大今良時

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大今 良時
生誕 1989年3月15日(25歳)
日本の旗岐阜県
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 2008年 -
ジャンル 少年漫画
代表作 マルドゥック・スクランブル
聲の形
受賞 第80回週刊少年マガジン新人漫画賞(2008年)
テンプレートを表示

大今 良時(おおいま よしとき、1989年[1]3月15日[2] - )は、日本漫画家。女性。岐阜県大垣市出身[2][3]

人物・経歴[編集]

小学生時代、高田裕三の漫画作品『3×3EYES』とゲームの『クロノ・トリガー』が好きで、それらの作品のキャラクターを模写していた。小・中学校時代はコピー用紙に描き、高校時代に初めて原稿用紙に描き始める。高3のときに『週刊少年マガジン』のMGP(マガジングランプリ)に初投稿する[4]

家族には母と姉がいることが『マガジン』連載作品『ちょっと盛りました。』にて明かされている。母は手話通訳者であり、2014年現在同誌で連載中の作品『聲の形』にも母の協力もあって手話の描写が多く描かれている。また、姉もアシスタントとして手伝うこともある。姉の容姿は、『聲の形』担当記者のコミヤマいわく「とても美人」らしい[4]

『聲の形』のスタッフは3人で仕事している。なお、仕事中はインド音楽洋楽を流して作画している。また、洋画が好きで、インド映画にも注目している。好きな女優はミラ・ジョボビッチ。本人いわく「額の生え際の形の顔が好き」らしい[4]

2008年、第80回週刊少年マガジン新人漫画賞に投稿した「聲の形」で入選。同作は当初、増刊『マガジンSPECIAL』2008年12月号に掲載される予定であったが編集部内の異論を理由に延期となり(詳細は作品項目を参照)、2009年より『別冊少年マガジン』で冲方丁の同名小説を原作とする「マルドゥック・スクランブル」の連載によりデビューした。

2013年、入選作品をリメイクした読み切り「聲の形」が『週刊少年マガジン』12号に掲載され、同年8月7日の週刊少年マガジン36・37合併号より同作の週刊連載が開始。

2014年大垣市文化連盟賞(生活文化部門)受賞。

作品リスト[編集]

連載
読切
  • 聲の形(『別冊少年マガジン』2011年2月号) - 第80回週刊少年マガジン新人漫画賞入選
    • 聲の形(入選作のリメイク。『週刊少年マガジン』2013年12号)

脚注[編集]

  1. ^ 『週刊少年マガジン』2013年12号(2月20日発売)に掲載された「聲の形」では、12号の刊行時点で「23歳」とされている。
  2. ^ a b 『別冊少年マガジン』2011年11月号に掲載された林原めぐみとの対談記事に掲載されたプロフィールより。
  3. ^ 宝島社「このマンガがすごい! 2015」 作者紹介文より。
  4. ^ a b c にしもとひでお著『ちょっと盛りました』3巻 ISBN 978-4-06-395002-1 第58回『大今良時先生が『聲の形』を描くまで』より。

外部リンク[編集]