAL REPORT」による。
  6. ^ コズミック・イラの世界観では、「OS」とはOperating Systemではなく、Operation Systemの略である。劇中、ガンダムタイプMSのコクピットコンソールの起動画面にはそのように表示され、また、『機動戦士ガンダムSEED』第27話のエリカ・シモンズのセリフでも「オペレーションシステム」と言っている。これが意図的に現実のOSと相違させた設定なのか、設定スタッフのミスなのかは明らかでない。
  7. ^ 機動戦士ガンダム00 vol.1 43頁
  8. ^ 双葉社「機動戦士ガンダム00メカニック−1st」の記述による。
  9. ^ a b バンダイ「1/144HG GNZ-003ガデッサ」付属解説書による。
  10. ^ バンダイ「1/144HG GNX-704Tアヘッド量産型」付属解説書による。
  11. ^ ナチュラルがナチュラル用OSを搭載していないMSを操縦できないのは、インターフェイスが複雑過ぎて、常人の脳神経が持つ処理能力ではその膨大なパイロットワークをこなせないからであり、操縦を可能にするにはシステムのイオンポンプを神経接続速度をナチュラルのそれに合わせてやらねばならない。同じインターフェイスであれば、その操縦能力は高度な脳神経を持つコーディネイターがナチュラルを圧倒する。アニメーション本編劇中エリカ・シモンズはこれを「明々白々なことである」と語った。しかし映像作品ではない「公式外伝」であるASTRAYシリーズでは、作業目的ならばナチュラルにでも問題なく操作が出来、また訓練よってコーディネイターと遜色ない戦闘を行う事が出来る事が描写されている。
  12. ^ バンダイ『1/144ズゴックE』付属解説書等による。

関連項目[編集]