ハイ・ファイ・セット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハイ・ファイ・セット
Hi-Fi Set
基本情報
出身地 日本の旗 日本
ジャンル ポップス
フォーク
活動期間 1974年 - 1994年
レーベル CBS/SONY RECORDS→Sony Records1984年 - 1994年)
東芝EMI1978年 - 1983年
アルファ・アンド・アソシエイツ1975年 - 1978年)
事務所 バード・コーポレーション
共同作業者 赤い鳥
紙ふうせん
荒井(松任谷)由実
細野晴臣
村井邦彦
小田和正
旧メンバー
山本潤子
山本俊彦
大川茂

ハイ・ファイ・セット (Hi-Fi Set) は、日本のコーラスグループ。1974年結成、1994年解散。

来歴[編集]

フォークグループ「赤い鳥」が路線上の違いから1974年9月に解散。「赤い鳥」のメンバーだった山本潤子(旧姓、新居潤子。1973年4月メンバーの山本俊彦と結婚)、山本俊彦(1947年2月23日 - 2014年3月27日、大阪市出身)、大川茂(1945年9月6日 - 、三重県出身)の3人が同年10月に結成した。グループ名は細野晴臣の案による。

1975年、「卒業写真」(作詞・作曲:荒井由実、編曲:服部克久)と同名のアルバムの同時リリースでレコード・デビュー。以降「冷たい雨」「朝陽の中で微笑んで」など、荒井の曲を数多くヒットさせ、後に松任谷自身のセルフ・カバーにより人気を引き上げる役割を果たした。

1977年ブラジルシンガーソングライターモーリス・アルバートMorris Albert)の「愛のフィーリング(原題はFeelings)」になかにし礼が歌詞をつけたカバー曲「フィーリング」が大ヒット。第28回NHK紅白歌合戦にも出場。以降、山本潤子のソプラノ、山本俊彦のテナー、大川茂のバス・ヴォイスによる抜群のコーラスワークと都会的で洗練されたアレンジで、ニューミュージック全盛の時代に高い人気を誇った。

一時期、広松三和子を「サポートメンバー」として、4人でコンサートをしていたことがある。

エフエム大阪のステーションミュージック「My Beautiful Music」(竜真知子/山本俊彦、編曲:井上鑑)(「マイ・ワンダフル・ミュージク」という曲名で表記されているものもある)もハイ・ファイ・セットが担当したものである。

1980年にいったん活動停止するが、1年後に活動再開し、4ビートジャズを日本語の歌詞で歌うなど新境地を開拓した。1984年には「素直になりたい」がシチズンのCMソングに使われてヒット。1992年10月の活動休止まで、シングル曲26枚、アルバム19枚を残し、1994年9月に解散。

解散後、山本潤子はソロシンガーとして活動している。山本俊彦は音楽プロデューサーとして活動していたが、2014年3月27日、虚血性心不全のため死去した[1]


シングル[編集]

  • 卒業写真 / 美術館(1975年2月5日
    卒業写真」は 2007 年の映画『Watch with Me 〜卒業写真〜』主題歌としても使われた
  • エイジズ・オブ・ロック・アンド・ロール / 胸のぬくもり(1975年5月5日
  • 夢うつつ / 夢うつつ(インストゥルメンタル)(1975年7月5日
  • スカイレストラン / 土曜の夜は羽田に来るの(1975年11月5日
    「スカイレストラン」の歌詞は元々荒井由実の「あの日にかえりたい」の当初の詞だった
  • 冷たい雨 / ファッショナブル・ラヴァー(1976年4月20日
    「冷たい雨」は元々バンバンの「『いちご白書』をもう一度」のB面用に荒井由実が書いた曲だった
  • 幸せになるため / 星降る真夜中(1976年6月20日
    「幸せになるため」は日本テレビ系ドラマ「たんぽぽ(第3シリーズ)」主題歌
  • フィーリング FEELINGS / もうひとつのダンス(1976年12月1日
    フィーリング(作詞・作曲:Morris Albert、日本語詞:なかにし礼、編曲:田辺信一
  • 風の街 / クリスタル・ナイト(1977年4月20日
    「風の街」はヤマハスクーター「パッソル」CMイメージソング
  • メモランダム / 個人的メッセージ(1977年7月5日
  • 恋の日記 THE DIARY / 愛こそすべて ONLY LOVE IS REAL(1977年10月20日
  • 少しだけまわり道 / レディー・グレイ(1978年4月20日
  • あめりか物語 / 夏の別離(わかれ)(1978年8月20日
    「あめりか物語」は日本航空“COME TO AMERICA'78”CMイメージソング
  • 熱帯夜 / 燃える秋 GLOWING AUTUMN(1978年11月5日
    「燃える秋」は映画『燃える秋』主題歌
  • よりそって二人 / 月曜日のプロローグ(1979年5月20日
  • NOVEMBER RAIN / BYE-BYE BOY(1981年10月21日
  • ハロー MR.TELEPHONE / 故郷からの Air Mail(1982年3月21日
  • miss you / 下町(ダウンタウン)Love ルネッサンス(1982年10月21日
  • 心離れるころ / LAST BALLAD, LAST COIN(1983年2月1日
  • ラブストーリーはこれから / Blue Dream(1983年4月5日
    「ラブストーリーはこれから」は資生堂「ベネフィーク」CMイメージソング
    「Blue Dream」は就職情報センターCMイメージソング
  • 素直になりたい DON'T YOU TELL HIM? / Good-bye school days(1984年1月21日
    「素直になりたい」はシチズンウォッチ「リビエール」CMイメージソング
  • 水色のワゴン LIGHT BLUE WAGON / 7月のクリスマス CHRISTMAS IN JULY(1984年5月21日
  • 星化粧ハレー HALLEY / デミアン DEMIAN(1984年11月1日
    「星化粧ハレー」はカネボウCMイメージソング
  • Rainbow signal / Boy friend(1985年2月)
  • ひときれの恋 / 恋の Double fault(1985年10月21日
  • プラトニックしましょ PLATONIC LOVING / とりあえず NARITA ANYWAY TO NARITA(1988年5月21日
    「プラトニックしましょ PLATONIC LOVING」はBVDCMイメージソング
  • 今夜だけの恋人 / ムーンハイウェイ(1989年12月1日
    「今夜だけの恋人」はビクトリアCMイメージソング
    「ムーンハイウェイ」はHUMAX GROUPラジオCMイメージソング
  • Angels Fly ~天使の季節~ / モーニング・フライト(1990年3月1日
    「Angels Fly ~天使の季節~」は日立エアコン「しろくまくん」CMイメージソング
  • 忘れないわ / ABCをもう一度(1991年4月25日
    「忘れないわ」はテレビ朝日火曜ミステリー劇場主題歌。作詞・作曲は小田和正[2]

