結界師 (アニメ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
結界師 > 結界師 (アニメ)
結界師
アニメ
監督 こだま兼嗣
シリーズ構成 大野木寛
キャラクターデザイン 高谷浩利
アニメーション制作 サンライズ
製作 読売テレビ・サンライズ
放送局 日本:読売テレビ/日本テレビ系列
日本以外:国外放映参照
放送期間 2006年10月16日 - 2008年2月11日
話数 全52話
テンプレート - ノート
ウィキプロジェクト アニメ
ポータル アニメ

結界師』(けっかいし)は、週刊少年サンデーに連載された田辺イエロウ同名漫画を原作としたテレビアニメである。

登場人物とそれを演じる声優については「結界師の登場人物」を参照のこと。

概要[編集]

  • 2006年10月16日から読売テレビ日本テレビ系列(NNS)29局ネットで月曜夜7時に放送開始。地上デジタル放送ではハイビジョンで放送。地上アナログ放送では13:9で放送されていたが、深夜移行後、日テレの地上波アナログ放送では13:9ではなく、4:3サイズになった。改変時期の特番放送のため、前番組『ブラックジャック21』終了(2006年9月4日)から一カ月以上空いてスタートしている。
  • サンライズ第1スタジオが製作、主要キャストは『CLUSTER EDGE』『焼きたて!!ジャぱん』での布陣を一部踏襲している。
  • ナレーションは本編で墨村正守役を演じる宮内敦士が担当。
  • 2007年6月16日より、台湾のテレビ局『台湾電視台』でも放送。
  • 2007年9月10日の1時間スペシャル(36話・37話)をもって月曜19時00分 - 19時30分での放送を終了した。関西・関東地区では、深夜アニメとして引き続き放送されたほか、一部地域でも放送日時を変えた上で放送を続行した。詳細は別途後述。
  • 深夜枠のアニメとしては異例の字幕放送を実施していた(ただし、本作と同時期に開始したTBS系の深夜アニメではTBS・毎日放送制作の全作品で行われていた)。
  • 北米ではビズメディアが配給権を取得[1]、 2010年1月からはHuluでオンライン配信が開始され[2]、2010年5月29日からアダルトスイムでの放映が始まった[3]

原作からの変更点[編集]

  • オリジナル性が強く、よく時系列が入れ替えられており、原作とは別のキャラクターが台詞を口にしたりする。
  • 土蝦蟇に向かう際、原作ではそのままシューズで向かったが、アニメでは途中で履き替えた。
  • 4巻で初登場の正守だがアニメでは1話目で兄の存在を言っている。
  • 時音のクラスメイトがアニメではオリジナルキャラクターで登場している(原作での時音の学校の友人であるまどかは未登場)。
  • 神田百合奈などが1話目から登場している。また土蝦蟇と戦っている時にも出てきた。さらに、田端、市ヶ谷、百合奈、キョーコ、アヤノらクラスメートの出番も原作に比べて格段に増えている。
  • 百合奈など良守のクラスメイトのセーラー服が『犬夜叉』のかごめなどと同じ緑色である。
  • 時音と高等部のセーラー服が青色になっている。
  • 原作で良守は繁守と時子を「じじい」「ばばあ」と呼ぶがアニメでは「繁爺(しげじい)」「時子ばあ」と呼んでいる。
  • 志々尾限の残留に関する良守達と限のいざこざが、原作ではギャグテイストだったのに対し、アニメでは真面目な内容となっている。
  • 黒芒楼編で牙銀が良守の手で滅せられた。そのため牙銀のかわりとして左金が登場している。
  • 時音が良守を追いかけて黒芒楼に行っている。
  • 藍緋と時音が出会っており、藍緋の過去は時音に語る形で紹介されている。藍緋がかつて共に暮らした人間の男は原作では病死しているがアニメではひ孫までもうけており、藍緋が死に際に飛ばした綿毛を手に入れるのも原作では紫遠だがアニメでは彼である(ただし、52話で紫遠も手に入れている)。
  • 火黒の過去のエピソードが詳しく描かれている。

