アルファレコード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルファレコード
Alfa Records Inc.
設立 1969年 (アルファミュージック)
1977年 (アルファレコード)
設立者 村井邦彦
販売元 ビクター音楽産業(1977-1982)
ワーナー・パイオニア(1983-1991)
日本コロムビア (1991-1994)
東芝EMI (1994-2001)
ソニー・ミュージックダイレクト (2001- )
日本の旗 日本
本社所在地 東京

アルファレコード(Alfa Records)は日本のレコード会社。既にレコード・CD制作からは撤退しており、原盤管理会社として現存している。

概要[編集]

1969年、作曲家村井邦彦が音楽出版社アルファミュージックを設立した。

1970年、プロデューサー川添象郎歌手ミッキー・カーチス内田裕也イベンターの木村英樹、そして村井邦彦日本初のインディーズレーベル[要検証 ]「マッシュルーム・レコード」設立。

当初は原盤制作会社としてスタート。東芝音楽工業(後の東芝EMI→EMIミュージック・ジャパン、現:ユニバーサルミュージックVirgin Musicレーベル/EMI RECORDSレーベル)のリバティ・レーベルに販売を委託した赤い鳥荒井由実(現・松任谷由実)ハイ・ファイ・セットなどの「アルファ&アソシエイツ」、日本コロムビアデノン・レーベル(のちに「Blow Up」に改称)に販売を委託したGARO小坂忠などの「マッシュルーム・レコード」といった多数のアーティストを送り出し、ニューミュージックといった新ジャンルを開拓。[要出典]

1977年に独立したレコード会社「アルファレコード」となり、「アルファ&アソシエイツ」「マッシュルーム」の音源の発売権も新生アルファレコードに移行した。その後サーカスカシオペアイエロー・マジック・オーケストラ(YMO)のヒットでレーベルの知名度も大きく上がる。また、アメリカ最大のインディペンデント・レコード会社、A&Mレコードの販売権を獲得。ハーブ・アルパートクインシー・ジョーンズセルジオ・メンデスニューウェイブ・ロックポリスジョー・ジャクソンなどのアーティストが次々とヒットした。

1982年に兄弟会社として、小杉理宇造山下達郎アルファ・ムーン(後にMMG→イーストウエスト・ジャパンを経てワーナーミュージック・ジャパンに吸収合併)を設立。

1990年代初頭、主要株主であった外車ディーラー最大手ヤナセが、バブル崩壊により資本を撤退する。そして1994年、別資本が立ち上がり、アルファレコードの業務は新会社に移管される。移管された新会社はアルファミュージックに社名を変更。

1995年、東京都港区に所有していた自社スタジオ「Studio A」を閉鎖する。1998年10月、社員のほとんどを解雇し事業規模を縮小。レコード制作から撤退し、原盤管理会社として残る。

2001年4月、ソニー・ミュージックパブリッシングと契約し、全世界での使用も含めた著作権管理および原版使用権を委託する。現在は、ソニー・ミュージックダイレクトから過去の旧譜が復刻され、発売されている。

なおレコード会社として独立後、販売元は当初ビクター音楽産業(後のビクターエンタテインメント、現:JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント)であったが、1998年にレコード制作から撤退するまでの間、ワーナーパイオニア(現:ワーナーミュージック・ジャパン)→日本コロムビア→東芝EMIと販売元の系列替えがあった。

洋楽部門では、前述のA&Mレコードのほか、一時期ゾンバ・レコードミュート・レコードなどの国内盤の発売元になっていたほか、ユーロビートコンピレーションCD「ザッツ・ユーロビート」シリーズを定期的に出しており、カイリー・ミノーグなどを日本に紹介した。

邦楽レーベル[編集]

洋楽レーベル (ライセンス、サブライセンスを含む)[編集]

なお、ザッツ・ユーロビート シリーズのみ、制作:アルファ・ミュージック、販売:パイオニアLDC(現:NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン)の4タイトルが存在する。

所属アーティスト[編集]

Alfa[編集]

YEN[編集]

G.M.O.[編集]

HYS[編集]

  • 戸川純

EDGE[編集]

NEWS[編集]

  • 松山千春

ZAZA[編集]

外部リンク[編集]

参考文献[編集]

  • 『ジャズ名門レーベル大事典 Swing Journal 1999年5月臨時増刊』スイングジャーナル社、1999年、338頁。