リードギター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

リードギター (Lead Guitar) とは、もっぱらリード(ソロ)を弾くギターパート、あるいは、その役割を指す。その演奏者自体を指す場合は、「リードギタリスト」という。

解説[編集]

グループやバンドソロ・ミュージシャンのバッキング(伴奏)のいずれでもこの名称が用いられるが、一人しかギタリストがいない場合は「リードギター」と「サイドギター」(または「リズムギター」)を区別する必要がないため、単に「ギター」(「ギタリスト」)ということも多い。この場合、役割は「リードギター」と同様である。

リード(ソロ)は主に間奏やイントロダクション(前奏)、エンディング部分に限られ、歌のある部分では、コード・ストロークや、ギター・カッティングリフなどといったバッキングを演奏することがほとんどである。歌の合間にシンコペーションを行ったり、ボーカル・パートと掛け合いに近いことはあっても、ボーカルを上回ったり、曲として演奏が歌の邪魔をすることは通常ありえない。

ただし、ギター中心のインストゥルメンタル・ナンバー(演奏のみで、歌唱部分がない曲)においては、全編ソロ演奏というパターンもありうる。

リードギターの形態[編集]

リードギターおよびリードギタリストの様々な形態について述べる。ただし、詳細はリズムギターの項目に詳しいので、ここでは簡潔に述べる。

最も多いのは、初期のビートルズ(特にステージ演奏)のジョージ・ハリスンのように、ギタリスト二人のうちのどちらかがリードギターの役割となるパターンである。その他にも、ローリング・ストーンズのように二人のギタリストが、曲によって役割分担したり、 ザ・フークリームなど、一人しかギタリストのいないバンドは、それ自体がリードギタリストとなる。

また、ジェフ・ベックの脱退間際のヤードバーズのように二人のギタリストが1曲内で交代でソロを取り合ったり、二人でハーモニーを重視した演奏を行うという形態もあり、ツイン・リードと呼ばれる。 1970年代にはウィッシュボーン・アッシュシン・リジィジューダス・プリーストなどが、こうしたツイン・リードの形態を取り、後のヘヴィ・メタルにもツイン・リードのバンドが多く登場した。

関連項目[編集]