Virgin Music

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Virgin Music(ヴァージン ミュージック)はUniversal Music内のレーベル。かつて存在していた日本の音楽会社EMI Music Japanのレーベルの一つでもあった。

概要[編集]

元々はヴァージン・レコードの全額出資で設立された「ヴァージン・ジャパン」が元であるが、英EMIによるヴァージン・レコードの買収に伴い東芝EMI(EMIJの旧社名)に統合され、同社の一レーベルとなった(なおこの際、法人としての「ヴァージン・ジャパン」はポニーキャニオンが買収し、メディア・レモラスとなった(1997年解散))。

なお、洋楽のヴァージン・レコードの日本盤の製品番号は「VJ」で始まるが、本レーベルの場合は統合以前は「TO」から始まっていた。(CDの場合、「TOCT-」となる)この「TO」とは東芝EMI時代の名残り。現在は「TYCT」および「UICV」から始まる。

邦楽のセクションとしてはかつては、Virgin Domestic(二部形式)、Virgin TOKYO、Virgin DCT(DREAMS COME TRUEの専用レーベル)の3つのレーベルが存在しており、各セクションごとに運営を行っていた。2002年にDREAMS COME TRUEの移籍を機にVirgin DCTは運営を終了し、2004年4月1日をもって他3セクションも現在のVirgin Musicに吸収統合された。またその後もRESERVOIR RECORDSが設立されたが、2007年10月をもって本レーベルの傘下(実質的には吸収統合)となる。2012年、EMIJの親会社である英EMIの音楽ソフト部門がUniversal Music Groupに買収されたため、EMIJは2013年3月31日をもって解散。翌4月1日にUMGJの一制作部門・EMI Records Japanに集約され、Virgin Music自体も一時期消滅した。

2014年4月15日、Universal Musicの邦楽レーベルであるEMI-RとDelicious Deli Recordsが統合しVirgin Musicを設立し、事実上復活した。

2013年3月31日時点での所属アーティスト[編集]

国内[編集]

現在もUNIVERSAL MUSIC(EMI RECORDS、EMIRのそれぞれに所属している)に所属している邦楽アーティスト

海外[編集]

過去所属していたアーティスト[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]