ガンダムバトルユニバース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ガンダムバトルユニバース
GUNDAM BATTLE UNIVERSE
ゲーム
ゲームジャンル 3Dアクション
対応機種 PlayStation Portable
開発元 アートディンク
発売元 バンダイナムコゲームス
メディア UMD1枚
プレイ人数 キャンペーンモード 1 - 2人(協力)
協力専用ミッション 1 - 4人
対戦プレイ 1 - 4人
発売日 2008年7月17日
売上本数 約25万本
レイティング CERO:A(全年齢対象)
セーブファイル数 12
通信機能 アドホック通信対応
アドホック・パーティー対応
その他 メモリースティックDuo対応768KB以上
関連作品
テンプレート - ノート 

ガンダムバトルユニバース(GUNDAM BATTLE UNIVERSE)は、アートディンクが開発し、バンダイナムコゲームスのバンダイブランドで2008年7月17日に発売されたPlayStation Portable用ソフト。略称は「ガンユニ」「GBU」。

ガンダムバトルクロニクル』の流れを汲む3Dアクションゲーム。「ガンダムバトル」シリーズの4作目に当たる。

パッケージイラストはシリーズでお馴染みの森下直親によるもので、ラフレシアフルアーマーΖΖガンダムガンダムMk-VΞガンダムガンダムF91が描かれている。

概要[編集]

これまでのシリーズ作品と同じくアニメ『機動戦士ガンダム』シリーズを題材にプレイヤーの分身となるキャラクターを作成、宇宙世紀の様々な戦乱を体験し戦い抜いて行く。

キャンペーンモードでは「一年戦争」(『機動戦士ガンダム』、『08MS小隊』、『0080』等)、「デラーズ紛争」(『0083』)、「グリプス戦役」(『Z』)に加え、新規キャンペーンとして「第一次ネオ・ジオン抗争」(『ΖΖ』)と「第二次ネオ・ジオン抗争」(『逆襲のシャア』)が追加。前作『バトルクロニクル』のデータをコンバート可能となっており、前作で獲得した機体や育成したパイロットのデータはほぼそのまま本作にて引き継ぐことができる。ゲスト参戦として『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』、『機動戦士ガンダムF91』が登場。『閃光のハサウェイ』がアクションゲームに登場するのは本作が初めてである[1]。また新規ステージとして「宇宙鉱山」「平原」「空中」が追加された。これらの新規ステージは前作までのステージよりもマップが広くなっており、シリーズの持ち味である高機動戦に配慮した形となっている。

前作のミッション数は144、搭乗機体数は総計148だったが本作においては開発時に「200」をキーワードにしたとスタッフは語っており、ミッション数、機体数共に200を大幅に上回る数となっている。ミッション数の更なる増加に伴い分岐ミッションは失敗しても途中からやり直し可能となった。前作までは一年戦争から年代順にプレイする必要があったが、本作では時代選択が可能となり、いきなり『逆襲のシャア』の時代であるU.C.0093から開始することも可能となった。

また、本作では新たに「スキル」と「指示」というシステムが導入された。この他にも種々の細かな改善、変更点があるが、基本的なインターフェースは前作『クロニクル』と共通している。また、これまでのシリーズ作品は毎年9月~10月の秋に発売されるのが通例であったが、本作はクロニクル発売から半年後に発表、夏の7月半ばに発売という異例のスピードで制作されている。

本作がPSPにおけるガンダムバトルシリーズとしては最終作となり、『ガンダムアサルトサヴァイブ』というシステムを大幅に変更した作品が2010年に発売された。

新システム[編集]

パイロットスキル[編集]

各パイロットが持つ特殊能力。発動条件が異なる「パッシブスキル」と「アディショナルスキル」が1つずつ、付与されている。

パッシブスキル
常時効果があるスキル。「スナイパー」「ジャンク屋」「IF貫通」「冷酷」「身軽」「姿勢制御」などがある。
アディショナルスキル
機体のHPが30%以下になった時に自動的に発動するもの。発動後10秒間無敵になる「やらせはせん」、HPが少量回復する「修復」、与えるダメージが1.2倍になる「激昂」などがある。

僚機指示[編集]

パートナーとして出撃しているCPU機に行動を指示するシステム。セレクトボタンと方向キーの組み合わせで行う。

GRAPPLE
「格闘攻撃」を積極的に行う。↑+セレクトボタン。
SHOOTING
「射撃攻撃」を積極的に行う。→+セレクトボタン。
DEFFENSE
「防御」「回避」を優先する。←+セレクトボタン。
SP ATTACK
スペシャルアタックを行う。SPゲージが溜まっていないと使用できない。↓+セレクトボタン。

登場機体[編集]

ユニット総数は約200種。

U.C.0079(一年戦争)の機体[編集]

