機動戦士ガンダム 逆襲のシャア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
Mobile Suit Gundam
Char's Counterattack
監督 富野由悠季
脚本 富野由悠季
製作 伊藤昌典
出演者 古谷徹
池田秀一
鈴置洋孝
音楽 三枝成章
主題歌 TM NETWORK
BEYOND THE TIME 〜メビウスの宇宙を越えて〜
撮影 古林一太
奥井敦
編集 布施由美子
配給 松竹
公開 日本の旗 1988年3月12日
上映時間 120分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 11億6千万円
テンプレートを表示

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』(きどうせんしガンダム ぎゃくしゅうのシャア、英題:Mobile Suit Gundam Char's Counterattack)は、1988年3月に松竹系で劇場公開されたガンダムシリーズアニメ映画。英題の頭文字を取り「CCA」、また「逆シャア」などと略されることもある。

本作は『機動戦士ガンダム』から14年後、宇宙世紀0093年の第二次ネオ・ジオン抗争[1]を描いている。一連のシリーズで因縁のライバル同士であったアムロ・レイシャア・アズナブルの戦いにピリオドが打たれ、劇場版『機動戦士ガンダム』シリーズの完結編とされている。

公開時のキャッチコピーは「宇宙世紀0093 君はいま、終局の涙を見る…」。同時上映は『機動戦士SDガンダム』。

監督は富野由悠季。配給収入6億2千万円、観客動員数103万人。DVDは30万枚出荷[2]

物語[編集]

宇宙世紀0093年。先のグリプス戦役以降消息不明だった、元ジオン公国軍エース・パイロットで、ジオン共和国創始者ジオン・ズム・ダイクンの息子であるシャア・アズナブル(キャスバル・レム・ダイクン)は、幾多の戦いを経ても旧態依然として地球から宇宙移民を統制し続ける地球連邦政府に対し、ネオ・ジオンを率いて反乱の狼煙を上げる。ネオ・ジオンは小惑星5thルナを地球連邦政府があるチベットラサに衝突させようとする。かつてのシャアの宿敵アムロ・レイらが所属する連邦軍の外郭部隊ロンド・ベルの奮闘も空しく、5thルナ落下を阻止することはかなわなかった。

ネオ・ジオンはアデナウアー・パラヤを始めとする地球政府高官と密かに裏取引を行い、スペースコロニー・ロンデニオンにて停戦交渉に合意する。停戦に安堵する地球連邦の思惑と裏腹に、シャアは取引によって得た小惑星アクシズを地球に衝突させるべく再び作戦を開始した。

合意が偽りであることを察していたロンド・ベルは核ミサイルを準備、やがてネオ・ジオンとの間で戦端が開かれる。アムロは自ら開発に加わった新型モビルスーツν(ニュー)ガンダムを駆り、アクシズを目指す。一方、アクシズを内部から爆破して軌道を逸らすロンド・ベルの作戦は成功するかに見えたが、アクシズの一部は既に地球の引力に捉われていた。巨大な岩塊が地球に落下しようとする中、アムロとシャアの最後の一騎打ちが始まる。

登場人物[編集]

地球連邦軍(ロンド・ベル)
ネオ・ジオン
地球連邦政府
その他

登場兵器[編集]

モビルスーツモビルアーマーなど機動兵器に分類されるものは

それ以外のものについては

地球連邦軍
ネオ・ジオン軍

ハイ・ストリーマーにのみ登場する機体[編集]

地球連邦軍
エグム
  • カブール・ベルグソン2式 - ゼダ・マンディラが乗る黒いゲリラ戦用モビルスーツ。
  • ザクに酷似した機体 - 民間用のホビーのザクを改造したもの。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

BEYOND THE TIME 〜メビウスの宇宙を越えて〜
作詞 - 小室みつ子 / 作曲・編曲 - 小室哲哉 / 唄 - TM NETWORKEPIC・ソニー

作品解説[編集]

『逆襲のシャア』というタイトルは、1984年頃に『機動戦士ガンダム』の続編小説企画のタイトルとして一般に告知されたものであった。しかし、翌年に『機動戦士Ζガンダム』製作が決定したことで、同企画も番組の小説版として『機動戦士Ζガンダム』に改題された経緯がある。また、小説『ガイア・ギア』の連載前予告タイトルは『機動戦士ガイア・ギア 逆襲のシャア』であった(連載後は変更されている)。

ガンダムシリーズのアニメ映画としては初めてテレビアニメの再編集ではない完全新作として制作され、主題歌にTM NETWORKを起用した。なお、サンライズアニメーション作品企画部が用いる共同ペンネーム「矢立肇」のクレジットは使用されていない。

