西尾維新

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
西尾 維新
(にしお いしん)
ペンネーム 西尾 維新
(にしお いしん)
誕生 1981年????
日本の旗 日本 
職業 小説家
漫画原作者
脚本家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 立命館大学政策科学部中退
活動期間 2002年 -
ジャンル ミステリ
伝奇
青春小説
ライトノベル
コメディなど
代表作 戯言シリーズ
〈物語〉シリーズ
刀語
めだかボックス』(漫画原作)
伝説シリーズ
主な受賞歴 メフィスト賞(2002年)
処女作 クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

西尾 維新(にしお いしん、1981年[1] - )は、日本小説家漫画原作者脚本家。男性[2]血液型B型[3]立命館大学政策科学部中退[4]ミステリーライトノベルに属する作品を主に著している。

経歴[編集]

もともと漫画好きで漫画家を志していたが、まったく絵が上達しなかったために(活字なら印刷の良し悪しに関わらないと考え)小説家を目指すようになった[5]。投稿時代は執筆速度を売りとしており、1度のメフィスト賞に2、3作投稿していた[6]2002年に『クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い』で、第23回メフィスト賞を受賞しデビュー。当時20歳だったこともあり、キャッチコピーは「京都の二十歳、西尾維新」であった。同作の主人公を語り手とする「戯言シリーズ」は若年層に高い人気を博し、『このライトノベルがすごい!2006』において1位にランクインした。

2005年から2006年にかけて発表された『化物語』は「〈物語〉シリーズ」としてシリーズ化され、アニメ化・ゲーム化など様々なメディアミックスが行われている。

コミックファウスト』2006年8月号に掲載の「放課後、七時間目。」以降漫画原作も手がけており、2009年より、『週刊少年ジャンプ』掲載の「めだかボックス」で漫画原作者として連載デビューした。同誌での自画像は「2時40分」を指しているデジタル腕時計

人物[編集]

西尾維新というペンネームはローマ字(訓令式、大文字)で書くと「NISIOISIN」、Oを中心に点対称・かつ回文となっている。

自身に一番影響を与えたジャンルとして、「少年ジャンプ的なもの」と少女漫画を挙げている[7]。漫画の中では『ジョジョの奇妙な冒険』の熱烈なファンであり、作者の荒木飛呂彦との対談が実現した際には「全人類に読んで欲しい漫画」として同作を挙げた[1]。なお2011年には、上遠野浩平舞城王太郎らと並びジョジョシリーズの公式ノベライズ企画「VS JOJO」へも参加している。

小説では笠井潔森博嗣京極夏彦清涼院流水、上遠野浩平らに影響を受けたことを公言しており、この5人を「神のような存在」としている[7]。「戯言シリーズ」においてはクロスオーバーやリンクを行わないという方針を公言している。これはクロスオーバーやリンクは、尊敬する上遠野が得意とする手法であったため、それとは逆のスタイルを貫こうと決めているためであるが[8]、「人間シリーズ」に関しては、上遠野の著書における「ブギーポップシリーズ」と『ビートのディシプリン』の関係性のオマージュとして書き始めたため、例外であると答えている[8]。現在も一定の執筆ペースを維持し複数のシリーズを同時展開するが、作品間において世界観を共有する「リンク」などは行なっていない。

乙一佐藤友哉奈須きのこ辻村深月ら『メフィスト』や『ファウスト』の若手執筆陣と誌上の企画を介して交流がある。

旅行の道中での読書を好む[9]

作風[編集]

デビュー当初からの特徴として、言葉遊びや毒を交えての会話がどの作品においても大きなポジションを占める[10]。独特なボケとツッコミに関しては、清涼院流水との対談で関西人であることが関係しているのかと聞かれた際「関西人というのは確実にあると思う」と答えている[11]。本人は「台詞こそがキャラクター」という感覚を持ち、見た目の描写より喋る内容を重視している[12]。また作品中には「個性を発揮させやすい」という理由から女性が多く登場し[13]、そのことについて「女性はキャラクターとしての装飾(ファッションなど)が男性より圧倒的に多いから」と述べている[13]

