山本直樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
山本 直樹
本名 山本 直樹[1]
生誕 1960年2月1日(54歳)[2]
日本の旗 日本北海道松前郡福島町[2]
国籍 日本の旗 日本
活動期間 1984年(昭和59年) -
ジャンル 青年漫画成人向け漫画
代表作
受賞
テンプレートを表示

山本 直樹(やまもと なおき、1960年2月1日[2] - )は、日本漫画家北海道松前郡福島町出身[2]北海道函館中部高等学校早稲田大学教育学部国語国文学科[2]卒業。劇画村塾3期生。水瓶座、血液型AB型。主に青年漫画を執筆。別に、成人向け漫画を執筆する「森山 塔」(もりやま とう)、「塔山 森」(とうやま もり)の名義がある。

来歴[編集]

1960年2月1日北海道松前郡福島町に生まれる。両親、さらには父方・母方の両祖父が学校の先生という教育者の家庭で育った[3]。小学生のころ、自身にとっての「エロのルーツのルーツ」[3]ともいえる『ハレンチ学園』を愛読[1]。高校時代は、筒井康隆の小説を読んで本の面白さに目覚める一方、下宿先の女性の先輩から『りぼん』を借りて読んでいた[3]

1978年北海道函館中部高等学校卒業し、早稲田大学に入学。入試で第一文学部に落ちたため、教育学部に進学した[3]。大学時代は、萩尾望都大島弓子山岸涼子吾妻ひでお大友克洋などの作品に親しむ[4]1979年、大学2年の冬に、友人たちとSF小説少女漫画ニューウェーブなどの話をするうちに、それまで読むばかりだった漫画を自分でも描き始める[3]

1981年小池一夫が主催する「劇画村塾」に入塾する。同期には堀井雄二とがしやすたからがおり、その熱気に影響されて同人誌の作成を思い立つ[4]1982年、劇画村塾の有志が製作した同人誌に初めての成人向け漫画を発表する[1]。大学卒業に際して、就職活動はせずに、漫画の投稿、持ち込みを始めた[1]

1984年、森山塔名義で『ピンクハウス』(日本出版社発行の自販機本)に掲載の「ほら、こんなに赤くなってる」でデビュー。同年、山本名義でも「私の青空」で『ジャストコミック』新人賞を受賞しデビュー[1]。デビュー当初は、「山本 直樹」名義でストーリー性のある青年漫画を描く一方で、「森山 塔」・「塔山 森」名義で成人向け漫画を描いていたが、両者の境界はなくなっていった[3]

1991年 、『Blue』が初めて東京都青少年保護育成条例で有害コミック指定を受け、当時沸き起こりつつあった有害コミック論争の中心的存在となる。有害コミック論争以降も作風は変わらず、『ありがとう』では更に過激な描写を見せた。

2000年からは、漫画雑誌『マンガ・エロティクス』(現・『マンガ・エロティクス・エフ』、太田出版)のスーパーバイザーを務めながら、同誌に作品も発表している。2006年、『イブニング』(講談社)で連合赤軍事件を題材にした 『レッド』の連載を開始し、2010年には同作品で第14回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞した。

略歴(年表)[編集]

人物[編集]

ミュージシャンのムーンライダーズ[5]フランク・ザッパなどのファンである。自分でも音楽活動を行なっている[6]。『とらわれペンギン』[7]などのように音楽にちなんで漫画作品のタイトルを付けることがあるほか、作品の題材として音楽を取り上げることがある[8]

同じく漫画家の江口寿史とり・みき吉田戦車らと交友関係がある[9]

作風[編集]

特徴[編集]

正気でない人やエロを題材とする作品を描くことが多い[4]。大胆な性描写とシャープな演出センスで問題作を発表しており、セックスに溺れる弱い人間たちが織り成す悲哀を過激に、シニカルに、そしてややユーモラスに描く[10]。性描写が問題になった有害コミック論争以降も作風は変わらず、『ありがとう』では更に過激な描写を見せ、レイプ新興宗教いじめなどの困難に屈せずに奮闘する父を描き、「家族とは何か」という問いを投げかけた同作は、高く評価された[11]

執筆方法[編集]

