ポリス (バンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
The Police-logo.png
2007年再結成コンサート
2007年再結成コンサート
基本情報
出身地 イングランドの旗 イングランド ロンドン
ジャンル ロック
ニュー・ウェイヴ
ポスト・パンク
レゲエ
スカ
活動期間 1977年 - 1984年
2007年 - 現在
レーベル A&M
ポリドール
公式サイト www.thepolice.com
メンバー
スティング
スチュアート・コープランド
アンディ・サマーズ
旧メンバー
ヘンリー・パドゥバーニ

{{{Influences}}}

ポリス (The Police) は、1970年代後半から1980年代半ばにかけて活躍した、イギリスロックバンドである。ロックの枠組みの中に、レゲエの要素を加えるという斬新な音楽性は、ホワイト・レゲエとしばしば呼称される(2ndアルバムの"Reggatta de blanc"とは、White Reggaeの意味である)。

ジャズバンドのラスト・イグジットで活動していたベーシストボーカリストスティングプログレッシブ・ロック・バンドのカーヴド・エアで活動していたドラマースチュワート・コープランド、ギタリストのヘンリー(アンリ)・パドゥバーニの3人で結成。後に、元後期アニマルズのギタリスト、アンディ・サマーズが加入し4人編成となるが、ヘンリー(アンリ)が脱退しトリオとなる。当初は、パンク・ブームメントに乗ってデビューしたが、その後は安住することなく、メンバーの音楽的素養を柔軟に取り入れたロックを生み出した。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第70位。

来歴[編集]

1977年に結成、翌年にはアルバム『アウトランドス・ダムール』でデビュー。当時の彼らは「あと3年くらいのうちにビートルズが作った世界的記録をすべて塗り替える」と豪語する。

1979年には、アルバム『白いレガッタ』の収録曲「孤独のメッセージ」 (Message in a bottle)が大ヒットする。その後も「高校教師」 (Don't Stand So Close to Me1980年)、「マジック」 (Every Little Thing She Does Is Magic1981年)など、順調にヒット曲を重ねる。

1980年に初来日。京都大学西部講堂のライブは、プロモータ主導に反発する自治会学生の乱入などで喧騒と化し、スティングに「冷静になれ」と言われる場面もあり、半ば伝説化している。同年10月に、アルバム『ゼニヤッタ・モンダッタ』をリリース。

1983年には、5作目のアルバム『シンクロニシティー』 (Synchronicity)が、Billboard 200に於いて17週連続1位。先行シングル「見つめていたい」 (Every Breath You Take) も、Billboard Hot 1008週連続1位、さらに年間チャート1位にも輝いている。1984年1月に活動停止を宣言した。

1986年に、新作アルバムを製作するため、再び3人は集まった。ところが、製作は順調に進まず、3年振りの新作シングル「高校教師'86」を発表するに留まり、これを境に再び活動を停止。3人はそれぞれソロキャリアを歩むことになる。

2003年に、ロックの殿堂入りを果たし、授賞式ではスティングの結婚式以来11年振りに集結。プレゼンターは、以前からポリスのファンで、スティングとはかつて共演経験のあるグウェン・ステファニーが務め、素人時代にスティングからサインを貰った時の写真を披露し、当時のことを回想していた。また、「ロクサーヌ」と「孤独のメッセージ」「見つめていたい」の3曲を演奏した。

2007年、デビュー30周年を記念し、再結成。第49回グラミー賞の幕開けに「ロクサーヌ」を演奏した。また、2007年3月31日から、ポリスのドキュメンタリー映画『ポリス インサイド・アウト』が、2週間限定でTOHOシネマズ六本木ヒルズ他にて公開される。スチュワートが、バンド活動期に撮り続けた映像を集めて作ったもので、自ら監督もしたという。

同年、80本以上のワールド・ツアーを決行。このコンサートは、サポート・メンバーなしの「完全3ピース」で行われた。パリ公演のアンコールでは、初代ギタリストのアンリ・パドゥバニフランス語版がステージに上がり、30年ぶりの「4人ポリス」の再結成も行われた。また、スティングは酷く年季の入ったベース(初期モデルのオリジナル・プレシジョンベース)を使用していた(昔から使っていた訳ではなく、スティングが90年代/サムピックで演奏するようになった頃から多用されている)。7月7日には、地球温暖化阻止を呼びかける世界大コンサート、Live Earthにニューヨーク・コンサートで演奏した。ドキュメンタリー映画不都合な真実』に出演した、元アメリカ副大統領アル・ゴアと握手するスティング、コンサートチューンされたスチュワート、アンディがインターネットと各国のテレビで世界同時放映された。

2013年、映画『ポリス/サヴァイヴィング・ザ・ポリス』が公開される。これはアンディの自伝『アンディ・サマーズ自伝 ポリス全調書』を原作として、アンディの製作総指揮で作られた。アンディは「もしかしたらこれに触発されて、スティングもポリスの映画を作るかもしれないよ(笑)」と語っている。

エピソード[編集]

アルバム『アウトランドス・ダムール』に収録されている曲「So Lonely」のプロモーションビデオ撮影は、東京都営地下鉄浅草線の地下鉄車内や駅構内で行われた。相互乗り入れを行っている京浜急行電鉄1000形京成初代3000形グループのいずれか、同3500形都営地下鉄5000形、同5200形が、ビデオ随所に登場する。駅では「東京女子高等学校 中学校」の看板が見え、車内では「週刊住宅情報」「週刊文春」の中吊り広告が見える。怪訝な顔をしてポリスメンバーを振り返る一般乗客の顔があちこちで見られたため、お忍びの秘密撮影を敢行したものと思われる。香港滞在中の街頭撮影ビデオと一緒に編集したらしく、日本の光景とが混合されている。

メンバー[編集]

スティング(2007年)
スチュアート・コープランド
アンディ・サマーズ

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

日本公演[編集]

関連書籍[編集]

外部リンク[編集]