キャラクターの名前の付け方には独特のものがある[14]。本人は名前だけでキャラクターを定義したいと考えており、単純に珍しい名前を付けているわけではなく自身なりのルールを決めて付けているが、あえてルールを外すこともある[14]。ネーミングに関しては「奇天烈[15]」「極めて奇妙[16]」と評されている。

物語執筆の際に取材を行うと、その時点で満足してしまうという理由から執筆時に取材は行わない[17]

藤島康介は西尾との対談で、作風について特徴があり真似しやすいということを指摘している[18]。そのために西尾に影響を受けた作品が増えてきたと語っており[18]、実際に影響を受けたことを公言している作家としては入間人間河野裕さがら総がいる。

西尾とライトノベル[編集]

西尾の著作は一般文芸である講談社ノベルスから発行されているが、ライトノベルとして分類されることがある。乙一冲方丁との対談で、西尾について「広義のライトノベルに入ると思う」と述べている[19]。『日経キャラクターズ! no.5』では「一般文芸とライトノベルの壁を越える新世代の作家」として西尾を紹介している[20]。『西尾維新クロニクル』では「戯言シリーズ」について「ライトノベルと評価されることも多い」としている[21]

ライトノベルのガイドブック『このライトノベルがすごい!2005』に掲載された2004年度版ライトノベルランキングでは「戯言シリーズ」が2位にランクインしたが、ここでは「戯言シリーズがライトノベルであるか否かは意見が分かれる」とコメントされており[22]、またライトノベルについて「文庫こそライトノベル」「パッケージ」「キャラクターの年齢」など様々な意見があることを考慮し、同書の「ジャンル別ガイド」では「戯言シリーズ」および『きみとぼくの壊れた世界』を文庫以外の「ボーダーズ」として紹介している[23]。翌年に発行された『このライトノベルがすごい!2006』では「戯言シリーズ」がランキング1位を獲得した。これを記念して行われたインタビューで西尾は「戯言シリーズ」について「ライトノベルかどうかは微妙」「『ライトノベルレーベルではない』という意味ではライトノベルではないが、『イラストと小説のコラボレーションがライトノベル』という意味ではライトノベルに含まれる」とコメントし、自身の作品がライトノベルと認識されることについて抵抗はないとも述べている[24]

作品リスト[編集]

戯言シリーズ[編集]

全9作で2005年11月に完結。イラストレーション。シリーズ3作目「クビツリハイスクール」は、講談社ノベルス創刊20周年「密室本」として刊行された。関連作品として「人間シリーズ」がある。発行は全て講談社ノベルス。また2008年4月から2009年6月まで隔月で「西尾維新文庫」の名で講談社文庫から再刊された。

巻数 形式 初版発行日付 ISBN
1 クビキリサイクル
     青色サヴァンと戯言遣い
ノベルス 2002年2月5日 ISBN 4061822330
文庫 2008年4月15日 ISBN 9784062754309
2 クビシメロマンチスト
     人間失格・零崎人識
ノベルス 2002年5月8日 ISBN 4061822500
文庫 2008年6月13日 ISBN 9784062760775
3 クビツリハイスクール
     戯言遣いの弟子
ノベルス 2002年8月5日 ISBN 4061822675
文庫 2008年8月12日 ISBN 9784062761338
4 サイコロジカル(上)
     兎吊木垓輔の戯言殺し
ノベルス 2002年11月5日 ISBN 4061822837
文庫 2008年10月15日 ISBN 9784062761796
5 サイコロジカル(下)
     曳かれ者の小唄
ノベルス 2002年11月5日 ISBN 4061822845
文庫 2008年10月15日 ISBN 9784062762120
6 ヒトクイマジカル
     殺戮奇術の匂宮兄妹
ノベルス 2003年7月5日 ISBN 406182323X
文庫 2008年12月12日 ISBN 9784062762267
7 ネコソギラジカル(上)
     十三階段
ノベルス 2005年2月5日 ISBN 4061823930
文庫 2009年2月15日 ISBN 9784062762830
8 ネコソギラジカル(中)
     赤き征裁 vs. 橙なる種
ノベルス 2005年6月5日 ISBN 406182399X
文庫 2009年4月15日 ISBN 9784062763370
9 ネコソギラジカル(下)
     青色サヴァンと戯言遣い
ノベルス 2005年11月7日 ISBN 4061824007
文庫 2009年6月12日 ISBN 9784062763899
  • ザレゴトディクショナル(2006年6月6日ISBN 4-06-182489-9
    • 約15万字の戯言シリーズ用語辞典。しかし実情は楽屋ネタとジョークが半分、という感覚である。
    • 戯言シリーズ執筆秘話・各キャラクターの裏設定などが西尾本人によって語られている。巻末には竹による4コマ漫画『戯言一番』を掲載。袋とじになっている。