技術的な特徴としては、かなり早くから漫画にMacintoshによる作画(CG)を取り入れていることが挙げられる[12]1993年ごろから漫画を描くのにパソコンを使い始め[13]、「Aldus SuperPaint」という現在では発売中止になった(開発元のAldusがAdobeに買収されたため)ソフトを使っている。執筆方法の変化により、『フラグメンツ』以降の絵はそれまでよりも繊細になっている。かつては飛龍乱奥浩哉山本夜羽音猫島礼らがアシスタントを務めていたが、近年はアシスタントを雇わずに独力で執筆している。

作品リスト[編集]

山本直樹名義[編集]

エッセイ[編集]

  • テレビを消しなさい
  • ラジオの仏 山本の夢辞書 1975-2004

森山塔名義[編集]

これ以降の本は再刊・再編集。

  • そしてイイ気分(フランス書院コミック文庫)
  • 真夜中のクロール(フランス書院コミック文庫)
  • 夜のお楽しみ袋(フランス書院コミック文庫)
  • ずっと朝まで…(フランス書院コミック文庫)
  • なんかヘンな気…(フランス書院コミック文庫)
  • じっとしててね(フランス書院コミック文庫)
  • あとは寝るだけ(フランス書院コミック文庫)
  • Orange(フランス書院Zコミックス)
  • SERVANT(フランス書院Zコミックス)
  • mushroom(フランス書院Zコミックス)
  • Rough&Ready(フランス書院Zコミックス)
  • PegiminH(フランス書院Zコミックス)
  • Climber(フランス書院Zコミックス)

塔山森名義[編集]

  • 死ぬなミミズ
  • お姫さまといろいろ
  • 誘ってあげる
  • こんな娘といいな

映画化された作品[編集]

オリジナルビデオ化された作品[編集]

アニメーション[編集]

関連人物[編集]

吾妻ひでお
山本が愛読している漫画家の1人[4]。山本と対談した[14]ほか、ベストセレクションの1冊を山本が監修した[15]
中村佑介
イラストレーター。山本と対談し、絵柄が直接影響を受けたというわけではないが、漫画家として、また「超かわいくてエロい女の子の描き手」としてずっと尊敬してきたと明らかにしている[13]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 「森山塔プロフィール&作品目録」森山塔『真夜中のクロール』フランス書院〈フランス書院コミック文庫〉、1989年、199-208頁。
  2. ^ a b c d e 「世界最後の日々」 - イースト・プレス
  3. ^ a b c d e f 「山本直樹1万2千字インタビュー「水と夢と家族」」山本直樹『夕方のおともだち』イースト・プレス、2009年、356-362頁。
  4. ^ a b c d 「山本直樹インタビュー」 - ルーフトップギャラクシー
  5. ^ ムーンライダーズ特集を組んだ『ユリイカ』2005年6月号にアンケート回答を寄せている。
  6. ^ 「山本直樹がバンド従えライブ出演、フライヤーは石黒正数」 - コミックナタリー(2012年6月4日)
  7. ^ フランク・ザッパの同名の曲からタイトルを付けたことが単行本のあとがきで説明されている。
  8. ^ 例えば、「ヤングフォーク」山本直樹『夏の思い出』太田出版、1994年。
  9. ^ 「マンガ家飲み会」 - とり・みきのブログ(2012年3月8日)
  10. ^ 『テレビばかり見てると馬鹿になる』イントロダクション - 映画公式サイト
  11. ^ 『テレビばかり見てると馬鹿になる』スタッフ - 映画公式サイト
  12. ^ 「山本直樹特集」 - Vectorコミック
  13. ^ a b 中村佑介・山本直樹「その曲線にときめけ!世代を超えてつながる絵・マンガ・音楽」『総特集☆中村佑介―イロヅク乙女ノユートピア』(『ユリイカ』2010年2月臨時増刊号)青土社、2010年、135-144頁。
  14. ^ 「リスペクト対談 吾妻ひでお×山本直樹」『文藝別冊 吾妻ひでお 美少女・SF・不条理ギャグ、そして失踪』河出書房新社、2011年、138-154頁。
  15. ^ 山本直樹監修・吾妻ひでお著『21世紀のための吾妻ひでお』河出書房新社、2012年

外部リンク[編集]