押見修造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

押見 修造(おしみ しゅうぞう、1981年[1] - )は、日本漫画家群馬県出身[1]

2002年ちばてつや賞ヤング部門優秀新人賞受賞[2]。2003年、別冊ヤングマガジンにて『スーパーフライ』でデビュー[2]。同年より同誌で『アバンギャルド夢子』の連載を開始[2]。『漂流ネットカフェ』はテレビドラマ化され、『悪の華』はテレビアニメ化された。また2014年には『スイートプールサイド』が映画化されている[3]

2014年6月現在、『漫画アクション』にて『ぼくは麻理のなか』を連載中。

中学一年生の時、父親にルドンの絵や、萩原朔太郎の詩などを教えられ、『ドグラ・マグラ』やガロを愛読[4]。大学に入学してから漫画を描き始める[5]

また、中学二年生の頃より吃音を患っており、吃音を題材とした作品『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』を発表している[6]。押見は同作品の単行本あとがきに、吃音が故に普段より人の表情や仕草から感情を読み取る能力が発達し、これが漫画の登場人物の表情を描く時に生かせているのかもしれないといい、また吃音のせいで言いたかった事が言えなかった事が心に封じ込められていたことを漫画と言うかたちで爆発させることができた、自身が吃音でなければ漫画家にはなれなかったかもしれない、なる旨を記している。

その後、自伝漫画[7]によれば、20歳くらいの頃に講談社週刊ヤングマガジン編集部に持ち込み。二人の編集者に「ひどいが、おもしろい」と言った評価を受ける。その作品は同誌の月間賞奨励賞を受賞し、賞金5万円を得た。その後同誌で「ちんこ」を見たがる女子高生の漫画『アバンギャルド夢子』や「サキュバスが風俗経営をして精を搾り取ったあげく世界滅亡」する漫画『デビルエクスタシー』などを連載。押見はこのような漫画を良く載せて貰えたものだと述懐している。

作品リスト[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 【インタビュー】“純愛”を考えていたら体操服を盗む話ができあがった。 『惡の華』押見修造【前編】  ”. publisher = 宝島社 (2014年6月14日). 2014年6月19日閲覧。
  2. ^ a b c コミックナタリー - 押見修造のプロフィール”. コミックナタリー. 2014年6月19日閲覧。
  3. ^ 漫画家・押見修造インタビュー「『スイートプールサイド』も『惡の華』も僕にとっては真っ当な青春」”. 東京産業新聞社. 2014年6月19日閲覧。
  4. ^ 『惡の華』がアニメ化のマンガ家・押見修造「初めての彼女から『おまえはクソムシだ』と言われた」”. 週プレnews (2013年4月8日). 2014年6月19日閲覧。
  5. ^ 『惡の華』がアニメ化のマンガ家・押見修造「初めての彼女から『おまえはクソムシだ』と言われた」 (3)”. 週プレnews (2013年4月8日). 2014年6月19日閲覧。
  6. ^ 『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』あとがき。
  7. ^ 「はじめての担当(ひと)」 週刊ヤングマガジン 2014年19号 p.223

外部リンク[編集]