ほかにも、単行本にオマケとして載せていた「没ネタ」をやるなど、アニメならではの趣向が要所要所に見られる。

各話リスト[編集]

2007年9月以前[編集]

話数 サブタイトル 脚本 演出 コンテ 作画監督 放送日 視聴率
1 右腕の傷 大野木寛 佐藤照雄 こだま兼嗣 高谷浩利 2006年
10月16日
6.3%
2 良守と時音 藤田陽一 戸部敦夫
3 美しき鬼使い 小倉宏文 まついひとゆき 中島里恵 10月23日 6.3%
4 彼女の大事なもの 菱田正和
京極尚彦
こだま兼嗣 菱沼義仁 10月30日 6.3%
5 お菓子な人間霊 加藤陽一 松浦錠平 山本恵 曽我篤史 11月6日 6.8%
6 烏森の宵桜 山田かおり 鳥羽聡 青木康直 榎本勝紀 11月13日 7.0%
7 最高のケーキ! 加藤陽一 綿田慎也
佐藤照雄
こだま兼嗣 杉本幸子 11月20日 6.6%
8 良守な日々 隅沢克之 藤田陽一 まついひとゆき 中島里恵 11月27日 7.1%
9 危険な高校教師 岸本みゆき 鳥羽聡 青木康直 榎本勝紀 12月4日 7.6%
10 式神チョコバトル 高橋哲子 池畠博史 滝口禎一 2007年
1月15日
7.1%
11 鋼夜と斑尾 大野木寛 松浦錠平 笹木信作 曾我篤史 1月22日 6.6%
12 妖犬斑尾封印 菱田正和
京極尚彦
まついひとゆき 戸部敦夫 1月29日 7.3%
13 夜行の頭領正守登場 山田かおり 小倉宏文 こだま兼嗣 榎本勝紀 2月5日 6.9%
14 正守のたくらみ 加藤陽一 小山田佳子 矢野雄一郎 今木宏明 2月12日 8.1%
15 良守の野望 隅沢克之 佐藤照雄 浜津守 菱沼義仁 2月19日 7.6%
16 無色沼のウロ様 大野木寛 松浦錠平 笹木信作 曾我篤史 2月26日 7.6%
17 それは神の領域 藤田陽一 青木康直 中島里絵 3月5日 7.2%
18 末っ子利守の日々 加藤陽一 京極尚彦
菱田正和
京極尚彦 榎本勝紀 3月12日 7.5%
19 白き羽の襲撃者 隅沢克之 小山田桂子 まついひとゆき 末永宏一 4月16日 8.6%
20 不気味な監視者 鳥羽聡 矢野雄一郎 前澤弘美
しんごーやすし
4月23日 8.4%
21 非情な転校生志々尾限 大野木寛 佐藤照雄 菱沼義仁 5月7日 7.7%
22 裏会からの使者 山田かおり 松浦錠平 まついひとゆき 曾我篤史 5月14日 7.8%
23 狙われた正統継承者 岸本みゆき 小倉宏文 青木康直 小松英司
榎本勝紀
5月21日 8.0%
24 限と恋のアタック 高橋哲子 京極尚彦
菱田正和
こだま兼嗣 榎本勝紀 6月4日 6.8%
25 時音にイケメン 加藤陽一 綿田慎也 中島里恵 6月18日 6.8%
26 良守がいない夜 綿田慎也 まついひとゆき 米山浩平
池田有
6月25日 7.0%
27 最高幹部十二人会 大野木寛 鳥羽聡 青木康直 前澤弘美 7月2日 7.3%
28 黒芒楼の宣戦布告 松浦錠平 西澤晋 曾我篤史 7月9日 5.8%
29 呪力封じの魔方陣 藤田陽一 戸部敦夫 7月23日 6.7%
30 烏森の適任者 山田かおり 鳥羽聡 加瀬充子 榎本勝紀 7月30日 6.4%
31 志々尾驚きの経歴 大野木寛 佐藤照雄 菱沼義仁 8月6日 5.9%
32 強烈な亜十羅の試練 岸本みゆき 綿田慎也 青木康直 中島里恵 8月13日 5.1%
33 急げ繁じい本気走り 加藤陽一 松浦錠平 浜津守 曾我篤史 8月20日 5.9%
34 卵から声闇の誘い 山田かおり 鳥羽聡 加瀬充子 米山浩平
池田有
8月27日 5.0%
35 迫り来る黒芒楼 大野木寛 綿田慎也 青木康直 菱沼義仁 9月3日 4.7%
36 烏森炎上 藤田陽一
佐藤照雄
こだま兼嗣 高谷浩利 9月10日 7.0%
37 志々尾限最期の戦い

