サイコガンダム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

サイコガンダム (PSYCO-GUNDAM) は、アニメ機動戦士Ζガンダム』に登場する架空の兵器

ティターンズニュータイプ専用可変モビルアーマー (TMA) である。

この記事では、そのバリエーション機についても記述する。

サイコガンダム[編集]

諸元
サイコガンダム
PSYCO-GUNDAM
型式番号 MRX-009
所属 ティターンズ
建造 ムラサメ研究所
生産形態 試作機
頭頂高 40.0m
本体重量 214.1t
全備重量 388.6t
出力 33,600kW
推力 84,000kg×2(背部)
(総推力)168,000kg
センサー
有効半径
10,200m
装甲材質 ガンダリウム等
武装 拡散メガ粒子砲×3
ビーム砲×10
小型メガビーム砲
搭乗者 (メインパイロット)
フォウ・ムラサメ
(一時的に搭乗)
ベン・ウッダー
その他 姿勢制御バーニア×6

地球連邦軍のニュータイプ機関・ムラサメ研究所が開発した、強化人間専用の機体。

外見はガンダムタイプそのものだが、内部システムは完全に別物でジオングなどを参考にしており、コクピットもジオングと同様に頭部に存在する。サイコミュ・システムを小型化できなかったため、やむなく機体サイズもシステムに合わせて設計されており、初登場時点における他のモビルスーツ (MS) に比べると2倍以上の巨体となった[1]。そのため、「ガンダム」を冠しているもののMSではなく、モビルアーマー (MA) に分類される。

原案は、一年戦争終戦後に拠点防御用として立案された「モビルフォートレス計画」であり、巨大な箱型の機体に大型拡散メガ粒子砲3基と近接防御用のビーム砲が約10基、防御兵装にIフィールドバリアがそれぞれ装備されている。

緩慢な動作に加え、高速の敵機の攻撃に対応できないという問題が対抗派閥に指摘されたことから有線接続の随伴機などが検討されたが、可変MAアッシマーの登場により計画は修正され、近接戦闘に対応するためのMS形態への可変機構が搭載されることとなり、これがサイコガンダムの誕生へつながる。

本機は火器管制や機体制御を全てサイコミュでコントロールするという、いわばパイロット自身もシステムを構成するパーツの一部として設計されており、パイロットに非常に大きな精神的負担をかけるために通常の人間では扱えない。通常の人間が操縦することでシステムが安定していない場合には、それに耐えられずに発狂か死に至る危険性すら持つ機体であり、実質的には強化人間専用機となった。

このシステムは、たとえパイロットが機体より離れた場所にいたとしても、パイロットが戦闘を感知するとサイコミュの遠隔操作により機体がパイロットのもとへ赴き(この機能は「サイコミュ・コントローラー」と呼ばれる)、強制的に戦闘に参加させるというものである。

近接戦闘に対応するためのMS形態がガンダムタイプである理由は、連邦軍内部のガンダム信仰によるものである。モビルフォートレスと呼ばれるMA形態に変形可能で、その巨大な機体を飛行させるためにミノフスキークラフトを装備している。ガルダ級の輸送機であっても格納できないため、モビルフォートレス状態で牽引して運用される。当初は構想の原案である「モビルフォートレス計画」から発展したものであることから、モビルフォートレス形態での運用をメインに開発されたため、MAに分類されている[2]

武装は腕部をはじめとした多数のビーム砲と、モビルフォートレス形態でも使用可能な腹部の3連装拡散メガ粒子砲。シールドは変形時のオプションに留まり、Iフィールドによってビームを遮断する。なお、近接戦闘時の白兵戦用装備は用意されていない。火力も防御力も圧倒的だが、機体サイズが大きいために機動性は通常のMSよりかなり劣る。また、MS形態時の操縦席の位置が高いこともあり、MS形態時に足を爆破されるとパイロットに多大な危険を及ぼす欠点がある(小説版)。ただし、モビルフォートレス形態ではベースジャバーに乗ったガンダムMk-IIを捕まえるなど(劇場版)、機敏でもある。