人間シリーズ[編集]

戯言シリーズと同一の世界を舞台とするスピンオフ作品。イラストレーションは竹。発行は講談社ノベルス。『零崎双識の人間試験』は「ヒトクイマジカル」と「ネコソギラジカル」の間、以後は戯言シリーズ完結後に発行された。『零崎双識の人間試験』以外の作品には、付録として、でっち上げトレーディングカード「零崎一賊の人間コロシアム」が付属している。

JDCトリビュート[編集]

清涼院流水の作品に登場するJDC(日本探偵クラブ)の設定を借りて小説を書く企画「JDC TRIBUTE」の作品の1つ。一冊で独立しており、「JDCシリーズ」を読まなくても問題なく読むことができる。他に舞城王太郎などもこの企画に参加した。

世界シリーズ[編集]

ノベルス版のイラストレーションはTAGRO。ノベルスとハードカバー(講談社BOXピース)で刊行。

  • きみとぼくの壊れた世界(講談社ノベルス、2003年11月5日ISBN 4-06-182342-6 / (講談社BOXピース、2007年10月9日ISBN 978-4-06-214331-8
    • 『メフィスト』に掲載された「もんだい編」に書き下ろしの「たんてい編」・「かいとう編」・「えんでぃんぐ」を加えたもの。シリーズ第2作の刊行と同時にハードカバー化。西尾作品として初の複数形態のリリースになる。
  • 不気味で素朴な囲われた世界(講談社ノベルス、2007年10月9日ISBN 978-4-06-182557-4 / (講談社BOXピース、2007年10月4日ISBN 978-4-06-214332-5
    • 当初シリーズ化の予定はなく冗談でタイトルを発表していた[25]。ノベルスはハードカバー発売の5日後に発売。
  • きみとぼくが壊した世界(講談社ノベルス、2008年7月7日ISBN 978-4-06-182600-7
  • 不気味で素朴な囲われたきみとぼくの壊れた世界(講談社ノベルス、2008年12月4日ISBN 978-4-06-182626-7

りすかシリーズ[編集]

現在、文芸誌『ファウスト』に連載中。イラストレーションは西村キヌカプコン)。単行本は講談社ノベルス。

〈物語〉シリーズ[編集]