地球連邦軍(E.F.S.F.)
ジオン公国軍(ZEON)

U.C.0083(デラーズ紛争)の機体[編集]

地球連邦軍(E.F.S.F.)
デラーズ・フリート(DELAZ FLEET)

U.C.0087(グリプス戦争)の機体[編集]

エゥーゴ(A.E.U.G.)
ティターンズ(TITANS)
アクシズ(AXIS)

U.C.0088(第一次ネオジオン戦争)の機体[編集]

エゥーゴ
ネオ・ジオン軍

U.C.0093(第二次ネオジオン抗争)の機体[編集]

地球連邦軍
ネオ・ジオン軍

エクストラ[編集]

エクストラ(EXTRA)
サブフライトシステム(SFS)
  • バストライナー
  • ド・ダイ YS
  • スキウレ
  • ド・ダイ改
  • Gディフェンサー
  • ゲター
  • メガ・ライダー
  • バックウェポンシステム
  • ベースジャバー
  • シャクルズ

登場キャラクター[編集]

主人公はニュータイプ(NT)かノーマルか選択可能。さらに男性は4種類、女性は2種類から選択可能となっている。主人公以外にゲストパイロットとして登場するキャラクターは合計69人。

パイロット[編集]

主人公(連邦)
  • 連邦男性Aニュータイプ
  • 連邦男性Aノーマル
  • 連邦女性Aニュータイプ
  • 連邦女性Aノーマル
  • 連邦男性Bニュータイプ
  • 連邦男性Bノーマル
  • 連邦女性Bニュータイプ
  • 連邦女性Bノーマル
  • 連邦男性Cニュータイプ
  • 連邦男性Cノーマル
  • 連邦男性Dニュータイプ
  • 連邦男性Dノーマル
主人公(ジオン)
  • ジオン男性Aニュータイプ
  • ジオン男性Aノーマル
  • ジオン女性Aニュータイプ
  • ジオン女性Aノーマル
  • ジオン男性Bニュータイプ
  • ジオン男性Bノーマル
  • ジオン女性Bニュータイプ
  • ジオン女性Bノーマル
  • ジオン男性Cニュータイプ
  • ジオン男性Cノーマル
  • ジオン男性Dニュータイプ
  • ジオン男性Dノーマル
0079 地球連邦軍(E.F.S.F.)
0079 ジオン公国軍(ZEON)
0083 地球連邦軍(E.F.S.F.)
0083 デラーズ・フリート(DELAZ FLEET)
0087 エゥーゴ(A.E.U.G.)
0087 ティターンズ(TITANS)
  • ジェリド・メサ(井上和彦)
  • フォウ・ムラサメ(ゆかな
  • パプテマス・シロッコ(島田敏
  • ブラン・ブルターク(中村秀利
  • サラ・ザビアロフ(島村香織
  • ヤザン・ゲーブル(大塚芳忠
  • ロザミア・バダム(浅川悠
  • レコア・ロンド(勝生真沙子)
0087 アクシズ(AXIS)
0088 エゥーゴ(A.E.U.G.)
0088 ネオ・ジオン(NEO ZEON)
0093 地球連邦軍(E.F.S.F.)
  • アムロ・レイ(古谷徹)
  • ケーラ・スゥ(安達忍
  • ハサウェイ・ノア(佐々木望
0093 ネオ・ジオン(NEO ZEON)
エクストラ
  • マフティー・ナビーユ・エリン(佐々木望)
  • シーブック・アノー(辻谷耕史)
  • セシリー・フェアチャイルド(冬馬由美
  • カロッゾ・ロナ(前田昌明

オペレーター[編集]

ノエル・アンダーソン
声:那須めぐみ
機動戦士ガンダム戦記 Lost War Chroniclesから登場。
ホア・ブランシェット
声:大原さやか
機動戦士ガンダム MS戦線0079から登場。
ミユ・タキザワ
声:大原さやか
機動戦士ガンダム外伝 宇宙、閃光の果てに…から登場。
エレン・ロシュフィル
声:堀江由衣
機動戦士ガンダム クライマックスU.C.から登場。
ユウキ・ナカサト
声:浅野真澄
機動戦士ガンダム戦記 Lost War Chroniclesから登場。
アン・フリーベリ
声:折笠富美子
機動戦士ガンダム MS戦線0079から登場。
女性兵士
声:荒木香恵
機動戦士ガンダム 第08MS小隊から登場。

登場作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『閃光のハサウェイ』は『SDガンダム GGENERATION-F』(2000年発売)、『SUNRISE WORLD WAR Fromサンライズ英雄譚』(2003年発売)といった、シミュレーションゲームには以前にも登場したことがある。

関連項目[編集]

いずれもアートディンク製の3Dアクションシューティング。本作のゲームシステムを継承している。

外部リンク[編集]