上遠野浩平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
上遠野 浩平
(かどの こうへい)
ペンネーム 上遠野 浩平
(かどの こうへい)
誕生 1968年12月12日(45歳)
日本の旗 日本千葉県
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 学士
最終学歴 法政大学第二経済学部商業学科卒業
活動期間 1998年 -
ジャンル サイエンス・フィクション
推理小説
ミステリ
ライトノベル
代表作 ブギーポップシリーズ
ナイトウォッチ三部作
主な受賞歴 電撃ゲーム小説大賞1997年
処女作 『ブギーポップは笑わない』
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

上遠野 浩平(かどの こうへい、1968年12月12日 - )は、日本小説家。代表作品に『ブギーポップは笑わない』、『ぼくらは虚空に夜を視る』、『殺竜事件-a case of dragonslayer』など。

来歴[編集]

1968年千葉県生まれ、神奈川県育ち。神奈川県立野庭高等学校法政大学第二経済学部商業学科卒業。大学卒業後にビル整備会社へ勤めたものの、すぐに退社[1]。作家としてデビューする以前には、日本ファンタジーノベル大賞、コバルト・ノベル大賞などの公募新人賞へ投稿を続けると同時にモデラーとしての活動も行っていた[2]

1997年に『ブギーポップは笑わない』で第4回電撃ゲーム小説大賞を受賞し、1998年に同作でデビューを果たす。同作は当時、電撃文庫で最高の発行部数を誇る作品となり、アニメ化・実写映画化などもされ、ライトノベル界に影響を与えた。ライトノベル作家である西尾維新奈須きのこが「上遠野浩平の作品に影響された」と語っているほか、佐藤友哉も影響を受けた事が明かされている[3]

デビュー後しばらくは電撃文庫でライトノベルを主に執筆し、90年代後半に始まったライトノベルブームの礎を築いた重要人物の一人[4]。その後、講談社徳間書店祥伝社富士見書房など多くの出版社やレーベルでも作品を発表するようになり、ライトノベルに限定されない活躍を見せている。

作風[編集]

作風としては「ブギーポップシリーズ」を中心に、SF作品としての傾向が強く、「戦地調停士シリーズ」や「ソウルドロップシリーズ」のように、ファンタジーやSFとミステリの融合を試みたものも多く見られる。本格ミステリに近い推理小説としては『しずるさんシリーズ』等が挙げられる。また人物の描写として、青春を感じさせる若者の心理的要因や、社会や組織に有って生きる人間など、場所も時系列も違う複数の登場人物を、それぞれの視点で進行する独特の描き方をする。

全作品に共通する登場人物の性格付けとして、国内メディア作品の青少年キャラクターには多い「若さ故の無鉄砲さ」や「若さの象徴としての、実態のない体制への理由無き反骨心や反逆心」(上遠野自身曰く「身の程知らず」な人間)を書く事がないのも特徴で、多くの登場人物は体制の仕組みの中に取り込まれている事を皆理解しながら、そのまま諦観しているか、それでも大切な何かを持っているかを描いている。

個々のシリーズ、更にはそのシリーズ内でも各巻が独立しており、いずれの作品からでも読む事が出来るスタイルをとっている。それと同時に、出版社の壁を隔てず、全ての作品とシリーズが世界観を共有をしており、深く読み込んだ読者であればあらゆる作品で他作品の登場人物や出来事、影響力などを読み解く事が可能となっている。

人物[編集]

本人は漫画家荒木飛呂彦に影響を受け、インタビューでも荒木について受けた影響を語っている。代表作「ブギーポップシリーズ」では荒木と同様に、作中に登場する固有名詞等が海外のミュージシャンや曲名を元にしているが、洋楽を聴き始めたのは『ジョジョの奇妙な冒険』の影響と述べている[5]。好むジャンルはパンクをはじめ、ファンクニュー・ウェイヴヒップ・ホップなど。また鑑賞が主で、楽器に苦手意識があるため自身で演奏に興味を持つ事はなかったと述べている。

小説ではアーサー・C・クラークロバート・A・ハインラインアントン・チェーホフフィリップ・K・ディック太宰治筒井康隆山田正紀島田荘司などの有名作家の作品を始め、特にSF作品は勉強の為に数多く読み込んだ事を語っている[6]。また、先述した視点ずらしの技法は氷室冴子が得意としてたものであった旨を話している[6]

出版社やレーベルを問わず、独特なあとがきを書く。これは上遠野がデビュー作において、あとがきを執筆する際に、当時の風潮としてライトノベルのデビュー作では、関係者に対する礼に終始したあとがき(私信)が多かった事に「小説家としては何か違うな」と疑念を抱いたため、と答えている。あとがきの内容としては、本編に関連したテーマに沿った自身の考えを述べ、最後にそのテーマについて自問自答した後、(まあいいじゃん)と締めくくることが多い。

雑誌『アニメージュオリジナル』(徳間書店)では編集者との対談形式による、アニメ作品批評と解説の連載を持っており、古典の名作から新規のヒット作まで幅広く作品を語る。自身の作風と同様、必ず作品をまず広く肯定した上で独自の解釈や視点から分析を行い、語るスタンスをとっている。

作品リスト[編集]

電撃文庫[編集]

上記の作品イラストは全て緒方剛志

徳間デュアル文庫[編集]

講談社ノベルス[編集]

講談社ミステリーランド[編集]

講談社[編集]