2006年12月13日〜2007年1月8日、3月19日〜4月9日、4月30日、5月28日、6月11日、7月16日は特番のため、放送休止。

2007年11月以降[編集]

話数 サブタイトル 脚本 演出 コンテ 作画監督 放送日 視聴率
38 それぞれの鎮魂 山田かおり
大野木寛
小倉宏文 青木康直 前澤弘美 11月1日 1.2%
39 烏森の謎 大野木寛 鳥羽聡 西澤晋 榎本勝紀 11月15日 1.7%
40 黒芒への道 高橋哲子 綿田慎也 11月22日 1.6%
41 特訓の日々 加藤陽一 藤田陽一 佐藤照雄 中島里恵 11月29日 1.8%
42 夜行の面々 岸本みゆき
大野木寛
佐藤照雄
京極尚彦
青木康直 榎本勝紀 12月6日 1.2%
43 暗雲の再来 山田かおり 鳥羽聡 戸部敦夫 12月20日 1.2%
44 烏森の激戦 大野木寛 綿田慎也 加瀬充子 高谷浩利 2008年
1月10日
2.0%
45 黒芒楼の人柱 藤田陽一 笹木信作 中島里恵 1.6%
46 異界の迷路 岸本みゆき
大野木寛
佐藤照雄 青木康直 榎本勝紀 1月17日 2.1%
47 因縁の決着 加藤陽一 小倉宏文 前澤弘美 1.4%
48 崩れゆく城郭 高橋哲子 綿田慎也 凛々雅由紀 榎本勝紀 1月24日 2.5%
49 哀しき妖花 山田かおり 鳥羽聡 まついひとゆき 1月31日 1.7%
50 最終決戦 大野木寛 佐藤照雄 こだま兼嗣 中島里恵 2月7日 2.0%
51 良守と火黒 綿田慎也 戸部敦夫 2月14日 1.5%
52 黒芒楼の終焉 鳥羽聡 青木康直 高谷浩利 2月21日 2.4%

2007年11月8日、12月13、27日、2008年1月3日は休止。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ[編集]

Sha la la -アヤカシNIGHT-
作詞・作曲 - 稲葉浩志 / 編曲 - 葉山たけし / 歌 - 宇浦冴香

エンディングテーマ[編集]

赤い糸」(第1話〜第15話、第38話、第40話、第48話、第52話)
作詞・作曲・歌 - 稲葉浩志 / 編曲 - 葉山たけし
世界中どこを探しても」 (第16話〜第23話、第39話、第44話、第51話)
作詞・作曲・歌 - 北原愛子 / 編曲 - 葉山たけし
マイミライ」(第24話〜第30話、第41話、第46話、第49話)
作詞・作曲 - 稲葉浩志 / 編曲 - 葉山たけし / 歌 - 宇浦冴香
休憩時間10分」(第31話〜第37話、第42話、第43話、第45話、第47話、第50話)
作詞・歌 - 宇浦冴香 / 作曲 - 稲葉浩志 / 編曲 - 葉山たけし

サウンドトラック[編集]

『「結界師」オリジナルサウンドトラック』
作曲・編曲 - 岩崎琢(主題歌を除く)

放映フォーマット[編集]

他のアニメとは若干異なる放映形式をとっている。

  • オープニング→スポットCM→提供バック→Aパート→スポンサードCM→Bパート(途中、提供クレジットを画面下に2列で表示。コメントなし)→スポットCM→Cパート→エンディング&次回予告→コナンとのショートアニメ(第35話まで)

