別冊少年マガジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
別冊少年マガジン
BESSATSU SHONEN MAGAZINE
愛称・略称 別マガ
ジャンル 少年漫画ファンタジー漫画
読者対象 青少年
刊行頻度 月刊
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
定価 500円
出版社 講談社
編集部名 少年マガジン編集部
発行人 森田浩章
編集長 菅原喜一郎
班長 鈴木一司
雑誌名コード 478
刊行期間 2009年9月9日(2009年10月号) -
発行部数 約6万5000部(2011年版元調べ)
レーベル 講談社コミックスマガジン(新書判)、
ワイドKCマガジン(A5判)、
KCデラックス(B6判)
姉妹誌 週刊少年マガジン
マガジンSPECIAL
ウェブサイト http://betsumaga.jp/

別冊少年マガジン』(べっさつしょうねんマガジン)は、講談社が発行する日本月刊少年漫画雑誌2009年9月9日創刊[1]。基本的に毎月9日発売だが、発売日が土曜・休日の場合はその前日に発売される。略称に「別マガ」など。

概要[編集]

基本概要[編集]

キャッチフレーズを「いちばん新しい冒険の書!!」とした上で、ファンタジー系統の作品を多く掲載する少年誌として2009年9月9日に創刊[2][3]。定価は500円(創刊号のみ380円)。『週刊少年マガジン』(以降『週マガ』)の別冊及び増刊的な扱いの雑誌であるものの[4]、流通上は独立誌として扱われている。なお『週マガ』2009年34号に予告が出た際は9月10日創刊予定とされていたが、諸事情により1日早まっての創刊となった。当初雑誌名の候補には『週マガ』に対抗する意味で『黒マガジン』や、マガジンのロゴに×を付けたタイトルロゴを想定した『マガジンΧ(カイ)』などの案が存在したという[5]

創刊前日の9月8日には雷句誠天野ひろゆきボビー・オロゴン畑正憲などが出演する記者発表会が開催されるなど、近年創刊された漫画雑誌の中では注目を浴びる中での創刊となった[1][2][3]。また創刊直前に無料冊子が書店等で配布されており、『週マガ』2009年41号に掲載された雷句誠の読み切り作品「どうぶつの国 〜エピソード0〜」と創刊号の紹介が収録された。

制作体制[編集]

『別マガ』は少年マガジン編集部にて『週マガ』『マガジンSPECIAL』(以降『マガスペ』)と共に制作されており[6]、編集部内には別マガ班と呼ばれるものが存在するという。しかしこの“班”とは便宜上呼ばれているもので、実際には編集部内のほぼ全員が『週マガ』『マガスペ』『別マガ』の3誌に関わりながらそれぞれの雑誌が制作されている[7]。そのため正確な『別マガ』編集長は少年マガジン編集部の編集長であるが、『別マガ』もしくは『マガスペ』の制作に関しては編集長とほぼ同等の権限を持つ班長(チーフ)の役割が編集部員の中でも主要な人物に与えられており[4]、『別マガ』は創刊号から少年マガジン編集部副編集長[8]朴鐘顕が担当していた[9][10]

創刊から3年半が過ぎた2013年6月3日には班長交替が発表され、翌7月発売の8月号から後任として創刊号より副班長を担当していた[11]鈴木一司が2代目班長となった[12]。なお2代目班長鈴木は、朴が育児休業を取っていた2012年1月下旬から4月上旬の間に期間限定で班長代理の職に就いていた経験がある[13][14][15][16]

編集姿勢[編集]

週マガでできないことをやろう」が創刊時のコンセプトの1つであり、この雑誌の創刊により少年マガジン編集部にて捌く事の出来る作風の幅が広がったという[17]。この事に関して班長の朴は「新しい表現を発信する場を作りたかった」と語り、実際に『週マガ』では連載出来なかったであろう「進撃の巨人」や「惡の華」といったヒット作が生まれる結果となった[9][10]。このような方針から、『別マガ』には週刊少年誌では試す事の出来なかった独自の才能を持つ新人作家が多く登場している[18]

