星界の断章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
星界の断章
ジャンル SF
小説
著者 森岡浩之
イラスト 赤井孝美
出版社 早川書房
レーベル ハヤカワ文庫
発売日 断章I:2005年7月8日
断章II:2007年3月9日
断章III:2014年3月20日
巻数 既刊3巻
アニメ:星界の断章 -誕生-
監督 鍋島修
脚本 村上ヒロアキ
キャラクターデザイン 渡部圭祐
メカニックデザイン 筱雅律
音楽 服部克久
アニメーション制作 サンライズ
製作 サンライズ、WOWOW
バンダイビジュアル
放送局 WOWOW
放送期間 2000年4月7日 - (特別番組)
話数 全1話
テンプレート - ノート
ウィキプロジェクト ライトノベルアニメ
ポータル 文学アニメ

星界の断章』(せいかいのだんしょう)は、森岡浩之による『星界の紋章』『星界の戦旗』の短編小説集。これまでに早川書房から3冊が刊行されている。

概要[編集]

森岡の代表作『星界の紋章』・『星界の戦旗』の番外編となる短編小説。本編では描かれないアーヴの誕生から星界本編までの歴史上重要なエピソードや、登場キャラクターにまつわるエピソードを中心に描かれている。また、『超外伝』とタイトルについたセルフパロディものも存在する。

SFマガジンに不定期掲載されることが多いが、それ以外にアニメ、ゲーム、ドラマCD関連の商品に収録されることも多い。また、同人誌で発表されることもある。後に発売される文庫本には書き下ろし作品が収録されている。

一部の作品はドラマCD化やアニメ化が行われた。

小説一覧[編集]

星界の断章I[編集]

創世
SFマガジン1999年2月号に発表。アーヴの原型「作業生体」の誕生と、彼らの母都市からの訣別を描く。
「作業生体」誕生に携わった二人の男。そして、ユアノンを発見した「作業生体」たち。両者の関わりとは……。
超外伝・饗宴
1997年、『こうしゅうえいせい・逆境』(谷甲州黙認FC青年人外協力隊の冊子)に収録したセルフパロディー。
帝国で年に2度開かれる饗宴「ソビーク」。そこでジントが見たものとは……。
蒐集
『SFマガジン』1999年9月臨時増刊号「星ぼしのフロンティアへ」に発表。「空間放浪時代」、アーヴたちが平面宇宙航法の研究のためにユアノン(後の「閉じた門」)を蒐集していた時のエピソード。
他星系への植民へ向かったヘルー・ネブー星系の宇宙船「マアト・カー・ラー」から、動力源のユアノンが突如脱落した。それから5年後、たまたま通りかかったアーヴの宇宙船「アブリアル」に彼らは助けを求めるが……。
超外伝・哺啜
2000年、『帝都情報局1』 FCG「アーヴによる人類帝国」に発表。サムソンのアニメ上の設定の裏話として書いたセルフパロディー。
サムソンの故郷ミッドグラット。サムソンは、自らが大人になったことを証明するために、ある料理を作りにクレンメン山へ向かうが……。
君臨
『SFマガジン』1997年2月号に発表。レトパーニュ大公爵ペネージュが大公爵公女だった時の出来事を描く。
ペネージュが16歳になった日、母の大公爵アセーヌが、突然帝都へ旅立った。ペネージュにとっては教師でもある母から留守中の課題として言い渡されたのは……。
超外伝・秘蹟
2000年5月発売のPlayStationソフト「星界の紋章」付録として発表されたセルフパロディー。帝国の主計修技館に入学したジントのエピソード。
入学したのはいいが、自分以外の学生は生まれながらのアーヴばかりで戸惑うジントを何かと助けてくれた「委員長」とは……。
夜想
『星界の戦旗読本』(早川書房2001年 ISBN 4-15-208359-X)に発表。ソバーシュの交易時代を描く。
ソバーシュが交易のため立ち寄ったフェゼール伯国惑星ガーフェウ。そこで彼が見たものとは……。
超外伝・戦慄
2003年9月発売のWindows向けゲームソフト「星界の戦旗」付録として発表されたセルフパロディー。
交易から星界軍へ復帰したソバーシュを待っていたのは……。
誕生
『SFマガジン』1996年8月号で発表。ラフィール誕生にかかわる物語。
ドゥビュースとレクシュは、探査船に乗ってかつての太陽系を訪れた。彼らがそこで見たものとは……。
暴君
2002年、原作者公認のファンクラブアーヴによる人類帝国関西支部の冊子『天の遊戯』に収録したセルフパロディー。
スポール提督に仕える苦労人・クファディス参謀長。彼と、今は亡き姉との関わりとは……。
接触
『星界の紋章 読本』(早川書房、1999年 ISBN 4-15-208211-9)に発表。アーヴによるハイド星系発見の経緯。
未探査の「門(ソード)」をさがす2人(+1人)の探査屋たち。彼らが偶然見つけた門は、かつての恒星間宇宙船の動力源だった。
原罪
書き下ろし。アーヴの原罪である、「母都市の破壊」についての話。
ラフィールの修技館入学前の饗宴の日、父ドゥビュースは、彼女を先祖の墓地へ連れて行く。そして、ドゥビュースは「アーヴの原罪」について語り始める。

