奈須きのこ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
奈須 きのこ
(なす きのこ)
ペンネーム 奈須 きのこ
(なす きのこ)
誕生 1973年11月28日(41歳)
日本の旗 日本
職業 小説家
ゲームシナリオライター
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
活動期間 1998年 -
ジャンル 伝奇小説
ミステリ
ファンタジー
ジュブナイル
ライトノベル
美少女ゲーム脚本
代表作 空の境界
DDD
月姫』など
処女作 同人及び商業小説:『空の境界
同人ゲーム脚本:『月姫 (ゲーム)
商業ゲーム脚本:『Fate/stay night
公式サイト 奈須きのこ 公式ホームページ
『 竹箒 』
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

奈須 きのこ(なす きのこ、男性[3]1973年11月28日 - )は、日本シナリオライター小説家血液型AB型千葉県出身。法政大学大学院人文科学研究科修士課程修了。

人物[編集]

概要
座右の銘は「人類皆強大」。自画像は「化けきのこ」。
中学時代からの同級生武内崇らと共に同人サークルTYPE-MOONを立ち上げ、2000年発表の同人ゲーム月姫』シリーズで人気を博す。現在は同サークルを法人化したゲーム制作会社「ノーツ」(TYPE-MOONはそのブランドに)に所属し、2004年発表のアダルトゲームFate/stay night』などでシナリオを手がける。また、講談社刊『DDD』シリーズ(講談社BOX)などで小説家としても活動中。
SF・ミステリファン
自身が公言するように熱心なSFミステリファンであり、自身の分野である伝奇小説新本格ミステリの手法を取り入れ、講談社の文芸誌「ファウスト」では「新伝綺」と銘打たれた。
なお、本人の口から「影響を受けた作家」として、菊地秀行綾辻行人島田荘司竹本健治上遠野浩平京極夏彦らの名前が挙げられている(内、綾辻行人と菊地秀行の二人は講談社文庫の『空の境界』の解説者)。小説を書き始めた当初は伝奇やファンタジー一本槍の作風であったが、綾辻行人の『十角館の殺人』や竹本健治の作品と出会い大きな衝撃を受け、以降伝奇と新本格ミステリの融合を目標に執筆活動を続けている。
また、アダルトゲームである『ONE 〜輝く季節へ〜』が、自作への影響力があったという見解を表している(「コンプティーク」記事より)。
ヴィジュアル系音楽の影響
80年代後半〜90年代初頭のヴィジュアル系アーティストに造詣が深い。特にBUCK-TICKSOFT BALLETからは多大な影響を受けており、曲のタイトルや歌詞からの引用が各所に見られる他、キャラクターのイメージソングとしてそれらのアーティストの曲を挙げている。また、Fateの登場人物である言峰綺礼の風貌及び声のイメージは、元SOFT BALLETの遠藤遼一がモデルとなっている[4]
独自の世界観
奈須作品の特徴は、その作品のほとんどに共通する独自の世界設定にある。それは「魔術」を使える「魔術師」と「魔法」を使える「魔法使い」とが存在し、それらを束ねている組織「魔術協会」があることなどである。それらの共通設定は各作品において、時に詳しく、時に断片的に描かれている。
また、「檻髪(おりがみ)」や「復讐騎」、「殺人貴」など、駄洒落を好んで使用することで知られている。その他、誤字・脱字に関しては本人曰く、「書いた文章は全部覚えているから、読み直しても頭の中で修正してしまって気がつかない」と述べている。
その他
2004年7月22日の『日経新聞夕刊で「奈須氏はパソコンゲームの女性ライターとして、知る人ぞ知る存在」と紹介された。この記事の女性報道については、自身のHPで本人が否定している。
公式写真として後姿ではあるが、講談社の文芸誌『メフィスト2005年1月号における推理小説家綾辻行人との対談時のものがあり、また数々のインタビュー記事での発言などから、男性であることはほぼ間違いない。しかし、OKSGがとあるインタビューにて「ホントの話、奈須さんは男性ですか、女性ですか?」という質問に「もちろん女性です。本名奈須きの子」と、言っている。
前述の「化けきのこ」のキャラクターを用いた会話では、語尾に「~でちゅ」と付けて表現されることが多いが、それ以外の対談や解説などによる会話表現では基本的にこの語尾は用いられない。
「『月姫』以前に某会社のゲームを手伝った」という発言から、VOICEから発売された『LOVELESS 〜終わらない物語〜』(アダルトゲーム)のシナリオライター那須邦宏が本人ではないかとも言われており、実際『LOVELESS』のFlashのクレジットにはシナリオ「Nasu Kinoko」と表示されているが、この件に関しての真偽は現在のところ不明である。
スタッフ内で嘘を吐くため、「うそつき星人」を自称している。武内が『月姫』のスピンオフ的な同人作品に奈須が語ったキャラクターを登場させたところ、「そんな奴いない」と断言したことがある。このことで大喧嘩になったらしく、後に奈須自身が『月姫読本Plus Period』の中で「友情が本当に崩れかかった」と語っている(なおこの時に登場したキャラというのが、死徒『カリー・ド・マルシェ』。奈須が武内にカリーの存在を語る様子は同人時代のTYPE-MOONのHPにある座談会で確認でき、存在を疑った武内に「(カリーの存在は)本当だよ」と言っている)。
竜騎士07はファウストVol.8のインタビューの中で「奈須きのこが同人界に穴を空けたから、今の自分がいる」と評している。

主な著作[編集]

小説[編集]

ゲームシナリオ[編集]

ドラマCD脚本[編集]

  • 同人作品
    • 『空の境界 俯瞰風景』(TYPE-MOON 2002年
  • 商業作品
    • アーネンエルベの一日』(TYPE-MOON 2007年)
    • 『スターダスト・オペレッタ』(『TYPE-MOON Fes. -10th ANNIVERSARY EVENT-』収録 2013年)
    • 『Variety Sound Drama Fate/EXTRA CCC ルナティックステーション2013』(HOBiRECORDS 2013年)

アニメ脚本[編集]

  • Fate/Zero』映像特典「お願い!アインツベルン相談室」(制作:ufotable 2012年)

関連項目[編集]

参照[編集]

  1. ^ TYPE-MOON 武内崇×奈須きのこ×OKSG スタッフ座談会第二夜
  2. ^ 応援団メッセージ#24 奈須きのこ 『TRIGUN』オフィシャルブログ
  3. ^ 奈須, きのこ (2004年7月23日). “女の子になってました。”. 2013年9月22日閲覧。
  4. ^ 『フェイト/ステイナイト プレミアムファンブック』 宙出版、2003年、43頁。

外部リンク[編集]