プロデューサーの諏訪道彦は、本編中に提供クレジットをスーパーインポーズで表示する形式について、「公式サイトの掲示板に邪魔なので表示をさけてほしいという意見が寄せられているが、少しでも本編の時間を増やすためにスタッフが努力した結果、本来であれば提供画面を流す時間に本編を流しているので理解してほしい」と説明している(CS放送における再放送では提供クレジットの表示は一切入っていない)。また、2008年7月9日付けではバラエティ番組などではよくある手法だが[注 2][注 3]、アニメでは本作がおそらく初めてで他の枠のアニメではほとんどないとしているが、『コードギアス 反逆のルルーシュR2』、『西洋骨董洋菓子店』など他局のアニメでもこの手法をとる作品が現れている[注 4][4]。次回予告もエンディング曲に内包されている。

『名探偵コナン』との共演[編集]

月曜7時放送時代は、本作品のエンディングが終わった後にCMを挟まず、『名探偵コナン』のオープニングへと続くショートムービーが毎週放送されていた。

初代(2006年10月 - 12月)
「?」が現れ、良守が「結!」と囲もうとして追いかけるが、捕まえられず、時音に「迷宮入りになるよ」と言われ、そこに江戸川コナンが登場して「その謎だけは結界だけでは捕まえられない、『名探偵コナン』、スタート!」と言う。
2代目(2007年1月 - 3月)
妖を追いかける良守。主役交代を断ろうとするが、「だだをこねない」と時音に式神を出され、良守は画面外に追い出される。その時、時音も画面外に出てコナンが登場し、「妖ショータイムから、謎解きショータイムへスタート!!」と言う。コナンの左肩には式神が乗っている。
3代目(2007年4月 - 7月2日)
時音とコナンがレジャーシートの上に座ってお茶を飲んでいる間、良守はケーキを作っている。その後、良守がコナンに「このケーキを食べて、これから30分がんばってくれ!」と言う。
4代目(2007年7月9日 - 9月3日)
良守が式神にケーキを持たせて結界を張った後、皿を取りに去る。その後、「解」と言って結界を解除したコナンが時音と一緒に良守のケーキを食べているところへ良守が登場し、「結界を張ってたのにー」と言いながら肩を落とす。

放映の動向[編集]

視聴率が初回から低迷、その後も好転の気配も見せなかった事から、シリーズ途中でゴールデンタイム全国ネットから深夜放送(一部地域は別時間帯)・ローカルセールス枠へ移動した。その詳細を記す。

視聴率について[編集]

初回から視聴率で苦戦を強いられた。番組プロデューサーの諏訪道彦もytvアニメ公式サイト内にある自身のブログ『スワッチのアニメ日記』(以下“アニメ日記”)2006年10月23日分において関東地区で低視聴率であることを明かし、この日以降も「もっとみんなに見てもらいたい」などのコメントをたびたび掲載、『名探偵コナン』の掲示板にも『結界師』の視聴を訴える「お願い」をするほどであった。

放送形態変更まで[編集]

2007年8月15日に発売された月刊テレビ情報誌「TV Japan」(東京ニュース通信社)同年9月号に「9月10日の放送を持って最終回」と掲載。この報道を受け、諏訪プロデューサーは“アニメ日記”同年8月20日分で製作・放映続行をアピールしたが、以後発売された情報誌にも同様の情報が掲載された。これに対し諏訪プロデューサーは“アニメ日記”同年8月27日分において月曜19時台での放送終了を認めるコメントをしたが、その一方で、製作・放送続行もアピールした。

しかし諏訪プロデューサーの懸命の活動も視聴率好転には結びつかないまま、最終的には2007年9月10日の1時間スペシャルをもって月曜19時台・ゴールデンタイム・全国枠においては「放送終了」となった(諏訪プロデューサーの公式ブログによればシナリオは42話分まで作られていたが、これよりも短い話数で月曜夜7時枠での放送は終了となった)[注 5]。諏訪プロデューサーはその月曜夜7時枠「最終回」の放送日の日付の“アニメ日記”においても視聴率上昇を訴えたが、結果は7.0%と、初回を上回る程度にとどまっている。さらに、放送期間中の視聴率が10%に達したことは一度もなかった[注 6]。なお、月曜19時台・ゴールデンタイム・全国枠においての「最終回」は、志々尾限が死んだうえ、「今後も物語は続く」という内容の、打ち切り同然のバットエンドだった。

