孤独のメッセージ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
孤独のメッセージ
Message in a Bottle
ポリスシングル
収録アルバム 白いレガッタ
B面 ランドロード
リリース 1979年
規格 7インチシングル
録音 サリー・サウンド・スタジオ
1979年
ジャンル ニュー・ウェイヴ
時間 3:50 (シングル版)
4:50 (アルバム版)
レーベル A&M - AMS 7474
アルファ AMP-1075 (日本)
作詞・作曲 スティング
プロデュース スチュワート・コープランド
スティング
アンディー・サマーズ
チャート最高順位
ポリス シングル 年表
キャント・スタンド・ルージング・ユー
(1979)
孤独のメッセージ
(1979)
ウォーキング・オン・ザ・ムーン
(1979)
テンプレートを表示

孤独のメッセージ(Message in a Bottle)は、ポリスの楽曲である。2作目のアルバム『白いレガッタ』の先行シングル。

シングル「ロクサーヌ」、「キャント・スタンド・ルージング・ユー」及びアルバム『アウトランドス・ダムール』のヒットを受け、A&Mは2作目のアルバム制作を許可する。その中の収録曲が「孤独のメッセージ」である。

歌詞は、表向き遭難者についてを歌っている。遭難者は助けを呼ぼうとボトルメール(Message in a bottle)を送っている。それから長い時を経て、海岸には非常に多くの助けを求めるボトルメールが来てしまい、遭難者は目を疑うという内容である。転じて、メッセージは人間は誰しも孤独であり、疎外感を抱いているということである、と作曲したスティングは述べている。自分は孤独だというメッセージを他人へ送ると、自分も孤独であるというメッセージが戻ってくるのである。

イギリスでは自身初のナンバーワンヒットとなった。しかし、アメリカにおいては74位までしか上昇しなかった。ライヴ版が「ポリス・ライヴ」のディスク1(1979年11月、ボストン録音)とディスク2(1983年11月、アトランタ録音)の両方に収録されている。

『ローリング・ストーン誌が選ぶオールタイム・グレイテスト・ギター・ソングス100』に於いて、65位にランクイン[1]

曲順[編集]

7インチ A&M / AMS 7474[編集]

  1. 孤独のメッセージ - 3:50
  2. ランドロード - 3:09

クレジット[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ The 100 Greatest Guitar Songs of All Time - インターネット・アーカイブ

参考書籍[編集]

  • クリス・ウェルチ『ザ・ポリス/スティング全曲解説』丸山京子訳、シンコーミュージック、1996年、43-44ページ
先代:
ゲイリー・ニューマン「カーズ」
イギリス ナンバーワンシングル
1979年9月29日
次代:
バグルスラジオ・スターの悲劇