イラストレーションは小説本編はVOFAN、アニメ関連の書籍は渡辺明夫。発行は講談社BOX

巻数 タイトル 初版発行日付 ISBN
1 化物語(上) 2006年11月1日 ISBN 978-4-06-283602-9 
2 化物語(下) 2006年12月1日 ISBN 978-4-06-283607-4
3 傷物語 2008年5月7日 ISBN 978-4-06-283663-0
4 偽物語(上) 2008年9月1日 ISBN 978-4-06-283679-1
5 偽物語(下) 2009年6月10日 ISBN 978-4-06-283702-6
6 猫物語(黒) 2010年7月28日 ISBN 978-4-06-283748-4
7 猫物語(白) 2010年10月27日 ISBN 978-4-06-283758-3
8 傾物語 2010年12月24日 ISBN 978-4-06-283767-5
9 花物語 2011年3月31日 ISBN 978-4-06-283771-2
10 囮物語 2011年6月28日 ISBN 978-4-06-283776-7
11 鬼物語 2011年9月28日 ISBN 978-4-06-283781-1
12 恋物語 2011年12月20日 ISBN 978-4-06-283792-7
13 憑物語 2012年9月26日 ISBN 978-4-06-283812-2
14 暦物語 2013年5月20日 ISBN 978-4-06-283837-5
15 終物語(上) 2013年10月21日 ISBN 978-4-06-283857-3
16 終物語(中) 2014年1月29日 ISBN 978-4-06-283861-0
17 終物語(下) 2014年4月1日 ISBN 978-4-06-283868-9
18 続・終物語 2014年9月19日 ISBN 978-4-06-283878-8
  • 佰物語(2009年8月4日) ISBN 978-4-06-215369-0
  • アニメ『化物語』副音声副読本 上(2012年04月24日) ISBN 978-4-06-283799-6
    • アニメ『化物語』のDVD&Blu-rayに収録された副音声の脚本集。第1話 - 第7話(「ひたぎクラブ」「まよいマイマイ」「するがモンキー」)を収録。
  • アニメ『化物語』副音声副読本 下(2012年06月19日) ISBN 978-4-06-283806-1
    • アニメ『化物語』のDVD&Blu-rayに収録された副音声の脚本集。第8話 - 第15話(「なでこスネイク」「つばさキャット」)を収録。
  • 化物語アニメコンプリートガイドブック(2010年10月28日ISBN 978-4-06-216226-5
    • 書き下ろし短々編「ひたぎブッフェ」「まよいルーム」「するがコート」「なでこプール」「つばさソング」を収録。
  • 偽物語アニメコンプリートガイドブック(2012年9月27日ISBN 978-4-06-217932-4
    • 書き下ろし短々編「ひたぎネック」「かれんアームレッグ」「つきひエターナル」「しのぶハウス」を収録。
  • 化物語入門編 (2013年9月13日) ISBN 978-4-06-218659-9
    • 再録作「ひたぎクラブ」「こよみフラワー」、書き下ろし作「ひたぎコイン」収録。

刀シリーズ[編集]

講談社BOXより2007年1月から大河ノベルと称し12か月連続刊行。イラストレーションは竹。

巻数 タイトル 初版発行日付 ISBN
1 刀語 第一話 絶刀・鉋(ゼットウ・カンナ) 2007年1月9日 ISBN 978-4-06-283611-1
2 刀語 第二話 斬刀・鈍(ザントウ・ナマクラ) 2007年2月1日 ISBN 978-4-06-283604-3
3 刀語 第三話 千刀・鎩(セントウ・ツルギ) 2007年3月1日 ISBN 978-4-06-283619-7
4 刀語 第四話 薄刀・針(ハクトウ・ハリ) 2007年4月2日 ISBN 978-4-06-283623-4
5 刀語 第五話 賊刀・鎧(ゾクトウ・ヨロイ) 2007年5月8日 ISBN 978-4-06-283628-9
6 刀語 第六話 双刀・鎚(ソウトウ・カナヅチ) 2007年6月5日 ISBN 978-4-06-283631-9
7 刀語 第七話 悪刀・鐚(アクトウ・ビタ) 2007年7月2日 ISBN 978-4-06-283634-0
8 刀語 第八話 微刀・釵(ビトウ・カンザシ) 2007年8月1日 ISBN 978-4-06-283636-4
9 刀語 第九話 王刀・鋸(オウトウ・ノコギリ) 2007年9月3日 ISBN 978-4-06-283639-4
10 刀語 第十話 誠刀・銓(セイトウ・ハカリ) 2007年10月1日 ISBN 978-4-06-283643-2
11 刀語 第十一話 毒刀・鍍(ドクトウ・メッキ) 2007年11月2日 ISBN 978-4-06-283648-7
12 刀語 第十二話 炎刀・銃(エントウ・ジュウ) 2007年12月4日 ISBN 978-4-06-283652-4
  • 不問語(2010年1月21日) ISBN 978-4-06-283734-7
    • 「刀語」のアニメ化を記念して発売されたドラマCD。
  • 竹画集 刀語絵巻(2009年1月15日) ISBN 978-4-06-214672-2
    • 竹の画集。西尾維新書き下ろしの短編が収録されている。

刀語外伝[編集]

刀語』のサブキャラクター「真庭忍軍」の初代頭領にスポットを当てた関連作品。西尾曰く「特に『刀語』を未読でも構わない作りとなっております」とのこと。

伝説シリーズ[編集]

