シーブック・アノー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シーブック・アノーSeabook Arno)は、アニメーション映画機動戦士ガンダムF91』、漫画機動戦士クロスボーン・ガンダム』に登場する架空の人物。『機動戦士ガンダムF91』の主人公である。年齢は『機動戦士ガンダムF91』本編で17歳、『機動戦士クロスボーン・ガンダム』で28歳。また『機動戦士クロスボーン・ガンダム』では、「キンケドゥ・ナウ」という偽名を名乗る。(辻谷耕史

人物[編集]

コロニー「フロンティアIV」のフロンティア総合学園工業学科に通う普通の高校生であったが、宇宙世紀0123年3月16日のクロスボーン・バンガードによる襲撃に遭遇し、友人達と共に避難した先のコロニー「フロンティア」において練習艦スペース・アークで整備されていたモビルスーツガンダムF91のパイロットとなり、クロスボーン・バンガードと戦うことになる。

母親のモニカ・アノーサナリィに所属するバイオコンピューターの研究者であった。仕事人間のモニカは家に帰らず、父親のレズリー・アノーは金属工学の権威だったが、家族の傍に居る為に溶接工の仕事をしている。シーブックと妹リィズは、母親に対してわだかまりがあるが、リィズが母親から教わっていたあやとりの技が、F91起動の鍵となった。

若さゆえの失敗や脆さを見せることもあり、MS戦による火花を「宇宙を乱す物の怪」と表現するなど、感受性の鋭さを思わせる台詞も随所にあった。優れた素養を持つニュータイプであることは、歴代のガンダムパイロットと変わりなく、人手不足からやむをえず搭乗することになったF91での初陣で、3機のMS撃墜という大きな戦果を挙げる。

その後の消息については、『F91』の10年後の物語として語られている。空白の10年について作品として語られてはいないが、宇宙世紀0128年のバビロニア・バンガードの事故で、公式にはクラスメイトのセシリー・フェアチャイルド共々死亡した事になっている。この事故の真相は、彼らを危険視していた木星帝国のテロのようである。

これによりセシリーは、再びベラ・ロナとして宇宙海賊クロスボーン・バンガードを興し、木星帝国の脅威に対し立ち向かう決意を固めるが、シーブックも共にクロスボーン・ガンダムX1を駆り、木星帝国と戦っている。その際、シーブック・アノーは公的に死んだ事になっていたことから、彼も「キンケドゥ・ナウ」と名乗ることとなる。しかし、実際にはセシリーが「ベラ・ロナ」に戻った事から、それに付き合うために名乗ったというのが真相だったようである。

声優の辻谷耕史は、ゲーム『SDガンダム G-GENERATION F』で初めてキンケドゥ・ナゥを演じた際、現場で教えられるまでキンケドゥがシーブックと同一人物だと知らず、「知っていればもっと役作りが出来たんだけれども」と収録した自分の演技にやや不満が残っていたことを自身のサイトで公開していた日記で告白している。

富野由悠季は「いい子」、安彦良和は「ふつうの子」と評している[1]

コミックボンボン版のコミカライズ作品では、MSのコクピットでおにぎりを美味しそうに食べたり、クロスボーン軍に対し時代劇のような口調で戦いを挑むなど、「非常に食いしん坊でお調子者」という映画とはかけ離れた人物像で描かれている。また、セシリーに対する思いも映画よりも更に色濃く描かれている。

劇中での活躍[編集]

コスモ・バビロニア建国戦争期(『機動戦士ガンダムF91』)[編集]

やむをえずF91に搭乗することになるが、スペース・アーク内では、クルーにニュータイプパイロットとして期待され、戦闘を重ねる内やや自信過剰となったシーブックは、独断専行でクロスボーン・バンガードに連れ去られたセシリーを助けようと「フロンティアIV」に潜入。この際父親のレズリーを死なせてしまう。この時は深く悲しんだが、すぐに立ち直り、その後の戦闘中に再会したセシリーを説得し、母親とも和解して、自分とセシリーがニュータイプなら、自分達が道しるべになってスペースアークを救ってみせると言うなど、精神的な逞しさを見せた。

母親のモニカがF91のバイオコンピューターを設計しただけあり相性が良く、ごく短期間でF91に順応し、カロッゾの乗るMAラフレシアとの戦闘ではF91の限界稼動を引き出す程の操縦技術を発揮。「質量を持った残像」でラフレシアを撹乱、撃破に成功する。そして、その戦闘で宇宙空間に投げ出されたセシリーを、F91のバイオコンピューターで感応力を高めて感知し、見事救って見せた。

以降のコスモ・バビロニア建国戦争期の行動、戦果などの詳細については不明であるが、『機動戦士クロスボーン・ガンダム』によると、レジスタンスのエースパイロットとして活躍したようであり、宇宙世紀0133年の時点で歴史の教科書にその名が登場している。

木星戦役期(『機動戦士クロスボーン・ガンダム』)[編集]

今作では宇宙海賊というアウトローの世界を生き抜くワイルドな青年に成長しており、主人公トビアの良き兄貴的存在にして、もう1人の主人公である。

MS戦ではX1の特性を活かした戦法や奇策などを使い、木星帝国や地球連邦の優秀なパイロット達を破っていった。しかし、木星帝国へ寝返ったザビーネ・シャルに敗北して瀕死の重傷を負い(この時にコックピットをビームサーベルで貫かれ、右腕を失った)、大気圏に機体ごと突き落とされるもビームシールドを用いて突入に成功すると、海上を漂流しながらも生還するという「奇跡」を引き起こしている。その後、失った右腕をエピテーゼ手術で取り戻してパイロットとしても復活を遂げ、ザビーネと決着を付ける。

紛争終結後はトビアに機体を譲り渡してセシリーと共に再び本名へ戻り、揃って姿を消す。後日談の『機動戦士クロスボーン・ガンダム スカルハート』ではセシリーと結婚して1児の親となり、パン屋を営んでいることが判明する。

その後、『機動戦士クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の7人』では再建された木星帝国による「神の雷計画」阻止のため、トビアが助力を請おうと訪問に向かったが、パン屋としての評判も上々に第二子を得て平和に暮らす姿を見た彼は、会わずに去る。このため、「神の雷計画」はもとより木星帝国の再来も知らない。本格的な登場こそしないものの、その生き様はトビアに受け継がれた。

搭乗機[編集]

主な搭乗機
その他

脚注[編集]

  1. ^ 『機動戦士ガンダムF91パーフェクトファイル』より

関連項目[編集]