コードギアス 反逆のルルーシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コードギアス > コードギアス 反逆のルルーシュ
コードギアス 反逆のルルーシュ
ジャンル SFロボットアニメダーク・ファンタジー
アニメ
原作 ストーリー原案:
大河内一楼谷口悟朗
監督 谷口悟朗
シリーズ構成 大河内一楼
脚本 大河内一楼、吉野弘幸野村祐一
キャラクターデザイン CLAMP(原案)、木村貴宏
メカニックデザイン 寺岡賢司 他(#スタッフを参照)
音楽 中川幸太郎黒石ひとみ
アニメーション制作 サンライズ
製作 毎日放送、サンライズ
コードギアス製作委員会
放送局 日本の旗MBSほか
アメリカ合衆国の旗カートゥーンネットワーク
#放送局を参照)
放送期間 2006年10月5日 - 2007年3月29日
2007年7月28日(24・25話)
話数 全25話 + 総集編2話
アニメ:コードギアス 反逆のルルーシュR2
監督 谷口悟朗
シリーズ構成 大河内一楼
脚本 大河内一楼、吉野弘幸、野村祐一
キャラクターデザイン CLAMP(原案)、木村貴宏
メカニックデザイン 寺岡賢司 他(#スタッフを参照)
音楽 中川幸太郎、黒石ひとみ
アニメーション制作 サンライズ
製作 毎日放送、サンライズ
コードギアス製作委員会
放送局 MBS・TBS系列#放送局を参照)
放送期間 2008年4月6日 - 9月28日
話数 全25話
テンプレート - ノート
ウィキプロジェクト アニメ
ポータル アニメ

コードギアス 反逆のルルーシュ』(コードギアス はんぎゃくのルルーシュ、CODE GEASS Lelouch of the Rebellion)は、サンライズ制作の日本のSFロボットアニメ

2006年10月よりMBSほか10局で放送され、2007年9月以降TBS系列16局の放送で、地上波26局のネットとなり(#放送局を参照)、BS-iでも放送された。

そして、2008年4月より続編となる『コードギアス 反逆のルルーシュR2』(コードギアス はんぎゃくのルルーシュ アールツー、CODE GEASS Lelouch of the Rebellion R2)がMBS製作・TBS系列日曜夕方5時枠全国ネットで放送された。

作品解説[編集]

内容[編集]

本作は、現実とは異なる歴史を辿った架空の世界において、世界の3分の1を支配する超大国「神聖ブリタニア帝国」に対し、一人の少年が野望を抱き戦いを起こす物語である。舞台は、神聖ブリタニア帝国の植民地とされ、呼称が「日本」から「エリア11」に、「日本人」から「イレヴン」と変わった近未来の日本となっている[注 1]

主人公であるルルーシュは、母の復讐と妹の未来のため、いかなる手段を使っても帝国への反逆を遂行する。これまでのアニメ作品ではあまり無い、主人公の立ち位置が悪役側となるアンチヒーローであり、その敵役となるのは「正しい力でもって中から帝国を変えたい」と模索する、ルルーシュの親友である枢木スザクである。 主人公と敵役の信念や戦い方がよくある物語の構造と逆転しており、悪役側に立つルルーシュ視点から世界を見ることで、単純な正義と悪の話ではないことが分かる。

ロボットアクション以外にも、政治ドラマや学園物の要素を取り込んでいるのが特徴だが、それらの要素はあくまでエンターテイメントとして取り入れているだけとしており、ジャンルはピカレスクロマンと定義している[2]

主な放送沿革[編集]

当初は『土6』枠で放送する構想だったが、諸事情により断念している[3]

PR特番として2006年9月29日深夜以降に、土田晃之を司会に迎えて『コードギアス 緊急ナビニュース』(TBS系列)を放送(DVD第1巻に一部が収録される)。

第1期は2006年10月から2007年3月まで全10局体制で放送され、23話で一旦終了。24話と25話は2007年夏にかけて各地で24&25話の放送が実施された後、第1期終了直前に続編の制作が発表された。なお、テレビ放送に先立ち2007年7月21日に大阪(御堂会館大ホール)、翌7月22日に東京(ニューピアホール)でプレミア先行上映会が行われ[要出典]BIGLOBEでのネット試写会が7月25日から27日のうち1日間行なわれた。[要出典]

2007年9月以降は山陰放送(BSS)・長崎放送(NBC)を除くTBS系列局16局およびTBS系列BS放送局であるBS-iでも放送。MBSでは2007年10月27日から2008年3月22日まで土曜17時30分枠、2008年3月29日・4月5日に『アニメシャワー』枠にて再放送。MBS携帯サイトでは再放送としては異例の男女別「名場面投票」を実施。[要出典]

2007年12月に開催されたニューヨーク・アニメ・フェスティバルにおいて、2008年春からカートゥーンネットワークアダルトスイム枠で放送されることが明らかにされた[4]

続編『コードギアス 反逆のルルーシュR2』は2008年1月に正式に放送予定などが発表された。第1期同様にMBS製作だが、TBS系列全国ネットの日曜夕方5時枠にて2008年4月6日から9月28日まで全25話を放送。

2008年6月1日に『緊急ナビ コードギアス祭』として、有野晋哉を司会に特別番組が放送された。[要出典]

あらすじ[編集]

第1期[編集]

皇暦2010年8月10日 、世界唯一の超大国神聖ブリタニア帝国は日本と地下資源サクラダイトを巡って対立し宣戦布告、日本に侵攻した。日本は占領され、ブリタニアによって「エリア11」と呼称される。日本人は「イレヴン」と蔑まれ、自由を奪われブリタニアの総督により支配された。ブリタニアは「ナイトメアフレーム」と呼ばれる人型兵器により世界の3分の1を支配下に収めた。しかし、その圧倒的な支配にも亀裂が生まれようとしていた。

日本侵攻から7年後、ブリタニアに恨みを持つブリタニア人少年、主人公ルルーシュ・ランペルージは謎の少女C.C.(シーツー)から、他人に自分の命令を強制出来る、絶対遵守の力「ギアス」を与えられることになる。ルルーシュは仮面で素顔を隠して「ゼロ」と名乗り、自称正義の味方「黒の騎士団」を結成し日本の独立のため、ブリタニア帝国に対して戦いを挑む。黒の騎士団は、ルルーシュの知略とギアスの力、日本の反帝国ゲリラやその支援者たちの協力を得て、次第にその勢力を拡大させていく。

黒の騎士団と帝国が激しい戦いを繰り広げる中、帝国第2皇女コーネリア・リ・ブリタニアと第3皇女ユーフェミア・リ・ブリタニアが、新たなエリア11(日本)の総督と副総督に就任する。ユーフェミアはゼロの正体に気づき、ルルーシュを救おうと黒の騎士団とは異なる方法で日本の平定を目指し、「行政特区日本」を計画する。ユーフェミアの計画は認可され、彼女は記念式典にゼロを招き二人きりで対談するが、その最中にルルーシュのギアスが制御を失い、ユーフェミアは式典に集まった日本人たちを虐殺し始める。彼女を止めるため、ルルーシュはやむなく彼女を殺すものの、日本人と帝国の亀裂は決定的なものになる。そして、ルルーシュの親友でありブリタニア軍に所属する日本人少年枢木スザク(くるるぎスザク)も、ユーフェミアの騎士として彼女を殺したゼロへ復讐に向かう。

第2期(R2)[編集]

神聖ブリタニア帝国に支配され「エリア11」と呼ばれた日本は、反ブリタニア勢力「黒の騎士団」主導による独立戦争を起こすが、「黒の騎士団」の指導者ゼロの失踪により大敗を喫してしまう。「ブラックリベリオン」と名づけられた戦争は黒の騎士団幹部の捕縛、日本への更なる圧政、そしてゼロの処刑を招く結果となった。

その1年後、学生としての日々を過ごす少年ルルーシュ・ランペルージは黒の騎士団残党の襲撃に巻き込まれ、少女C.C.(シーツー)との邂逅により、自分がゼロであることを思い出す。記憶を取り戻したルルーシュはゼロとして復活しブリタニアを倒すため再び反旗を翻す。

登場人物[編集]

機動兵器[編集]

世界観[編集]

本作の世界では、現実の世界とは大幅に異なる歴史および技術発展を歩んでいる。

  1. サクラダイトを使用した超伝導電磁石を搭載した軽量高出力のモーター発電機が発達しているため、軽量高出力のレシプロエンジンは未発達である。
  2. 原子力の研究は未だ理論段階に留まっている。戦略兵器に分類される核兵器長距離弾道弾などの大量破壊兵器も開発されていない。
  3. 銃器は火薬でなくリニアモーターで加速して弾丸を射出するコイルガンを採用している。
  4. 剣や槍といった武器が、屋内戦や近距離戦に適しているとして実戦でも未だ使用されている。
  5. ナイトメアフレーム(KMF)と呼ばれる人型機動兵器、フロートシステムと呼ばれる飛行推進機関、輻射波動と呼ばれる高周波兵器、ハドロン砲と呼ばれる粒子ビーム兵器など多様な兵器システムが開発、実用化されている。

などが、大きな違いとして挙げられる。

また、社会描写面では、史実において民主制は競争原理・市場経済を促し専制君主制や貴族階級制度は競争原理と相反するものだが、皇歴世界はそれと全く正反対で、民主制が競争原理を滞らせ専制君主制や階級差別が競争原理を促すことになっている。純粋なブリタニア人の血筋ではないため、騎士候の地位を得ることで家の格の向上を目指していたヴィレッタの例などもあり、人種による格差もそれなりにあると思われる。

神聖ブリタニア帝国の支配下である租界を含むエリアにおいては、ブリタニア語が使用されており、登場する人物の会話はほぼブリタニア語で行われている。

ただし、イレヴンの間では日本語も使用されている[注 2]。黒の騎士団内部でも同様(黒の騎士団再編時の組織図など)。また、R2ではナナリーによる行政特区日本設立に際して日本語で書かれたPRポスターが配布されている。

ギアス[編集]

C.C.やV.V.のような不老不死のコードを持つ者の手で発現する、「王の力」と呼ばれる他者の思考に干渉する特殊能力。名前は「強制」「誓約」の意味。その本質は個々の能力者が持つ素質や願望そのものであり、それらがコードを持つ者によって特殊能力として発現したもの。そのため能力の詳細は人によってそれぞれ異なる。能力発動の際は能力者の片目に、「赤い鳥のような紋様」が浮かび上がる。命令型の場合、かけた本人が能力を失った状態でも効果は続き、ギアスの有効期間は寧ろ無いに等しい[注 3]

ギアス能力者に対しても使用は可能だが、コード所有者には不可能。能力を使用し続けるに従ってその力は増大していき、能力者がその力に負けてしまった場合は増大したギアスを制御しきれなくなっていく。しかしギアスを一定以上に増幅させた者はギアスを失うかわりに、不老不死のコードを持つ者からコードを奪い取ることが可能となる。

アニメとは全く異なる展開のアナザーストーリーである漫画版「ナイトメア・オブ・ナナリー」では以下の他にもギアス能力者が存在している。ただし、この作品中ではギアスの位置づけが多少異なる。詳細はナイトメア・オブ・ナナリーを参照。またニンテンドーDSのゲーム版とPlayStation 2PlayStation Portableのゲーム版『LOST COLORS』にもオリジナルのギアス能力者が登場する。詳細はLOST COLORSを参照。

なお、各ギアス発動時や継続時に虹彩周辺で赤い輪郭が浮かび上がったり、放射状に円形の結界らしいものが展開しているが、これらは映像効果上の観点であり、実際には誰にも見えていない[注 4]