放送形態変更決定以降[編集]

前述の通り、2007年10月以降はローカル放送形態に移行して放送されていた(第52話で完結)[注 7]現状で決定している放送情報に付いては別項を参照。この形態での最終回は原作が終了していないこともあり、「これからも結界師としての職業は続いている」ことを示唆する打ち切り漫画によくある終わり方である。

“アニメ日記”2007年9月10日付の中で諏訪プロデューサーは、放送続行が決まっていない地域のファンに対し、居住地域のNNS加盟局に対して放送続行・再開の声を寄せる様に呼びかけたが、NNS加盟全局での放送続行・再開は実現しなかった[注 8]

映像ソフト化 [編集]

本編のDVDは2007年2月21日 - 2008年6月18日発売。全17巻。放送形態変更となり未放映となった一部の地域でも第38話以降のDVDの発売は行われている。

放送局[編集]

2007年9月以前[編集]

放送局 放送期間 放送日時
読売テレビ日本テレビ系列29局 2006年10月16日 - 2007年9月10日 月曜 19時00分 - 19時30分

2007年10月以降[編集]

放送対象地域 放送局 放送期間 放送時間 備考
近畿広域圏 読売テレビ 2007年10月15日 - 2008年2月11日 月曜 25時59分 - 26時29分
MONDAY PARK第1部)
製作局
山形県 山形放送 2007年10月20日 - 2008年2月16日 土曜 5時15分 - 5時45分
秋田県 秋田放送 2007年10月22日 - 2008年2月18日 月曜 15時55分 - 16時25分
関東広域圏 日本テレビ 2007年11月1日 - 2008年2月21日 木曜 26時29分 - 26時59分[注 9]
北海道 札幌テレビ 2008年1月7日 - 3月17日 月曜 25時34分 - 26時04分[注 10]
鳥取県島根県 日本海テレビ 2007年12月25日 - 27日・29日
2008年1月31日2月1日2月8日
(12月25日)9時55分 - 10時25分
(12月26日・27日)9時55分 - 10時25分、15時55分 - 16時55分
(12月29日)9時25分 - 10時55分
(1月31日・2月8日)15時55分 - 16時55分
(2月1日)15時55分 - 16時25分
集中放送
長野県 テレビ信州 2008年4月5日 - 7月12日 土曜 25時50分 - 26時20分
日本全域 日テレプラス 2008年4月6日 - 2009年3月22日 日曜 22時30分 - 23時00分 CSチャンネル
広島県 広島テレビ 2008年7月1日 - 10月7日 火曜 25時29分 - 25時59分
大分県 テレビ大分 2008年7月29日 - 8月29日 月曜 - 金曜 9時55分 - 10時25分 集中放送
日本全域 キッズステーション 2009年4月1日 - 月曜 - 木曜 18時00分 - 18時30分
土曜 19時00分 - 20時00分 2話連続
CSチャンネル

国外放映[編集]

放送局 放送期間 放送日時 備考
台湾 台湾テレビ 2007年6月16日 - 不明 土曜 19時30分 - 20時00分(中国標準時
香港 香港ケーブルテレビ 2009年1月3日 - 不明 土曜 19時00分 - 21時00分(中国標準時 4話連続放送
アメリカ Hulu 2010年1月 - ビデオ・オン・デマンド
アダルトスイム 2010年5月29日 - 日曜 0時30分 - 1時00分、4時30分 - 5時00分(アメリカ東部標準時

再放送[編集]