オリジナルアルバム[編集]

  1. 『卒業写真』(旧タイトル『Hi-Fi Set』)(1975年2月5日
    OVERTURE / AGES OF ROCK AND ROLL / 卒業写真 / 胸のぬくもり / 今日と明日の間に / 大きな街 / 美術館 / 十円木馬 / フィッシュ・アンド・チップス / 海を見ていた午後 / 愛の花咲く道
  2. 『Fashionable Lover』(1976年6月5日
    星のストレンジャー / 朝陽の中で微笑んで / ジュ マンニュイ / フェアウェルパーティ / 冷たい雨 / ファッショナブル・ラヴァー / 荒涼 / 真夜中の面影 / 月にてらされて / グランド・キャニオン
    「朝陽の中で微笑んで」は映画「凍河」主題歌
  3. 『Love Collection』(1977年2月5日
    オン・エニィ・サンデイ / 雨のステイション / 眠い朝 / まぶしい貴方 / 夜の傷 / クリスタル・ナイト / フィーリング / カントリー・ボーイ / 夢に見たジャマイカ / 中央フリーウェイ
  4. 『The Diary』(1977年9月5日
    恋の日記 / 風の街 / 遠くからみちびいて / メモランダム / 海辺の避暑地に / 愛こそすべて / 暖炉でマシュマロ / いつかスターに / 個人的メッセージ / リトル・バロック
  5. 『Swing』(1978年6月5日
    スウィング / 少しだけまわり道 / 火の鳥 / 夕空にハング・グライダー / 空港まで / 幕開け / レディー・グレイ / ダンス・ダンス・ダンス / オー・ラッキー・レディー / 君を行かせて
    「火の鳥」は映画「火の鳥」主題歌。日本語バージョンは、ハイ・ファイ・セットの他、サーカスと、松崎しげるの競作だった。
  6. 『Coming up』(1978年11月20日
    ノックダウン / 流れ星 / ミッドナイト・エンジェル / ひとりぼっちのクリスマス / HAVANA CANDY / バーボン・トリップ / 月曜日のプロローグ / モノクローム / 夜空を南へ (WE ARE FLYING) / 冬の海
    「夜空を南へ (WE ARE FLYING)」は森永製菓ハイクラウンCMイメージソング
  7. 『閃光(フラッシュ)』(1979年7月5日
    よりそって二人 / 最後の春休み / スクールバンドの女の子 / 22時15分 / レインワルツ アンド ラビングユー / スローダンス / きまぐれトランプ / 夜の長距離バス / 春が始まる日 / 歌を捧げて
  8. 『QUARTER REST』(1979年12月20日
    ブロードウェイで夕食を / 薄れゆくメロディー / 緑の町に舞い降りて / TWO IN THE PARTY / 雪どけを待ちながら / DESTINY / 微笑の翳り / 五月になったら / CONCERT LANE / PARTY IS OVER / P.S.
  9. 『3 NOTES』(1981年6月21日
    危険なフレンド・シップ / 人生はJam Session / LAST BALLAD,LAST COIN / ブーツと酒とウェディング・ドレス / I Love You Again / Bop's clubhouse / うぬぼれスマイル / 亜麻色の八月 / トリオ恋SOUNDS / starlight lullaby/
    「I Love You Again」は伊勢丹CM曲
  10. 『1&2』(1982年4月1日
    BIG BRASS / ハローMR.TELEPHONE / 過去からディスタント・コール / ワオ!he's cookin' / NOVEMBER RAIN / 気があいすぎて・・・ / 故郷からのAir Mail / 窓いっぱいの海 / 真夜中のBye Bye-Show / Long Good-bye
  11. 『I miss you』(1983年2月21日
    下町(ダウンタウン)LOVEルネッサンス / 心離れるころ / Blue Dream / 負けるが勝ち / シーズン・オフのサンタクロース / Big Apple / Sentimental Morning / キャサリン / インディアン・サマーのふたり / miss you
    「インディアン・サマーのふたり」は伊勢丹キャンペーンソング
  12. 『PASADENA PARK』(1984年2月25日
    水色のワゴン / 素直になりたい / 霧雨で見えない / 7月のクリスマス / 1999 / キャトリーヌ / Magic Moutain Lady / Viva! オフ・ローダー / 真夜中のTV / Good bye school days