ルルーシュのギアス
C.C.によって発現した「絶対遵守の力」で、ルルーシュの「思い通りにならない世界を思い通りにしたい」という願いが具現化したもの[5]。根本には「人と繋がりたい」という絆を求める思いも込められている。発動の際には左目に紋様が浮かび上がる。特殊な光情報により、いかなる命令にも従わせることができる。成功すればたとえ相手の身にどんなリスクがあろうと命令に沿った行動を強制できるが、一方で使用条件や性質に基づく幾つかの制限もある。
第1期終盤、ルルーシュのギアスは一時的な不発を起こしたのち暴走・増大。以後発動状態をオフに出来なくなり、左目は常時赤く光るようになった。この変化については、離れた場所にいたC.C.は異常を感じたものの当初ルルーシュは気付けず、結果としてユーフェミアに意図せぬ日本人虐殺を命じてしまう事になった。シャルルによる記憶改編で記憶が失われていた頃は通常の状態になったが、記憶を取り戻した後は発動状態のままに戻る。それ以降はC.C.に渡された特殊なコンタクトレンズでギアスを遮断し、使用の際はこれを外すことになる。
アーカーシャの剣で集合無意識にギアスをかけて以降は両目に紋様が浮かぶようになった。
  • ギアスを使うには、対象と直接目を合わせなければならない。眼鏡程度の透過率なら問題はないが、直接左目の光情報を認識させなくてはならないため、バイザーなどの透過率の低いレンズでは効果がない。多数の対象に同時に行使する事も可能。
  • 同じ対象にギアスを使用できるのは1回だけで、命令のキャンセルは不可能である。ギアスを行使した相手に対しては再度命令を下すことができないが、ジェレミアのギアスキャンセラーでギアスを解除された場合には、再度ギアスを行使することが可能である。また、複数の行動を含む命令や、長期間に亘る行動を命令する事も可能である。
  • ギアスが発動した状態での発言は、ルルーシュが意図していなくとも、行動を促す形式の言葉であれば相手はそれを受領する。これにより、ユーフェミアは物のたとえであった「日本人を虐殺しろ」というルルーシュの言葉に従う事になった。
  • 有効距離は約270mであり、これ以上離れた位置からのギアスの行使は不可能である。
  • 情報であるため反射が可能であり、鏡越しに見た相手にもギアスは有効となる。この条件を使い、ルルーシュは自分自身やシャルルにギアスを使用した。
  • 意識的には実行できない行為も命令可能。「特定の出来事を忘れろ」など、普通は意図して行えない行為であっても命令する事ができる。しかし、瀕死の人物に対して「死ぬな」や、対象が知らない事を「答えろ」など、対象がそれを行う能力を持たない命令を下した場合は無効である。
  • ギアスを受けた対象は、行使された前後の記憶に欠損が生じる。ルルーシュの分析によれば、ギアスの力が大脳に介入したために起こる一種の副作用である。
  • 条件分岐を含む内容を命令する事も可能で、何らかの状況や言葉などのトリガーによって行動を開始させるなど、条件分岐を含む命令も可能。トリガーはルルーシュ自身が発するものである必要はない。ルルーシュはこれを利用し、「我が軍門に下れ」というキーワードで離れた複数の人物に同一行動をとらせた。
マオのギアス
C.C.によって発現した「人の思考を読み取る力」で、マオの不安から生まれた「人の心が分かりたい」という願いが具現化したもの[5]。その気になれば相手の深層心理から精神的外傷(トラウマ)すら読み取る事が可能であり、心理戦などでは極めて有効。頭脳戦を得意とするルルーシュにとっては天敵とも言える能力である。特段の使用条件はなく、使用回数制限もない。紋様は両目に浮かんでいる。
登場した時点でその力はかなり増大しており、暴走により発動を止めることができなくなっているため、人の多い場所ではマオの意思に関わらず、有効範囲にいる全ての人間の思考が流れ込んでくる。そのため、マオは人が多い場所ではそれらの声を打ち消すべく録音したC.C.の声をヘッドフォンで聴き続けている。
  • 有効範囲は最大500mだが、集中力によって範囲や精度は上下する。特定の相手に集中すれば深層心理までも読み取れるが、他の対象に対しては僅か数mにまで範囲が狭まる。
シャルルのギアス
V.V.によって発現した「記憶を書き換える力」で、シャルルの「過去・歴史を変えたい」という願いが具現化したもの[5]。ルルーシュと同じく相手の目を見てかけるタイプで、ギアスをかけた対象に、特定の事項を忘れさせたり偽りの記憶を植えつけたりすることができる。発動の際のみ両目に紋様が浮かぶ。
基本的な発動条件はルルーシュと同じく対象と直接目をあわせる、光情報である事などである。
  • 記憶の書き換えは可能だが、大幅な記憶改竄でない限り対象者の本質的な性格や性情は変えられない。ルルーシュやシャーリー、ミレイやリヴァルは記憶の書き換え後も性格面での変化は劇中あまり見られず、記憶操作で「ルルーシュの弟」と認識していたロロをナナリーと特別変わらない物腰で接していた。
ロロのギアス
嚮団の手で発現した「絶対停止の結界」で、ロロの「今のままでありたい」という願いが具現化したもの[5]。ロロを中心にして範囲内にいる人間の体感時間を止めて、行動・思考を停止させることができる。ルルーシュのような細かな使用条件は無く、KMFを操縦している時でも使用可能で、停められた相手からは、ロロや彼が操縦しているKMFが突然消えたように感じる。停止中の相手は完全に無防備となるため、暗殺に適した極めて強力な能力であり、KMF戦で併用することで自らを優勢に立たせることができる。発動の際は右目に紋様が浮かび上がる。幼少期より使用している。
  • 対象の体感時間を停めるだけの能力であり、物理現象には効果が無い。故に発射された弾丸などを停めることはできない。
  • 発動時には心臓が停止してしまう。このためV.V.からは「失敗作」と称されている。
  • 範囲は自在で広範囲に及ぶが、広さや長さによって負担は変わる。
C.C.のギアス
コードを持ったシスターによって発現した「愛される力」で、C.C.の「愛されたい」という願いが具現化したもの[5]。ルルーシュ・シャルルと同じ命令形のギアスで、あらゆる他者が心からC.C.を愛するようになる効果を持つ。幼少期にギアスを授かり成年期にはギアスが暴走したため、シスターを除き誰かまわずギアスにかかってしまう。
マリアンヌのギアス
C.C.によって発現した「人の心を渡る力」。V.V.に撃たれて自身の肉体が死を迎えようとしていた時に初めて発動し、現場に居合わせたアーニャへ自分の意識を転送した。それ以降、平時はアーニャの精神の深層に潜んでいるが、意識を表層に上げた時にはアーニャの肉体を支配する。
マリアンヌの意識を表層に上げた時のみ、C.C.と心で会話をする事が出来る。
ビスマルクのギアス
発現した力は「極近未来を読む力」。発動すると相手の行動の軌跡が見えるようになる。発動の際は左目に紋様が浮かび上がる。普段は特殊なピアスで封印している。
ジェレミアのギアスキャンセラー
嚮団の技術で改造を繰り返されたジェレミアに偶発的に発現した「すべてのギアスを無効化する力」。発動の際は仮面に覆われた左目に、ギアス能力者の紋様を逆さにした青い紋様が浮かび上がる。
ロロと同じく結界型のギアスで、ジェレミアを中心にして放射状に青い結界を展開、ギアス能力者が発動させているギアスを打ち消す効力及び、命令・記憶の改竄を無効とする力を持つ。自身にギアスが掛けられた際は自動的に発動する。
その他
本編中ではギアス能力に関する描写はないが、V.V.やシスターなどのコード保持者が登場する。また、ギアス嚮団では多くの子供にギアスが発現させられており、その中には相手の意識を保ったままで行動を自在に操るなどの能力を持つ者が存在する。

キーワード[編集]

[編集]