強化人間にしか扱えなかったために試作のみで量産はされていない。都合2機が製造された。

劇中での活躍
人工的なニュータイプである強化人間で、ムラサメ研究所出身のフォウ・ムラサメの乗機として登場。1号機は戦力を失ったスードリ隊にムラサメ研からの増援として配備される。ニューホンコンにおけるカラバ襲撃作戦に参加した際に暴走し、ニューホンコンの街に大きな被害を与えている。その後、アウドムラに特攻をかけようとしていたスードリに体当たりを敢行し、その爆散と共に失われた。
2号機はキリマンジャロ基地防衛隊に配備され、基地攻略に赴いたカラバの部隊を相手に圧倒的な性能を見せるが、バイアランの攻撃からΖガンダムを庇った際にコクピット内のフォウが死亡したため、活動を停止する。その後、ティターンズによって回収され、解体を経てサイコガンダムMk-IIへ改修された。
劇場版『機動戦士Ζガンダム』では1号機のみが登場。スードリ特攻の際にフォウが死亡するため、2号機は登場しない。
デザイン
デザイン原案を担当したのは村上克司。Ζガンダムのデザイン案として村上が提出したものを、藤田一己が作画用にクリンナップした。村上によると変形状態(アニメにおけるモビルフォートレス形態)は『宇宙の戦士』に登場するパワードスーツ用の降下カプセルをモチーフとしている。

サイコガンダムMk-II[編集]

アニメ『機動戦士Ζガンダム』『機動戦士ガンダムΖΖ』に登場する、ティターンズおよびネオ・ジオンニュータイプ専用可変MA。

諸元
サイコガンダムMk-II
(小説版ではサイコガンダムII)
PSYCO-GUNDAM Mk-II
型式番号 MRX-010
所属 ティターンズ→ネオ・ジオン
建造 ムラサメ研究所
生産形態 試作機
頭頂高 39.98m
本体重量 187.8t
全備重量 283.9t
出力 19,760kW
推力 37,340kg×4(背部)
23,720kg×2(脛装甲内/MA時のみ)
23,720kg×2(足部裏側)
(総推力)244,240kg
センサー
有効半径
16,230m
装甲材質 ガンダリウム合金
武装 メガ粒子砲(出力6.3MW)×20
腹部拡散メガ粒子砲(出力10.7MW)×3
頭部メガ粒子砲×2
リフレクタービット複数
腕部内装型サイコミュ式ビームソード(出力1.7MW)×2
指部ビーム砲×10
搭乗者 ロザミア・バダム
プルツー
その他 姿勢制御バーニア×10

サイコガンダムの後継機としてグリプス戦役末期に投入された巨大MAである。実験機的な色の強かったサイコガンダムの問題点を見直した上で再設計し、サイコガンダム同様ムラサメ研究所で開発が行われた。カタログスペック上サイコガンダムと比較してみると、ジェネレーター出力は60%弱にまで抑えられているが、スラスター推力は大幅に向上しており、ある程度の軽量化もなされている。コクピットはサイコガンダム同様頭部にあり、ボディが破壊されても脱出ポッドとして単独で飛行・離脱できる(その頭部の「顔立ち」はかなり変えられ、もはやガンダムタイプには見えないほどであった)。1999年発行のサンライズ公式のΖガンダムフィルムブックではサイコガンダムを回収して組み立て直した改修機とされている。

オーガスタ研究所出身のロザミアがパイロットを務めているのは、ムラサメ研究所にすでに強化人間のストックがなく、またサイコガンダムでホンコンの街を襲撃したことによりムラサメ研自体が世間よりその責を問われたために連邦内での権限が弱体化していたため、ティターンズ主導の元でオーガスタ研スタッフに機体を貸与したとされている。

圧倒的な火力を誇りサイコガンダムと比べても強力な機体であった。しかし、強化人間をシステムの一部とする思想はそのまま受け継がれており、アクシズでの出撃時にはパイロットであるロザミアが精神に異常をきたして随伴機からの命令を受けつけなくなり、制御できずに暴走していた。またこの時の戦いではモビルフォートレス形態には変形していない。1/300で発売された本機プラモデルの機体解説によれば、ミノフスキークラフト発生装置(MS形態時のシールド部分)の調整が間に合わなかったために変形できなかったと記述されている。

