アホガール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アホガール
ジャンル 学園ギャグ・残念系
コメディストーリー4コマ
少年漫画
漫画
作者 ヒロユキ
出版社 講談社
掲載誌 週刊少年マガジン
レーベル 講談社コミックス
発表期間 2012年52号 - 連載中
巻数 4巻(2014年8月16日現在)
テンプレート - ノート

アホガール』はヒロユキによる日本漫画作品。『週刊少年マガジン』(講談社)2012年52号より連載を開始。単行本は2014年8月16日現在4巻まで発売中。

概要[編集]

とてつもなく頓珍漢なヒロイン女子高生が、主人公である幼馴染の少年をはじめとする周囲の人物をトラブルに巻き込んでは主人公に突っ込みを受ける、もしくは(鉄拳)制裁されるといったものが通例となる痛快で残念な四コマギャグ漫画。基本1回当たりにつき11話掲載。

基本的にはテンションの高いスラップスティックで大雑把なコメディが描かれる。下着の露出などのエロ描写や下ネタブラックジョークバイオレンスなどの描写も多い。

あらすじ[編集]

学力テストで5教科全て0点を取るほどの凄まじく頭が悪いアホの子・花畑よしこは、幼馴染の「あっくん」こと阿久津明に説教を受けても的外れな返答しかできず、それがもとであっくんから制裁や突っ込みをうけることがしばしば。次第にクラスメイトの隅野さやか、よしこの自称舎弟になる不良・黒崎龍一、よしこの母・よしえ、あっくんの妹・瑠璃、あっくんに思いを寄せる風紀委員長などを巻き込む、トラブルで残念な日々が続く。

登場人物[編集]

