ダーク・ファンタジー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ダーク・ファンタジーファンタジー作品のジャンルの1つ。略してダクファンとも呼ばれる。

ハイ・ファンタジー作品で、重苦しい雰囲気や悲劇的展開、残酷な描写や不条理な世界観などに重きを置いているもの。あるいは幻想文学作品で幻想怪奇ホラーの色合いが濃い物を言う。

日本では、漫画『ベルセルク』のヒットによって、前者の意味でのダーク・ファンタジーという言葉が広く知られるようになったが、それ以前からファンタジー小説ではそのような作品が多く知られていた。また、日本における本格的ファンタジー漫画の初期作品として著名である『クリスタル☆ドラゴン』(あしべゆうほ) などは正にダーク・ファンタジー作品であった。

大人成人向けなファンタジーということでアダルト・ファンタジーと呼ぶこともある。 ただし、少年向けのダーク・ファンタジーもある。

ダーク・ファンタジーの特徴[編集]

一般的なファンタジー・幻想小説とダーク・ファンタジーとの明確な線引きは難しく、作風によって出版社が判断してジャンル分けしたり[1]、読者が独自に判断したり、作者がコメントなどで明確に打ち出したりするなど、様々である。

ハイ・ファンタジー、いわゆる異世界ファンタジーの分類としてのダーク・ファンタジーでは、ストーリー全体がシリアスなトーンで進行しているのが大きな特徴で、その中で人間の残酷な心理や内面をえぐった表現や、予定調和的なハッピーエンドを嫌った展開(バッドエンド方針)、過激な戦闘とグロテスクな描写、性描写などに特徴的な作品を指すことが多い。

異世界ファンタジーとしてのダークファンタジー作品では、トールキンの亜流作品や児童文学などで描かれる中世ヨーロッパ「風」世界のメルヘン・幻想的 (=非現実的) なイメージに対するアンチテーゼとして、現実の醜汚を世界観に反映させており、史実に基づいた戦争とそれに伴う略奪魔女狩り拷問飢饉疫病、政治の腐敗といったガジェットがリアリズム (場合によってはある程度の誇張表現も含む) により生々しく描写されることもある。

一方、より広義のファンタジーとしての幻想文学の作品群でダーク・ファンタジーというラベリングをした場合、幻想と怪奇、ホラーの味付けの強い作品、ゴシック小説の流れを汲む作品などを指して呼ぶことが多い。現実世界に非現実の存在がクロスオーバーする現象、あるいはその体験を、恐怖として表現したもので、ハワード・フィリップス・ラヴクラフトホルヘ・ルイス・ボルヘスらの作品に特徴的である。

ダーク・ファンタジーを用いる作家[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 東京創元社ジョナサン・キャロルの作品群などを自社レーベル内で「ダークファンタジイ」というジャンルで扱っている。[1]