メカニックデザインは、主役のνガンダムについてはΖガンダムΖΖガンダムと同様にコンペ形式で多数のデザイナーが参加、その中で鈴木雅久らが中心になって数多くのラフデザインを提出し、最終的に出渕裕がまとめている[3]。ネオ・ジオン軍のモビルスーツは出渕裕がデザインしている。その他、ネオ・ジオン軍艦艇を庵野秀明が、ロンド・ベル艦艇を増尾昭一が担当した。

スペースコロニーのサイド1・ロンデニオンとスウィートウォーターの描写など一部の映像で、当時としてはまだ珍しかったCG技術が使われた[4]。CG制作はトーヨーリンクスが担当している。

『機動戦士Ζガンダム』で可変機構が組み入れられ、『機動戦士ガンダムΖΖ』では巨大化・大出力化が進んできたモビルスーツであるが、本作品ではシンプルな人型の機体が中心となっている。サイコミュ回路を金属粒子に封じ込めて機体のフレームに使うサイコフレームが登場し、ファンネルが、初めて主役機にも装備された。

プロモーション[編集]

本作公開直前に、特別番組が放送された。この特番には、監督の富野由悠季の他、アムロ役の古谷徹、シャア役の池田秀一、クェス役の川村万梨阿に加え、シャアのファンである富田靖子が出演し、番組内で彼女が富野から本作でシャアが着用しているネオ・ジオンの制服をプレゼントされたことが、本作のパンフレットに写真入りで掲載された。また、富野は番組の最後で「この作品は35歳以上の方に、特に男性の方に見てもらいたい」と視聴者に向けたメッセージを送っていた。

関連作品[編集]

小説[編集]

総監督の富野由悠季による小説が、2作刊行されている。

ハイ・ストリーマー[編集]

アニメ雑誌『アニメージュ』(徳間書店)に『機動戦士ガンダム ハイ・ストリーマー』として連載されたもの。ただし、連載されたものはアムロがスウィート・ウォーターに潜入調査をしているシーンやνガンダム設計会議、ブライトやシャアとの再会、チェーンとの出会い、クェスの地上での修行の描写などが描かれる映画版の前日談となっており、フィフス・ルナでの戦闘からは文庫の書き下ろしで、ほぼ劇場版に沿ったストーリーになっている。連載最終話のチャプターLは文庫の方で先に発表された。精神崩壊したカミーユ・ビダンや戦死したハヤト・コバヤシにも触れられている。

表紙や挿絵を担当したのはSF漫画家の星野之宣。従来のデザインや劇場版と比べると、大胆な独自の解釈によるデザインとなっていた。

アニメージュ文庫で刊行される際に劇場版と同じく『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』と改題された。

2002年10月より『機動戦士ガンダム ハイ・ストリーマー』に題名を戻され、徳間デュアル文庫から再版。こちらの挿絵は久織ちまきだが、アニメージュ文庫版に収録された星野之宣によるイラストも巻末に再録されている。また、2009年にはアニメージュ文庫版も再び刊行された。

アニメージュ文庫版(旧版)
富野由悠季(著)、徳間書店アニメージュ文庫〉、全3冊。
  • 『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア 前篇』、1987年12月発行、ISBN 4-19-669570-1
  • 『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア 中篇』、1988年2月発行、ISBN 4-19-669575-2
  • 『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア 後篇』、1988年3月発行、ISBN 4-19-669578-7
徳間デュアル文庫版
富野由悠季(著)、徳間書店〈徳間デュアル文庫〉、全3冊。
  • 『機動戦士ガンダム ハイ・ストリーマー 1 アムロ篇』、2002年10月発行、ISBN 978-4-19-905125-8
  • 『機動戦士ガンダム ハイ・ストリーマー 2 クェス編』、2002年11月発行、ISBN 978-4-19-905129-6
  • 『機動戦士ガンダム ハイ・ストリーマー 3 シャア編』、2002年12月発行、ISBN 978-4-19-905130-2
アニメージュ文庫版(復刻版)
富野由悠季(著)、徳間書店〈アニメージュ文庫〉、全3冊。
  • 『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア 前篇』復刻版、2009年7月発行、ISBN 978-4-19-908004-3
  • 『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア 中篇』復刻版、2009年7月発行、ISBN 978-4-19-908005-0
  • 『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア 後篇』復刻版、2009年7月発行、ISBN 978-4-19-908008-1

ベルトーチカ・チルドレン[編集]

