スタジオダブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
有限会社スタジオダブ
種類 特例有限会社
本社所在地 日本の旗 日本
970-8035
福島県いわき市明治団地83-257
設立 1983年
業種 情報・通信業
事業内容 アニメーション制作
代表者 代表取締役 八幡正
テンプレートを表示

有限会社スタジオダブは、アニメーション制作のうち、作画作業の請負を主な事業内容とする日本企業

概要・沿革[編集]

代表の八幡正は、旧・虫プロダクションのアニメーターであった。手塚治虫に憧れ、電機メーカー勤務からの転身だった。1972年、虫プロダクションから独立して設立されたサンライズスタジオ(のちサンライズ)に作画スタッフとして参加。その後、多忙な日々を送る中で体調を崩し、いわきで静養生活を送ることとなった。その静養生活の中でも八幡の元には仕事が舞い込み、その手伝いのために仕事仲間も周辺に集まってきた。そこで1983年、「スタジオダブ」を設立。以降スタジオダブはサンライズ制作作品における作画拠点の一翼を担うようになった。サンライズ作品以外では東映アニメーション作品、XEBEC作品への参加が多い。

東京スタジオのほか、大韓民国(ソウルダブ)、中国(上海ダブ)、ベトナムに拠点を築き、海外での人材の育成は日本からスタッフを派遣して行っているという。1999年、「有限会社アーク・クリエイション」を設立し、デジタル仕上げ(彩色)業務へ進出。仕上げ作業のデジタル化を足がかりにペンタブレットによるデジタル作画を導入して作画作業を行っている。

主な参加作品[編集]

テレビアニメ[編集]

OVA[編集]

劇場アニメ[編集]

参考文献[編集]

  • 『アニメーションノート No.03』(誠文堂新光社 2006年 ISBN 4416806604) - 設立までの経緯と海外進出、デジタル作画の導入について

関連人物[編集]


関連項目[編集]