神聖ブリタニア帝国
新世界の全てと、世界各地の複数のエリアから構成される、世界の3分の1を支配する超大国。E.U.、中華連邦と同じく世界を支配する三極の一つであり、最大の力を持つ。首都は大陸西岸地区の帝都ペンドラゴン(現実のメキシコソノラ州バハ・カリフォルニア州の境界付近に存在)。第98代皇帝はシャルル。帝国宰相は第二皇子シュナイゼル。
皇帝を頂点とした絶対君主制国家で、厳しい身分制度のしかれた階級社会を維持しており、「不平等においてこそ競争と進化が生まれる」という現皇帝シャルルの持論を国是としている。世界の3分の1を支配しており、巨大な軍事力を背景に、世界各地で植民地化を目的とした侵略を続けている。
ブリタニア」とは本来イギリスブリテン島ならびに古代ローマ帝国が同島に築いた属州を指すが、作中ではブリタニア大陸(アメリカ大陸)に位置する。歴史を辿るとテューダー朝期のイングランド王国に辿り着き、「処女王」エリザベス1世の息子がヘンリー9世として即位した。このため、ステュアート朝の成立と、それに伴うスコットランド王国との同君連合は成立していない。皇暦1770年代にワシントンの乱と呼ばれる反乱が勃発するが、ルイ16世に支援を求めるために渡仏したベンジャミン・フランクリンの交渉失敗(C.C.によると実際は当時のブリタニア公による買収)により、大陸軍ヨークタウンの戦いで大敗北し、首謀者のジョージ・ワシントンが死亡したため、アメリカ合衆国も成立していない。
周辺諸国が市民革命議会制度化により停滞していたのに対し、イングランド王国は絶対君主制を固持し、新世界で生産される富によりヘンリー10世とエドワード7世[注 5]の統治を通して発展を続けた。
エリザベス3世の統治時代、ヨーロッパの大部分を征服したナポレオンは、イングランドへの上陸を目論むと、トラファルガーの海戦に勝利して制海権を掌握し、12万の軍勢と共にロンドンへと進軍した。皇暦1807年、エリザベス3世はエディンバラへ追い込まれ、親ナポレオン派の革命勢力に捕縛されて王政廃止を迫られた(「エディンバラの屈辱」)。この窮地を救ったのが、ブリタニア公リカルドとその部下にして親友である「ナイトオブワン」リシャール・エクトル卿であり、彼らの尽力によってエリザベス3世は植民地アメリカへと逃れ、新大陸東部に首都を定めた(「新大陸への遷都」)。
その後、エリザベス3世に子が無く、テューダー朝の血筋が途絶えた際にブリタニア公リカルドが王位を継承し帝政を施行。国号を「神聖ブリタニア帝国」に変更し、リカルド・ヴァン・ブリタニア1世として皇帝に即位した。同時に皇暦を制定し、同年を皇暦1813年とすると共に正史「ブリタニア年代記」の編纂を指示している。その後、ブリタニア大陸ではヨーロッパからの亡命貴族との間に「北南戦争」と呼ばれる戦争が行われた。
ブリタニア本土の地名はカリフォルニアダラスのような実在の地名と、帝都ペンドラゴンのような架空の地名が混在している。国内通貨はポンドである。
皇暦2010年の日本侵攻の際には、ブリタニア大陸以外にアリューシャン列島ハワイミクロネシアフィリピン等から侵攻をしている事から、少なくともこれらの地域に拠点が存在する[注 6]
98代皇帝シャルルが消えた後はルルーシュがギアスの力を使い99代皇帝へと即位。帝都ペンドラゴンの皇族と貴族を傀儡にし、歴代の皇帝陵破壊や貴族制度の廃止、財閥解体そしてナンバーズ解放といった従来のブリタニアの在り方を真っ向から壊すような政策を打ち出すようになる。ブリタニア国内では多くの貴族や臣民が反発するが、ルルーシュ派のブリタニア軍が全て鎮圧。全てのブリタニアの伝統が破壊されるに至る。
『双貌のオズ』ではブラックリベリオンで軍人や騎士の多くが死亡するか再起不能になった後も、本国内でテロが起きる等予断を許さない状態にあったが、テロに対して徹底的に武力を行使して打ち砕くという方針の元国内情勢の安定化が成され、皇帝シャルルを中心とする現体制に反発するブリタニア人の多くが一掃されるに至った。反面、長きにわたる軍事面に偏った経済構造によって見せかけこそ需要と供給のバランスが成り立ってはいるものの、一旦厭戦気運が高まれば経済自体が崩れてしまう問題点が指摘されている。
エリア
神聖ブリタニア帝国の属領を意味する。現在「エリア18」まで存在している。本編でのコーネリアとユーフェミアの会話や小説版によると、経済力や治安面に応じて上から「衛星エリア」、「途上エリア」、「矯正エリア」と格付けされている。
『双貌のオズ』では「矯正エリア」の別名と思しき「矯正教育エリア」という名前が登場する。
エリア10
ブリタニアの属領となったインドシナ半島に存在するエリア。ただしR2ではインドシナ半島は中華連邦の領土となっている。
『亡国のアキト』の小説版ではカンボジアのトロモ機関はこのエリアに属するとされる。
『双貌のオズ』ではオルフェウスとズィーが初めて出会った当時、タイはブリタニアと中華連邦が共同統治する地となっている。
エリア18
元々は砂漠地帯にあり中東に存在する、巨大な機動兵器(バミデス)を有していた国家。コーネリアによって侵略され、エリア18と名付けられた。
『亡国のアキト』の小説版では北アフリカに位置すると説明されており、ブリタニアとE.U.の最前線であるエル・アラメイン戦線にも近い模様。
租界
本作では超大国ブリタニアの国民が住むエリア内の街を意味する。
電気中心の文明が発達したブリタニアの都市にふさわしく、租界の周辺には太陽光発電パネルを備えたビルが立ち並ぶ。
エリア11
極東にかつて存在した国家「日本(ニッポン)」がブリタニアの侵攻(極東事変[注 7]/第二次太平洋戦争)により属領とされ変更された呼び名。植民地統治者である総督には皇帝の直接血縁者である皇子もしくは皇女が就任することになっており、初代総督は第三皇子クロヴィス。
ブリタニア侵攻前は中立国であったとされ、首相総理大臣)を首班とする議院内閣制が採られていた。
世界最大のサクラダイト産出国である皇歴世界の日本は、無資源国家としての近現代史を辿っていない。太平洋戦争敗戦も経験しておらず、帝政日本の体制が21世紀にも多く受け継がれている。具体例としては、旧軍存続、2010年当時政権を率いていた総理大臣が現役の陸軍参謀文民統制不在)、財閥解体不実施、千島列島領有、等がある。
軍人の口にする忠誠の言葉、「万歳」の対象も史実のそれと異なり「日本万歳」になっている。
『反逆のルルーシュ』『反逆のルルーシュR2』において「イレヴン」はブリタニア人による日本人への蔑称とされていたが、『亡国のアキト』ではブリタニア人に限らず西洋人皆が日本人を「イレヴン」と蔑称していることになった。
100年ほど前(1917年前後)までは、現実の日本と同様「皇族」が存在し、とあるブリタニア属国と政略結婚関係も持ったりもしていたが、何らかの原因で歴史の表舞台からは姿を消し、「キョウト六家」の一つ「皇家」(すめらぎけ)として血縁を残すのみとなった[6]。一方軍事力の面では、KMFを開発・保有しておらずブリタニアと比べて戦力では劣っていたため、2010年、第二次太平洋戦争ではブリタニアに敗れた。なお、史実では太平洋戦争末期の神風特攻に手を焼いたアメリカ海軍が打ち出した艦隊防空構想と日米安保条約の成果であるはずのイージス護衛艦が日本軍の戦力として登場しており、その誕生経緯は明らかでない[注 8]。また、陸軍の車両は陸上自衛隊のそれと同じものが登場している。他方、民間の武道として、史実と同じく合気道日本拳法が存在している。
世界最大のサクラダイト産出国であり、この利権を巡る対立がブリタニア軍侵攻の原因とされている。行政区分は現実の47都道府県で細分化されているが北海道東北関東中部関西中国四国九州とブロックごとに分けて呼ばれている。北方領土も領土となっている[7]
日本が余力を残したまま降伏したのと、クロヴィスの内政能力の欠如から、ブリタニアの統治政策は十分ではなく、ブリタニア官僚の一部が私欲の為にNACに物資等を裏で提供している為、各地には要塞規模の施設や、重火器を有した軍の残党、レジスタンスなどの反ブリタニア勢力が多数残存している。この為、ブリタニアの支配下となっている他のエリアと比較し、抵抗活動が活発であった。ブラックリベリオンでの敗戦以降は「途上エリア」(小説版より)から「矯正エリア」へと格下げとなり、コーネリアに変わって総督になったカラレスによってさらなる圧政を強いられるようになったが、彼の死後に就任したナナリーがユーフェミアの遺志を継ぐ形で「行政特区日本」を設立するに至った。黒の騎士団という反ブリタニア勢力が国外追放になった後は、生産力向上や治安が安定したことにより「衛星エリア」に昇格手前になるほどとなった。後に皇帝となったルルーシュの政策により「日本」という名を取り戻したが、ルルーシュによる世界掌握後はゼロレクイエム完遂まで皇帝直轄領とされた。
『漆黒の蓮夜』では江戸時代の日本が描かれているが、詳細な年代は不明である。当時既に建国されていたブリタニアから皇族や貴族が入国していることから、少なくとも外国に対してある程度の国交を有していた模様。
『亡国のアキト』の小説版によると、かつては東洋の島国で西洋ではあまり知られていない存在であったが、1853年に開国するや当時電気文明の発展途上にあった各国からサクラダイトを豊富に有する国として大いに注目を集めたとされている。
『双貌のオズ』では「矯正エリア」に格下げされてから間もない姿が描かれる。行政特区日本での虐殺劇やブラックリベリオンでの敗北によってイレヴンのブリタニアに対する敵対心は大きく膨らんでおり、お忍びで視察を行っていたマリーベルが黒の騎士団の末端メンバーに拉致された際、その場に居合わせた一般市民であるイレヴン出身の名誉ブリタニア人が一斉に不満をぶちまけながらオルドリン達を妨害したことから、「ここは矯正エリアではなく敵地」と評せられた。
トウキョウ租界
エリア11におけるブリタニア支配の中枢、総督府の所在地である租界。トウキョウ租界と銘打ってはいるが、現実の東京都あるいは東京23区全域が租界という訳ではなく、総督府を中心とする地域(少なくともイケブクロを含む)のみが租界であり、後述のシンジュクゲットーのような場所は租界の外側に位置する。主に電車(モノレール)の環状線沿いに外壁が張り巡らされており、地震等の緊急時にはエリア毎にパージ(分離)する事が出来る。ブラックリベリオンや黒の騎士幹部の公開処刑の際は、ルルーシュがこれを利用して、全ての分離可能エリアをパージする事によりブリタニアの防衛ラインに大打撃を与えた。
ブラックリベリオン後はイレヴンを労働力として酷使する形で復興されたが、そうして建てられた建物の1つバベルタワーでの戦いの末、ルルーシュの作戦によってバベルタワーはブリタニア軍を指揮していたカラレスを巻き込んで倒壊した。その後ブリタニア当局により租界の構造を修正することで対策が施されたが、第二次トウキョウ決戦ではルルーシュがゲフィオンディスターバーを搭載した列車を使うことでブリタニア軍の防衛ラインを突破される形となり、戦闘の末フレイヤによって総督府を含む租界の約半分が巨大なクレーターを残して消滅し、第1次被害で2500万人の死者を出す。加えて医療施設等への被害に起因する第2次被害さえも生まれ、ブラックリベリオン以上の犠牲を出した。
ゲットー
ブリタニア統治下にあるエリアの元々の国民が住む街のことで、本作ではイレヴンと呼ばれる日本人が住む街を意味する。実在の地名(新宿さいたまなど)も登場するが、カタカナ表記(正確には英語表記)で表される。福祉支援も復旧支援もあまりされておらず、まともな職にもありつけないようで、そこに住む日本人は復旧作業をしながら細々と生活している。地下鉄跡や下水道はレジスタンスの逃走ルートなどに利用されている。
アッシュフォード学園
創立者にして理事長を務めるルーベン・アッシュフォードが運営する寮制の私立学校で、学園の設備はかなり整っている。トウキョウ租界の一角に立地しているが、第1期のDVD第2巻収録のピクチャードラマによると、学園設立に際しては立地場所を含めてルーベンが築いた人脈によるものだとのこと。ブリタニア人とイレヴンを区別しないオープンな校風。在籍する生徒は、必ずどこかのクラブに所属しなければならないことになっている。水泳馬術などが確認されていて、活発に活動している。創立者の孫であるミレイが会長を務める生徒会も存在する。またお祭り好きのミレイの発案で様々な趣向のイベントが開かれることもある(ミレイのイベント参照)。
ブラックリベリオン以降は学園自体がシャルルの命を受けた機密情報局により、ルルーシュを監視する拠点とされた。これに合わせて記憶操作を受けたミレイ、シャーリー、リヴァルを除く生徒と教師全員がブリタニア本国へ帰国させられ、ヴィレッタ達機密情報局員が教師に成り済まし、サクラである他の生徒と共に入れ替わりに学園入りした。
第二次トウキョウ決戦では直接の被害は受けず、決戦後はギリギリながらフレイヤの効果範囲外であったため、生き残った租界市民の避難場所となった。その後はシュナイゼルと超合集国との交渉により中立地帯とされ、皇帝となったルルーシュがブリタニアの超合集国参加交渉をした際に舞台に指定された。
フジサン
日本を代表する山にして、サクラダイトの鉱脈を有する産地。古くは美しい外観の山であったが、ブリタニアの侵攻後は山を覆うように中腹地点までサクラダイト採掘プラントが建造され、侵攻前とはあまりにもかけ離れた姿と化した(第1期第11話では「フジ鉱山」とも呼ばれた)。サクラダイト採掘については桐原率いる桐原産業が一手に担っており、その関係で桐原と黒の騎士団の会見では桐原側から会見場に指定された。
第2期終盤ではフジサン一帯でルルーシュ率いるブリタニア軍とシュナイゼル率いる黒の騎士団が対峙。シュナイゼル側の戦力を切り崩すべく、ルルーシュの手でサクラダイトにより噴火させられ、火山弾や火砕流によって黒の騎士団にダメージを与えた。その後、トウキョウ租界を含む広範囲に火山灰が降り注いだ。
行政特区日本
ユーフェミアが発案した限定された地域内で日本の存在を認める政策。手続きを行えば特区に参加することができ、イレヴンは日本人の名前を取り戻すほか、ブリタニアからの圧政や身分差別を受けることはない。そのため発表当初は大多数のイレヴンに支持された。行政特区として指定された場所は富士エリア一帯。
テロリストに対する民衆の支持を無くすことでテロリストの大義名分を失わせ、逆に参加すれば武力を取り上げられる可能性もあるためテロリストに対するテロ抑止策としても有効な政策でもある。それ故にシュナイゼルはこの特区を支持した。一時期ユーフェミアによる日本人虐殺により政策が中断したものの、新総督ナナリーによってシズオカ・ゲットーでの実施が進められたが、ゼロの策によりゼロを含む100万人の日本人による中華連邦亡命のために利用された。小説版によるナナリーは行政特区日本の継続を行ったが、旧日本人のブリタニアに対する不信感は強く、以降の参加希望者は現れなかったため、事業は崩壊した。
鎌倉
『亡国のアキト』の冒頭の舞台。2010年時点では大仏像と海のある観光地だったが、ブリタニアの日本侵略時に爆撃機編隊が一斉発射したミサイルによって広範囲を焼き払われた。小説版の該当箇所では、ミサイル攻撃は民間人が住む区画も含んだ無差別攻撃であり、「本来の目標である軍事施設を狙い損ねた誤射や誤爆」という形で一応の体裁は整えられている。また、史実と同様に源頼朝によって鎌倉幕府が成立したことを示唆する描写がある。
エリア24
『双貌のオズO2』の舞台で、ブリタニアに占領されたスペイン。第88皇女マリーベルが総督を務める。
E.U.
正式名称は「Euro Universe(ユーロ・ユニバース)」。シャルルから「権利を平等にした為に人気取りの衆愚政治に堕している」と批判されている民主主義国家。中華連邦と同じく、ブリタニアと対立する二強国の一つで、世界を支配する三極の一つ。作中の描写ではヨーロッパとアフリカ、ロシア(シベリアの一部は中華連邦に属する)に領土を持っている。ドイツ州、フランス州など、現実におけるヨーロッパ各国が、構成自治州(行政だけでなく、軍事的にも個別になっている)として存在する連邦制の国家である。
『R2』ではフランス領海岸を舞台に、ドイツ州軍やイタリア州軍を中心としたE.U.軍主力と、ブリタニア軍上陸侵攻部隊との大規模戦闘が描写されていた。そこではE.U.軍制式ナイトメアフレーム『パンツァーフンメル』が、得意の長距離砲撃を行ってブリタニア軍ナイトメア部隊を圧倒していた。だがランスロットの介入によって戦局は逆転し、以降はシュナイゼルの辣腕も相まって領土を削り取られる一方となっていった(『R2』終盤には、既に領土の大半を奪われて、大国の座からも転落している)。
超合集国設立後は、イタリアやポーランドといったE.U.加盟国や自治州の大部分が相次いで「死に体」となったE.U.を見限り、超合集国に参加した。この時点で、E.U.に残された領土は僅少(イギリスやドイツ、北欧諸国や中央アフリカなど)となり、事実上の崩壊状態となった。後の世界情勢変動にもほとんど関わる事もなく、ルルーシュの世界掌握後は超合集国憲章を批准し、E.U.は消滅した。
小説版ではブリタニアの国力を10と仮定した場合、7の国力を持つとされている。隣国の中華連邦とは、ブリタニアへの対抗戦略上同盟関係にあったが、シベリアで両国の領土に跨る形状のサクラダイト鉱脈が発見されたために紛争が発生。戦闘は早々に終結したが、両国民の感情的な対立は収まらず対ブリタニア同盟はその際に雲散霧消した。また、E.U.独自の対ブリタニア反攻作戦『ベル計画』を企図していたが、これもバルカン半島の補給線を断たれたためにサクラダイト供給が途絶して破綻した(E.U.に差別されていた少数民族を、ブリタニアが籠絡し取り込んでいったことも示唆されている)。
コードギアス 亡国のアキト』では「ユーロピア共和国連合」という別名が登場している。略称は従来通りE.U.だが、正式名称は「Europia United(ユーロピア・ユナイテッド)」に変わっている。
1790年にフランス革命が起き、貴族の旧体制を一掃。同年を革命歴1年とする。その後のナポレオンの英国侵攻と「エディンバラの屈辱」によって、英国王室は新大陸へ逃亡。ナポレオン自身は、彼の皇帝即位を疎む勢力によって処刑され、以後のヨーロッパは皇帝も国王もいない民主国家としての道を歩む事になった。
首都はパリ。3人の大統領を中心とした「四十人委員会」と呼ばれる議会が存在し、国民に選ばれた政治家による国政運営が行われている。だがその内実は、長きに渡って続いた民主主義政治が衆愚政治へと劣化・変質しており、大衆迎合主義と利己主義が蔓延する斜陽国家。神聖ブリタニア帝国と中華連邦という2大国に挟まれて国力は低下しつつあり、既にブリタニアによってE.U.ロシア領のほとんどが陥落しているにも関わらず、一般市民や政治家達の危機感は薄い。
日本がブリタニアに占領された際、当時戦争状態ではなかったブリタニアに媚び売りの意味を込めて、E.U.国内の日本人の対日資産を凍結した上で敵性外国人として拘束し、ゲットーに隔離。市民権を餌に軍に入隊させ、E.U.市民の代わりに生存率の低い作戦に投入するなど、人権を無視した行為を多数行っている。また、ブリタニア同様に日本人を「イレヴン」と呼ぶなど差別が恒常化している(シテ島のゲットーに収容されているのは、日本人=イレヴンのみのようである)。
小説版『亡国のアキト』によると、ブリタニアに占領される前の日本とは、サクラダイトや工業製品を始めとする貿易パートナーシップを締結しており、良好な関係にあった。だがブリタニア占領時には、日本に対する債務取消、並びに日系企業が欧州全域に有していた資産とインフラを接収した。またユーロピア政府の権力アピールと、低所得市民へのガス抜きの意味も兼ねて、日本人の資産凍結と強制収容(差別化政策)を行った。一時は日本の民主主義(主権)回復も議論されたが、世論の支持を得られないため盛り上がらなかった。その代わりに中華連邦にブリタニア牽制の役割(火中の栗を拾わせる役目)を背負わせた事から、中華連邦との関係が悪化した。
E.U.の自治州間の結びつきは弱く、同じ欧州に存在しているという事実と、議会制民主主義という同一イデオロギーのみが連合体を支えている。他のE.U.自治州が陥落してブリタニアの植民地人(ナンバーズ)に転落している事実を、他の自治州市民やユーロピア中央政府は気にも留めていない。
この腐敗しきった国内体制のために、敵対するユーロ・ブリタニアからは「己の利益しか目に入らぬ愚民の集団」と揶揄される。作中には、こういった祖国の腐敗と堕落を憂うE.U.軍人も登場するが、彼らは極少数派であるために改革は行えなくなっている。
作中では、ブリタニア語やフランス語、ロシア語など様々な言語が使用されており、各地域ごとに様々な公用語が使われている模様。また、敵国の言語であるはずのブリタニア語が使われている経緯については、グレートブリテン島(イギリス)がE.U.の領土となっているためと推定される。
フランス州
E.U.の構成自治州の一つ。『R2』でドイツ州軍、イタリア州軍と共にブリタニア軍の攻勢を抑えていたが、敗北し降伏する。
イタリア州
E.U.の構成自治州の一つ。E.U.がブリタニアに対して劣勢になるとE.U.を見限り、超合集国に参加する。
ポーランド州
E.U.の構成自治州の一つ。E.U.がブリタニアに対して劣勢になるとE.U.を見限り、超合集国に参加する。『コードギアス 亡国のアキト』ではバルド三国の陥落したため、東ヨーロッパ戦線の最前線に位置しており、ワルシャワ市内にはE.U.軍部隊が駐屯している。しかし、小説版では他の自治州から派遣されているE.U.軍兵士はポーランドという田舎の運命は知ったことではないと考えている等、軍の士気は低い。
パリ
E.U.フランス州の大都市であり、ユーロピア共和国連合首都。四十人委員会やE.U.軍の統合本部も置かれている。シテ島には日本人ゲットーが設置されており、数多くの日本人が閉じ込められている。
ナルヴァ
E.U.のエストニア州の都市。ペテルブルク奪還に失敗したE.U.軍132連隊が包囲された都市。その後のナルヴァ撤退戦で132連隊は撤退に成功するが、都市は放棄されてブリタニアに制圧されたと思われる。
スロニム
E.U.のベルラーシ州の都市。ブリタニアに制圧されていたが、E.U.軍のγ作戦で一時的に奪還した。しかし、その後はE.U.の第103軍団の部隊展開の失敗でブリタニアに押し戻され、再度失陥した。都市内にはシャルル・ジ・ブリタニアの石像が新たに安置されていた。
ペテルブルク
E.U.のロシア州の都市。E.U.軍の拠点があったが、ブリタニア軍に制圧され、失陥。ロシア州全域はユーロ・ブリタニアの手に落ちてしまった。その後はユーロ・ブリタニアの重要拠点となる。
『双貌のオズ』では陥落直前のペテルブルクから搬出される美術品を護衛するミッションを受けたオルフェウスとユーロ・ブリタニア軍の戦闘が描かれる。
アムステルダム
オランダ州の都市。パリのシテ島同様にゲットーが設置されており、収容された日本人達の劣等感や不満が子供にも伝染した結果、強者が弱者を迫害するという極めて劣悪な状態に陥っている。
シベリア
小説版に登場する地名。E.U.と中華連邦の国境線上であり、この土地からE.U.領と中華連邦領を跨がるサクラダイト鉱山が発見された事から国境紛争に発展し、両国の対ブリタニア連合が霧散する原因となった。
『亡国のアキト』の小説版ではペテルブルクがブリタニアに制圧され、E.U.軍第132連隊が占領地奪還に失敗したため、サクラダイト鉱山の失陥が決定的なものとなる。
エル・アラメイン
第一期のE.U.軍とブリタニア軍の戦争で、E.U.軍が攻勢に出ていた戦線。エジプト北部に実在する地名。
グレートブリテン島
かつて旧イングランド王国の本土であった巨大な島。しかし、先述の革命によって王侯貴族が一掃されてからは島全域がE.U.の領土となっており、『亡国のアキト』の冒頭に登場する地球儀によると、アイルランド島を含む周辺の島も同様である。
なお、イングランドの後継国家でもある現在のブリタニアでは、既に領土ではなくなったこの島の地名を一部の兵器の名前としており、精神的には決して切り離されてはいない模様(グラスゴーサザーランド等が該当する)。
四十人委員会
ユーロピア共和国連合の国家運営を行う議会で国防の中核を担っている。E.U.設立時の組織をベースとしており、四十人委員会となっているが、現在の委員数は200名を超えている。
中華連邦
皇歴世界の中国大陸では、王朝が健在なまま近代化革命勢力と権力統合を果たし「中華」の国号を得て、中央アジア、南アジア、東南アジア、一部イスラム諸国にも版図を拡大、「中華連邦」ができあがった。ブリタニア皇帝シャルルに「富を平等にした為に国民が怠け者ばかりとなっている」と批判されている国家で、E.U.と同じくブリタニアと対立する二強国の一つであり、世界を支配する三極の一つ。
連邦制国家であり、中華連邦支配下の国々は州や軍区で構成されているが、E.U.の様に行政や軍事も個別になっているのかは不明だが、各地に軍閥が存在する模様。
中国大陸を中心に朝鮮半島インドシナ半島インド亜大陸を領土とし、アジアの広範囲とシベリアの一部を支配している。首都は洛陽。またその領地内には、極秘裏にギアス嚮団の本拠地が構えられていた。
天子元首としその下ですべての人民を平等とする、君主制と共産主義的な政治理念を併せ持つ国家だったが、現在では幼女である天子を傀儡にしている官僚集団「大宦官」が専横を極めており、人民の多くは貧困に苦しんでいた。世界最大の人口を有する大国でありながらその実態は「老人」と例えられる程に国力が衰退してしまっていた。ゼロと星刻により大宦官を抹殺されて以降は連邦制が事実上崩壊し、各地の軍閥が中華連邦を割拠する事態となるが黒の騎士団と星刻の中華連邦軍が各地を平定し、旧中華連邦に属していた国々も独立。中華連邦自体は国号を「合衆国中華」に改め、超合集国の中枢を担う国家となった。
小説版ではブリタニアの国力を10と仮定した場合、5の国力を持つとされている。連邦制も現在のブリタニアの様な強引な領土拡大の結果、取り込んだ国々の不満をそらす政策として始められたものである。E.U.と対ブリタニア同盟を結んでいたが、シベリアのサクラダイト鉱山の利権問題を原因とした紛争で霧散した(元々、民主主義国家だったE.U.と、君主制国家である中華連邦では主義主張が異なりすぎているため、対ブリタニア同盟の継続は難しかった)。
神聖ブリタニア帝国とは積極的に敵対していた訳ではないが、関係は険悪であったとされる。日本がエリア11となってしまった事は中華連邦にとって喉元に刃を突き付けられていた事に等しいため、日本国内のレジスタンスに重火器からナイトメアフレームまで供給することでブリタニアに対する数々の妨害を行う。キュウシュウ戦役を引き起こす旧日本政府関係者の亡命を容認していたのも、将来的に日本を占領する事を見越してのことでもある。
E.U.がブリタニアに劣勢になると中華連邦首脳部はブリタニアに対して媚売りを始めるようになり、シュナイゼルの戦略指針「欧攻中交」により本編のオデュッセウスと天子の政略結婚、ブリタニアに対する中華連邦領土割譲と不平等条約締結に繋がっていったとされる。
朱禁城
首都洛陽に位置する天子の居城。しかし、大宦官の専横によって事実上大宦官の居城と化していた。モデルは中華人民共和国に所在する旧王宮「紫禁城」。
蓬莱島
中華連邦領、黄海に浮かぶ潮力発電用の人工島。ゼロと大宦官の取引により、エリア11を脱出した黒の騎士団と日本人の居住地として貸与された。後、合衆国日本の暫定首都となる。
『双貌のオズ』では日本人に貸与され蓬莱島と名付けられる以前の経緯が描かれる。自然エネルギーを有効活用する上で潮力発電はとても効率的で優れていたが、それ故にブリタニアと中華連邦の外交交渉で優位に立ちたかったシュナイゼルからはサクラダイトに依存しないエネルギー源であったことから「相手の懐に入れたくないカード」として白眼視され、秘密裏に破壊工作が進められるもオルフェウスの妨害で失敗に終わった。
天帝八十八陵
中華連邦に存在する歴代の天子を祭る陵墓。しかし、今の大宦官による専横もあってその神聖さも消えかかっている。
インド軍区
中華連邦を構成する国の1つ。中華連邦より独立を図ろうとする勢力と、従来の関係を維持しようとする勢力が存在し、一枚岩ではない。前者にはラクシャータが属しており、黒の騎士団を援助している。超合集国の成立に伴い、中華連邦から独立して合衆国インドとなり、超合集国へ参加した。
モンゴル州
中華連邦を構成する国の一つ。大宦官の粛正により混乱した際にはシャルルによる中華連邦への宣戦布告を受けたシュナイゼルの発案により国境線上にブリタニア軍二個師団が集結し、領土割譲を目的とした示威行為が行われた。その後、モンゴル州が超合集国に参加していることから失敗したと思われる。
ペルシャ軍管区
中華連邦を構成する国の一つ。小説版に登場。大宦官粛正後に黒の騎士団と中華連邦軍がブリタニアに抵抗しているE.U.との連携を図るために行った中東方面進出の際の拠点。既にE.U.領であったロシア、カザフスタン、グルジアがブリタニア軍に制圧されたため、中東方面からの進出を余儀なくされていた。カノンが「かつての中華連邦ペルシャ軍管区」と発言しているため、事実上中華連邦から独立した状態になっていたと思われる。
大宦官
中華連邦の事実上の支配者となっている官僚集団で八名の宦官で構成されている。中華連邦政府各省の代表達で構成されており、幼い天子を祀り上げて中華連邦の政治を牛耳っている。私利私欲のために国内で圧政を敷いており、中華連邦の国力を衰退させている。天子をブリタニアに売り払う事で爵位を得て、中華連邦そのものをブリタニアに売り渡そうとするが、ゼロと星刻に敗北し、シュナイゼルからも見捨てられたため、全員が死亡した。
史実の宦官と同じく去勢されているが、中華連邦でその他の宦官が実在するのかは不明。
超合集国
合衆国日本と合衆国中華を中心に複数の国家から構成される連合国家。ゼロの合衆国連合構想が実現した形となり、ブリタニアに対抗できる程の国力を持つ。合集国憲章を批准することで超合集国に加盟することができ、憲章を批准している国家は47か国。武力面では「合集国憲章第17条」に基づいて各国家が武力を永久に放棄する代わりに、人員・資金提供を条件にどの国家にも属さない黒の騎士団と契約し、黒の騎士団が安全保障を担っている。これは烏合の衆と化する各国家の軍隊の連携不足の問題を解消するといった側面もある。超合集国の決議は多数決で決める民主主義制となっているが、投票権は国の人口の多さによって比例しているため大きな国であるほど多くの票をその国が持つことになる。
超合集国には、合衆国日本と旧中華連邦に属したアジアを中心に、旧E.U.を見捨てて脱退してきた東アフリカとヨーロッパの一部が加盟している。また、日本同様にブリタニアに制圧された国々の亡命政権も多数が参加している模様。
超合集国の設立により「死に体」となったE.U.は世界の覇権から脱落し、世界は超合集国と神聖ブリタニア帝国の二極化を迎える事になる。
合衆国日本
ゼロが建国を構想した国家。ゼロはユーフェミアによる日本人虐殺後の建国宣言で合衆国日本を日本の復活ではない新たな日本として建国するとし、「様々な人種と歴史、主義を許容する広さを持ち、強者が弱者を虐げないことを自負する国家」としての理念を打ち出している。
ブラックリベリオンでの敗北で頓挫したが、その1年後にゼロが復活し、ギアスで中華連邦総領事・高亥を篭絡したことにより、中華連邦総領事館の一室が一時的に合衆国日本の最初の領土となった。その後は黒の騎士団が総領事館から退去するまで、敷地全体が領土扱いされたが、黒の騎士団を含む100万人の日本人が中華連邦に亡命して以降は蓬莱島が暫定首都となった。