  • 私と悪魔の100の問答-Questions & Answers of Me & Devil in 100(2010年10月、ISBN 4-06-216548-1、イラスト:ウエダハジメ
  • 戦車のような彼女たち-Like Toy Soldiers(2012年7月、ISBN 4062177935、イラスト:ウエダハジメ)

富士見ミステリー文庫[編集]

富士見書房[編集]

  • 騎士は恋情の血を流す(2009年8月、ISBN 4-8291-7681-4)※本巻も上述の「しずるさんシリーズ」[7]に含まれる。

ノン・ノベル[編集]

ジャンプ ジェイ ブックス[編集]

星海社文庫[編集]

単行本未収録[編集]

  • ブギーポップシリーズの外伝短編
    • メタル・グゥルー(『電撃hp』3号掲載)
    • ロンドン・コーリング(『電撃hp』4号掲載)
    • 死神を待ちながら(『電撃hp』5号掲載)
    • チャリオット・チューグル(『電撃hp』6号掲載)
    • ブギートーク・ポップライフ(CD『ニュルンベルクのマイスタージンガー第1幕への前奏曲ブギーポップ・ヴァージョン』掲載)
    • 天使篇(『電撃ヴんこ』掲載)
    • イラストノベル「Girl's Life 彼女の生活」(『電撃hpSPECIAL2002秋』掲載)
  • 機械仕掛けの蛇奇使い のアナザーストーリー
    • 虚無を心に蛇と唱えよ(『電撃hpSPECIAL2002秋』掲載)
  • 冥王と獣のダンス の外伝短編
    • 枢機王狙撃(『電撃hp』8号掲載)
  • ブギーポップシリーズと事件シリーズのクロスオーバー作品
    • ドラゴンフライの空(『メフィスト』2000年5月号掲載)
    • ギニョールアイの城(『メフィスト』2001年1月号掲載)
    • ジャックポットの匙(『メフィスト』2003年5月号掲載)
    • ヴェールドマンの貌(『メフィスト』2007年5月号掲載)
    • アウトランドスの戀(『ファウスト』Vol.5掲載)
  • しずるさんシリーズ
    • しずるさんと不死蝶(『月刊ドラゴンマガジン』2007年2月号増刊ファンタジアバトルロイヤル掲載)
    • しずるさんと蝉時雨(『月刊ドラゴンマガジン』2009年9月号掲載)
    • しずるさんと雷蜘蛛(『月刊ドラゴンマガジン』2010年5月号掲載)
  • ノベライズ作品

作品間リンク[編集]

先述したように、上遠野作品の各シリーズは『ブギーポップシリーズ』を中心にそれぞれ何らかの繋がりを持っており、シリーズ間ないし世界間に重複して登場する(もしくは作中で直接的・間接的に言及される)人物・事象等が複数存在している。東浩紀はこの世界観を「上遠野サーガ」と評した[6]

短編作品も含めると莫大な作品数がリンクしているが、以下では書籍が単行本化されているものを中心に解説する。

  • 『ビートのディシプリンシリーズ』、『ヴァルプルギスの後悔シリーズ』はそれぞれ『ブギーポップシリーズ』に登場する合成人間ピート・ビート(本編では名前のみ)や炎の魔女、霧間凪に焦点を当てたスピン・オフ的作品 。『ブギーポップシリーズ』に登場する数々の謎、核心に迫る物語。
  • 『ヴァルプルギスの後悔』は上述二作の他にも『ペイパーカットシリーズ』『冥王と獣のダンス』『ナイトウォッチ三部作』『酸素は鏡に映らない』との関連性が書かれている。
  • 『ナイトウォッチ三部作』は『ブギーポップシリーズ』の遥か未来の世界の地球圏外の物語。
  • 『しずるさんシリーズ』、『ペイパーカットシリーズ』、『酸素は鏡に映らない』は、『ブギーポップシリーズ』と同世界・同時代の物語。
  • 『騎士は恋情の血を流す』は『しずるさんシリーズ』と『ブギーポップシリーズ』のクロスオーバー作品。
  • 『冥王と獣のダンス』、『機械仕掛けの蛇奇使い』は『ナイトウォッチ三部作』と同時代、あるいはその後の時代の地球の物語。
  • 『事件シリーズ』は『ブギーポップシリーズ』の世界とは平行世界の関係にあり、互いに影響を及ぼしている。
  • 『冥王と獣のダンス』は『ブギーポップシリーズ』の未来の可能性のひとつ。
  • 『機械仕掛けの蛇奇使い』はシミュレータ内で再現された、未来で『虚無を心に蛇と唱えよ』の世界に辿り着いていたかも知れない可能性世界のひとつ。
  • 『私と悪魔の100の問答』では、統和機構の合成人間である久嵐舞惟(『すずめばちがサヨナラというとき』に登場)が主人公の葛羽紅葉を監視し、尋問のためにフォルテッシモが登場する。

脚注[編集]

  1. ^ 上遠野浩平先生インタビュー”. Anima Solaris. 2007年9月21日閲覧。
  2. ^ 波状言論 09-a号”. 東浩紀. 2008年8月8日閲覧。
  3. ^ 講談社刊 『ファウスト』 2005 SPRING Vol.5 スーパートークセッション
  4. ^ 講談社刊 『ファウスト』 2005 SPRING Vol.5 東浩紀 『波状言論』 序文
  5. ^ 波状言論 10-a号”. 東浩紀. 2008年8月8日閲覧。
  6. ^ a b c 講談社刊 『ファウスト』 2005 SPRING Vol.5 東浩紀 『波状言論』
  7. ^ [1]