村井邦彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
村井 邦彦
基本情報
出生 1945年3月4日(69歳)
出身地 日本の旗 日本 東京都
学歴 慶應義塾大学卒業
ジャンル ポップス
グループ・サウンズ
フォークソング
職業 プロデューサー作曲家編曲家
活動期間 1967年 - 現在
レーベル アルファレコード
共同作業者 トワ・エ・モワ
赤い鳥
ハイ・ファイ・セット
紙ふうせん
GARO
荒井由実
YMO ほか

村井邦彦(むらい くにひこ、1945年3月4日 - )は、東京都出身の作曲家音楽プロデューサー

人物[編集]

慶應義塾大学卒業。学生の名門バンドサークル「慶應義塾大学ライトミュージックソサエティ」出身。

1960年代後半のグループ・サウンズ全盛期に作曲家としてデビュー。1969年に音楽出版社アルファ・ミュージック、1977年アルファレコードを設立。プロデューサーとして荒井由実をデビューさせた。

ティン・パン・アレーを見いだし、アーティストのレコーディングのスタジオミュージシャンとして起用した。1980年代には元ティン・パン・アレーの細野晴臣を中心としたイエロー・マジック・オーケストラ(YMO)を成功させた。

作曲に関しては、同時期に活躍した作曲家東海林修に学んだところが多いと本人自ら語っている。映画音楽が好きでミシェル・ルグランに師事。勝プロ作品などの音楽監督を経て、1978年、前年『悪魔の手毬唄』で音楽監督をつとめた市川崑監督『火の鳥』では映画プロデューサーに回り、ルグランに主題曲の作曲を依頼した。

現在「月刊てりとりぃ」において連載コラム「LAについて」を連載中。また「週刊てりとりぃ」では、山上路夫宇野亜喜良日向大介とのコラボレイションで「歌はいかがですか」という企画を連載。これは毎回書き下ろしの短い尺の歌を発表するもので、自身が作曲と歌唱を担当している。

提供曲[編集]

あ行

か行

さ行

  • ざんげの値打ちもない(歌:北原ミレイ
  • 幸せになるため(歌:ハイ・ファイ・セット)
  • 少女へのソナタ(歌:ザ・フィンガーズ)
  • 白いサンゴ礁(歌:ズー・ニー・ヴー
  • スカイレストラン(歌:ハイ・ファイ・セット)
  • すてきなクリスティーヌ(歌:ザ・フィンガーズ)
  • そりゃあないぜセニョリータ(歌:ケーシー高峰

た行

な行

は行

ま行

  • ミッドナイト急行(歌:アパッチ
  • ミドリ色の屋根(歌:ルネ・シマール (en
  • メランコリー東京(歌:ザ・ブルーインパルス)

や・ら・わ行

  • 夢の牧場(歌:ザ・マイクス)
  • 夜行列車(歌:ザ・リリーズ)
  • 夜明けに消えた恋(歌:ザ・ブルーインパルス)
  • 夜と朝のあいだに(歌:ピーター
  • ララの秘密(歌:ザ・キングス)
  • ランブリン・マン(歌:ザ・マイクス)
  • 忘れていた朝(歌:赤い鳥)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]