ARIA (雑誌)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アリア
ARIA
ジャンル 漫画雑誌
読者対象 20代女性
刊行頻度 月刊
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
定価 650円
出版社 講談社
刊行期間 2010年7月28日 -
発行部数 12,417部(2012年10月 - 2013年9月日本雑誌協会調べ)
レーベル ARIAコミックス
ウェブサイト ARIA

ARIA』(アリア)は、講談社が発行する日本月刊漫画雑誌2010年に創刊。発売日は毎月28日(発行月の前々月に発売)。

概要[編集]

2010年7月28日に創刊。コンセプトは良質な奇想天外。キャッチコピーの非日常的ガールズコミックに基き、恋愛の枠に収まらないファンタジー要素のある少女漫画が多く掲載されている。誌名のロゴは「ARiA」だが、Iは大文字で、小文字のように見えるのはデザイン上のアクセント[1]

発行部数は創刊以来右肩下がりだったが(#発行部数参照)、『進撃の巨人』のスピンオフ作品のプロローグが掲載された2013年11月号が完売、好評を受けて再掲載された同年12月号も完売の上、重版という事態を受け、本格連載が開始される2014年1月号は発行部数が5倍に急増した[2][3]

連載作品[編集]

連載終了作品[編集]

  • 異域之鬼由貴香織里
  • 王子様降臨(日吉丸晃
  • 王子様と灰色の日々(山中ヒコ)
  • 乙女×乱舞(今村陽子
  • 黒鉄ガール(夏目ココロ)
  • K -メモリー・オブ・レッド-(作画:黒榮ゆい、原作:GoRA)
  • ケモノキングダム〜ZOO〜(もち[注 2]
  • サロン・ド・キリヒコ(三上骨丸)
  • 志士っぽいの。(中邑天)
  • ジャウハラ幻夜(ネスミチサト)
  • 甘党(スイーツ)ペンギン(そにしけんじ
  • 戦国ブラッド〜薔薇の契約〜(作画:湖住ふじこ、原作:広井王子
  • だから金田は恋ができない(和深あゆな)
  • チェリせん!(天城れの)
  • 二世の契り(櫻井しゅしゅしゅ)※乙女ゲームのコミカライズ
  • ばけものくらぶ(作画:コダマナオコ、原作:日日日
  • ピカ☆イチ(作画:槙ようこ、原作:持田あき[注 3]
  • ヒミツの薔薇十字団(ローゼン・クロイツ)(英貴)
  • ホテル・ラヴィアンローズ(豊田悠)
  • 摩訶ソサエティ(ミキマキ
  • マノン 警官見習い中(英貴)
  • 骸シャンデリア厘のミキ
  • ライトノベル(なるしまゆり)
  • ワンニン! (ほおのきソラ)※ 第1回ARIAコミックグランプリ グランプリ受賞

ARIAコミックグランプリ[編集]

2010年、「まだ世に出ていない新たな才能」を持った人を発掘するために創設。年2回開催され、ファンタジーやミステリーなどのジャンルを問わず、「良質な非日常」を募集テーマとする点が特徴。

発行部数[編集]

  • 2009年10月1日 - 2010年9月30日、39,667部[4]
  • 2010年10月1日 - 2011年9月30日、16,834部[4]
  • 2011年10月1日 - 2012年9月30日、12,067部[4]
  • 2012年10月1日 - 2013年9月30日、12,417部[4]

KCx ARIA[編集]

掲載作品の単行本は2011年3月7日に5タイトルで創刊したB6判の〈KCx ARIA〉レーベルより発行されている[5]。しかし〈KCx ARIA〉という表記は基本的に使われず、〈ARIAコミックス〉という通称が用いられる。なお一部作品はA5判のため〈ワイドKC ARIA〉レーベルより発行されている。

この〈KCx〉というレーベル名は、『BE・LOVE』編集部が発行するアンソロジーコミックITAN』の単行本レーベルとしても使われている。

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2013年11月号に「プロローグ」を掲載したが、品薄による読者からのリクエストに応える形で12月号に再録される。2014年1月号より本連載開始予定
  2. ^ 途中からサブタイトルとタイトルが入れ替わった。当初は隔月連載だったが、現在は毎月連載。
  3. ^ 合作の話は槙から編集部に持ちかけ、快諾された。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ARIA編集部日記 2010年6月1日
  2. ^ ARIA : 「進撃の巨人」人気で発行部数一気に5倍”. MANTAN WEB : 毎日新聞デジタル (2013年11月11日). 2013年11月28日閲覧。
  3. ^ 「進撃の巨人」リヴァイ外伝が本格始動、ARIAは部数5倍増”. コミックナタリー (2013年11月28日). 2013年11月29日閲覧。
  4. ^ a b c d 日本雑誌協会マガジンデータによる1部当たり平均部数。
  5. ^ “ARIAコミックス誕生フェア、Twitterコンテストも開催”. コミックナタリー (ナターシャ). (2011年3月4日). http://natalie.mu/comic/news/45926 2012年4月7日閲覧。 

外部リンク[編集]