放送地域 放送局 系列 放送期間 放送日時 備考
群馬県 群馬テレビ JAITS 2011年6月19日 - 2012年4月22日
2012年4月29日 - 8月19日
(4月22日まで)日曜 23時30分 - 24時00分
(4月29日から)日曜 10時30分 - 11時00分
日本全域 アニマックス BS/CSチャンネル 2012年3月5日 - 5月22日
2012年5月12日 - 11月3日
(5月22日まで)月-金曜 18時00分 - 18時30分
(5月12日から)土曜 8時00分 - 9時00分
リピートあり
BS波での放送は史上初
ディズニーXD CSチャンネル 2013年9月24日 - 12月23日 月-木曜 20時30分 - 21時00分 リピートあり
千葉県 千葉テレビ放送 JAITS 2013年11月21日 - 2014年12月11日 木曜 17時30分 - 18時00分

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 第18話まではよみうりテレビ表記だったが、2007年のCI導入に伴い第19話からはytv表記になった。
  2. ^ ドラマ番組ではテレビ朝日の「木曜ミステリー」(2006年4月以降、後提供のみ)やTBSテレビの「月曜ゴールデン」(「月曜ドラマスペシャル」時代の1999年4月以降、途中入れ替えのみ)でも見られる。ただし、後者についてはネットセールスCMとスポットCM(またはその逆)の間に入る15秒のあらすじ部分で表示を行い、本編中での表示は避けていることから、視聴者に一定した配慮はなされている。かつてはフジテレビの「月曜ドラマランド」でもこの手法がとられていた。
  3. ^ 当該番組枠におけるこの手法は2009年3月までは月曜日19時台前半(末期の半年間のみ19時代後半)と同年4月以降の日曜日7時台前半にみられていたが、『夢色パティシエール』が放送開始した2009年10月以降この手法は取りやめとなり、提供バックおよび後提供のコメントが復活している。
  4. ^ 日曜劇場華麗なる一族』でもエンディング中に次回予告を流していた。これは、主題歌が設定されていないための措置。またスーパー戦隊シリーズの『侍戦隊シンケンジャー』のEDでも次回予告はエンディング中に内包されている。
  5. ^ 諏訪プロデューサーの公式ブログでは「ゴールデンタイムからの撤退は残念だが、関係者の尽力で本来なら9月10日分で完全に終了(=打ち切り)となる所を追加制作できることになった。放送してもらえる放送局を増やすために努力している」とコメントしている。
  6. ^ 視聴率はすべてビデオリサーチ調べ。
  7. ^ 2003年以降、全国枠からローカル枠に変更されたアニメは『ONE PIECE』、『探偵学園Q』、『ボボボーボ・ボーボボ』、『あたしンち』がある。
  8. ^ 一例として、福島中央テレビでは、「FCTでは編成を見送ることになりました」と自社の公式ホームページで発表している。
  9. ^ 時間の繰下げや諸般の事情(地上波デジタル放送関連の工事など)による休止が多かった。また2008年1月10日と1月17日は2話連続放送となった。
  10. ^ 2008年1月7日 - 9日は9時55分 - 10時55分、1月10日は9時55分 - 10時25分に放送し、1月21日以降は深夜枠での放送。

出典[編集]

  1. ^ (英語) Viz Adds Inuyasha the Final Act, Kekkaishi Anime (Updated)”. Anime News Network (2009年7月24日). 2009年7月25日閲覧。
  2. ^ (英語) Viz Media to Debut Kekkaishi Anime Series on Hulu”. Anime News Network (2010年1月19日). 2010年1月19日閲覧。
  3. ^ (英語) Adult Swim Lists Kekkaishi U.S. TV Premiere”. Anime News Network (2010年3月29日). 2011年1月2日閲覧。
  4. ^ 諏訪道彦 (2007年4月9日). “スワッチのアニメ日記 (HTML)” (日本語). 2007年9月19日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

読売テレビ (ytv) 制作・日本テレビ全国ネット 月曜19時台前半
前番組 番組名 次番組
結界師
秋のミステリーアワー
名探偵コナン金田一少年の事件簿
※30分拡大(2007年10月 - 12月)。
読売テレビ (ytv) MONDAY PARK第1部
BUZZER BEATER
(第2部へ移動)
結界師
逆境無頼カイジ
(第2部から移動)