星界の断章II[編集]

併呑
2005年10月発売の『星界の紋章ドラマCDボックス』付録。『紋章1』内のエピソードで、ハイド星系主席ロック・リンがハイド伯爵となる過程を描く。
交渉期限まであと20分。ロックは、流砂艦隊司令長官・帝国皇太子ドゥサーニュに対して驚くべき提案をする。それは、自分を領主にしてくれ、というものだった。
嫉妬
『星界の紋章フィルムブック1』(ハヤカワ文庫JA 663、2001年 ISBN 415030663X)に収録。上と同じく『紋章1』内のエピソード。ハイド星系の降伏後にヴォーラーシュ伯国惑星デルクトゥーに移り住んだリン・ジントの少年時代を描く。
ジントは、デルクトゥーのスポーツ・ミンチウのチームのメンバーだった。その仲間の一人が、「アーヴの真実」を教えてやるとジントらに言う。
着任
2005年12月発売の『星界の戦旗ドラマCDボックス』付録。『紋章3』のエピローグ直前のエピソード。ジントとサムソンとの出会いを描く。
最先任従士長だったサムソンは、悩んだ末に士族としてアーヴの一員となることを選ぶ。監督として突撃艦の模擬訓練を受けていたとき、彼はリンと名乗る若い書記と出会う。
童友
2006年2月発売の『星界の戦旗2ドラマCDボックス』付録。『戦旗1』の終わり近くのエピソード。『童戯』の続編であり、エクリュアと、幼馴染のサグゼールとの再会を描く。
アプティック門沖会戦が終わり、ヴォベイルネー鎮守府に待機していたエクリュアは、サグゼールと再会する。
転居
2006年4月発売の『星界の戦旗3ドラマCDボックス』付録。『戦旗2』の直後のエピソード。
ハイド伯国を帝国が奪還したのを受けて、ジントは領地の運営方法について元・フェブダーシュ男爵スルーフに教えを請う。
謀計
『星界の紋章フィルムブック3』(ハヤカワ文庫、2001年 ISBN 4-15-030668-0)に収録。星界軍・トライフ提督の物語。
トライフは、不倶戴天の敵・カシュナンシュと同席する機会を得た。
球技
『星界の戦旗フィルムブック2』(ハヤカワ文庫、2001年 ISBN 4-15-030674-5)に収録。現・フェブダーシュ男爵ロイの、修技館入学前のエピソード。
フェブダーシュ男爵公女ロイは、アーヴ固有の球技ベルポウコスに熱中していた。彼女を指導する女性コセールとの関わりとは……。
訣別
『星界の紋章フィルムブック2』(ハヤカワ文庫、2001年 ISBN 4-15-030666-4)に収録。元・フェブダーシュ男爵領家臣フェグダクペ・グレーダ。彼女には、悲しい過去があった。
惑星ミルケーズ出身の女性ハンナ・デリーズ。彼女は、あることが原因で愛する息子と離れ離れになってしまう。
童戯
『星界の戦旗フィルムブック1』(ハヤカワ文庫、2001年 ISBN 4-15-030672-9)に収録。エクリュアの少女時代を描く。
エクリュア一族は、帝都ラクファカールにある古い突撃艦で暮らしていた。「幽霊船」が見つかったことを知ったノールは、エクリュアの仲間たちと幽霊船に向かうが……。
祝福
『星界の戦旗フィルムブック3』(ハヤカワ文庫、2001年 ISBN 4-15-030678-8)に収録。『原罪』の直前のエピソード。
ラフィールが修技館入学資格を得た日。クリューヴ王宮には、皇帝以下帝国の貴顕たちが祝福のために集まっていた。ラフィールは、父から秘密にされている自分の遺伝子提供者が、ある人物だと確信していたが……。
変転
『SFマガジン』2006年4月号に発表。帝国の最後にして最大の内乱「ジムリュアの乱」の顛末。
一介の地上人から帝国地上軍元帥にまで登りつめたジムリュアことリンダ・ナルンは、ある理由からアーヴに対してコンプレックスを抱いていた。それは、次第に反乱の意思へ変わっていった。
墨守
書き下ろし。「空間放浪時代」に起こった、アーヴ創成期の記録消失事件の真相。
アーヴの宇宙船「アブリアル」は、交易のために惑星メルハバに到着した。しかし住民は、アーヴが人工生命体と知るや交易を打ち切ってしまう。そして、船王ドゥロイは、驚くべき命令を発する。


