西芝電機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
西芝電機株式会社
NISHISHIBA ELECTRIC Co.,Ltd.
種類 株式会社
市場情報
東証2部 6591
大証2部(廃止) 6591
略称 西芝電
本店所在地 日本の旗 日本
郵便番号:671-1280
兵庫県姫路市網干区浜田1000
設立 1950年(昭和25年)2月21日
業種 機械
事業内容 発電システム
船舶用電機システム等の製造
代表者 代表取締役社長 伊藤紀一郎
資本金 2,232,562千円
発行済株式総数 39,095,000株
純資産 連結:10,747,756千円
単体:10,286,934千円
総資産 連結:28,164,469千円
単体:26,898,916千円
従業員数 連結:929人
単体:733人※1
決算期 3月31日
主要株主 株式会社東芝 54.46%
株式会社IHI 7.01%
西芝電機従業員持株会 2.27%
主要子会社 西芝エンジニアリング株式会社 100%
西芝ベトナム社 100%
外部リンク http://www.nishishiba.co.jp/
特記事項:経営指標は 2011年3月 第86期 有価証券報告書
※1従業員数は就業人員(当社グループからグループ外への出向者を除き、グループ外から当社グループへの出向者を含む。)である。
テンプレートを表示

西芝電機株式会社(にししばでんき)は、発電システムや船舶用の電気システムを製造する、東芝グループの企業である。

概略[編集]

第二次世界大戦後、財閥解体を目的に発布された過度経済力集中排除法により、1950年昭和25年)2月に東京芝浦電気(現在の東芝)網干工場とその従業員を継承して分離独立した。

ディーゼルやガスエンジンの発電設備の生産を得意としており、国産初の船舶用自励式交流発電機やブラシレス発電機などを完成させた。

東芝から独立した企業だが、現在も東芝グループの一員であり、役員などは東芝から迎え入れている。

沿革[編集]

  • 1950年(昭和25年)
    • 2月 - 東京芝浦電気株式会社(現:株式会社 東芝)網干工場の設備、人員を継承して西芝電機株式会社を設立 。
    • 3月 - 東京営業所(現:東京支社)開設。
  • 1952年(昭和27年)10月 - 大阪営業所(現:関西支社)開設。
  • 1965年(昭和40年)3月 - 播西電業株式会社(西芝サテック株式会社 旧:連結子会社)を設立。
  • 1969年(昭和44年)2月 - 尾道出張所開設。
  • 1973年(昭和48年)4月 - 大阪証券取引所市場第二部に株式を上場。
  • 1974年(昭和49年)1月 - 広島出張所(現 中国支社)開設。
  • 1974年(昭和49年)4月 - 東京証券取引所市場第二部に株式を上場。
  • 1975年(昭和50年)2月 - 福岡出張所(現:九州支店)開設。
  • 1978年(昭和53年)4月 - 西芝エンジニアリング株式会社(現:連結子会社)を設立。
  • 1987年(昭和62年)
    • 3月 - 尾道出張所を広島営業所(現:中国支社)に統合。
    • 4月 - 名古屋営業所(現:中部支店)開設。
  • 1989年(平成元年)4月 - 西芝テクノ株式会社(旧:連結子会社)を設立。
  • 1992年(平成4年)4月 - 東北営業所開設。
  • 1996年(平成8年)10月 - 西芝ベトナム社(現:連結子会社)を設立。
  • 2008年(平成20年)3月 - 東北支店を廃止し、東京支社に統合。
  • 2010年(平成22年)4月 - 西芝エンジニアリング株式会社が西芝サテック株式会社及び西芝テクノ株式会社を吸収合併。

子会社[編集]

  • 西芝エンジニアリング株式会社
  • 西芝ベトナム社

関連項目[編集]

外部リンク[編集]