この他、オーストラリアが名称のみ作中登場する。

身分[編集]

ブリタニア皇族
現ブリタニア皇帝シャルルは108人もの皇妃を持つ[8]ため、皇子や皇女は母親の違いによりミドルネームが異なる。ミドルネームが同じならば母親も同じであり、子供は第11皇子ルルーシュ、皇女ナナリーなど数名の存在が明らかにされている(その他、登場する皇族については登場人物のページを参照のこと)。
皇族は後述の騎士を持つことが可能である。
皇位継承者
ブリタニアの次期皇帝の地位を受け継ぐことができる権利の持ち主。継承者は権利を返還することで、自身やその騎士の犯した罪などを赦されることもあるほか、諸事情により剥奪される事もある。第17位皇位継承者(ルルーシュ)や、第87位皇位継承者(ナナリー)の存在が確認されている。
ブリタニア貴族
大公爵から武勲候までの以下7等爵プラス3階級の身分の者を貴族としている。英語表記は、公開されているブリタニア貴族の位に則り記述。現実世界における詳細は、爵位を参照のこと。
  • 大公爵=Grand Duke(グランド・デューク)
  • 公爵 =Duke(デューク)
  • 侯爵 =Marquess(マーキス)
  • 辺境伯=Margrave(マーグレイヴ)
  • 伯爵 =Earl(アール)
  • 子爵 =Viscount(ヴァイカウント)
  • 男爵 =Baron(バロン)
  • 騎士 =Knight(ナイト)
作中では貴族の階級であるとともにブリタニア軍においてナイトメアのパイロットになることで得られる。皇族の騎士は軍の階級と同一[9]
武勲候(Knight of honor(ナイト・オブ・オナー))[注 9]
公の階級として分類されていないが、騎士侯は一代限りの貴族として扱われ、最も下の階級となる。平民であっても、国家功労者など一定の条件(めざましい業績を上げるなど)をクリアすれば騎士侯になれる。ヴィレッタやマリアンヌがこれにあたり、ユーフェミアの騎士となったスザクは名誉騎士侯と称された。
コードギアス 亡国のアキト』では、ブリタニア貴族の一部は旧態依然としたブリタニアの貴族制を前時代的なものと考え、民主主義国家であるE.U.へ亡命したとあり、劇中に登場するE.U.の軍人であるレイラ・マルカルは元を正せば亡命貴族を実の両親とする人物である。
時系列上最も過去に位置している『漆黒の蓮夜』では、ブリタニア貴族同士の謀略戦といった形で貴族社会の暗部が描かれている。
騎士
本来は皇族が護衛役として1名選ぶことのできる選任騎士のことで、それらの多くがナイトメアパイロットでもあったため、一般的にナイトメアのパイロットの事を呼称するようになった。選任騎士はギルフォードとスザクが確認されている。
ナイトオブラウンズ
皇帝直属の騎士であり帝国最強の12騎士。ラウンズたちは固有のカラーを持ち、同系色の専用KMFを所有しており、高性能のほか特色が盛んである。称号保持者は敬称としてナイトオブ~と呼ばれ、スザクは第7席なのでナイトオブセブンと呼ばれる。
ナイトオブワン以外に上下関係はなく、実力と忠誠のみが問われており、構成員の中には女性、子供もいる。また、空席のナンバーもいくつか存在する。ナンバーズ出身は枢木スザクのみ。頂点であるナイトオブワンは植民エリアの1つを持つ権限を与えられており、スザクはその特権でエリア11を貰うつもりでいた。
語源はアーサー王伝説に登場する12人の「円卓の騎士(Knights of the Round Table)」。
ナイトオブゼロ
第99代皇帝ルルーシュが自身の選任騎士となったスザクに与えた地位。ラウンズを超えるラウンズとしての権威の高さを持つ。
平民 / 庶民
皇族や貴族、騎士ではない一般のブリタニア人。市民権や渡航の自由などはあるものの、皇帝への謁見が許されるといった特権の類は存在せず、何らかの功績で先述の騎士侯に出世しない限りは上司の貴族に仕える部下という立場でしかない。
一般人と皇族や貴族との間には思考や物腰などで大きな温度差があるが、皇族に生まれながら日本に送られたのを経て平民としての人生を歩んだルルーシュとナナリー、貴族の家に生まれながらロイドとの結婚ではなく自分で働く道を選んだミレイの様に、庶民的な思考や常識を持つ者も存在する。一方でR2劇中では、アッシュフォード学園に入ったジノとアーニャが「貴族と庶民の常識の違い」を露骨に示し、ピクチャードラマ内でもこの点について触れられている。
名誉ブリタニア人
各エリアの住民が、役所に行って試験など特定の手続きをすると得られる称号。ナンバーズと比べ、ある程度の自由や身分を保障される。ナンバーズの間では「祖国の誇りを捨てた裏切り者」という考えが一般的。反乱防止のため携帯電話を持つことができない(小説版より)咲世子はアッシュフォード家からの特別貸与、スザクはナイトオブセブンとして、それぞれ特例として許可されている。
第1期序盤のスザクを見る限り、名誉ブリタニア人にはブリタニア軍へ入隊する資格が認められているが、スザクに関しては一般歩兵と同様の基本装備一式こそ与えられていたものの、銃器の類は実戦任務の場であっても支給されず、特派入りをするまでは事実上の捨て駒に近い扱いをされていた。また、ブラックリベリオンに際して軍内の名誉ブリタニア人からなる将兵多数が黒の騎士団に合流していることから、彼等も軍内ではスザクと同様の扱いを受けていた模様。
ナンバーズ
ブリタニア人が占領下の住民を総称して呼ぶ言葉。エリア11の住民(日本人)をイレヴンと呼ぶように、エリアナンバーで呼称される存在であることから来る蔑称でもある。ブリタニアの階級制度では最下層に位置しており、原則として国外への渡航権は認められておらず、ブリタニア本国や他の属領へ往来する権利も認められていない。
犯罪を犯したナンバーズに対する刑罰は大変重く、第1期ではカレンの母がリフレイン所持・使用の罪だけで懲役20年の刑が下された。また、第1期ではブリタニア軍に捕らえられた藤堂や、R2ではスザク暗殺を目論むも失敗して捕らえられたイレヴンの暗殺者に対して早々に死刑が確定した[注 10]
ルルーシュによるナンバーズ解放政策により、長らく続いた圧政から解き放たれ、イレヴンが日本人に戻るなど民族本来の名を取り戻した。