また創刊時に設定した対象読者は15歳辺りであり、『週マガ』読者の年齢分布で一番多い17,18歳辺りよりも若い層をターゲットにしていた[18]。これは「読者である青少年に対して夢や希望を届けるためには絶望も十分に描かなければならない」との考えの元、「ダーク・ファンタジー」というコンセプトを創刊に際して掲げていた事に起因する[18]。そのため、そのような作品を作り出す能力のある作家に声をかける事で創刊号は完成したという[18]。なおこの「ダーク」という点は読者を限定する恐れがあったため、創刊号の宣伝では前面に出されなかった[18]。2013年1月時点での読者の状況については、男女比7対3、平均年齢約22歳、年齢分布のピークは17,18歳であるとされる[19]

上記のような編集姿勢から、掲載作品には所謂『少年漫画の殻を破る』作品が多い[20]

特徴[編集]

講談社が発行する他の少年誌には無い多くの企画が存在するが、その中で最も特徴的なものが『別マガ』連載作品の『週マガ』への出張読み切り掲載である。前述の通り『別マガ』は少年マガジン編集部内にて制作されており、連載会議の際は少年マガジン編集部の編集長(『週マガ』編集長)も参加するなど『週マガ』との結びつきが強い[21]。そのため各作品の単行本発売やアニメ放映などに合わせて知名度の高い『週マガ』へと新作読み切りを掲載する事によって、その作品と共に掲載誌である『別マガ』自体の認知度をも上げる事を目的として行なっている[22]。結果としてこの取り組みはある程度の成果を残しており、例として「進撃の巨人」の単行本発行部数が上昇した要因の1つとなった[23]。2013年10月現在29作品が『週マガ』への出張掲載を果たしている他[注 1]、『マガスペ』にも出張掲載される事があり、毎号掲載されている企画「よんこま!」にも度々『別マガ』作家が登場している。なお、この取り組みは「進撃の巨人」を例に取ってテレビ朝日系列クイズ番組雑学王』2011年1月24日の放送にて取り上げられた。

また上記とは逆に『週マガ』にて主に活動する作家が『別マガ』にて作品を発表する機会も多く、真島ヒロ小林尽さとうふみや樹林伸吉河美希といった作家が読み切り・連載を発表している。この他にもインターネットを使用した数多くの独自企画が存在する。

歴代班長[編集]

  1. 朴鐘顕:2009年10月号(2009年10月1日発行、1巻1号通巻1号、創刊号) - 2013年7月号(2013年7月1日発行、5巻7号通巻46号)
  2. 鈴木一司:2013年8月号(2013年8月1日発行、5巻8号通巻47号) - 現職

なお奥付の編集人欄には少年マガジン編集部編集長の菅原喜一郎が記載されている。

掲載作品[編集]

連載漫画[編集]

