藤田一己

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

藤田 一己(ふじた かずみ、1964年9月9日 - )はメカニックデザイナーイラストレーター。代表作は『機動戦士Ζガンダム』、『勇者王ガオガイガーFINAL』など。

略歴[編集]

高校卒業後、アニメーターとして『装甲騎兵ボトムズ』等に参加。その後、『ボトムズ』関連のムックを編集していた編集プロダクションである「伸童舎」に入社。

1985年、21歳で『機動戦士Ζガンダム』のメインメカデザイナーとして抜擢を受け、、メッサーラギャプランを筆頭に番組に登場する大半のMSのデザインを手がける。独特のシャープなデザインはこれまでのモビルスーツとは一線を画すもので、特に一作目のガンダムのデザイナーである大河原邦男は彼のセンスを高く買っていたようだ。しかし、物語が中盤に差し掛かった頃、ジオン用にデザインしたディジェがカラバのMSとして登場するなど演出の都合によるモビルスーツの扱われ方に決定権は無いにせよ強い不満を持ち、現場から離れてしまう。

その後、『装甲騎兵ボトムズ』の外伝である『青の騎士ベルゼルガ物語』のデザインを担当。

1987年には月刊模型雑誌「ホビージャパン」にガンダムのアナザーストーリーとして『タイラント・ソード』を連載開始。その後もイラストレーターとしてプラモデルの解説書やCDジャケットのイラストなどを手がけていたが、1992年の『超時空要塞マクロスII』のデザイン途中に降板している(クレジットは大畑晃一のみとなっている)。

その後は『ブロウニング』(94年 PCエンジン)や『QUOVADIS 2〜惑星強襲オヴァン・レイ〜』といったゲームソフトのメカニックデザインを行っていた。

2000年ごろからアニメの仕事も再開しており、『勇者王ガオガイガーFINAL』のメカデザイン(ガオファイガーやジェネシック・ガオガイガー)を手掛けた。ほか、E-Field他で上映された「ガンダム新体験 グリーンダイバーズ」のメカデザイン、ゲームソフト『SDガンダムGジェネレーションF』のオリジナルメカデザイン、ゲームソフト『鉄拳機甲マーズワース』のメカデザイン、TVアニメーション『機神大戦ギガンティック・フォーミュラ』の前身であるゲーム企画用のメカデザインなどを手がけている。また、『機動戦士Ζガンダム』DVD-BOXのパッケージイラストも担当している。

2013年より、ヤングアニマル誌で漫画「すく~~~と!」(作画:新久千映)の原作を手掛けている[1]

脚注[編集]

  1. ^ コミックナタリー 「ワカコ酒」の新久千映、アニマルでバイク女子描く新連載