名称・呼称[編集]

オール・ハイル・ブリタニア
ブリタニア軍人を中心にブリタニア人が使用する「ブリタニア万歳」を意味した言葉。
なお“All Hail Britannia!!!”は神聖ブリタニア帝国国歌のタイトルでもあり、ブリタニアでの重要な式典(クロヴィスの国葬)等で演奏される。歌詞全文及び日本語訳はO.S.T第1弾に掲載されている。
イエス・ユア・マジェスティ(Yes, Your Majesty.)
ブリタニア皇帝に対する「了解」の意を込めた返事。「はい、陛下」あるいは、もっと意訳すると「御意」となる。R2ではジェレミアが皇帝に即位する前のルルーシュに対しても使っている。
イエス・ユア・ハイネス(Yes, Your Highness.)
ブリタニア皇族に対する「了解」の意を込めた返事。「はい、殿下」。
イエス・マイ・ロード(Yes, My Lord.)
ブリタニア軍人が上官に対する「了解」の意を込めた返事。「はい、我が主」あるいは、もっと意訳すると「はい、閣下」となる。
オレンジ
ゼロ=ルルーシュが護送中のスザクを救出しようとした際、ジェレミアに対し「公表する」と脅した謎の単語。単なるハッタリであったが、その後ギアスに操られたジェレミアはゼロを全力で見逃してしまったために「オレンジ疑惑」として勝手に一人歩きしてしまい、軍の疑惑を招く。以後、ジェレミアの蔑称となった。公式サイトでも「全力」共々、ネタとして定着している。ルルーシュに忠誠を尽くすようになってからは、ジェレミアは「オレンジ」という名前を「忠誠の名前」と称している[10]
ブリキ野郎
日本人が呼ぶ、ブリタニア人の蔑称。名前の由来は「ブリタニアの鬼畜野郎」を略した「ブリ鬼野郎」や「(KMFという)ブリキに乗って攻めてくる奴ら」を指した「ブリ機野郎」の意味としても使われる。
イレヴン
ブリタニア当局や一般的なブリタニア人が、名誉ブリタニア人ではない日本人を呼ぶ際の正式名称。日本人にとっては蔑称であり、名誉ブリタニア人でもこの名前で呼ばれる事も多い。

組織[編集]

エリア11(日本)[編集]

黒の騎士団
サイタマゲットーでゼロが一時的に指揮した「ヤマト同盟」の一方的な敗北を機に、シンジュクゲットーで反ブリタニアを掲げ抵抗活動を行っていた「扇グループ」を中核にゼロが組織した。日本解放戦線壊滅後のエリア11における最大の反ブリタニア勢力である。結成初期のアジトは大型居住空間付きの車輌(元の持ち主にルルーシュがギアスをかけて自分に譲らせたもの)で、騎士団の国外追放後は中華連邦にある蓬莱島を拠点としている。活動初期にはキョウトから提供されたKMFや艦船の他、ブリタニアから奪取したガウェインを保有運用していたが、R2では紅蓮を残しその殆どが失われ、ラクシャータが新たに開発した暁や斑鳩などの新型兵器を主戦力としている。超合集国の建国に伴い、星刻ら中華連邦(合衆国中華)の人材を加え、世界的にはどの国家にも属さない武装集団という立場で人員・資金提供を条件に超合集国と契約した結果、超合集国において最大の武力組織へと発展した。
ホテルジャック事件で「日本解放戦線」の強硬派から、人質にされていたブリタニア人救出後、ゼロにより世間へその創設が宣言された。「武器を持たない全ての者の味方である」とし、強者が弱者を一方的に殺す事を否定している。以後、法で裁けない悪を一方的に断罪していった為、多くのイレヴンや一部ブリタニア人の支持を受け、入団希望者を増やし組織を拡大している。メンバーは黒い制服を着用し、活動時には黒のバイザーと帽子で素顔を隠している。ラクシャータ入団後は、インド軍区の潜水艦を入手し遠征活動もしている。
第1期サブタイトルに描かれている紋様は黒の騎士団のエンブレムであり、エースパイロットのスーツの左胸にも描かれている。
第二次トウキョウ決戦の後、斑鳩に外交特使として来訪したシュナイゼルによりゼロの正体がブリタニアの元皇子ルルーシュであり、ルルーシュの持つギアスの力についての情報を明かされた事で、前々からゼロに疑惑を抱いていた者を含めてゼロに対する不信感が増大し、ルルーシュの排除が決定された。超合集国を含む外部に対しては、ゼロは第二次トウキョウ決戦での負傷の末斑鳩艦内で治療の甲斐なく死亡したと虚偽の発表が成され、ギアスに関する情報は隠蔽された。しかしルルーシュはロロの助けで逃げ延びている。
それ以降、黒の騎士団は扇や星刻達幹部を中心に運営されていくが、神楽耶や天子を始めとする超合集国の首脳陣を人質に取られてしまった為、不利な状況に追い込まれてしまう。シュナイゼル率いる反ブリタニア勢力と同盟を結ぶ事になるが、ルルーシュの用意した様々な策の前に翻弄され、最終的にはダモクレスをルルーシュが奪取した事によって形勢が逆転し、全面的に降伏。その後はC.E.O.の座を得たルルーシュに乗っ取られてしまう結末となった。
日本解放戦線(にっぽんかいほうせんせん)
ナリタを本拠地とし、ブリタニアの侵略後に旧日本軍の軍人を中心に組織され、黒の騎士団が組織される以前はエリア11最大の反ブリタニア勢力だった。小説版によれば兵力は7000人、KMFは40〜50機、多数の戦闘車両を保有し、規模は軍隊の旅団から師団規模にまで及んでいる。本拠のナリタは要塞規模の施設になっており、他のレジスタンスとは一線を画している。軍事教訓と実戦経験を持つ軍人が主力であるため実力は高く、エリア11各地で勢力圏を有してブリタニアの侵入を拒むに至っている。
片瀬をリーダーとし藤堂、四聖剣らを客分として擁している。強硬派と穏健派に別れ、一枚岩の組織では無かった。ナリタ攻防戦で弱体した後、片瀬の死を機に壊滅する。壊滅時のゼロの関与に関しては公になっていない。
扇グループ
後に黒の騎士団の母体となる、扇要をリーダーとした反帝国グループ。メンバーにはカレン、玉城、井上、南、吉田、杉山、永田などがいる。かつては、カレンの兄・ナオトがリーダーを務めていた。小説「朱の軌跡」では、料理が趣味だった真田、世話好きだった門倉、女性恐怖症だった山崎、元女子バスケ日本代表だった小笠原など、作戦中で死亡してしまった人物をカレンが思い出すシーンがある。
キョウト
旧財閥系家門であり、皇神楽耶を頭首に、桐原泰三、刑部辰紀、公方院秀信、宗像唐斎、吉野ヒロシの5名が重鎮となり組織された、エリア11の秘密結社。本来は枢木家もキョウト六家の1つだったが、ゲンブが亡くなり、一人息子のスザクは絶縁状態にある為キョウト六家から外されている。ブリタニアへの抵抗活動を行っているエリア11の複数の組織へ、兵器などの支援を行っている。日本解放戦線が壊滅後、主な支援の対象を黒の騎士団へと移す。
表向きは、内政省の管理下でエリア11の自治を司るイレヴンの代表団“NAC”として一部のブリタニア官僚とも関係があり、利益供与を行う代わりに組織の活動を半ば黙認させていた。総督府内の会議で、NACがキョウトである疑いが濃厚とされたことで、結社の実態がブリタニア側に明らかにされ、ユーフェミアの「行政特区日本」宣言をきっかけに証拠を抑えられる。これによってキョウトと繋がっていたブリタニア官僚は摘発され、桐原もダールトンから黒の騎士団への支援を取り止めるよう恫喝される。しかし、ユーフェミアによる虐殺後黒の騎士団を指揮下に置こうとしたが、逆に吸収された。
その後、ブラックリベリオンの敗北で神楽耶を除く全員が捕まり、処刑された。
反ブリタニア武装勢力
反ブリタニアを掲げ、日本各地でレジスタンスをしている武装組織。シンジュクゲットーの「扇グループ」を始め、中部地区の「サムライの血」、サイタマゲットーの「ヤマト同盟」、ナリタの旧日本軍軍人で組織された「日本解放戦線」などといった組織が存在する。
主義者
本作では、「ブリタニア人でありながらブリタニアの政策に反対する人間」を指す。ルルーシュや、ディートハルトらがこれにあたる。

ブリタニア帝国[編集]

親衛隊
総督・副総督に就任した皇族の選任騎士を中心に構成された部隊。
RPI
皇立機甲歩兵に当たるKMF。Royal Panzer Infantryの頭文字の略称。
特別派遣嚮導技術部
略称は特派。シュナイゼルが管轄するブリタニア軍の技術部。ランスロット、ガウェイン、アヴァロンの開発を行った。ロイドを筆頭に数人の技術者らがエリア11にて活動。セシルの他、デヴァイサーとしてスザクも所属。
スザクがナイトオブラウンズの一員となってからは、スザク専属のKMF開発チーム「キャメロット」へ発展解消した。
純血派
ブリタニア軍はブリタニア人のみで構成されるべきと言う思想を掲げるブリタニア軍人の総称。純血派に属するメンバーは制服に純血派の印(赤い羽根モチーフの飾り)をつけている。サザーランド(純血派仕様)に搭乗する。クロヴィスの死後に一時は実権を握るも、枢木スザク強奪事件がきっかけで失墜。部隊としては残るも、コーネリアの総督着任後は閑職に置かれる。ナリタでの戦いでメンバーの多くを失い、事実上解散する。
グラストンナイツ
コーネリア軍所属の、5名からなるエリート騎士。いずれも仮面を着けており、本国からエリア11のブリタニア軍再編のため呼び寄せられた。ダールトンが身寄りのない子供を養子として集めて、騎士に育てあげた。それ故に彼らもダールトンへの忠義が厚い。DVD収録のピクチャードラマではダールトンは彼らを息子たちと呼んでいる。語源はアヴァロンの候補地「グラストンベリー」。
機密情報局
略称は機情もしくは機情局。皇帝直属の組織でR2より登場。C.C.の捕獲が目的で、記憶を失ったルルーシュの監視を行いC.C.がルルーシュと接触する機会を窺っていた。アッシュフォード学園にて教師に成り済ましている他、ヴィレッタ率いる部隊はルルーシュの部屋や学園敷地内各所に監視カメラを設置しており、学園の図書室から隠しエレベーターで下った先にある地下室に司令部を設置している。学園敷地外での監視を担当する「カルタゴ隊」(TURN3のヴィレッタ達の会話より)は、バベルタワー内での戦闘で全滅している。
「カルタゴ隊」の全滅以降は学園敷地外での監視もヴィレッタの指揮下で行われるが、記憶を取り戻したルルーシュに翻弄された末司令部の位置を悟られ、ギアス嚮団から派遣されていたロロもルルーシュに篭絡される。ヴィレッタ以外の全局員は「ルルーシュとロロに関するイレギュラーを見逃す」ギアスを掛けられ、ヴィレッタも扇との件で脅迫された為に事実上無力化された。これに伴い司令部はルルーシュのアジトと化し、黒の騎士団との通信回線も構築された。また、学園敷地外で拠点としていた水族館も蜃気楼の駐機所となる。
ジェレミアが学園敷地内に現れた際に、局員の一部がジェレミアと交戦の上死亡。その後、シャーリーの死を機にルルーシュ=ゼロの疑惑をさらに深めたスザクが司令部に直接乗り込んで調べた末、局員がギアスの支配下にあることを突き止められた。
グラウサム・ヴァルキリエ隊
ナイトオブテン・ルキアーノ直属の15から25歳の女性達で構成される部隊。劇中では単にヴァルキリエ隊とも呼ばれる。ピンクにカラーリングされたヴィンセントに搭乗する。この部隊にはキューエルの妹のマリーカやその先輩のリーライナ・ヴェルガモンが所属し、2人ともコーネリアの侍女を務めた経験を持つ(小説版より)。第二次トウキョウ決戦でカレンが乗る紅蓮聖天八極式の攻撃を受けて全滅。
トロモ機関
カンボジアを拠点とするシュナイゼル配下の機関。シュナイゼルの命により、天空要塞ダモクレスを開発・建造した。シュナイゼルがルルーシュと対決する姿勢を見せた際、機関員の一部が脱走してルルーシュの元へ情報を提供した。

ギアス関連[編集]

ギアス嚮団
ギアス能力者を誕生・研究するべく、シャルルが結成した秘密組織であるとされている。あくまで武装組織ではなく、被検体であるギアス能力者と研究員で構成されている。しかし、数百年前ギアスのコードを授かった頃のC.C.の回想シーンで既に、史実のカトリック教会の十字架がギアスのシンボルマークに入れ替わった体裁で描写される「嚮会」が登場しており、その嚮会の修道女こそがC.C.の先代コード保持者であった。
最高権力者である嚮主にはC.C.のような不老不死のコードを持つ者が祀り上げられ、マリアンヌの死後はV.V.がC.C.の跡を継いで嚮主となっている。その存在は一般には徹底的に秘匿されており、嚮主が代替わりすれば本部そのものが丸ごと移動される。V.V.が嚮主となってからは、中華連邦領土内に本拠地を構えていた。
内部には思考エレベーターが存在する黄昏の間に通じる、黄昏の扉と呼ばれる石扉が存在し、ここを通じて皇帝直轄領とされたギアス関連の遺跡に行き来することが可能。
シャーリーがギアスに翻弄され命を落とした事に憤慨したルルーシュの命により、黒の騎士団零番隊の手で急襲、本拠地内にいた研究員・実験体は徹底的に抹殺され、施設も破壊、完全に殲滅された。
思考エレベーター(アーカーシャの剣)
シャルルが普段身を置いている神殿のような仮想空間の名称。その実態はシャルルがラグナレクの接続を成し遂げるために作り出した、人間の思考に干渉するシステムそのものを指す。シャルルは「神を殺す武器」と形容している。
ルルーシュの操る蜃気楼により一度破壊されるが、その後神根島の遺跡に残されたシステムにより修復され機能を復旧する。
Cの世界
生死に関係なく、人の心と記憶が集まる世界(集合無意識)。シャルル、V.V.、マリアンヌらからは「神」と呼ばれている。
ラグナレクの接続
シャルル、V.V.が幼少時より悲願としてきた、「嘘のない世界」を創生する計画。思考エレベーターで人間の思考=Cの世界に干渉し、不老不死のコードの力を使って全人類を集合無意識へと回帰(個人の意識と全人類の意識を強制的に共有)させるというもの[11]。接続が完了すると、全人類が他人に思考をさらけ出す状態となり、さらにはCの世界に残る、過去に死んだ人間の記憶や思念までもが感知できるようになるとされていた。C.C.、V.V.のコードが揃った事を期にシャルルによって計画が開始されたが、ルルーシュがCの世界そのものにギアスをかけたことで計画は潰えることとなった。ラグナレクとは北欧神話において神々と巨人族が争う世界終末戦争を指し、神々の黄昏ともいう。