  • 連載中の作品については太字で表記。なお、連載中の作品のみの一覧はテンプレートを参照。
  • デフォルトでの表示順は連載開始順。開始号の同じ物に付いては掲載順とした。
  • 可視性向上のため、一部の長い名称については便宜的な略称を用い、注記欄に正式な名称を記載している。略称を用いたものについては※を記載。
  • 2014年4月現在。
連載中
作品名 作者(作画) 原作者など 開始 終了 注記
01 とうふつのくに どうぶつの国 らいく まこと 雷句誠 2009年10月号[注 2] 2014年03月号
02 ふあふあ ぷあぷあ? こんの とひろ コンノトヒロ 2009年10月号[注 2] 2012年12月号
03 あくのはな 惡の華 おしみ しゆうそう 押見修造 2009年10月号[注 2] 連載中
04 ちようしんかくえん 超人学園 こくさわ ようすけ 石沢庸介 2009年10月号[注 2] 2013年01月号
05 ういさあとりいせお ウィザードリィZEO ふくはら れんし 福原蓮士 いわはら けいし 岩原ケイシ(原案) 2009年10月号[注 2] 2011年04月号
06 そんなみらいはうそてある そんな未来はウソである さくらは こはる 桜場コハル 2009年10月号[注 2] 連載中
07 はにらすはいたあ バニラスパイダー あへ よういち 阿部洋一 2009年10月号[注 2] 2010年12月号
08 あらしのてんせつ 嵐の伝説 さとう しよう 佐藤将 2009年10月号[注 2] 2011年10月号
09 しんけきのきよしん 進撃の巨人 いさやま はしめ 諫山創 2009年10月号[注 2] 連載中
10 ろまんさんしゆうそう 浪漫三重奏 あわはこ あわ箱 2009年10月号[注 2] 2012年07月号
11 てんしのとひと 天使のトビト きい たかし 記伊孝 2009年10月号[注 2] 2010年05月号
12 ほうらいかあるす 蓬莱ガールズ やまた ろう 山田瑯 2009年10月号[注 2] 2010年07月号
13 ほち ポチ あさくら まる 亜桜まる 2009年10月号[注 2] 2010年04月号
14 こいしのふ 恋忍 たかもと よねこ 高本ヨネコ 2009年10月号[注 2] 2011年04月号
15 しよしらく じょしらく やす ヤス(漫画) くめた こうし 久米田康治(原作) 2009年10月号[注 2] 2013年10月号
16 すすなり あやなししんきちきふんろく スズナリ! 〜あやなし甚吉奇聞録〜 おおみね しようこ 大峰ショウコ 2009年11月号 2010年03月号
17 まるとうつくすくらんふる マルドゥック・スクランブル おおいま よしとき 大今良時(漫画) うふかた とう 冲方丁(原作) 2009年11月号 2012年06月号
18 くりこり グリゴリ はるま りよう 春馬良 2009年11月号 2010年08月号 創刊号に予告漫画掲載。
19 かうんとらふる カウントラブル なお あきなり 奈央晃徳 2009年12月号 2012年12月号
20 さんかれあ はっとり みつる はっとりみつる 2010年01月号 連載中
21 みふきしてん 壬生義士伝 ながやす たくみ ながやす巧(漫画) あさた しろう 浅田次郎(原作) 2010年02月号 2012年03月号 ←『コミックチャージ』より移籍。第1話からの再録掲載。
現在は第三章執筆中のため未掲載[24][25]
22 きりきり キリキリ あつま はるき あづま春吉 2010年03月号 2010年11月号
23 ねこあね。 ネコあね。 なら いつへい 奈良一平 2010年04月号 2013年02月号
24 らふふらす りんこていす ラブプラス Rinko Days せお こうし 瀬尾公治(漫画) こなみてしたるえんたていんめんと コナミD.E.(原作) 2010年05月号 2012年01月号 隔月連載。※コナミデジタルエンタテインメント
25 ほりつく ろう XXXHOLiC・籠 くらんふ CLAMP 2010年07月号 2011年03月号 ←『週刊ヤングマガジン』より移籍。
26 ねきほ ネギほ(幼)文 ゆい YUI あかまつ けん 赤松健(原作) 2010年10月号 2011年11月号 魔法先生ネギま!」のスピンオフ作品。
27 かみさまのいうとおり 神さまの言うとおり ふしむら あけし 藤村緋二(漫画) かねしろ むねゆき 金城宗幸(原作) 2011年03月号 2012年11月号 第一部完。→『週刊少年マガジン』へ移籍。
28 けきてつのこくわん 撃鉄の黒腕 しはた ゆにか 柴田ゆにか 2011年04月号 2012年05月号
29 すいいとふうるさいと スイートプールサイド おしみ しゆうそう 押見修造 2011年05月号 2011年08月号 週刊ヤングマガジン』に連載されたものの再録掲載。
30 いちろへいあん 一路平安! こはやし しん 小林尽 2011年06月号 2012年06月号
31 みつあみこ みつあみこ しらい ももきち 白井もも吉 2011年10月号 2013年04月号 隔月連載。2011年7月号に予告漫画掲載。
32 まつくみらんこうこうしよしこうこうやきゆうふ マックミラン高校女子硬式野球部 すか たつろう 須賀達郎 2011年12月号 2013年02月号 →『週刊少年マガジン』へ移籍。
33 むしゆうりよくこみゆにけいしよん 無重力コミュニケイション おおしは けん 大柴健 2012年02月号 2013年07月号
34 えいけいひいせろせろふおおていいえいと うちゆうていちはんかちなやつ AKB0048 宇宙で一番ガチなヤツ! いしさか けんた 石坂ケンタ(漫画) かわもり しょうし 河森正治
