アナベル・ガトー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アナベル・ガトーAnavel Gato)は、OVA機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』に登場する架空の人物。大塚明夫

人物[編集]

ジオン残党勢力「デラーズ・フリート」の一員で、「ソロモンの悪夢」の異名を持つエースパイロットである(撃墜数200機、正式スコアは100機程度[1])。その名は、地球連邦軍士官学校の現代戦史教本に載るほどで、戦後の士官学校卒業兵はもちろん一年戦争を生き抜いたベテラン兵でさえも恐怖と焦りを感じさせた。デラーズ紛争の際でも3年間のブランクを思わせないようなパイロット技量を持っている。義を重んじるその実直な性格、四字熟語を引用する台詞回し、を髣髴させる長い銀髪を後ろで結ったヘアースタイルなど、武士のような人物で部下からの信頼も厚い。一年戦争時の階級は大尉。デラーズ・フリート参加時少佐に昇進。作中での年齢は25歳[2]

シリーズのスタート当初、ガトーのポニーテールの髪形の「秘密」について、プロデューサーの植田益朗は、「今は言えないんだよね。今後に関わってくるんでね」と発言していたが[3]、ストーリー中その髪型の由来について明示的に語るエピソードは最後まで無かった。

劇中での活躍[編集]

一年戦争時代[編集]

一年戦争においては、ドズル・ザビが指揮する宇宙攻撃軍第302哨戒中隊隊長として、ソロモンを中心とした宙域で活動していた。

ソロモン撤退戦ではア・バオア・クーへ撤退する、ドロス級空母二番艦ドロワを中心とした艦隊のしんがりを務め、ジム部隊を全滅、または壊滅状態に追い込むなど[1]、連邦軍追撃艦隊に多大な損害を与えた(この時、「ソロモンの悪夢」の異名が付き、この戦闘で8隻の戦艦を撃沈したとされている)。なお、この時の搭乗機は明確には設定されていないが、PlayStation 2用ゲーム『機動戦士ガンダム めぐりあい宇宙』では、ビーム・バズーカを装備した専用のリック・ドムに搭乗しているシーンが収録されている。

ア・バオア・クー防衛戦には緑の胴体に青い四肢というパーソナルカラーに塗り分けられた専用のゲルググで参戦していたが、戦闘中に乗機の右腕が流れ弾で損傷。修理を受けるため、近くに居たエギーユ・デラーズの乗艦、グワジン級戦艦グワデンに着艦するが、デラーズは戦闘宙域からの撤退を決定していたため修理を受けられなかった。止むを得ず艦のドックに残されていた試作型リック・ドム(デラーズ専用機)に乗り換えて再度出撃しようとするも、デラーズに説き伏せられ彼と共にア・バオア・クーの戦線より離脱する。その後しばらくは、月で潜伏生活を送る。当時、月の企業連合体はジオン公国に好意的であり、彼等に匿われた公国軍残党は比較的快適な潜伏生活を送っていたとされる。このときにニナ・パープルトンと恋仲にあり[4]、同様にフォン・ブラウン市に滞在していた戦友であるケリィ・レズナーとも交流があった模様である。

デラーズ・フリート時代[編集]

宇宙世紀0081年9月17日にデラーズ・フリートに復帰。0083年10月13日、地球連邦軍トリントン基地に「バルフィッシュ」というコードネームを使用し、ニック・オービルの乗るジープで潜入。同基地からMk-82核弾頭搭載のガンダム試作2号機を強奪し追撃の手を振り切りながら、アフリカ方面へ逃亡する。アフリカでのアルビオンとの戦闘の際には脱出用のHLVに乗り込んでいたため戦闘には参加せず、ノイエン・ビッターの時間稼ぎもあり宇宙に脱出する(この時、ビッターからブルーダイヤモンドを受け取る)。

その後、自身がガンダム試作2号機を駆りコンペイトウ(旧ソロモン)宙域で行われた連邦軍の観艦式を襲撃し、試作2号機に搭載された核兵器による攻撃を敢行。集結していた連邦軍艦隊の3分の2(=実質的に連邦軍艦隊の半数以上)を航行不能に陥らせた。核攻撃の直後、追撃してきたコウ・ウラキガンダム試作1号機フルバーニアンとの一騎打ちに突入するが、核発射による機体の不調(左腕が動かないなど)やガンダム試作1号機との機体の相性差で予想外の苦戦を強いられ、左腕などを破壊された結果相打ちとなりガンダム試作2号機は大破してしまう。その後、一年戦争時代からの部下であったカリウス・オットーに救助される。

アクシズ先遣艦隊と合流後には乗機をノイエ・ジールに換え、デラーズ・フリートの最終目的である地球へのコロニー落としを成功させるため出撃する。地球軌道上での戦闘では、連邦軍が切り札として展開していた、ソーラ・システムIIのコントロール艦を際どくも破壊、コロニー破壊を阻止。コロニー内部のコントロールルームに進入し、コロニーの最終軌道調整を自身の手で果たす。この時ニナと再会するが、コウにその隙を突かれ脇腹を負傷。ニナに助けられるも、彼女を巻き込まないために気絶させカリウスに預ける。その後、連邦軍艦隊の包囲網から逃れるチャンスを無視し、コウとの最後の一騎打ちへと突入する。戦闘は一進一退の攻防であったが、ようやくガトーが弾薬の尽きたコウを捕獲したその時、バスク・オムの味方の損害をも顧みないソーラ・システムIIの第二射を受ける。この攻撃により機体が中破。コウの乗機は行動不能になったが、ガトーはあえて止めを刺さずにその宙域を去る。残存した味方部隊とともにアクシズ先遣艦隊へと到達するため連邦の包囲網を突破しようとするが、圧倒的多数による攻撃に加え、機体・心身ともに消耗が激しく、各所に被弾。味方機が次々脱落する中、雄叫びを上げながらサラミス級宇宙巡洋艦(『0083』版、小説版ではマゼラン級宇宙戦艦)に特攻し戦死した。

搭乗機[編集]

他作品での出演[編集]

漫画『いけ!いけ!ぼくらのVガンダム!!
同作の単行本に収録されている「12月31日の決意」「ソロモンの悪夢」に登場。「12月31日の決意」では宇宙世紀0079年末期に配属された新兵ジョン・ビスレイ二等兵を戦士として気遣う様子が描かれ、「ソロモンの悪夢」ではソロモンからの撤退戦において大型ビームライフルを搭載したゲルググH型に搭乗し、後の異名となる「ソロモンの悪夢」と呼ばれるに至る経緯が描かれた。なお、この作品の内容はプラモデル「MG MS-14A ガトー専用ゲルググ」の取扱説明書にも反映されている。
漫画『機動戦士ガンダム C.D.A. 若き彗星の肖像
宇宙世紀0083年、ジオン共和国視察に赴いていたシャア・アズナブルが、連邦軍に襲撃されていたデラーズ・フリート支援者を救援したことから、その返礼として登場する。シャアが自ら名乗らず、またノイズの激しいモニター越しであったため、ガトーはシャアと認識できなかったが、その戦いぶりに同志として敬意を表していた。

脚注[編集]

  1. ^ a b 『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』スタッフ座談会より。
  2. ^ 機動戦士ガンダム0083 web
  3. ^ OVAシリーズ第1巻巻末の「映像特典」で植田が川元利浩と共にコメント。
  4. ^ 漫画版では出会った時の彼女はまだ学生とされている。

関連項目[編集]