マフティー・ナビーユ・エリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ > マフティー・ナビーユ・エリン

マフティー・ナビーユ・エリンは小説『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』に登場する架空のテロ組織。また、その組織の表向きのリーダー、ハサウェイ・ノア偽名としても用いられる。

マフティー[編集]

正式な組織名であるマフティー・ナビーユ・エリンは、スーダン語アラブ語古いアイルランド語の合成による造語で、「正当なる預言者の王」とでもいうような意味である。そのため、ギギ・アンダルシアは「ひどいメドレー。名前じゃない」と評している。

よく使用される組織名称は略してマフティーとなっている。

反地球連邦政府組織"マフティー"[編集]

宇宙世紀0093年にシャアの反乱第二次ネオ・ジオン抗争)を鎮圧して以来、外敵もなく腐敗しきっていた地球連邦政府に対し宇宙世紀0105年武装蜂起、特権階級の人々を武力で粛清していた。これら一連の紛争を指してマフティー動乱と呼称される。

代表者としてのマフティー[編集]

実際に組織を統括するのは、クワック・サルヴァーという偽名を名乗る人物。その正体はメンバーにも明かされてはいないが、連邦政府内部にも太いパイプを持つ人物であるようだ。戦闘の指揮をとる代表者はハサウェイ・ノアが扮したマフティー・ナビーユ・エリン

「マフティー」処刑[編集]

アデレードにおけるマフティー・ナビーユ・エリンの最後の作戦が鎮圧された後、キルケー部隊の指揮官ケネス・スレッグによって、指導者「マフティー」の処刑が秘密裏に行われた。その処刑の際「マフティー」は、いつの日か地球に対する義務に人類が目覚める事に期待を託しつつも、それまでは第二、第三の「マフティー」が、特権にありながら地球を汚染し続ける者達を罰するであろうと、ケネスや処刑に立ち会った連邦軍人達の前で宣言する。

ハサウェイの父親であるブライト・ノアがケネスの後任として来訪する前に、「マフティー」の処刑がケネスによって迅速かつ秘密裏に行われたのは、「マフティー」のプライベートな関係者を連邦軍やマスコミから守るためと、友人でもあった「マフティー」へ示したケネスの、せめてもの配慮であった。しかしケネスの思わぬミスから、マフティーの正体が地球連邦軍の軍人であるブライト・ノアの子息、ハサウェイであることが連邦軍の高官からマスコミに流され、世間に大々的に露見してしまう。

さらに連邦軍は、その処刑の指揮はブライトによって行われ、ハサウェイも自らの行為の過ちを悟って従容と銃殺の裁断に従ったという事実とはまったく異なる内容に改竄し、報道する。この直後にはマフティーの側から、これに対する反論声明が発表されている。

この報道は反連邦運動の気運を削ぎ、なおかつ連邦が危険視し始めていたブライトが体制寄りであることを世間に印象付け、反連邦勢力によって英雄視されることを防ぐ思惑も含まれていたものと思われる。

少なくとも反連邦運動の隆盛の阻止については、連邦軍の思惑どおり功を奏し、マフティーに便乗する集団などは消滅、本物のマフティー(クワック・サルヴァー)やその他の反連邦分子はアングラ化し弱体化、もしくは自然消滅していったとされる。こうして「マフティー動乱」の項目でも述べた通り、連邦政府そのものを脅かす規模の反連邦運動は、約20年後の「クロスボーン・バンガード」(C.V)の蜂起まで待つことになる。

ただ、マフティーの最後の宣言(予言)のとおり、その後もC.V.やザンスカール帝国の建国による動乱などを経て反地球連邦運動そのものは、歴史の中で潰えることはなかった。もっとも、これらの運動はマフティーの期待したような形とはならず、その当初の理想も、やがて単なる支配と大量殺戮の口実に堕して、運動の内外から崩壊し、消滅していった。一方でマフティー動乱以降、加速度的に腐敗と停滞が進行した地球連邦の側も、自壊に近い形で形骸化の一途をたどり、これ以降、主体的な活動はなりを潜めていく。かくして統制を失った地球圏は宇宙戦国時代と呼ばれる混乱期に入るのである。

所属MS[編集]

主な所属人員[編集]

  • ハサウェイ・ノアマフティー・ナビーユ・エリン
  • イラム・マサム
  • ウェッジ
  • エメラルダ・ズービン
  • カウッサリア・ゲース
  • ガウマン・ノビル
  • クワック・サルヴァー
  • ケリア・デース
  • ゴルフ
  • シベット・アンハーン
  • ジュリア・スガ
  • チャチャイ・コールマン
  • ミツダ・ケンジ
  • ミヘッシャ・ヘンス
  • レイモンド・ケイン