事件[編集]

本編開始前
厳島の奇跡
7年前の日本占領戦において唯一ブリタニアが黒星を付けられた戦い。藤堂が「奇跡の藤堂」と呼ばれる由縁でもあるが、実際には藤堂の情報分析・指揮の能力によってもたらされた勝利である。戦後に「奇跡」という名が一人歩きし、日本解放戦線をはじめ一部の日本人が藤堂に過剰な期待を寄せることとなった。
小説版「亡国のアキト」では以前から流体サクラダイトによる神風を行っていた日本人がこれに触発されて「藤堂に続け」と十代の女学生や果てには正規軍の一個師団が基地ごと自爆するという事態にまで発展し、奇跡を起こした本人である藤堂を苦しめ、更に戦後もゼロが現れるまではこの方法によるテロが横行し、ブリタニアを始めE.U.などの諸国から「イレヴンは死ぬことが大好きな民族」という偏見を植え付ける事となる。
極東事変
皇暦2010年に起こった神聖ブリタニア帝国による日本侵攻を指す(この名称は小説版で初出)。R2では第二次太平洋戦争と呼ばれた。
本編開始後
シンジュク事変
クロヴィス総督時の、レジスタンスによるC.C.(公式には毒ガス)強奪からクロヴィス暗殺まで。一連の戦闘によって、比較的復旧が進んでいたシンジュクゲットーは人的・物的共に大被害を受けた。
枢木スザク強奪事件
通称「オレンジ事件」。クロヴィス暗殺の実行犯として逮捕された枢木スザクの軍事法廷へ送られる際に暗殺の真犯人であるゼロが現れ、純血派がゼロに枢木スザクを引き渡した事件。これにより純血派は解散を余儀なくされ、ジェレミアが「オレンジ」と呼ばれることとなった。この事件を皮切りにゼロが世間に広く知れ渡ることになる。
ホテルジャック事件
コーネリア総督時、劇中で起こった日本解放戦線によるホテルジャック事件。サクラダイト生産国会議の会場であった河口湖コンベンションセンターホテルを草壁率いる日本解放戦線強硬派が襲撃し、民間人を含む多数の人質を確保して篭城した。最終的には、黒の騎士団の介入で草壁が自殺し、事件は解決した。事件終結直後にゼロによる黒の騎士団の結成が宣言された。
ナリタ連山攻防戦
ナリタ連山の日本解放戦線の本拠地の壊滅を図ったコーネリアの部隊に、黒の騎士団が奇襲をかけた事件。紅蓮弐式の輻射波動を利用して膨大な土石流を引き起こすという、山岳部の斜面を利用した作戦によって、コーネリア摩下の部隊の大半を壊滅させるとともに、コーネリアを孤立させ後一歩のところまで追い詰めるが、ユーフェミアの命によって出撃したスザクのランスロットの手で失敗。しかしそれでも黒の騎士団としてはブリタニア軍に大勝した形となり、騎士団の力を知らしめる事となった。
キュウシュウ戦役
コーネリア総督時、キュウシュウで起こったテロ事件を指す。元枢木政権のメンバーだった澤崎敦が、中華連邦の曹将軍の助力でフクオカ基地を占拠、そこから独立主権国家「日本」の再興を宣言した。ブリタニア軍の進軍を天候の助けもあって許さず、単機で乗り込んできたランスロットを追い詰めたが、ゼロの乗るガウェインが乱入し形勢は逆転。澤崎と曹将軍らは拘束された。なお、公式にはゼロの助力はなかったことになっている。
ブラックリベリオン(第一次トウキョウ決戦)
ユーフェミアによる日本人虐殺を止めた黒の騎士団が、ブリタニアに反攻する日本人達を率いてトウキョウ租界に進軍した事件。最終的にはゼロが戦線を離脱し統制がとれなくなった黒の騎士団が敗北し、構成員のほとんどは逮捕、わずかに逃れた者たちも地下潜伏や他国への亡命を余儀なくされた。
第二次トウキョウ決戦
超合集国の日本奪還要請を受けた黒の騎士団とラウンズ含むブリタニア軍による日本の領土を巡るトウキョウ租界での戦争。ナナリー奪還も目的としており、ロロや咲世子がその任に就いている。激戦が続く中で咲世子に救出されたカレンが紅蓮聖天八極式に乗って戦線に復帰し、スザクのランスロットを大破させるが、「生きろ」というギアスの命令に支配されたスザクによりフレイヤが発射され、敵味方問わず多くの死者を出し、トウキョウ租界の一部は壊滅に追い込まれた。

兵器関連[編集]

ゲフィオンディスターバー
ラクシャータが開発した、サクラダイトに磁場による干渉を与えることでその活動を停止させるフィールドを発生させる装置。効果範囲内に存在する様々な電力機関、KMFは第一駆動系=ユグドラシルドライブが停止し、活動不能の状態に陥ってしまう。また副産物としてレーダー機能を阻害するジャミング効果が発生しており、これを搭載した艦艇やKMFはステルス機能が附属されることとなる。ロイドには理論だけの代物と認識されていた。
ガウェイン、後に斑鳩に搭載されているハドロン砲には、砲撃の収束システムとしてこの装置の理論を応用したゲフィオンコントロールと呼ばれる機構が使用されており、収束率の変化をも可能としている。他にも紅蓮可翔式にも小型ポッド・ゲフィオンネットとして配備されている。当初はランスロットにも効果を及ぼせられたが、この装置の実用化が公のものとなって以降はブリタニア側において、特に最新鋭のKMFを対象に対策が施され、第五世代以前のKMFにしか効かなくなっている。黒の騎士団側でもR2ではKMFやジェレミアに対策が施されており、第二次トウキョウ決戦に際してはゲフィオンディスターバーによる影響を全く受けなかった。
時系列上第1期とR2の中間に位置する『双貌のオズ』ではヴェルキンゲトリクスの開発に関するオルフェウスたちの会話の中で、ゲフィオンディスターバーへの対策が施された動力システムは、ユグドラシルドライブの核となるサクラダイトに特殊な処理を施す必要がある関係でごく一部の工場でしか生産が出来ず、さらにはこのシステム自体がフロートシステムに干渉する危険性があったことから空輸が難しいという問題点が取り上げられている。
フレイヤ
ニーナがチーフを務める研究チーム・インヴォーグが開発した、戦争を変えるとされる新型核兵器でField Limitary Effective Implosion Armamentの略。発射されると、ある程度の距離を直進したのちサクラダイトが起爆、巨大なエネルギー球体が発生しそれに触れた物質全てを完全に消滅させる。第一次影響圏である球体内部は空気も消滅するため、球体の縮小・消失後は真空となった圏内に周囲の空気が流入、第二次、第三次影響圏で突風が発生しさらに高範囲に被害をもたらす。効果範囲と起爆時間はリミッターによって調整が可能であり、リミッターを解除すれば最大半径100kmを消滅させることが可能。なお、爆発、熱反応、放射能などは全く発生せず、第三次影響圏終了後には後遺症は一切ない。
第二次トウキョウ決戦において、ニーナの意向によりランスロットにピストル状の武器に搭載される形でロールアウト、トウキョウ租界に巨大なクレーターを発生させる。後にシュナイゼルらによって一次製造分の弾頭が全て回収され、ダモクレスに大量配備されることになった。
なお、刻々と変化する組成に対応する反応を、周囲の環境を正確に反映した上でぶつけることで臨界反応を停止させることが可能であり、開発者であるニーナ自身の手で、それを利用した対フレイヤ兵器「フレイヤ・エリミネーター」が開発された。
サクラダイト
フジサン近辺で採掘されるレアメタル高温超電導体の調整に欠かすことができない物質で、世界の安全保障に関わる戦略物資である。極めて引火性の強い液体状のサクラダイトを輸送する描写が劇中でなされている。日本はこの鉱物の世界最大の産出国(シェアの約70%)であり、それゆえにブリタニアの日本侵略の名目にされた。年に一度生産国会議が行われており、国際分配レートが決められている。
ヨーロッパではストーンヘンジ周辺などから「賢者の石」としてサクラダイトが少量だが発見されている。かつての日本では「桜石(実在するコーディアライトが雲母化したものとは異なる)」と呼ばれており、それを求めて大航海時代の進展が即され、それが新大陸の発見に繋がった。
磁場による干渉を与えると活動を停止する習性があり、ラクシャータはこの習性を利用してゲフィオンディスターバーを完成させた。
実験適合生体
C.C.(CODE-R)の特性を再現するための実験体らしいが、詳細は不明。ナリタ攻防戦後のジェレミアが該当し、主に左半身に機械のような物がつけられており、背中には神経電位接続用のコネクターが装備されている(左肩には放熱フィンを装備している)。また、左目は機械化され緑色になっており一見すると普通の目のようだが、配線のような物が内部から光りだすことがある。
R2では機械部分は取り外されているが、ジェレミアのコートにコネクターが装備されている。

その他[編集]

リフレイン
イレヴンの間で蔓延している違法薬物。中華連邦からキュウシュウルートで持ち込まれている。中毒に陥ると過去に戻った気になり、やがては発狂に至る。現実の麻薬同様所持は厳罰の対象である(カレンの母親は懲役20年の判決を受けた)。
イレヴンにとっては、ブリタニアの侵略以来苦しい生活を強いられている現実から目を背け、それ以前の幸せな時に逃避する手段だと見なされている。それ故、イレヴンの間で蔓延するだけに留まらず、ブリタニア人からも非合法に利益を得る手段として着目され、第1期では本来リフレインを取り締まる側にいるはずのブリタニア警察の悪徳警官が、R2では未来のない現状に自棄を起こして犯罪に走った不良イレブンを取り巻きにしているブリタニア貴族のコルチャックがイレヴン相手にリフレイン密売を行っていた。
小説版「亡国のアキト」でもゲットーを抜け出したイレヴンの間に蔓延し、作中には当時女子高生だった女性が服用しており、既に重度の退行状態となっていた。しかし、イレヴン達のギャングの間ではこれに関わることを避けているグループも存在している模様。
常温では褐色の液体で、注射器を使い摂取する。
皇暦(a.t.b.)
ブリタニア即位紀元 (Ascension Throne Britannia) の略称。ブリタニア皇家の始祖とされるアルウィン1世が、アウグストゥス治下のローマ帝国から独立を獲得し、ケルトの部族長として即位した年を元年とするブリタニアの紀年法。リカルド・ヴァン・ブリタニア1世によって制定された。神聖ブリタニア帝国本土及び属領(エリア)で広く使用されている。名誉ブリタニア人の任命試験にも出題される。
神聖ブリタニア帝国旗
国旗は青地に赤十字の中央に国章である王冠と盾を配する。盾には「帝権」の象徴であるライオンと「死と再生」及び「智恵」を象徴するが配されている。このライオンは尻尾が蛇となっておりキマイラの一種であるが、お互いをくわえようとする姿は「ウロボロス」の構図であり、永劫回帰不老不死、叡智を意味し、帝国の永続性を象徴している。
壁の印
ギアスの持続時間を調べるためにルルーシュに命令されたアッシュフォード学園の女生徒が毎日学園の屋上の壁に付けている印。壁の印で5話から何日時間が経過しているかが分かる[12]。DSゲーム版では印をつける少女にギアスを実験をする展開がある。
ミレイのイベント
アッシュフォード学園の生徒会長ミレイが発案したイベント。どれもがかなり特殊であり、ルルーシュはかなり嫌がっている。なお、これまで実行が確認されたのは下記のものと、オレンジデー、小学生の日、失恋コンテストなどがある。
男女逆転祭り
男が女装し、女が男装するイベント。だがこのイベントが原因でその方面に目覚めた者が3人おり、1人はルルーシュ達の担任であった。ルルーシュ自身はこのイベントを特に嫌っているが、完璧なまでの女装姿を披露している[13]
巨大ピザ作成
学園祭とナイトオブセブン歓迎会で行われた。元々はルルーシュがガニメデを使って巨大ピザ生地を回し、巨大窯で焼くというもの。本編の学園祭においてはユーフェミアの騎士となったスザクが操縦し直径12mの生地を回したが、ユーフェミアが学園祭に訪れた混乱に気を取られた結果、生地を落として失敗。歓迎会においてはガニメデが無い為、あらかじめ焼いていた生地の上にガニメデのかわりにスザクが操縦するMR-1でトマトソースをかけることになったが、C.C.がトマトソース入りのコンテナに入ってしまった上勝手にMR-1に乗ったジノがそれを生地にかけようとしたため、彼女を人目に晒すことを防ごうとしたルルーシュによって消火ガスが撒かれ台無しになった。
キューピットの日
ミレイが自身の卒業イベントとして発案した。男子は青いハート型の帽子、女子はピンクのハート型の帽子を被り、相手の帽子を奪って被れば、その両者は会長権限でカップルとなる。参加者は生徒だけでなく教師も対象。開始時までは狙う相手から一定の距離を取るというハンデルールはあるものの、それ以外にルールが無いためにハリセンやピコピコハンマーといった武器を持った者が多数存在した。
ルルーシュはこのイベントで影武者の咲世子が築いた108人の女性との関係を清算しようとしたが、ミレイがルルーシュの帽子に部費10倍の懸賞を懸けたため各クラブに追われる身となり、更にアーニャがモルドレッドを駆り出し、これを非常事態と勘違いしたブリタニア軍が出撃する騒動になる。最終的にルルーシュと帽子を交換したシャーリーが学園公認の恋人となったが、ルルーシュのシンパからはそれは認められていない[14]
最後はシャーリーの呼びかけを切っ掛けに、ブリタニア軍やギルフォードと共に出撃していたスザクを含めた生徒たちがミレイに別れの挨拶をし、ミレイがこれに答えて学生生活の終わりを宣言しながら自分のピンクの帽子を天高く放り投げる形で幕が引かれた。
ゼロレクイエム
シャルルとマリアンヌの計画を阻止し、皇帝になったルルーシュとナイトオブゼロに任命されたスザクが画策した計画。その全容はルルーシュ自身の命を賭して行うものであり、ルルーシュが世界を掌握して独裁することで人々の憎しみを一身に受け、最後はスザクがゼロとしてルルーシュを討ち人々の憎しみの連鎖を断ち切るというもの。この計画を完遂前に知っていたのはC.C.、ロイド、セシル、ジェレミア、咲世子、ニーナと数少ない。また、カレンやナナリー、藤堂の様に気付いた者も少数ながら存在する。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