  13. 『INDIGO』(1985年2月25日)
    Rainbow signal / 恋愛狂時代 / Boy friend / シャンペンと地動説 / Milky way / 星化粧ハレー / Bloomin' blue / 恋のDouble fault / デミアン / 雨のSentosa / 星/導/夜
  14. 『SWEET LOCOMOTION』(1986年4月10日
    Rosy White / Sweet Locomotion / Do You Remember me? / ひときれの恋 / Elevator Town / Starship / June Flight / Vitamin L / Spring&All / たった一枚のフォトグラフ
  15. 『Gibraltar』(1987年4月1日)
    Ceramic Smile / Time Table / 情事の終わり / 誰か踊ってくれませんか / 夏のフィナーレ / 秘密旅行 / 北極経由 / Paris Vision / 白夜 / 終着駅
  16. 『EYEBROW』(1988年3月21日
    プラトニックしましょ / シャドウラブ / Egg Benedict / スローナンバー / Too hot day / とりあえずNARITA / サブリナ / 寒い夏 / Pink Sand Dune / 観覧車
  17. 『COLLECTION』(1989年3月21日)2枚組ライヴ盤
    水色のワゴン / スウィート・ロコモーション / 卒業写真 / スカイレストラン / 土曜の夜は羽田に来るの / レディーグレイ / ノーヴェンバー・レイン / ツー・イン・ザ・パーティ / 恋の日記(ザ・ダーティ) / オー! ラッキー・レディ / フェアウェル・パーティー / グッバイ・スクール・デイズ / フィーリング / よりそって二人 / 美術館 / 下町ラヴ・ルネッサンス / バップス・クラブハウス / フィッシュ・アンド・チップス / ファッショナル・ラヴァー / 素直になりたい / デイ・ライト / ボーイ・フレンド
  18. 『White Moon』(1990年3月21日)
    ムーン・ハイウェイ / Angel Fly / 永遠のSunny Days / SHall We Dance Again? / 今夜だけの恋人 / モーニング・フライト / Blue Lagoon / Shoot the Moon / Gloria / 明日への贈り物
    「永遠のSunny Days」は小堀住建CMイメージソング
    「明日への贈り物」は日本テレビ系ドラマ「花真珠」主題歌
  19. 『Get A Move On』(1991年4月25日
    忘れないわ / 彼女の恋人 / GENESIS LOVE / 恋のルーレット / Sincerely / 流れ星の島 / ABCをもう一度 / 長い夢 / Promised Land / Tear of mother, smile of father
    「GENESIS LOVE」は商工中金CMイメージソング
    「忘れないわ」はテレビ朝日系「火曜ミステリー劇場」エンディングテーマ(前出)
  20. 『Tender Loving Care』(1992年4月22日
    ときめきより速く / 青空が哀しい / ささやかな祈り / ななつちがい / Dear My Friend / それぞれの地図 / All for You / 決心 / Little May Sick / 心のゆくえ

ベストアルバム[編集]

  • best collection ハイ・ファイ・セット(1992年8月26日) TOCT-6652
東芝EMI音源(1978年-1983年)の17曲を収録。
「卒業写真」から「ラブストーリーはこれから」まで、全シングルのAB両面を収録。
「卒業写真」から「忘れないわ」まで、全シングルのAB両面を収録。
  • ハイ・ファイ・セット アルファミュージック編 1975〜1978(2009年7月15日) MHCL1551〜MHCL1554

社歌[編集]

ビデオ[編集]

  • レインボー・シグナル(1985年11月1日)(BETA 78QM3043、VHS 78ZM3043、LD 68LM64)

脚注[編集]

  1. ^ なぜ…元ハイ・ファイ・セット山本俊彦さん死去「悠々自適の暮らしだった」スポーツニッポン2014年3月30日閲覧
  2. ^ 小田いわく、「この曲はラブ・ストーリーは突然にアンサーソングとして作った」という。

外部リンク[編集]