講談社ノベルスから発行。「西尾維新史上、最長巨編」がキャッチコピー。

巻数 タイトル 初版発行日付 ISBN
1 悲鳴伝 2012年4月25日 ISBN 978-4-06-182829-2
2 悲痛伝 2013年2月28日 ISBN 978-4-06-182855-1
3 悲惨伝 2013年6月26日 ISBN 978-4-06-182879-7
4 悲報伝 2013年11月25日 ISBN 978-4-06-182888-9
5 悲業伝 2014年7月2日 ISBN 978-4-06-299017-2

ノベライズ[編集]

漫画原作[編集]

その他の単行本[編集]

単行本未収録作品[編集]

なこと写本シリーズ
  • させられ現象 - 『ユリイカ』、イラスト:山口晃、2004年9月増刊号(青土社
  • ある果実 - ファンブック『西尾維新クロニクル』、イラスト:日本橋ヨヲコ、2006年春
  • 栄光の仕様 - 「戯言シリーズコンプリートBOX」内豆本に収録、2006年9月
  • ヨウ素の皮肉 - KOBO CAFE限定特別小冊子(講談社)、2008年6月
  • 〆に最初 - アニメ化物語オフィシャルガイドブック、2009年6月
蹴語(シュウガタリ) - イラスト:赤衣丸歩郎
  • SIDE-A - 『パンドラ』Vol.2 SIDE-A
  • SIDE-B - 『パンドラ』Vol.2 SIDE-B
  • NO-SIDE - 『パンドラ』Vol.3
  • ONE-SIDE - 『パンドラ』Vol.4
りすかシリーズ
  • 第十話「由々しき問題集!!!」 - 『ファウスト』Vol.7
刀シリーズ
  • 刀語余話 - 『大河饅頭 十二箇所巡』付属のリーフレット
物語シリーズ
  • つばさボード - 読売新聞2013年7月6日、アニメ『鬼物語(上)』完全限定生産版Blu-ray&DVD特典小冊子
  • まよいキャッスル - 読売新聞2013年8月17日、アニメ『鬼物語(上)』完全限定生産版Blu-ray&DVD特典小冊子
  • なでこミラー - 読売新聞2013年9月21日、アニメ『鬼物語(下)』完全限定生産版Blu-ray&DVD特典小冊子
  • しのぶサイエンス - 読売新聞2013年10月27日、アニメ『鬼物語(上)』完全限定生産版Blu-ray&DVD特典小冊子
  • ひたぎサラマンダー - 読売新聞2013年11月23日、アニメ『鬼物語(下)』完全限定生産版Blu-ray&DVD特典小冊子
  • するがパレス - アニメ『鬼物語(上)』完全限定生産版Blu-ray&DVD特典小冊子
  • よつぎフューチャー - アニメ『鬼物語(下)』完全限定生産版Blu-ray&DVD特典小冊子
  • おうぎトラベル - アニメ『鬼物語(下)』完全限定生産版Blu-ray&DVD特典小冊子
  • ひたぎフィギュア - 『化物語PremiumアイテムBOX』付属の小冊子
  • まいごのかたつむり - 『アニメ〈物語〉シリーズヒロイン本 其ノ貮 八九寺真宵』、イラスト:針玉ヒロキ
  • うつくし姫 - 『アニメ〈物語〉シリーズヒロイン本 其ノ參 忍野忍』
  • ひたぎスローイング - 『アニメ〈物語〉シリーズヒロイン本 其ノ伍 戦場ヶ原ひたぎ』
  • するがニート - 読売新聞2014年8月16日
  • 阿良々木暦、羽川翼、千石撫子のほぼ日手帳。 - ほぼ日手帳公式ガイドブック2015
  • ろうかゴッド - 『アニメ〈物語〉シリーズヒロイン本 其ノ陸 神原駿河』
ぼくの世界
  • 第いち問「日替わり席替え問題」- 『メフィスト』2009 Vol.2
  • 第に問「しーちゃんお財布盗難事件」- 『メフィスト』2009 Vol.3
哀川潤の失敗
  • Miss/ion1.4321枚の落書き - 『メフィスト』2010 Vol.1