第1期
オープニングテーマ
COLORS
作詞 - KOHSHI ASAKAWA、KEIGO HAYASHI / 作曲 - TAKESHI ASAKAWA / 編曲 - FLOW & KOICHI TSUTAYA / 歌 - FLOW
第1クール(STAGE 1 - 12)
解読不能
歌・作詞・作曲・編曲 - ジン
第2クール(STAGE 13 - 23)
エンディングテーマ
勇侠青春謳
作詞 - 宝野アリカ / 作曲・編曲 - 片倉三起也 / 歌 - ALI PROJECT
第1クール(STAGE 1 - 12)
モザイクカケラ
作詞・作曲 - 石田順三 / 編曲 - 坂本昌之・SunSet Swish / 歌 - SunSet Swish
第2クール(STAGE13 - 23)
テーマ曲
瞳ノ翼
作詞 - 井上秋緒 / 作曲・編曲 - 浅倉大介 / 歌 - access
(STAGE 24・25、SPECIAL EDITION)
  • オープニングの映像は新規の動画ではなく、DVDのパッケージイラストが流れるという斬新な形を取っており、総集編のような映像流用となっている。
挿入歌
「Stories」
STAGE 5・13・25、SPECIAL EDITION
「Masquerade」
STAGE 14、SPECIAL EDITION(O.S.T.1に収録)
「Alone」
STAGE 21
「Innocent Days」
STAGE 22・23、SPECIAL EDITION(O.S.T.2に収録)
以上4曲、歌 - Hitomi
「ピカレスク」
STAGE17
「Callin'」
STAGE 20(O.S.T.2に収録)
以上2曲、歌 - 酒井ミキオ
第2期(R2)
オープニングテーマ
O2
作詞・作曲・歌 - ORANGE RANGE
第1クール(TURN 01 - 12)
WORLD END
作詞 - KOHSHI ASAKAWA,KEIGO HAYASHI / 作曲 - TAKESHI ASAKAWA / 編曲 - FLOW & KOICHI TSUTAYA / 歌 - FLOW
第2クール(TURN 13 - 25)
エンディングテーマ
シアワセネイロ
作詞・作曲・歌 - ORANGE RANGE
第1クール(TURN 01 - 12)
わが﨟たし悪の華
作詞 - 宝野アリカ / 作曲・編曲 - 片倉三起也 / 歌 - ALI PROJECT
第2クール(TURN 13 - 25)
挿入歌
「Masquerade」
TURN 3(コードギアス反逆のルルーシュ O.S.T.1に収録)
「僕は、鳥になる。」
TURN 19(コードギアス反逆のルルーシュR2 O.S.T.2に収録)
「Innocent Days」
TURN 23(コードギアス反逆のルルーシュ O.S.T.2に収録)
「Continued Story」
TURN 25(コードギアス反逆のルルーシュR2 O.S.T.2に収録)
以上4曲、歌 - Hitomi

各話リスト[編集]

コードギアス 反逆のルルーシュ
話数 サブタイトル[注 11] 脚本 コンテ 演出 作画監督 総作画監督 放送日
STAGE 1 魔神 が 生まれた 日 大河内一楼 谷口悟朗 秋田谷典昭 千羽由利子
中谷誠一
木村貴宏
中田栄治
2006年
10月5日
STAGE 2 覚醒 の 白き 騎士 須永司 三好正人 佐光幸恵
山根理宏
千羽由利子
中田栄治
10月12日
STAGE 3 偽り の クラス メイト 村田和也 しんぼたくろう
高瀬健一
10月19日
STAGE 4 その 名 は ゼロ 須永司 三宅和男 高橋晃 10月26日
STAGE 5 皇女 と 魔女 鳥羽聡 坂本修司
前田清明
11月2日
STAGE 6 奪われた 仮面 村田和也 工藤寛顕 高橋晃 11月9日
STAGE 7 コーネリア を 撃て 須永司 秋田谷典昭 中谷誠一 11月16日
STAGE 8 黒 の 騎士団 馬場誠 佐光幸恵 11月23日
STAGE 8.5 仮面 の 軌跡 総集編 11月30日
STAGE 9 リ フ レ イ ン 大河内一楼 村田和也 しんぼたくろう
高瀬健一
千羽由利子
中田栄治
12月7日
STAGE 10 紅蓮 舞う 須永司 三宅和男 米山浩平
池田有
12月14日
STAGE 11 ナリタ 攻防戦 鳥羽聡 千羽由利子
中田栄治
12月21日
STAGE 12 キョウト から の 使者 吉野弘幸 坂本郷 工藤寛顕 高橋晃 木村貴宏
中田栄治
2007年
1月4日
STAGE 13 シャーリー と 銃口 深海曜 秋田谷典昭 しんぼたくろう
高瀬健一
千羽由利子
中田栄治
1月11日
STAGE 14 ギアス 対 ギアス 大河内一楼 杉島邦久 馬場誠 金成范 中谷誠一 1月18日
STAGE 15 喝采 の マオ 須永司 山田徹 向山祐治
佐久間健
木村貴宏
中田栄治
1月25日
STAGE 16 囚われ の ナナリー 三宅和男 天崎まなむ
佐々木睦美
2月1日
STAGE 17 騎 士 野村祐一 村田和也 米山浩平
池田有
千羽由利子
中田栄治
2月8日
STAGE 17.5 仮面 の 真実 総集編 2月15日
STAGE 18 枢木スザク に 命じる 大河内一楼 杉島邦久 鳥羽聡 石田可奈
鎌田祐輔
中谷誠一
中谷誠一 2月22日
STAGE 19 神 の 島 吉野弘幸 須永司 政木伸一 向山祐治
佐久間健
木村貴宏
中田栄治
3月1日
STAGE 20 キュウシュウ 戦役 野村祐一 工藤寛顕 しんぼたくろう
高瀬健一
千羽由利子
中田栄治
3月8日
STAGE 21 学 園 祭 宣 言 ! 大河内一楼 杉島邦久 秋田谷典昭 坂本修司
鷲北恭太
3月15日
STAGE 22 血染め の ユフィ 須永司 馬場誠 米山浩平
池田有
3月22日
STAGE 23 せめて哀しみとともに 大河内一楼
野村祐一
杉島邦久 政木伸一 石田可奈
板垣敦
田畑壽之
中谷誠一
木村貴宏
中田栄治
3月29日
STAGE 24 崩落 の ステージ 大河内一楼 須永司 三宅和男 しんぼたくろう
高瀬健一
中谷誠一 7月28日
STAGE 25 ゼ ロ 鳥羽聡 千羽由利子
中田栄治
-
コードギアス 反逆のルルーシュR2
話数 サブタイトル[注 11] 脚本 コンテ 演出 作画監督 総作画監督 放送日
TURN 1 魔神 が 目覚める 日 大河内一楼 須永司 秋田谷典昭 石田可奈
森寬之
千羽由利子
中田栄治
2008年
4月6日
TURN 2 日本 独立 計画 鳥羽聡 坂本修司
板垣敦
4月13日
TURN 3 囚われ の 学園 村田和也 馬場誠 しんぼたくろう
池田有
4月20日
TURN 4 逆襲 の 処刑台 杉島邦久 三宅和男 嘉手苅睦
中谷誠一
中谷誠一 4月27日
TURN 5 ナイト オブ ラウンズ 須永司 秋田谷典昭
三宅和男
田畑壽之
福島秀機
千羽由利子
中田栄治
5月4日
TURN 6 太平洋 奇襲 作戦 鳥羽聡 石田可奈
板垣敦
5月11日
TURN 7 棄てられた 仮面 村田和也 馬場誠 佐光幸恵
SNIPES
5月18日
TURN 8 百万 の キセキ 杉島邦久 三宅和男 坂本修司
池田有
5月25日
TURN 9 朱禁城 の 花嫁 須永司 酒井和男 千羽由利子
森寬之
6月8日
TURN 10 神虎 輝く 刻 鳥羽聡 高乗陽子
前田清明
木村貴宏
中田栄治
6月15日
TURN 11 想い の 力 信田ユウ 松原一之
仲盛文
中谷誠一 6月22日
TURN 12 ラブ アタック ! 須永司
森邦宏
秋田谷典昭 しんぼたくろう
池田有
小暮昌宏
千羽由利子
中田栄治
6月29日
TURN 13 過去 から の 刺客 村田和也 米田和博 田畑壽之 7月6日
TURN 14 ギアス 狩り 須永司 三宅和男 石田可奈
板垣敦
又賀大介
中田栄治(メカ) 7月13日
TURN 15 C の 世界 馬場誠 佐光幸恵
中田栄治
宮前真一
中澤勇一
千羽由利子
中田栄治
7月20日
TURN 16 超合集国決議第壱號 阿部達也 川原智弘(メカ) 7月27日
TURN 17 土 の 味 日高政光
山本珠代
工藤寛顕 坂本修司
松井章
中谷誠一
中谷誠一(メカ) 8月3日
TURN 18 第二次 東京 決戦 須永司 鳥羽聡 松原一之
前田清明
池田有
中田栄治(メカ) 8月10日
TURN 19 裏切り 村田和也 秋田谷典昭 石田可奈
SNIPES
中田栄治
木村貴宏
中田栄治
8月17日
TURN 20 皇帝 失格 須永司 三宅和男 小林亮
松井章
吉田隆彦
8月24日
TURN 21 ラグナレク の 接続 馬場誠 田畑壽之
中澤勇一
中田栄治(メカ) 8月31日
TURN 22 皇帝 ルルーシュ 村田和也 三好正人
信田ユウ
宮前真一
仲盛文
中谷誠一 9月7日
TURN 23 シュナイゼル の 仮面 五十嵐達矢 佐光幸恵
しんぼたくろう
池田有
佐光幸恵
中田栄治
9月14日
TURN 24 ダモクレス の 空 須永司 鳥羽聡 木村貴宏
板垣敦
又賀大介
中田栄治(メカ) 9月21日
TURN 25 Re; 須永司
村田和也
秋田谷典昭
三宅和男
馬場誠
北條史也
千羽由利子
中田栄治
- 9月28日

放送局[編集]

第1期放送局[編集]

放送地域 放送局 放送期間 放送日時 備考
本放送局(第1期)
近畿広域圏 毎日放送 (MBS) 2006年10月5日 - 2007年3月29日
2007年7月28日(24話・25話)
木曜 25:25 - 25:55
土曜 26:25 - 27:25(24話・25話)[注 12]
製作局
北海道 北海道放送 (HBC) 2006年10月5日 - 2007年3月29日
2007年8月4日(24話・25話)
木曜 26:10 - 26:40
土曜 27:10 - 28:10(24話・25話)
中京広域圏 中部日本放送 (CBC) 2006年10月5日 - 2007年3月29日
2007年8月13日(24話・25話)
木曜 26:50 - 27:20
月曜 25:30 - 26:30(24話・25話)
関東広域圏 東京放送 (TBS) 2006年10月6日 - 2007年3月30日
2007年7月30日(24話・25話)
金曜 25:55 - 26:25
月曜 28:00 - 29:00(24話・25話)
静岡県 静岡放送 (SBS) 2006年10月6日 - 2007年3月30日
2007年8月2日(24話・25話)
金曜 26:15 - 26:45
木曜 25:44 - 26:44(24話・25話)
宮城県 東北放送 (TBC) 2006年10月6日 - 2007年3月30日
2007年8月7日(24話・25話)
金曜 26:15 - 26:45
火曜 26:30 - 27:30(24話・25話)
広島県 中国放送 (RCC) 2006年10月7日 - 2007年3月31日
2007年8月10日(24話・25話)
土曜 26:40 - 27:10
金曜 26:10 - 27:10(24話・25話)
熊本県 熊本放送 (RKK) 2006年10月8日 - 2007年4月1日
2007年8月11日(24話・25話)
日曜 26:30 - 27:00
土曜 25:10 - 26:10(24話・25話)
岡山県・香川県 山陽放送 (RSK) 2006年10月9日 - 2007年4月2日
2007年8月6日(24話・25話)
月曜 26:25 - 26:55
月曜 25:55 - 26:55(24話・25話)
福岡県 RKB毎日放送 2006年10月10日 - 2007年4月3日
2007年8月1日(24話・25話)
火曜 26:28 - 26:58
水曜 26:05 - 27:05(24話・25話)
追加放送局(第1期)
沖縄県 琉球放送 (RBC) 2007年9月1日 - 2008年2月23日 土曜 27:56 - 28:26
高知県 テレビ高知 (KUTV) 2007年9月5日 - 2008年2月27日 水曜 25:39 - 26:09
山梨県 テレビ山梨 (UTY) 2007年9月6日 - 2008年2月28日 木曜 25:55 - 26:25
青森県 青森テレビ (ATV) 2007年9月20日 - 2008年3月13日 木曜 25:00 - 25:30
富山県 チューリップテレビ (TUT) 2007年10月1日 - 2008年3月31日 月曜 15:00 - 15:29[注 13]
愛媛県 あいテレビ (ITV) 2007年10月3日 - 2008年3月26日 水曜 25:25 - 25:55
山形県 テレビユー山形 (TUY) 2007年10月5日 - 2008年3月28日 金曜 26:25 - 26:55
宮崎県 宮崎放送 (MRT) 2007年10月6日 - 2008年3月22日 土曜 26:07 - 26:37
福島県 テレビユー福島 (TUF) 2007年10月7日 - 2008年3月30日 日曜 25:35 - 26:05
大分県 大分放送 (OBS) 日曜 26:20 - 26:50[注 14]
石川県 北陸放送 (MRO) 2007年10月11日 - 2008年4月3日 木曜 26:25 - 26:55
岩手県 IBC岩手放送 (IBC) 2007年11月4日 - 2008年3月30日 日曜 5:30 - 6:00[注 15]
長野県 信越放送 (SBC) 2008年1月3日 - 3月31日 月曜 26:30 - 27:00
火曜 26:30 - 27:00
※週2回放送[注 16]
山口県 テレビ山口 (tys) 2008年1月6日 - 3月30日 日曜 25:05 - 25:35
水曜 27:15 - 27:45
※週2回放送
鹿児島県 南日本放送 (MBC) 2008年1月10日 - 4月3日 木曜 25:00 - 26:00
※2話連続放送
新潟県 新潟放送 (BSN) 2008年1月11日 - 4月4日 金曜 27:05 - 28:05[注 17]
※2話連続放送
衛星放送(第1期)
日本全域 アニマックス 2006年11月7日 - 2007年5月6日
2007年8月25日(24話・25話)
火曜 23:00 - 23:30
(リピート放送あり)
CS放送
BS-i 2007年10月7日 - 2008年3月23日 日曜 11:30 - 12:00 BS放送
キッズステーション 2010年7月8日 - 12月23日 木曜 24:00 - 24:30
(リピート放送あり)
CS放送