サテライト(原作)
2012年03月号 2012年11月号 AKB0048」のスピンオフ作品。企画:秋元康
35 かふりつちよ カプリッチョ ふしたに むつく 藤谷むっく 2012年04月号 2013年07月号
36 しんけき きよしんちゆうかつこう 進撃!巨人中学校 なかかわ さき 中川沙樹(漫画) いさやま はしめ 諫山創(原作) 2012年05月号 連載中 進撃の巨人」のスピンオフ作品。
37 しんせかいより 新世界より おいかわ とおる 及川徹(漫画) きし ゆうすけ 貴志祐介(原作) 2012年06月号 連載中 協力:アニメ「新世界より」
38 すらいむさんとゆうしやけんきゆうふ スライムさんと勇者研究部 あひこ ゆう 我孫子祐 2012年07月号 2014年03月号
39 かおすういさあととあくまのしもへ カオス・ウィザードと悪魔のしもべ やまもと ありふれつと 山本アリフレッド 2012年08月号[注 3] 2013年08月号
40 ふらいんくういつち ふらいんぐうぃっち いしつか ちひろ 石塚千尋 2012年09月号 連載中 隔月連載。
41 へいひいわあるとえんと ベイビー・ワールドエンド ほりうち あつのり 堀内厚徳 2012年10月号 2013年11月号
42 はあふあんとはあふ Half&half せお こうし 瀬尾公治 2012年10月号 2013年09月号 隔月連載。休載中。
43 いくしおん さあか イクシオン サーガ こみやま ゆうさく 小宮山優作(漫画) かふこん カプコン(原作) 2012年11月号 2013年06月号
44 ていあほろのすうふ ディアボロのスープ おかさき しゆんへい 岡﨑純平 2013年01月号 2014年03月号
45 こもりちやんはやるきをたせ こもりちゃんはヤる気を出せ こんの とひろ コンノトヒロ 2013年01月号 連載中
46 くうろんふいいゆ クーロンフィーユ よしづき くみち よしづきくみち 2013年02月号 2014年03月号
47 きみをまわしたい。 君を回したい。 うめやま たらこ 梅山たらこ 2013年02月号 2014年01月号 2013年4月号までは読み切り扱い。→『週刊少年マガジン』へ移籍。
48 ねむりのふち ネムリノフチ なかむら あゆむ 中村歩 2013年03月号 2014年01月号
49 せいせんけるへろす もうひとりのえいゆう 聖戦ケルベロス〜もう一人の英雄〜 なるみ せいしろう 鳴海聖二郎(漫画) くりい グリー(原作)
メーブ(漫画原作)
2013年04月号 2013年11月号
50 くりんこ にせろろくいち GRINGO 2061 のくち けいすけ 野口佳祐 2013年04月号 2013年12月号
51 ふしみらうああす 不死身ラヴァーズ たかき ゆうな 高木ユーナ 2013年05月号 2014年03月号
52 たいたいは、はんとうめいににとねする 橙は、半透明に二度寝する あへ よういち 阿部洋一 2013年05月号 連載中 隔月連載。
53 ほうかこそおとくらふ 放課後ソードクラブ なかしい こうへい 永椎晃平 2013年06月号 連載中
54 しようきのわたなへくん 将棋の渡辺くん いな めくみ 伊奈めぐみ 2013年06月号 連載中
55 ていいていいていい D.D.D. とくかわ しんせん 徳川神千 2013年07月号 連載中
56 あるすらあんせんき アルスラーン戦記 あらかわ ひろむ 荒川弘(漫画) たなか よしき 田中芳樹(原作) 2013年08月号 連載中
57 たいすき よしむらさん 大好き 吉村さん![注 4] さんたいめ よしむらつはさ 三代目 吉村翼[注 4] 2013年08月号 2014年04月号
58 まひのき マビノギ とらう まさかり 虎雨マサカリ(漫画) ねくそん NEXON(原作) 2013年09月号 連載中
59 まつくみらんのしよしやきゆうふ マックミランの女子野球部 すか たつろう 須賀達郎 2013年10月号 2014年02月号 ←『週刊少年マガジン』より移籍。
60 なかむらこえととたいすけいすけはうまくいかない 中村小江戸と大豆恵亮はうまくいかない たかせ まさや 高瀬雅也 2013年10月号 連載中
61 まおとめたちのえてん 魔乙女たちのエデン しんや のふたか 新谷信貴(漫画) すきい ひかる 杉井光(原案協力)[注 5] 2013年11月号 連載中
62 あひす アビス なかた りゆうはく 長田龍伯 2013年12月号 連載中
63 とおたすてりはりい トータスデリバリー しみす あき 志水アキ 2013年12月号 連載中
64 ともたちけえむ トモダチゲーム さとう ゆうき 佐藤友生(漫画) やまくち みこと 山口ミコト(原作) 2014年01月号 連載中
65 りあるあかうんと リアルアカウント わたなへ しすむ 渡辺静(漫画) おくしよう オクショウ(原作) 2014年02月号 連載中
66 しんしんきえつた 真人キエッタ とりかい ひとし 鳥飼仁 2014年03月号 連載中
67 ひいひいとつとへる BB.HELL わたる れい 渡れい 2014年04月号 連載中
68 かんはるすとおかあ がんばる!ストーカー いとう ひろあき 伊藤広明 2014年04月号 連載中
69 きやりああ CARRIER:キャリアー なうあある NAVAR 2014年04月号 連載中
70 ないとほつち ナイトぼっち まつおか けいすけ 枩岡啓資 2014年05月号 連載中
71 ひやくねんせんきゆうろひすとりあ 百年戦記ユーロ・ヒストリア くへ としひさく 九部利久(漫画) かふこん カプコン(原作) 2014年05月号 連載中