本機と交戦したΖガンダムのパイロット・カミーユ・ビダンは、搭乗者のロザミアに先代のサイコガンダムのパイロットであるフォウ・ムラサメのイメージが重なって見えたことに対し、小説版では本機に搭載されたサイコミュが前のサイコガンダムのコピーと仮定しており、随伴しているバウンド・ドック内のローレンとゲーツの会話から、本機のサイコミュ・システムはフォウを含めた今までの被験者のデータが累積されたものである。またこうしたサイコミュ・システムに累積された被験者のデータが残留思念のような形でロザミアの潜在意識に影響を及ぼしていたらしく、それがもともと薬物投与や刷り込みなどによる記憶操作などで情緒不安定だった彼女をさらに不安定にしていた。

その後においてはグリプス戦役時に中破した機体をネオ・ジオンが密かに回収、修復し自軍の戦力とした。ダブリンへのコロニー落としの際に実戦にも投入されている。回収の際に得られた機体のデータは、兄弟機体であるガンダムMk-Vのデータと共にドーベン・ウルフなどネオ・ジオンのMS開発に生かされた。

なお、彩色設定が確定する前、『月刊ニュータイプ』は本機の名前を「サイコガンダムMK-III」であると報じ、トリコロールカラーに彩色した頭部イラストを1986年1月号の本誌と別冊付録「CALENDER NOTE '86」の各表紙に掲載した(キリマンジャロでフォウ・ムラサメが乗っていた機体が「MK-II」であり、姿こそ同じだがホンコンの「MK-I」とは別の機体であると説明された)。しかし、その後プラモデル製品その他で「MK-II」と表記が統一された。SFC用ソフト『機動戦士SDガンダム2』の2人用モードの全5ステージの内の最終ステージ5の最終ボスはこの機体である。

武装
全身に20基のメガ粒子砲を備え前機を上回る火力を誇る。サイコガンダムには搭載されていなかった近接用の武装として、腕部に有線式のビームソード、別名ビームソード付き有線サイコミュハンドを備えている。ビームソードを遠隔操作で使用する武器であるが、使い方によってはジオングの様に有線式の指部ビーム砲をNT能力で遠隔操作する武器にもなり得る。さらに、ビーム砲を反射して任意の標的を攻撃するリフレクタービット(大気圏内でも使用可能)を射出することにより、サイコミュによるオールレンジ攻撃も可能となった。
劇中での活躍
テレビ版『機動戦士Ζガンダム』では第48話に登場、この時はMS形態のみをとっていた。パイロットは強化人間のロザミア・バダムで、精神不安定な彼女には、刷り込み操作で兄と思わせてあるゲーツ・キャパバウンド・ドックで随行、指示を出していた。まさに悪魔のマシンであったが、精神不安定な強化人間ではその力を完全には発揮できなかった。Ζガンダムで交戦したカミーユ・ビダンは自分を兄と思わせ戦いをやめさせようとするも失敗し、自らの手でコクピットを撃ち抜き撃破した。なお、劇場版ではこのエピソードはカットされている。また小説版においては名称が「サイコガンダムII」になっており、アクシズでの戦闘では離脱し、グリプス2の戦闘で意識が協調したカミーユをかばってゲーツのバウンド・ドックと相討ちになっている。
アニメ『機動戦士ガンダムΖΖ』ではグリプス戦役終戦後、中破し放棄されていたものをネオ・ジオンが接収。初陣の強化人間プルツーを搭乗させ第一次ネオ・ジオン抗争に投入した。この時初めてモビルフォートレス形態をとる。この機体には前パイロットのロザミア・バダムの癖が残っており、それに対しプルツーは不快感を示すもののこれを一蹴、リフレクタービットによる攻撃や防御を自在にこなし、ロザミア以上にこの機体の能力を存分に引き出した。コロニー落着後のダブリンにてアーガマ隊を急襲し、エルピー・プルキュベレイMk-IIジュドー・アーシタのΖΖガンダムと交戦する。キュベレイMk-IIの攻撃を封じ、ΖΖガンダムのダブル・ビーム・ライフルを無効化するなど猛威を振るった。キュベレイMk-IIの特攻により装甲にダメージを被るも、その攻撃力は衰えなかった。その後、ΖΖガンダムのハイパービームサーベルによって撃墜され、プルツーは頭部を分離して脱出している。なお、小説版ではアムロ・レイの乗る、シュツルム・ディアスによって撃墜されている。SFC用ソフト『機動戦士SDガンダム2』の2人用モードではボスキャラクター。