当初書き上げた映画シナリオの第1稿は、内部での審査時に「アニメーション映画の主人公が妻子持ちになるのはどうか?」という批判を受けて改訂が行われた。本来は発表されない第1稿であるが、モチーフ小説『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン』として角川スニーカー文庫より刊行されている。本書の後書きには「ロボットアニメのストーリーの結末が、ロボットの否定であってはならない」というスポンサーからの抗議によって、結末のディテールが変更されるなど、映画化における顛末の一部が記述されている。本書においては、ストーリーの大筋は映画版の展開をなぞるものの、一部の設定や登場キャラクターの変更など、よりシナリオ第1稿に近い構成が採られている。特にテレビシリーズ『機動戦士Ζガンダム』の続編であることが、より明確に伝わる内容となっている。内容的にも、クェス・パラヤがハサウェイの誤射により死亡するなど、ストーリーに影響を及ぼす変更があり、後の小説『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』は、こちらの作品の歴史を引き継ぐものとなっている。

ベルトーチカ・チルドレンの口絵は出渕裕による描き下ろしだが、νガンダムのデザインにアレンジが施されており、後に「Hi-νガンダム」と呼ばれゲームに登場したり、模型化されるなど独自の人気を得た。またサザビーに代わるシャア専用MSナイチンゲールが登場し、こちらも人気を得ている。

富野由悠季(著)、角川書店角川文庫〉、全1冊。

  • 『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン』、1988年2月20日発行、ISBN 978-4-04-410109-1

カセット文庫[編集]

当時展開していた角川カセット文庫でリリース。ベルトーチカが登場するためクェスの声が川村万梨阿から荘真由美に変更されているなどキャスティングが一部異なっている他、音楽も増田俊郎の手によってこのカセット文庫版用に書き下ろされている。

漫画[編集]

村上としや版
コミックボンボンに劇場公開後の1988年4月および5月に前後編で掲載。単行本としては1999年に大都社が復刻版として発売した漫画版『機動戦士ガンダムΖΖ』の単行本2巻に併録されたのが唯一。映画とは異なりハサウェイは連邦のパイロット候補生として最初からラー・カイラムに乗艦しているため、クェスとの関わりはなく、他にもリ・ガズィ、αアジールが登場しないなど、ストーリーにいくつか差異が見られる。
ときた洸一
劇場公開から10年後のプレイステーション版ゲームの発売に合わせコミックボンボン1998年10月から1999年2月まで全5話連載、1999年3月に単行本化。こちらの作品は映画とほぼ同様のストーリーとなっている。
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア BEYOND THE TIME
機動戦士ガンダムUC』のアニメ化を記念して角川書店の雑誌「ガンダムエース」2010年7月号より連載された漫画作品。久織ちまき画、本田雅也シナリオ。全2巻。
アクシズ攻防戦の際にナナイ・ミゲルが見た白日夢としててナナイがネオ・ジオンに参加する経緯等を描いた内容となっている。

ゲーム[編集]

スーパーロボット大戦シリーズ」を筆頭に本作が登場するゲーム作品は無数にあるため、ここでは本作を題材に単独商品化された作品のみ記述する。

コンシューマーゲーム
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア(1998年12月17日、バンダイプレイステーション
モバイルゲーム
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア(2006年8月31日、バンダイネットワークスiモード

派生作品[編集]

GUNDAM EVOLVE 5 RX-93 ν GUNDAM
短編映像作品『GUNDAM EVOLVE 5』では、CGとセル画を合わせる手法によりリデザインされたνガンダムα・アジールの戦いが、映画や小説とは違う展開で描かれている。本作は1から4までと合わせて『GUNDAM EVOLVE +』としてDVD化された。
複数製作された同シリーズにおいて、唯一富野がストーリーを製作した作品である。劇場版や小説版の続編『閃光のハサウェイ』とは異なり、クェスとハサウェイの結末がポジティブな物へと転化されている。
機動戦士ガンダム シャアの帰還 ―逆襲のシャア外伝―
勁文社より1988年4月に発行されたゲームブック。スタジオ・ハード編集、草野直樹、日高誠之構成・文。
原作の時代設定から3年前の宇宙世紀0090年が舞台。主人公であるシャア・アズナブルとなって、ジオン残党ダンジダン・ポジドン少将の協力の下、新生ネオ・ジオンの組織作りの経緯を描いた内容となっている。なお、ネェル・アーガマを率いるブライトやナナイ、ギュネイなど本作の人物も登場する。

エピソード[編集]

  • 同時上映の『機動戦士SDガンダム』では本編に先駆けて、νガンダムがシルエットで登場した後、二等身で登場。エンドではシャアが「今度は劇場で仕返ししてやる」とタイトルと同時上映であることを意識した発言をしている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「第二次ネオ・ジオン戦争」「シャアの反乱」と表記している資料もある。
  2. ^ 月刊ascii2008年5月号
  3. ^ ジェガンのみ佐山義則がクリンナップを担当している。
  4. ^ このうちロンデニオンの映像はのちに『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』のラストカットで登場するサイド6・リボーの映像としても流用された。

外部リンク[編集]