連載詩[編集]

連載小説[編集]

次号予告漫画[編集]

創刊号から毎号、次号予告の4ページ漫画「漫画で次号予告!ミヤジマがお知らせします。」(漫画:宮島雅憲)が掲載されているが、連載作品ではなく毎号読み切りという扱いになっている[26]。また作中及び編集者による煽り文で度々「単行本化の予定がない」「単行本は自分で作れ」とネタにしていることもあり、公式サイトにて画像ファイルフォーマットによる配信が行なわれている[27]。また『週マガ』2011年8号[1]、14号[2]、18号[3]、32号[4]、39号[5]、48号[6]には、それぞれ2ページもしくは3ページずつで出張掲載された。この内14号掲載分のみ『別マガ』2011年4月号に再掲載されている。

なお2012年1月号と3月号から同年11月号まで「漫画であらすじ!ミヤジマが『神さま』をお知らせします。」と題して、「神さまの言うとおり」のあらすじ1ページ漫画が掲載されていた。この他の関連作品に、『別マガ』2010年12月号に掲載された高本ヨネコ作の読み切り「ミヤジマが持ち込みします。」がある。

掲載作品の映像化[編集]

この他、純粋な『別冊少年マガジン』からの映像化ではないが「XXXHOLiC・籠」(CLAMP)が2011年にOVA化され、「スイートプールサイド」(押見修造)が2014年に実写映画化予定である。

発行部数[編集]

創刊号である2009年10月号の発行部数は20万部であったが[2][3]、その後約1年の間に月平均約6万部[28]に落ち着いていた。しかし2011年に入ると、2010年12月10日に発売された『このマンガがすごい! 2011』(宝島社)のオトコ編トップ10に連載作品の「進撃の巨人」と「惡の華」がランクインするなど徐々に連載作品の人気が上昇していき、正確な部数こそ公表していないものの実売部数は上り調子になったという[29]。更に2013年には「進撃の巨人」テレビアニメ放送開始直後に発売された5月号の実売部数が前号と比べて約30%増加し[30]、同年9月号では創刊号の発行部数である20万部を超える部数を発行した[31]

なお2011年時点の発行部数は版元調べで約6万5000部であるが[20]、この年以降の数値は発表されていないため現在の正確な発行部数は不明。

  • 創刊号:20万部[2][3]
  • 2010年:約6万部[28]
  • 2011年:約6万5000部[20]

単行本[編集]