プロトタイプサイコガンダム[編集]

メカニックデザイン企画『M-MSV』(大河原邦男コレクション)に登場する、地球連邦軍のニュータイプ専用MS。

諸元
プロトタイプサイコガンダム
PROTOTYPE PSYCO-GUNDAM
型式番号 MRX-007
所属 地球連邦軍
建造 地球連邦軍工廠
生産形態 試作機
頭頂高 19.3m
本体重量 77.4t
全備重量 110.9t
出力 3,700kW
推力 81,100kg
センサー
有効半径
11,300m
装甲材質 チタン合金セラミック複合材
武装 拡散メガ粒子砲

有線サイコミュ式腕部ビーム砲×2

ガンダムMk-IIを完成させた地球連邦軍(ティターンズ)が、同機をベースに「連邦・ジオン公国系双方の技術を融合させた最強のガンダム」というコンセプトの基に開発した機体。

当時試験段階であったサイコミュ、およびジェネレーター直結式のメガ粒子砲を搭載し、高い攻撃力を有する。基礎フレームは部分的にガンダムMk-IIのものを流用しているが、火器系統や機体管制システム等は、ジオン公国製MSのジオングを踏襲しており、機体バランスそのものは後者に近い。腕部にはジオング同様、サイコミュ制御による射出機構を備えており、オールレンジ攻撃の展開が可能である。

本機は公国より接収したサイコミュおよび周辺技術を検証するためのテストベッドとしての意味合いが強く、機体各部に動力ケーブルが露出するなど、MSとしては未完成な点が多い。最終的にサイコミュは大型のバックパックに搭載されることになった。

装甲材もガンダリウム・ガンマではなく、ガンダムMk-II同様に旧式のチタン系マテリアルが用いられている。しかし、攻撃機としては優秀な性能を備えており、その高火力が脚光を浴び、拠点制圧用兵器として名高い後のサイコガンダム・シリーズへと繋がっていくこととなった。

劇中での活躍
小説『モビルスーツコレクション・ノベルス Act.1「破滅の機体」』では、マラサイ小隊との模擬戦を行っている。当初、当機のテストパイロットは連邦軍のエースであるユウジ・シイナ中尉が務めたが、シミュレーションの成績に加えムラサメ研究所の要請により、第三の強化人間「サード・ムラサメ」に搭乗が変更された。実弾を用いた模擬戦であったため、多数の死者を出したが、パイロットを含めた当機の破壊をもって事態を収拾している。
また、漫画『機動戦士ガンダムΖΖ 悪夢の戦場』では、宇宙世紀0088年に月面でアナハイム・エレクトロニクス社によってテスト中のプロトタイプΖΖガンダムと交戦している。本機のパイロットは既に死亡しており無人のまま戦闘を行い、さらには鹵獲した別のテスト機を操っていた。なお、本作での機体は可変機構導入のために製作中止された「MRX-118 プロトタイプサイコガンダム大型化試作機」とされ、本来のプロトタイプサイコガンダムと異なりプロトタイプΖΖガンダムの2倍程度の身長があった。


サイコガンダム試作8号機[編集]