  • Miss/ion2.仲間割れ同好会 - 『メフィスト』2010 Vol.2
  • Miss/ion3.死ぬほど幸せ - 『メフィスト』2010 Vol.3
  • Miss/ion4.デジタル探偵との知恵比べ - 『メフィスト』2011 Vol.1
  • Miss/ion5.不敗のギャンブラーと失敗の請負人 - 『メフィスト』2011 Vol.2
最強シリーズ
  • 人類最強の初恋 - 『メフィスト』2014 Vol.1
  • 人類最強の失恋 - 『メフィスト』2014 Vol.2
探偵都市伝説
  • 第一回「探偵取締法」 - 『メフィスト』2011 Vol.3
  • 第二回「探偵就職活動」 - 『メフィスト』2012 Vol.1
  • 第三回「探偵小説不指南」 - 『メフィスト』2012 Vol.2
掟上今日子の備忘録
  • 第一話「初めまして、今日子さん」 - 『西尾通信』
ノベライズ
  • 真理と試練 - 『少女ファイト』7巻特装版特典「少年ファイト」、イラスト:堺田町蔵
    • 『少女ファイト』のノベライズ
  • りぽぐらの忍び - 『ヤングアニマル』2014 No.15、信長の忍び8巻
その他
漫画原作
  • 放課後、七時間目。 - 作画は高河ゆんが担当。『コミックファウスト』2006年8月号
  • うろおぼえウロボロス! - 作画は小畑健が担当。『週刊少年ジャンプ』2008年6・7合併号
  • キミとなでっこ! - 作画は遠山えまが担当。
    • 第1話 - 『アニメ〈物語〉シリーズヒロイン本 其ノ肆 千石撫子』(2014年1月30日発売)ISBN 978-4-06-218794-7
    • 第2話 - 『ARIA』2014年8月号
    • 第3話 - アニメ『恋物語(下)』DVD・BD特典小冊子
  • ある朝起きたら - 作画は河田悠冶が担当。『週刊少年ジャンプ』2014年37・38合併号
  • 返信願望! - 作画はミヨカワ将が担当。『週刊少年ジャンプ』2014年37・38合併号
めだかボックス
  • 喜界島レポート - 『めだかボックス』DVD購入者プレミアムイベント配布小冊子
脚本
  • 第零話 虚刀・鑢 - アニメ『刀語』Blu-ray&DVD完全生産限定版特典、朗読活劇
  • アニメ『偽物語』キャラクターコメンタリー - アニメ『偽物語』Blu-ray&DVD収録、副音声・裏音声
  • アニメ『猫物語(黒)』キャラクターコメンタリー - アニメ『猫物語(黒)』Blu-ray&DVD収録、副音声
  • アニメ『猫物語(白)』キャラクターコメンタリー - アニメ『猫物語(白)』Blu-ray&DVD収録、副音声
  • アニメ『傾物語』キャラクターコメンタリー - アニメ『傾物語』Blu-ray&DVD収録、副音声
  • アニメ『囮物語』キャラクターコメンタリー - アニメ『囮物語』Blu-ray&DVD収録、副音声
  • アニメ『鬼物語』キャラクターコメンタリー - アニメ『鬼物語』Blu-ray&DVD収録、副音声
  • アニメ『恋物語』キャラクターコメンタリー - アニメ『恋物語』Blu-ray&DVD収録、副音声
  • アニメ『花物語』アドトラックナレーション - アドトラック
  • アニメ『めだかボックス』 第12箱「黒神めだかがいなくても」
  • アニメ『グッドルーザー球磨川』 第マイナス12槽「生徒会を死刑執行する」
  • 『魔法少女まどか☆マギカ』×『〈物語〉シリーズセカンドシーズン』コラボレーション劇場マナー告知短編映像 - 『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編] 叛逆の物語』完全生産限定版BD特典

解説担当[編集]

関連書籍[編集]

翻訳[編集]