掲載作品の単行本は、2010年3月17日より〈講談社コミックスマガジンレーベルから発行中。また2010年5月17日よりA5判の単行本が〈ワイドKCマガジン〉レーベルから、2010年7月23日よりB6判の単行本が〈KCデラックス〉レーベルから発行中である。ただし雑誌内や公式サイトなどではこれらのレーベル名は大きく扱われず、全てを一括りにした『別マガKC(コミックス)』の名称が使われている。なおこれらの単行本は、2010年11月発売分までは基本的に『週マガ』掲載作品などの単行本と同じ日付に発売されていたが、2010年12月発売分より雑誌の発売日と同日の毎月9日発売に変更された。基本的に、発売日が土曜日または祝日の場合はその前日に、日曜日の場合はその前々日の金曜日に発売される。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 掲載の早い順に「どうぶつの国」「ぷあぷあ?」「恋忍」「浪漫三重奏」「進撃の巨人」「超人学園」「じょしらく」「XXXHOLiC・籠」「惡の華」「ネコあね。」「嵐の伝説」「マルドゥック・スクランブル」「漫画で次号予告!ミヤジマがお知らせします。」「ラブプラス Rinko Days」「カウントラブル」「さんかれあ」「ネギほ(幼)文」「一路平安!」「マックミラン高校女子硬式野球部」「スライムさんと勇者研究部」「君を回したい。」「進撃!巨人中学校」「大好き 吉村さん!」「こもりちゃんはヤる気を出せ」「中村小江戸と大豆恵亮はうまくいかない」「不死身ラヴァーズ」「放課後ソードクラブ」「D.D.D.」「ディアボロのスープ」。なおこの内「XXXHOLiC・籠」と「中村小江戸と大豆恵亮はうまくいかない」は『別マガ』での連載開始前に掲載された。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 創刊号。
  3. ^ 2011年12月号と2012年3月号にそれぞれ「CHAOS WIZARD」「カオス・ウィザード」のタイトルで掲載された読み切りから継続。
  4. ^ a b 「吉」の上部分は正しくは土。
  5. ^ 連載当初、「原作」と表記されていたが2014年4月号より現在の「原案協力」の表記に変更になった。

出典[編集]