小説『機動戦士Ζガンダム フォウ・ストーリー そして、戦士に…』に登場する、ティターンズが開発した機体(型式番号:MRX-008)。

サイコガンダムの8番目の試作機で、サイコミュ制御機能に未完成の点があり、実験中にサイコミュシステムの暴走によりパイロット(ジル・ラトキエなど)が死亡する事故が数件発生している。真っ白な外見から、開発者達には「冷蔵庫」と呼ばれていた。この機体で収集したデータにより、最終的にサイコガンダムは完成を見た。

量産型サイコガンダム[編集]

メカニックデザイン企画『M-MSV』(大河原邦男コレクション)に登場する、ティターンズのMS。

諸元
量産型サイコガンダム
PSYCO-GUNDAM Mass-Production Model
型式番号 MRX-011
所属 ティターンズ
建造 地球連邦軍工廠
生産形態 量産機
頭頂高 27.2m
本体重量 83.0t
全備重量 136.4t
出力 15,280kW
推力 91,100kg
センサー
有効半径
10,300m
装甲材質 ガンダリウム合金
武装 収納式ハイメガ・バスター
拡散メガ粒子砲×3
有線ビーム砲×2
インコム・ユニット×2
グレネード・ランチャー×2
ハイパー・ビームサーベル(ビーム・カノン兼用)×2

エゥーゴとの短期決戦に備え、ティターンズのエース・パイロット用に開発されたサイコガンダムの量産機。サイコガンダムMk-IIから変形システムを排除し、大幅な小型化を行っている。多数の高出力ビーム兵器に加えてインコム・システムを搭載可能であり、これらの武装全てをサイコミュによって制御できる。

プロトタイプサイコガンダムから数えて事実上の「4番目のサイコガンダム」であり、後のガンダムMk-Vドーベン・ウルフへの過渡的な機体となっている[要出典]

その他のサイコガンダム[編集]

ゲミヌス[編集]

OVA『GUNDAM EVOLVE ../9』に登場するティターンズの試作巨大可変MA。劇中では「サイコシップ」と呼ばれている(型式番号:QRX-006)。

八面体のMA形態から巨大なMS形態へと変形する。多数のニュータイプ(あるいは強化人間)が搭乗し、「ハスター」と呼称されるサイコミュ誘導型のビットMSによってオールレンジ攻撃を行う。また、サイコミュ遠隔操作の腕部も武器である。その腕部はレッド・ゼータとの交戦中にサイコミュ遠隔操作を乗っ取られ、自身に向けて使用された結果、ゲミヌスは破壊された。

MAでは初めて宇宙から地球への超長距離ビーム狙撃に成功している(MSでこれに成功したのはザンネックが初)。

型式番号に「Q」を冠する研究所は存在しないという設定が書籍『ガンダム・ファクトファイル』に掲載された[要ページ番号]が、後に書籍『データガンダム キャラクター列伝[宇宙世紀編II]』において同機はチャクラ研究所による開発で、ティターンズを裏切った同研究所を破壊するために攻撃をしかけていたと記載されている[3]

サイコガンダムMk-III[編集]

ゲーム『ガンダム・ザ・バトルマスター』シリーズに登場するオリジナルMA(一部資料では型式番号:MRX-012[4])。

軍の研究機関によって開発された機体で、マリア・ニコルスが搭乗する。武装は肩や脚、胸に多数のメガ粒子砲、両腕部の大型ビームソードと、その手足から放たれる格闘技で、変形機構やサイコミュなどの要素は見当たらない。そもそもこの機体には設定画以上の詳しい設定がほとんど存在せず、武装類はゲーム中に確認できるもののみである。

ゲーム中では、ダウン時以外攻撃を受けても怯まない・攻撃中の割り込み不可能(このゲームの大型機共通の特徴)なうえに、通常MSと同様に防御動作も可能で、振り向き動作も含めた十分な機動力と、数発で敵の装甲を削り取る圧倒的な攻撃力も持ち合わせている。

サイコロガンダム[編集]