2007年9月以降に放送を開始した地上波追加放送局およびBS-iでは8.5話と17.5話は未放送。

第2期放送局(R2)[編集]

放送地域 放送局 放送期間 放送日時 備考
(第2期)
全国放送
(一部地域除く)
毎日放送(MBS)・TBS系列 2008年4月6日 - 9月28日 日曜 17:00 - 17:30
全国放送 アニマックス 2008年5月12日 - 10月20日 月曜 19:00 - 19:30
(リピート放送あり)
TBS系列より6週遅れ
BS-i 2008年10月5日 - 2009年3月29日 日曜 11:30 - 12:00

日本国外[編集]

放送局 放送期間 放送日時 備考
第1期
台湾 アニマックス台湾 2010年4月23日 - 月曜 - 金曜 21:00 - 21:30
CST
第2期
台湾 アニマックス台湾 2010年5月28日 - 月曜 - 金曜 21:00 - 21:30
CST

受賞歴[編集]

コードギアス 反逆のルルーシュ
コードギアス 反逆のルルーシュ R2

関連商品[編集]

DVD・BD[編集]

テレビシリーズのDVDとBlu-ray Discの累計出荷枚数は、2010年4月22日時点で発売された全巻で170万枚を超えている[15]

第2期・第1巻の『コードギアス 反逆のルルーシュ R2 volume01』は、2008年9月1日付のランキングにて、初の同一アニメ作品のDVD・BD両メディアダブル首位となった。

第1期
テレビシリーズは全9巻で発売。ブックレットには福山潤のメッセージや「咲世子の日記」「ルルーシュ先生のブリタニア史講座」メカ・キャラクターの解説などが載っている。2期のパッケージ発売に伴い、BDが毎月1巻毎発売された。
  • 第1巻 2007年1月26日発売。stage1を収録。ピクチャードラマ「stage0」収録。その他『コードギアス 緊急ナビニュース』も収録するなど、様々な特典が付属。
  • 第2巻 2007年2月23日発売。stage2 - stage4を収録。ピクチャードラマ「stage3.25」収録。初回特典は特製ブックカバー。
  • 第3巻 2007年3月23日発売。stage5 - stage7を収録。ピクチャードラマ「stage6.75」収録。初回特典はオリジナルハンカチ。
  • 第4巻 2007年4月25日発売。stage8 - stage10を収録。ピクチャードラマ「stage9.75」とテレビで放送された「stage8.5」も収録。初回特典はオリジナルピンズ2種。パッケージに記載はないがCLAMP描き下ろしショートコミックが封入されている。
  • 第5巻 2007年5月25日発売。stage11 - stage13を収録。ピクチャードラマ「stage4.33」収録。初回特典はEDイラストを使用したポストカード2(全5種)
  • 第6巻 2007年6月22日発売。stage14 - stage16を収録。ピクチャードラマ「stage8.75」収録。初回特典はオリジナルピンズ2種(スザクとカレン)。
  • 第7巻 2007年7月27日発売。stage17 - stage19を収録。ピクチャードラマ「stage9.33」収録。初回特典は設定資料及びCLAMPによるショートコミック。
  • 第8巻 2007年8月24日発売。stage20 - stage22を収録。ピクチャードラマ「stage22.25 幸せな時代」収録。初回特典はオリジナルビンズ(2種類)。
  • 第9巻 2007年9月25日発売。stage23 - stage25を収録。ピクチャードラマ「stage23.95」収録。初回特典は、CLAMP描き下ろしによる全巻収納BOX。
DVDマガジン
ラジオ「はんぎゃく日記」出張版動画、キャラクター名台詞ランキング、続編の予告映像及び「咲世子の日記」「ルルーシュ先生のブリタニア史講座」の動画版を収録。
  • コードギアス 反逆のルルーシュ DVDマガジン 1、2007年12月21日発売。
  • コードギアス 反逆のルルーシュ DVDマガジン 2、2008年1月25日発売。
スペシャルエディション
  • コードギアス 反逆のルルーシュ SPECIAL EDITION BLACK REBELLION 2008年2月22日発売。アニメ第1期をルルーシュの視点で振り返る。C.C.役のゆかなのナレーションで展開される。2008年3月発売のPSP版ゲームの限定版にはUMDビデオで収録された。
Blu-ray BOX
  • コードギアス 反逆のルルーシュ 5.1ch Blu-ray BOX 2013年9月25日発売。ピクチャードラマ「stage0.97」収録。
第2期(R2)
DVDとBDが同時発売。
  • 第1巻 2008年8月22日発売。TURN1を収録。イラストドラマ「TURN0.923」収録。初回特典はポストカードとCLAMPによるキャラクター原案画稿、河口佳高をゲストに迎えた「コードギアス はんぎゃく日記 出張版 R2」。
  • 第2巻 2008年9月26日発売。TURN2 - TURN4を収録。イラストドラマ「TURN0.56」収録。初回特典は「特製ロロぞうきん」。
  • 第3巻 2008年10月24日発売。TURN5 - TURN7を収録。イラストドラマ「Stage7.19」収録。初回特典は「特製設定資料集」。
  • 第4巻 2008年11月21日発売。TURN8 - TURN10を収録。イラストドラマ「TURN9.34」収録。初回特典は「特製設定資料集収納ホルダー」。
  • 第5巻 2008年12月19日発売。TURN11 - TURN13を収録。イラストドラマ「TURN12.59」収録。初回特典は「第2期エンディングのポストカード」。
  • 第6巻 2009年1月23日発売。TURN14 - TURN16を収録。イラストドラマ「TURN12.31」収録。初回特典は「特製設定資料集2」。
  • 第7巻 2009年2月20日発売。TURN17 - TURN19を収録。イラストドラマ「TURN19.02」収録。初回特典はCLAMPによるキャラクター原案画稿2。
  • 第8巻 2009年3月27日発売。TURN20 - TURN22を収録。イラストドラマ「TURN22.05」収録。初回特典はCLAMPによるキャラクター原案画稿3。
  • 第9巻 2009年4月24日発売。TURN23 - TURN25を収録。イラストドラマ収録。初回特典は「特製全巻収納BOX」
Blu-ray BOX
  • コードギアス 反逆のルルーシュ R2 5.1ch Blu-ray BOX 2014年3月26日発売。イラストドラマ「TURN12.06」収録。

CD[編集]

  • コードギアス 反逆のルルーシュO.S.T.(2006年12月20日、VICL-62187)
    前期エンディングテーマ「勇侠青春謳 TV Ver.」、Hitomiによる挿入歌「Stories」と「Masquerade」を含め、全22曲収録。
    音楽は中川幸太郎と黒石ひとみが担当。
    ジャケットイラストは木村貴宏描き下ろし。
  • コードギアス 反逆のルルーシュO.S.T.2(2007年3月24日、VICL-62308)
    前期オープニテーマ「COLORS -CODE GEASS OPENING MIX-」、酒井ミキオによる挿入歌「Callin'」と「ピカレスク」、Hitomiによる挿入歌「Alone」と「Innocent Days」、Hiroki Shimizu、Masashi Kohata、Hideo Negiによる挿入歌「Black Knights」を含め、全23曲収録。
    音楽は中川幸太郎と黒石ひとみが担当。
    ジャケットイラストは木村貴宏描き下ろし。
  • コードギアス 反逆のルルーシュ キャラクターソングベスト2009年9月1日、VTCL-60119)

ドラマCDについてはコードギアスを参照。

書籍[編集]

パチンコ[編集]

パチスロ[編集]

舞台[編集]

コードギアス 反逆のルルーシュ 騒乱 前夜祭(イヴ)

2012年4月にかつしかシンフォニーヒルズ モーツァルトホールで上演。[16]

主な配役
スタッフ

コードギアス 反逆のルルーシュ -魔人に捧げるプレリュード

2012年6月に天王洲銀河劇場で上演。オール男性キャスト(オールメイル)による配役となる。

主な配役
スタッフ

『ミュージカル『コードギアス 反逆のルルーシュ』A-LIVE FANTASTIC DREAM SHOW』

2012年に上演されたミュージカルをライブショーとして再構築した公演。2013年9月に文京区シアターGロッソで上演(予定)。オール男性キャスト(オールメイル)による配役となる。

キャスト
声の出演
公演日程
2013年9月3日 - 9月8日
スタッフ

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ プロデューサーのコメントに拠れば、ブリタニアのやり方は日本が朝鮮にやってきたことと共通しているとコメントしている[1]
  2. ^ シンジュクゲットーの落書きやナリタ連山での看板など。
  3. ^ 作中ルルーシュはアッシュフォード学園の生徒にギアスを掛け毎日壁に記しを付ける方法で調べていたが、本国へ帰国したことにより記録は不可能になっている(監督曰くその生徒は本国で夜な夜な家を飛び出し(時差の関係で)エリア11のアッシュフォード学園のあの壁へ向かおうとするため家に監禁されているとのこと) 。またスザクに掛けたギアスも数年たっても効力は消えていない。
  4. ^ R2の第4話でルルーシュがロロのギアスの謎を解いた際、監視カメラが捉えた自分とロロの様子をモニターに映しているが、この中ではあらゆる動きを停止させられたルルーシュからロロが拳銃を奪い取って背後に回るだけで、円状の結界自体は全く映っていない。
  5. ^ スザクの使用していた教科書には"King Henry X and Edward VI(ヘンリー10世とエドワード6世)"と記されていた。実在のエドワード7世とは異なる。
  6. ^ 小説[要文献特定詳細情報]によれば2009年にインドシナ半島に侵攻、エリア10として自国に編入したため、それに対抗して中華連邦およびE.U.は日本を誘いブリタニアに対する経済制裁を実行したとされる。
  7. ^ 両交戦国は宣戦布告を経ているので「事変」ではなく「戦争」の筈なのだが、劇中、関連メディア共に、その理由は特に説明されていない。
  8. ^ 神風」「回天」といった言葉は劇中存在し、日本軍人が口にしている。
  9. ^ コードギアス世界にて存在する架空の階級。「候」は、公開されているブリタニア貴族の位に則り記述。「侯」の誤記ではない。
  10. ^ ただし、スザク暗殺未遂事件は皇帝直属のナイトオブラウンズへの暗殺未遂のため、一概に重い刑罰とは言えない。なお、スザク自身は死刑執行に躊躇いがあったが、仲間の身を案じたアーニャがこれを承認する形で一応の決着はついている。
  11. ^ a b サブタイトルの語句間が空いているのは演出意図によるもの(本編での表記に準じた)。
  12. ^ 「アニメシャワー」の編成を一部変更の上で放送。
  13. ^ 2008年3月31日のみ14:58 - 15:55に2話連続放送を行った。
  14. ^ 3月16日まで。3月23日から26:20 - 27:20の2話連続放送
  15. ^ 2008年3月16日から3月30日までは5:00 - 6:00に2話連続放送を行った。
  16. ^ 放送日は1月7日以降のもの(ただし1月21日・22日と2月4日・5日は休止)。1月3日から6日までは4日間連続放送。
  17. ^ 1月11日のみ27:20 - 28:20

出典[編集]

  1. ^ 『アニメージュ』(2006年12月号[要ページ番号])インタビューより。
  2. ^ 『アニメージュ』(2006年12月号[要ページ番号]谷口悟朗のインタビューより。
  3. ^ “特集:「コードギアス」 反逆のヒロイズム(まんたんウェブ)”. 毎日jp (毎日新聞社). (2006年10月6日). オリジナル2007年12月16日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20071216061213/http://mainichi.jp/enta/mantan/archive/news/2006/10/06/20061006org00m200106000c.html 
  4. ^ 「コードギアス 反逆のルルーシュ」 アメリカでテレビ放映に”. アニメ!アニメ! (2007年12月9日). 2007年12月9日閲覧。
  5. ^ a b c d e geass★netコラム[要文献特定詳細情報]より。
  6. ^ 『コードギアス 反逆のルルーシュ LOST COLORS』(バンダイ2008)による。
  7. ^ DVD収録版[要文献特定詳細情報]
  8. ^ 「GRAPHICS ZERO」[要ページ番号]より
  9. ^ 『オトナアニメ Vol.4 (4)』 洋泉社、2007年4月。ISBN 978-4-86248-140-5 [要ページ番号]
  10. ^ Turn 18
  11. ^ コードギアス 反逆のルルーシュ 公式サイト” (日本語). 2013年12月6日閲覧。
  12. ^ 製品版DVD特典「第8話オーディオコメンタリー」より
  13. ^ ピクチャードラマ・「STAGE 9.33」より
  14. ^ ニュータイプ 2008年9月号[要ページ番号]より
  15. ^ バンダイビジュアル、プレスリリース、2010年4月22日より
  16. ^ 舞台『コードギアス 反逆のルルーシュ 騒乱 前夜祭(イヴ)』公演情報が発表に(シアターガイド、2012年12月26日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


毎日放送 金曜1:25枠(木曜深夜)
前番組 番組名 次番組
アニメ番組枠開設前につき無し
コードギアス 反逆のルルーシュ
毎日放送製作・TBS系列 日5
アニメ番組枠開設前につき無し
コードギアス 反逆のルルーシュR2
TBS系列 日曜17時台前半枠
コードギアス 反逆のルルーシュR2
【ここからMBS製作】
機動戦士ガンダム00
(第2シーズン)
  1. ^ 17時20分以降はローカル編成。MBSでは『毎日新聞テレビ夕刊』。2008年4月よりいずれも30分繰り下げ。
  2. ^ この枠は、土6枠の『機動戦士ガンダム00(第1シーズン)』からの枠移動になる。