星界の断章III[編集]

野営

 「皇族の章」「貴族の章」「士族の章」の3章からなる。  それぞれ初出は

  • 2010年5月28日発売の「EMOTION the Best 星界の紋章 DVD-BOX」の付録に「野営ドゥサーニュの場合」として発表
  • 2010年6月25日発売の「EMOTION the Best 星界の戦旗 DVD-BOX」の付録に「野営〜ペネージュの場合」として発表
  • 2010年7月23日発売の「EMOTION the Best 星界の戦旗II・III DVD-BOX」の付録に「野営〜ノールの場合」として発表
出奔
2011年3月23日発売の「星界の断章オーディオドラマCDブック with 星界の紋章&星界の戦旗」の付録として発表
ドゥヒールは家を出て自立しようと考えていたが方法がわからなかった。そのおり、王宮に立ち寄った叔母の宇宙船が出航するため、これに密航するが……。
介入
2013年3月25日発売の「S-Fマガジン2013年5月号」に掲載
誘引
2007年8月「饗宴mini女子部」より発行された同人誌「月と星の宴」に収録
海嘯
2013年8月25日発売の「S-Fマガジン2013年10月号」に掲載
ドゥビュースの妹、ラムニュールの惑星可住化改造の顛末。自分の領地の惑星を有人化すべく惑星改造を行っていた。久しぶりに領地を訪れてみると、到着直前になぜか領地の管理を任せている代官ではなく生態系調整官が通信を送ってきた。
離合
2013年11月25日発売の「S-Fマガジン2014年1月号」に掲載された「岐路」を改題。
来遊
書き下ろし。
アーヴによる平面宇宙航法実用化の回顧録。ビボース氏が入手した理論の実用化を当時の船王が決断。新航法の開発が始まるものの時間がかかっていた。そこへ前回交易を行った地上世界から新航法の実用化に参画したいという通信が入る。

未刊行作品[編集]

  • 超外伝・宿敵 - 2005年4月発売のPlayStation 2ソフト「星界の戦旗」の付録として発表

登場人物[編集]

アニメ[編集]

『誕生』のみ、アニメとして製作されている。2000年4月7日WOWOWにて放送された。ビデオDVDが発売されている。

スタッフ

ラジオドラマ[編集]

『接触』、『原罪』、『併呑』、『童友』が下記のCDドラマ6作と共に2006年エフエム大阪によりネットラジオとして放送された。『原罪』は、同年死去した鈴置洋孝が出演した星界シリーズの遺作となった。

CDドラマ[編集]

『君臨』・『誕生』がラジオドラマに先駆けてCDドラマとして2001年にリリースされた。のちに2006年にリリースされた「星界の戦旗II」CD-BOX(初回限定版)に第5話『童戯』と共に付録として収録されている。また、第3話『祝福』が「星界の紋章」CD-BOX付録、第4話『球技』が「星界の戦旗」CD-BOX付録、そして第6話『嫉妬』が「星界の戦旗III」CD-BOX付録として収録された。

なお、上記のドラマはいずれも2006年エフエム大阪のラジオドラマ「星界の戦旗IV」放送終了後に放送された。

2011年2月23日には、『接触』、『原罪』、『併呑』、『童友』が「星界の断章オーディオドラマCDブック with 星界の紋章&星界の戦旗」としてリリースされた。

外部リンク[編集]