ゲーム『SDガンダム』シリーズに登場する機体。初登場はバンダイのゲーム『SDガンダムワールド ガチャポン戦士 スクランブルウォーズ』。

白地の六面体にドットが刻まれた一般的なサイコロに、サイコガンダムの頭部が付いているというコミカルな外見。非常に高い戦闘力を誇り「四角い死神」と呼ばれている。サイコロの目から無数のビームやミサイルを発射し、『SDガンダム ガシャポンウォーズ』では胴体(サイコロ)を巨大化させての格闘攻撃も備わった。

誕生の経緯は、ファミリーコンピュータの性能では、サイコガンダムの全身を描くことは不可能であったため、苦肉の策として胴体をサイコロにしたことによる。その後、ゲーム『SDガンダム GGENERATION-0』にて「サイコロガンダム」として再登場、以後同シリーズや『SDガンダム ガシャポンウォーズ』にも登場した。

これとは別に、バンプレストから発売されたゲーム『SDヒーロー総決戦 倒せ!悪の軍団』では、サイコガンダムのモビルフォートレス形態がサイコロになっている。通常はサイコロ形態で、プレイヤーキャラが近づくと徐々にMS形態に変形する。変形が完了すると攻撃を行い瞬時にサイコロ形態に戻る。サイコガンダムのカラーリングに合わせ、サイコロ形態は黒地に赤いドットが刻まれており、画面から見て1、4、6の順に目が変化する。

なお、『機動戦士ガンダムΖΖ』第1話「プレリュードΖΖ」において、クムがサイコガンダムをサイコロガンダムと呼ぶ場面がある。

サイコロガンダムMk-II[編集]

サイコロガンダムに似た姿をしている。顔はサイコガンダムMk-IIである。

1991年にコミックボンボンに連載された漫画『タマロイド 超Cガンダム』では、くろすぼ〜ん族の兵器として巨大なサイコロからサイコガンダムMk-IIの頭部に手足のついた形態(同作におけるキャラクターの一般的な形態)へ変形する「サイコロガンダム」が登場した。

ブラックドール[編集]

佐藤茂の小説『∀ガンダム』では、グエン・サード・ラインフォードが「ブラックドール」という機体を持ち出している。劇中描写はサイコガンダム(MRX-009)に類似しているが、MA形態ですら全高40mのウォドムと同サイズと、ほぼ倍近い巨体になっている。また、強化人間どころか本職のMSパイロットですらないグエンでもまったく問題なく操縦できる機体であり、本当にサイコガンダムだったのかどうかは不明。

これを受けて、アニメ『∀ガンダム』を題材にしたゲーム作品では「サイコガンダムに乗るグエン」という演出がなされるようになった。主に『スーパーロボット大戦α外伝』『SDガンダム GGENERATION』シリーズがある。

フルバースト・サイコ・ガンダム[編集]

ガンダムトライエイジ』オリジナル機体(形式番号KRX-00)。上記のニューホンコンでフォウが搭乗したサイコガンダムをカラバが鹵獲、アムロ・レイ用に改修したものとされる。カラーリングをRX-78-2ガンダムに近いパターンに変更。サイコミュには調整が加えられ、背部に「ハロファンネル」と呼ばれるビットを収納したコンテナを、右肩にバストライナーを流用したビーム砲を、左腕にはキャノン砲二門を内蔵したシールドを追加している。モビルアーマー形態は姿勢とカラーリングを変更、さらに上記シールドが翼に変形して、Gファイターのような外見になっている。機体デザインは瀧川虚至[5]


脚注[編集]

  1. ^ 本編での1号機は演出との兼ね合いから、設定以上の巨体に描かれているシーンが散見される。
  2. ^ ただし、『マスターピース ZZガンダム』などでの記述[要ページ番号]のように、「カテゴリー名は兵器としての当初構想である「モビルフォートレス」と呼ぶほうがふさわしい」という意見もある。
  3. ^ 書籍『データガンダム キャラクター列伝[宇宙世紀編II]』153頁。
  4. ^ 「MS大全集2009」にのみ型番が掲載されている。続刊の2013には掲載されていない。
  5. ^ 完全新作&完全リメイクの外伝が終結!PS3「機動戦士ガンダム サイドストーリーズ」特集【第1回】GUNDAM.INFO

関連項目[編集]