ゲルニカ (バンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゲルニカ
基本情報
出身地 日本の旗 日本
ジャンル 歌謡曲
活動期間 1981年 - 1982年
1988年 - 1989年
レーベル YEN
1982年
テイチクレコード
1988年 - 1989年
公式サイト ゲルニカ・オフィシャルサイト
メンバー
戸川純
上野耕路
太田螢一

ゲルニカ(GUERNICA)は、男女3人によって構成される日本音楽ユニット1981年に結成され、現在は活動を休止している。

概要・来歴[編集]

メンバーは戸川純上野耕路太田螢一の3人。

1980年10月に戸川と上野が意気投合し、コンセプトを構築して翌年正式にゲルニカを結成する。1982年イエロー・マジック・オーケストラ細野晴臣が主宰するアルファレコード内のレーベルYEN』からアルバム改造への躍動』をリリースしメジャー・デビュー。また、細野もプロデューサーとして参加した。その後、戸川がソロヤプーズでの活動に専念するため一旦ゲルニカでの活動を休止する[1]

1988年テイチクレコードにてアルバム『新世紀への運河』をリリースし活動を再開、音楽性も前作のテクノ調からオーケストラに変化した。翌年にリリースした3枚目のアルバム『電離層からの眼差し』を発表後、再び活動を休止。

2002年12月にデビュー二十周年を記念して3枚組アルバム『GUERNICA IN MEMORIA FUTURI 〜ゲルニカ二十周年記念完全盤〜』を発売した。

メンバー[編集]

戸川純 - ボーカル
上野耕路 - キーボード
作曲編曲、演奏を担当。
太田螢一 - 作詞
美術(ライブ衣装を含む)も担当。

作品[編集]

シングル[編集]

  • 銀輪は唄う [c/w] マロニエ読本
    • フルオーケストラの伴奏による再録音。

アルバム[編集]

  • 改造への躍動 (1982年、再発:1990年2月25日)
    1. ブレヘメン
    2. カフェ・ド・サヰコ
    3. 工場見学
    4. 夢の山嶽地帯
    5. 動力の姫
    6. 落日
    7. 復興の唄
    8. 潜水艦
    9. 大油田交響楽
    10. スケエテヰング・リンク
    11. 銀輪は唄う(1990年2月25日版のみ)
    12. マロニエ読本(1990年2月25日版のみ)
  • 新世紀への運河 (1988年7月21日)
    1. 磁力ビギン
    2. 集団農場の秋
    3. 水晶宮
    4. 二百十日
    5. 少年の一番の友
    6. クラウド9
    7. パノラマ・アワー
    8. 輪転機
    9. 交通賛歌
    10. 電力組曲 a.ダムの唄 b.電力の道筋 c.電化の暮らし
    11. 髑髏の円舞曲
    12. 絶海
  • 電離層からの眼指し (1989年3月5日)
    1. 地球ゴマ
    2. 百華の宴
    3. ノンシャランに街角で
    4. 海底トンネル
    5. 或る雨の午后
    6. アンナプルナの鐘
    7. 青銅の軟体
    8. 来たれ死よ
    9. 戒厳令
    10. 夢の端々
    11. 陸標

その他のアルバム[編集]

  • GUERNICA IN MEMORIA FUTURI 〜ゲルニカ20周年記念完全盤〜 (2002年12月4日)
    • DISC1
      1. ブレヘメン
      2. カフェ・ド・サヰコ
      3. 工場見學
      4. 夢の山嶽地帯
      5. 動力の姫
      6. 落日
      7. 復興の唄
      8. 潜水艦
      9. 大油田交響樂
      10. スケエテヰング・リンク
      11. 銀輪は唄う
      12. マロニエ読本
      13. 戒厳令 (デモ・テープ/1981)
      14. 蘇州夜曲 (デモ・テープ/1981)
      15. 潜水艦 (デモ・テープ/1981)
      16. 動力の姫 (ライブ)
      17. 銀輪は唄う (ライブ)
      18. 潜水艦 (ライブ)
    • DISC2
      1. 磁力ビギン
      2. 集団農場の秋
      3. 水晶宮
      4. 二百十日
      5. 少年の一番の友
      6. クラウド9
      7. パノラマ・アワー
      8. 輪転機
      9. 交通賛歌
      10. 電力組曲 a:ダムの唄
      11. 電力組曲 b:電力の道筋
      12. 電力組曲 c:電化の暮らし
      13. 髑髏の円舞曲
      14. 絶海
      15. 磁力ビギン (デモ・テープ/1988)
      16. 水晶宮 (リハーサル/1987)
      17. 輪転機 (ライブ)
      18. 髑髏の円舞曲 (ライブ)
      19. 磁力ビギン (リハーサル)
    • DISC3
      1. 地球ゴマ
      2. 百華の宴
      3. ノンシャランに街角で
      4. 海底トンネル
      5. 或る雨の午后
      6. アンナプルナの鐘
      7. 青銅の軟体
      8. 来たれ死よ
      9. 戒厳令
      10. 夢の端々
      11. 陸標
      12. All Quiet On The Western Front
      13. ノンシャランに街角で
  • GUERNICA 30TH ANNIVERSARY 〜ゲルニカ30周年記念完全盤〜 (2012年3月21日)
    • 新世紀への運河
    • 電離層からの眼指し
    • 名古屋 FLEX HALL LIVE
      1. カフェ・ド・サヰコ
      2. パノラマ・アワー
      3. 工場見學
      4. 潜水艦
      5. 或る雨の午后
      6. 夢の山嶽地帯
      7. マロニエ読本
      8. 少年の一番の友
      9. 落日
      10. 復興の唄
      11. 集団農場の秋
      12. 銀輪は唄う
      13. 地球ゴマ
      14. 百華の宴
      15. 磁力ビギン
      16. 青銅の軟体
      17. 海底トンネル
      18. 水晶宮
      19. 来たれ死よ
      20. 輪転機
      21. スケエテヰング・リンク
      22. 髑髏の円舞曲
      23. 絶海
      24. 夢の端々

DVD[編集]

  • ゲルニカ:リライティング・ヒストリー 1982-1989 (2004年6月23日)
    • ライブやオフショット、CMなどの映像を収録した作品。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 戸川のソロ活動が始まった真の原因は、上野の父親の家業が崩壊し、上野が一時、音楽活動を続けられなくなったためだという。ばるぼら著『NYLON100% 80年代渋谷発ポップ・カルチャーの源流』(アスペクト)収録の上野へのインタビューより。

外部リンク[編集]