花畑 よしこ(はなばたけ よしこ)
【身長160cm 体重48kg 血液型O型 1月1日生まれ】[1]
マークシート方式であろうとテストの点数が常に全教科0点であることはもちろん、自分の苗字の漢字すら忘れてしまうツインテールの高校1年生。好物はバナナ。根拠がなく的外れな自信と思い込みで溢れており会話さえまともに成立出来ない。その上に妙に人を扇動する力があり、あっくんを除いて多くの登場人物がいつの間にか彼女のペースに乗せられている。タイトル通りのアホであるが体力は非常に高く、十分間全力疾走したり三時間走り続けても息一つ切らしていない。
幼馴染のあっくんが大好きであるが相手にされないどころか嫌がられている。だがよしこ本人は、あっくんが自分にラブラブだと思い込んでいるのでそんなことはお構いなしに暴走を繰り返す。
阿久津 明(あくつ あくる)[2]
【身長175cm 体重60kg 血液型AB型 5月20日生まれ】[3]
よしこの幼馴染。通称あっくん。学力は優秀であるが、無愛想な性格の上に一匹狼を気取っており友達がいない。また、体力もあまりない。よしこに勉強させるためには暴力も辞さない構えであるが、よしこの暴走っぷりに手を焼いている。また、好意を抱かれているよしこのことはサルと同類に思っている。風紀委員長のことは彼女の暴走気味な一面と彼女の気持ちに気付いてないこともあって変な女と思っており、今のところ恋愛に進展する気配はない。妹の瑠璃にだけは優しいが、時折悪気もなく彼女を傷つけることがある。とあるきっかけでよしこの犬とも仲良くなっている。
花畑 よしえ(はなばたけ よしえ)
【身長161cm 体重49kg 血液型O型 1月9日生まれ】[4]
よしこの母親。娘同様かなりアホである。アホなよしこに憂慮しており、自分の老後のため金持ちでも何でもないのに何としてでもあっくんとくっつけようと画策しており、そのためには卑劣な手段も平然と使う[5]。また、そのことで風紀委員長を目の敵にしていて、黒崎とも折り合いが悪い。たまに失言をするなど本人も娘と近い波長の持ち主。
隅野 さやか(すみの さやか)
【身長153cm 体重44kg 血液型A型 11月25日生まれ】[6]
よしことあっくんのクラスメイト。あっくんに友達がいないことをよしこにバラされると涙を流し、あっくんの友達になろうとする優しい女の子。優しいこと以外に目立った特徴のない地味な女の子であり、本人はそのことや小さい胸を気にしている。
押枝 あつこ(おしえだ あつこ)
【身長158cm 体重49kg 血液型A型 2月18日生まれ】[7]
よしこたちの担任の先生。28歳。担当教科は数学で、よしこに勉強を教えようと努力するが、あっくん同様暴走に手を焼いている。そしていつの間にかよしこに洗脳されそうになることも。今まで女子校通いであったため、恋愛経験はない。
黒崎 龍一(くろさき りゅういち)
【身長178cm 体重64kg 血液型B型 12月24日生まれ】[8]
コンビニの前でたむろしていた不良。座っていたらよしこに絡まれ、暴力をふるうもそれでも世話を焼くよしこに対し「真剣に俺のことを見てくれる」と勘違いし、よしこの舎弟になる。あっくんと友達になりたいようであるが、本人にまるでその気がないためうまくいかない。第29話の冒頭によれば喫煙者である模様。よしこを慕っている一方、母親のよしえに対しては敵意を向いており対立している。
風紀委員長
【身長165cm 体重52kg 血液型B型 7月13日生まれ】[9]
本名不詳。高校3年で[10]、登校時に校門で持ち物検査をするなど風紀に厳しいGカップの巨乳女子高生。あっくんに恋心を持つようになるが、よしこに振り回された挙げ句、自分もアホな行動をとる。そのせいか、あっくんには変な女と思われている。また、よくあっくんでエロい妄想をしている。
彼女が出るたびによしこやよしえにいじめられており、特によしえからは卑劣と言っていいほどの被害に遭っており、その後あっくんがよしえとよしこを吹っ飛ばすのがお決まりである。黒崎やさやかとはウマが合い、仲がいい。
阿久津 瑠璃(あくつ るり)
【身長138cm 体重31kg 血液型A型 9月3日生まれ】[11]
あっくんの妹。小学5年生[12]。優秀な兄を持ちながら、よしこと同レベルなアホの子。しかし、よしこと違い性格的にはしっかりしていて、勉強をしてアホを返上しようと努力している。だが、その割には報われず、掛け算や割り算はおろか、簡単な足し算なども出来ない。たまたまあっくんの家に遊びに来たさやかとは、傷ついてた自分を慰めてもらったことから仲良くなり、それ以来、彼女に非常になついている。花畑母娘が大嫌い。
希(のぞみ)
苗字は不明。近所の公園で遊んでいる子供の1人。他の2人はよしこがアホだと知ってからは距離を置いて接しているが、彼女だけはよしこになついている。
乾 凜子(いぬい りんこ)
【身長162cm 体重48kg 血液型B型 6月14日生まれ】[13]
高校2年で、悪趣味で、かなり特殊な感覚をしている。どこか朴納な雰囲気。よしこのことを可愛いと思い、ペットのように扱っている。親には自由に育てられたゆえにやることは適当だが、気に入った者には執着する。

書籍[編集]

  • ヒロユキ 『アホガール』 講談社 〈講談社コミックス〉、既刊4巻
  1. 2013年5月17日発売、ISBN 978-4-06-384871-7
  2. 2013年10月17日発売、ISBN 978-4-06-394954-4
  3. 2014年4月17日発売、ISBN 978-4-06-395057-1
  4. 2014年8月16日発売、ISBN 978-4-06-395166-0

脚注[編集]

  1. ^ 単行本1巻12ページ
  2. ^ 週刊少年マガジン2013年14号掲載時にはあくつ「あきら」と紹介されていたが、2013年7号や単行本1巻では「あくる」となっている。
  3. ^ 単行本1巻20ページ
  4. ^ 単行本1巻68ページ
  5. ^ あまりに酷いときはあっくんが初めてよしこ以外の女をぶっ飛ばしたいと思ったほどである
  6. ^ 単行本1巻28ページ
  7. ^ 単行本2巻20ページ
  8. ^ 単行本1巻52ページ
  9. ^ 単行本1巻60ページ
  10. ^ 単行本2巻121ページで彼女の着ている制服から
  11. ^ 単行本1巻84ページ
  12. ^ 単行本1巻80ページより
  13. ^ 単行本2巻114ページ

外部リンク[編集]