  1. ^ a b コミックナタリー - 別冊少年マガジン会見で、ムツゴロウが猛獣・雷句を手玉に”. ナタリー. ナターシャ (2009年9月8日). 2013年6月14日閲覧。
  2. ^ a b c d 別冊少年マガジン : マガジン : コミック&マガジン : 本よみうり堂”. YOMIURI ONLINE(読売新聞). 読売新聞社 (2009年10月2日). 2013年6月14日閲覧。
  3. ^ a b c d 読売新聞』2009年9月28日付東京夕刊、9貢、書評欄。
  4. ^ a b 7月号の撃鉄が気になる(byH本)”. 『別マガ』班長は今日も困っている。. 講談社 (2011年5月31日). 2013年2月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月14日閲覧。
  5. ^ 西本英雄 『もう、しませんから。』 講談社〈講談社コミックスマガジン〉、2010年3月17日、第1刷、33 - 37頁。ISBN 978-4-06-384269-2
  6. ^ 9月9日「別マガ」をよろしくお願いいたします。”. 『別マガ』班長は今日も困っている。. 講談社 (2009年8月18日). 2012年2月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月14日閲覧。
  7. ^ Twitter / magazinespecial: 会議が終わるとマガスペ班のみなさんは活動を一時的に停 ...”. マガジンSPECIAL (magazinespecial) - Twitter. 講談社 (2011年6月16日). 2013年6月14日閲覧。
  8. ^ 「(子どもを読む)週刊少年マガジン副編集長・朴鐘顕さん ピカソでも君でも克服できる」『朝日新聞』2013年2月27日付朝刊、34貢、教育面。
  9. ^ a b 宮本茂頼 (2011年6月1日). “「食われる」絶望との戦い 「進撃の巨人」諫山創に聞く”. BOOK asahi.com. 朝日新聞社. 2013年6月14日閲覧。
  10. ^ a b 「『食われる』絶望との戦い 『進撃の巨人』諫山創に聞く 現代の閉塞感を重ねる」『朝日新聞』2011年5月28日付夕刊、3貢、文化芸能面。
  11. ^ Twitter / betsumaga: だから卒業です。別マガにもっともっと面白くなってほしいので。 ...”. マガジンSP班長 (betsumaga) - Twitter. 講談社 (2013年6月3日). 2013年6月14日閲覧。
  12. ^ コミックナタリー - 週マガ・別マガ・マガスペ3誌の編集長が同時に交替へ”. ナタリー. ナターシャ (2013年6月3日). 2013年6月14日閲覧。
  13. ^ 追い込まれる春日(と班長)((か))”. 『別マガ』班長は今日も困っている。. 講談社 (2011年12月16日). 2012年2月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月14日閲覧。
  14. ^ はからずも微増(by(な))”. 『別マガ』班長は今日も困っている。. 講談社 (2012年3月25日). 2013年2月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月14日閲覧。
  15. ^ Twitter / betsumaga: ブログを更新しました。副班長であり新公式ツイッター@bets ...”. マガジンSP班長 (betsumaga) - Twitter. 講談社 (2013年5月27日). 2013年6月14日閲覧。 “鈴木一司が(か)であることの出典1”
  16. ^ Twitter / betsumaganews: というわけで、2代目班長となりました。前班長が作った別マガの ...”. 別冊少年マガジン (betsumaganews) - Twitter. 講談社 (2013年6月3日). 2013年6月14日閲覧。 “鈴木一司が(か)であることの出典2”
  17. ^ いつどこでどんな漫画でも読む!(by(か))”. 『別マガ』班長は今日も困っている。. 講談社 (2010年10月21日). 2012年2月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月14日閲覧。
  18. ^ a b c d e 神谷直己 「【2009年】今、“月刊マンガ誌”が熱い!! 「別冊少年マガジン」編集責任者インタビュー」『大阪芸術大学 大学漫画』vol.14、発行:大阪芸術大学 発売:小池書院2009年12月8日、24 - 27頁。ISBN 978-4-86225-559-4
  19. ^ Twitter / betsumaga: ちょっぴり部外秘ですが、ぶっちゃけましょう。男7:女3。平均 ...”. マガジンSP班長 (betsumaga) - Twitter. 講談社 (2013年1月7日). 2013年6月14日閲覧。
  20. ^ a b c オトナファミ』2011年10月号付録冊子「漫画雑誌名鑑2011前編 〜総合誌・男性誌〜」、発行:エンターブレイン 発売:角川グループパブリッシング2011年8月20日、20頁。
  21. ^ 連載決定方法2”. 『別マガ』班長は今日も困っている。. 講談社 (2010年7月4日). 2012年2月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月14日閲覧。
  22. ^ 進撃の巨人:口コミでコミックス100万部突破 わずか2巻8カ月で大台”. MANTANWEB(まんたんウェブ) - 毎日新聞デジタル. 毎日新聞社 (2010年4月16日). 2011年6月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月14日閲覧。
  23. ^ 進撃の巨人 :「このマンガがすごい」効果でコミックス3巻がシリーズ初の首位”. MANTANWEB(まんたんウェブ) - 毎日新聞デジタル. 毎日新聞社 (2010年12月16日). 2010年12月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月14日閲覧。
  24. ^ ながやす先生の言葉。”. 『別マガ』班長は今日も困っている。. 講談社 (2010年7月2日). 2013年2月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月14日閲覧。 “ながやす巧の執筆方法に関する記述”
  25. ^ Twitter / betsumaga: 僕も連載再開を待望しています。ながやす巧先生は現在、小説の第 ...”. マガジンSP班長 (betsumaga) - Twitter. 講談社 (2013年4月25日). 2013年6月14日閲覧。 “第三章執筆中であることの出典”
  26. ^ 宮島雅憲 (2009年12月31日). “2009年を振り返って”. ミヤジマ日記. 2013年6月14日閲覧。
  27. ^ 予告漫画一覧|マガメガ|別冊少年マガジン
  28. ^ a b 平山ゆりの (2010年10月8日). “口コミで人気が広がり1、2巻計50万部 人類VS巨人のバトルマンガ『進撃の巨人』”. nikkei TRENDYnet(日経トレンディネット). 日経BP. p. 2. 2013年6月14日閲覧。
  29. ^ いや、すみません。(班長)”. 『別マガ』班長は今日も困っている。. 講談社 (2011年4月14日). 2012年2月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月14日閲覧。
  30. ^ 「進撃の巨人」が快進撃 単行本販売数2000万部突破 別冊マガジン売上げも急伸”. アニメ!アニメ!. イード (2013年6月8日). 2013年6月14日閲覧。
  31. ^ Twitter / betsumaganews: 発行部数に関してですが4年目にしてついに創刊号の発行部数を超 ...”. 別冊少年マガジン (betsumaganews) - Twitter. 講談社 (2013年8月7日). 2013年10月14日閲覧。

外部リンク[編集]