バツ&テリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

バツ&テリー』(バツアンドテリー)は、大島やすいちによる少年漫画1982年から1987年にかけて講談社週刊少年マガジン』にて連載された。1984年、第8回講談社漫画賞少年部門受賞。連載終了後、番外編として刑事アクションの「バツ&テリーCOP」が読み切りで掲載された。

概要[編集]

野球と喧嘩に強い高校生コンビの活躍を描いた作品。高校野球の部分は『ドカベン』の影響を大きく受けている。[要出典]暴走族との抗争は『マガジン』の売りの一つとも言える。[独自研究?]

あらすじ[編集]

野球センス抜群、チームではバッテリーを組む二人だが、縛られるのを嫌い自由に生きている。そんな彼らが思い詰めていた少女アンと知り合ったことから、話は大きく展開する。アンが暴走族マスコットだったことからバツとテリーは「愛狂」、「アルファルファ」、「赦悪(シャーク)」、「ネオ愛狂」等、暴走族の抗争に巻き込まれる。

登場人物[編集]

抜刀軍(ばっとう ぐん)
黒髪のリーゼントヘア。通称「バツ」。剛腕投手。大学を出て喫茶店「愛・花・夢(アイカム)」を経営する姉の恵と二人暮らし。通常移動はテリーのバイクでタンデム、一人の時は原付
一文字輝(いちもんじ てる)
茶髪のアフロヘア、メタルフレームの眼鏡を着用。通称「テリー」。サウスポー捕手スラッガー(強打者)。愛車はハーレーダビッドソン。金持ちの息子で、家には若く美しい後妻の義母がいる。
白木アン(アン)
ルナ
桐島

アニメ版[編集]

1987年3月14日劇場公開。併映は『ダーティペア』。

スタッフ[編集]

声の出演[編集]

コンピュータゲーム[編集]

1987年7月22日に本作をモチーフとしたファミコン用ソフトがユースから発売された。タイトルは『バツ&テリー 魔境の鉄人レース』。

内容はなぜか野球ゲームではなく、魔境で主人公の二人が謎のドラゴン軍団とレースをするというオリジナル内容の横スクロールアクションゲームであった。 

その難易度は操作性やキャラの性能(バツとテリーの切り替えは何故かジャンプ中セレクトボタン、軌道のおかしいバツのボール攻撃、リーチが短くパワーアップしないと弱いテリーのバット、異様に滑りやすいハシゴ、1ドットでもミスすると即落下の足場が悪いブロック、など)も相まってかなり高く、またコンティニューもタイトル画面には無い。 

しかし、救済策のためか裏技がかなり充実している。 

外部リンク[編集]