遠藤遼一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

遠藤 遼一(えんどう りょういち、1967年12月6日 - )は、日本ミュージシャン

前歴[編集]

母親は声楽出身のピアノ教師。実の父親はオペラ歌手。二人は遠藤が幼い頃に離婚している。父親と声がそっくりらしい。 母一人子一人の生活が身についてしまったことで、母親の再婚相手の「男らしさ」に疑問、反発を覚え、その反動で中学時代から化粧をして学校に通うなどの奇行を繰り返す。高校にも馴染めず、3ヶ月あまりで自主退学し家出。新宿のディスコ「ツバキハウス」に入り浸るようになり、夜は花園神社の境内や芝浦の倉庫などで寝泊りするような日々を送っていた。後にツバキハウスで森岡賢と知り合うことになる。

経歴[編集]

1986年に藤井麻輝森岡賢と、音楽グループ「SOFT BALLET(ソフトバレエ)」を結成。1989年にアルファレコードよりメジャー・デビュー。1995年7月23日の渋谷公会堂のライブ後に活動休止。2002年の活動再開から一年後の2003年ツアー「大団宴」をもって再度活動停止中。

1996年から「THE ENDS」としてソロデビュー後はアーティスト名を「ENDS」に変更。音楽活動以外にも、CMにてナレーションワーク、及び出演も行っている。

ディスコグラフィー (ENDS)[編集]

オリジナル・アルバム[編集]

  • 「THE ENDS」(1996年)
  • 「SPACY」(1997年)
  • 「HOWL」(1998年)
  • 「FIRE WORKS」(1999年)
  • 「ADVENTURE 48」(2000年)
  • 「MAGIC DAYS」(2001年)
  • 「THE COUNTER」(2004年)
  • 「FOUND」(2005年)

その他のアルバム[編集]

  • 「MAGIC YEARS-the rise from the ends- ends best selection」(2001年) - ベスト盤
  • 「HI-UNPLUGGED」(2004年) - ライヴ盤
  • Jubilee」(2006年) - セルフカバー盤

シングル[編集]

  • 「蜘蛛と星」(1996年)
  • 「自由なこころ」(1997年)
  • 「シャララ」(1997年)
  • 「愛のうた」(1998年)
  • 「トキメキ」(1998年)
  • 「炎天」(1999年)
  • 「WAY」(1999年)
  • 「すべてに等しく吹きつける風のように」(2000年)
  • 「SWEET DREAMS FOREVER」(2000年)
  • 「LIMITLESS」(2005年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]