  • 英語
    • 戯言シリーズ:『クビキリサイクル』、『クビシメロマンチスト』まで
    • その他:『xxxHOLiC』、『DEATH NOTE』
  • 中国語(簡体字)
    • 刀語:12巻まで
  • 中国語(繁体字)
    • 戯言シリーズ:『ネコソギラジカル(下)』まで
    • 零崎シリーズ:『零崎双識の人間試験』、『零崎軋識の人間ノック』
    • JDCトリビュート:『ダブルダウン勘繰郎』
    • りすかシリーズ:2巻まで
    • きみとぼくシリーズ:『きみとぼくの壊れた世界』
    • その他:『xxxHOLiC』、『DEATH NOTE』
    • 刀語:4巻まで
    • 物語シリーズ:『化物語(上)』、『化物語(下)』、『傷物語』まで
  • 韓国語
    • 戯言シリーズ:『ネコソギラジカル(下)』まで
    • きみとぼくシリーズ:『きみとぼくの壊れた世界』
    • その他:『xxxHOLiC』、『DEATH NOTE』
  • その他
    • 『DEATH NOTE アナザーノート』のドイツ語版、タイ語版が刊行されている。

その他関連商品[編集]

  • 戯言シリーズスクールカレンダー(2004年)
  • 戯言シリーズスクールカレンダー 2006 - 2007(2006年)
    • 戯言シリーズの竹のイラストを使用したカレンダー。
  • 戯言シリーズコンプリートBOX(2006年) ISBN 4-06-278852-7
    • 戯言シリーズ全10冊(辞典含)を収録可能な特製BOX。講談社より発売。
    • 戯言Tシャツ(フリーサイズ)、戯言ティッシュ、しおり(プラスチック製全5枚セット)、豆本(書き下ろし小説)、戯言ポストカード(全12枚セット)、零崎人識タトゥーシール、タグ(西尾維新による直筆サイン&シリアルナンバー入り)がオマケでつく。
  • 西尾維新スターターパック(2007年10月) ISBN 978-4-06-278853-3
    • デビュー5周年記念。
    • 戯言シリーズ第1作『クビキリサイクル』、刀語第1話『刀語 第一話 絶刀・鉋』が特製プラスチックしおり(10枚)、スペシャルシールとともに竹描き下ろしイラスト入り特製袋に入れられたスペシャルキット。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『西尾維新クロニクル』85頁。
  2. ^ テレビアニメ『化物語』の「あとがたり つばさキャット篇」において、神谷浩史が「西尾維新はこの世の誰よりもあとがたりを聴いている男」と発言している
  3. ^ 『メフィスト/小説現代』 2004年9月増刊号
  4. ^ あなたの本を見つけよう!!  Book Vox RUC-立命館生活協同組合”. 2012年6月29日閲覧。
  5. ^ 『西尾維新クロニクル』87頁。
  6. ^ 『ザレゴトディクショナル』113頁。
  7. ^ a b 『ユリイカ9月臨時増刊号』91頁。
  8. ^ a b 講談社刊 『ファウスト』 2005 SPRING Vol.5 スーパートークセッション
  9. ^ 『西尾維新クロニクル』81頁。
  10. ^ 『別冊オトナアニメ シャフト超全集!!』39頁。
  11. ^ ファウスト Vol.3』177 - 178頁。
  12. ^ ダ・ヴィンチ 2011年4月号』20頁。
  13. ^ a b 『ユリイカ9月臨時増刊号』92頁。
  14. ^ a b 『ユリイカ9月臨時増刊号』181頁。
  15. ^ 『ユリイカ9月臨時増刊号』112頁。
  16. ^ ダ・ヴィンチ 2011年4月号』26頁。
  17. ^ ファウスト』Vol.7
  18. ^ a b キャラ☆メル VOL.11』8頁。
  19. ^ QuickJapan Vol.54』116頁。
  20. ^ 『日経キャラクターズ! no.5』57頁。
  21. ^ 『西尾維新クロニクル』54頁。
  22. ^ このライトノベルがすごい!2005』15頁。
  23. ^ このライトノベルがすごい!2005』88頁。
  24. ^ このライトノベルがすごい!2006』27頁。
  25. ^ 『ザレゴトディクショナル』p.281-282

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]