矢井田瞳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
矢井田瞳
基本情報
出生 1978年7月28日(36歳)
出身地 日本の旗 日本 大阪府豊中市
血液型 A型
学歴 関西大学文学部
ジャンル ロック
ポップス
職業 シンガーソングライター
担当楽器 ギター
活動期間 1999年
レーベル バンダイ・ミュージックエンタテインメント1999年
RESERVOTION RECORDS
2000年 - 2005年
青空レコード
2000年 - 2009年
ユニバーサルシグマA&Mレコード2010年 - )
事務所 クリアスカイコーポレーション
(2000年 - 2010年)
ヤマハミュージックアーティスト
(2010年 - )
公式サイト http://www.hitomi-yaida.com/

アラニス・モリセットジョーン・オズボーン

矢井田 瞳(やいだ ひとみ、1978年7月28日 - )は、日本の女性シンガーソングライターヤマハミュージックアーティスト所属。レコード会社ユニバーサルシグマ

人物[編集]

  • 大阪府豊中市出身、大学を出るまで長らく大阪で過ごし、現在は東京に在住。
  • 愛称の「ヤイコ」は、彼女の子供の頃からのあだ名。
  • 2007年7月に結婚、2009年10月に第1子となる長女を出産した。
  • 豊中市立第九中学校大阪府立箕面高等学校国際教養科、関西大学文学部卒業。専攻はフランス語およびフランス文学
  • 趣味はスポーツ全般(特に水泳バレーボールが好きで、水泳は小学生時代を中心に習っていたことがあり、中学ではバレーボール部に所属していた)。
  • 大のラーメン好きで、デビュー直前までラーメン屋の薩摩っ子ラーメン江坂店でアルバイトをしていた過去がある。
  • 上方のお笑いも好きで、特に漫才を好む。
  • 言葉遊びや回文アナグラムが好きで、アルバム『daiya-monde』→daiya(ヤイダの逆読み)+monde(フランス語で「世界」の意味)=矢井田の世界、アルバム『i/flancy』(I can fly)、アルバム『Air/Cook/Sky』(Yaiko rocks)などのように、タイトルとは別に意味を持たせたものがある。

音楽[編集]

  • 影響を受けたアーティストは、ジョーン・オズボーンアラニス・モリセット[1][2]。大学時代、ジョーン・オズボーンの『relish』というアルバムに出会い、初めて音楽を作る側に興味がわいた。その中でも『One Of Us』という曲を何度もギターで練習し、途中で声が裏返るのまでも真似したという。そして、普通の人とは異なって、色々なコードをおぼえる前に作曲を始めた彼女には、アラニス・モリセットはいいお手本になった。彼女の曲はコードも少なくて、歌う喜びを先に知ることが出来たという。また、彼女の自分の気持ちを吐き出すような歌詞を見て、曲に素直に自分の気持ちを反映させてもいいということを学んだ。彼女の『HAND IN MY POCKET』もギターの弾き語りの練習に使った[1]
  • ギターを始めたのは19歳、大学生になってからと、ギターの弾き語りを行うプロのミュージシャンとしては楽器の弾き始めはかなり遅い。しかし、初めてギターを購入してからわずか2年後にプロデビューを果たした。
  • ギターを弾きながら歌うことが多いが、ピアノも弾ける。ライブでは自身の楽曲である「Over the distance」や「この恋はもうしまってしまおう」をピアノ弾き語りで披露することもある。また、アルバムやシングルで様々な楽器にチャレンジしている。
  • 裸足でのライブが有名であるが、その理由として本人曰く「気にしぃ」な性格であり、靴やブーツの靴ひもでさえ気になることもあるので、より演奏に集中するために裸足でいるとのこと。しかし、2005年10月30日に行われた「京都文化祭典'05 京の華舞台 平安神宮幻夜コンサート第2夜公演」ではブーツを履いて登場。同年末の大阪城ホール日本武道館でのライブは靴を履いて登場した。多くのファンの疑問に対し「エフェクターを踏んだりするのに裸足では感触が悪く、気持ちよく音を踏み変えるには靴を履いたほうがいいので」という主旨の書き込みを自身のサイトでしている。以降、裸足で登場することはほとんど見受けられなくなっている。

来歴[編集]

デビュー前[編集]

音楽との出合いは、幼い頃、よく父親に連れて行かれたスナック。そこで父親がカラオケで歌うのを聞かされていた。中でも、父が歌う井上陽水の『傘がない』の独創的な歌詞に一番心惹かれた。小学校四年生の頃には、スナックで披露するために自分でも歌の練習を始めていた。裏声を身につけたのは、その頃練習した石川さゆり津軽海峡冬景色のおかげだと言う[1]

中学に入学しても、相変わらず歌うことは好きだったが特に音楽活動は行わず、部活動のバレーボール中心の生活を送った。しかし、その頃に出会ったブルーハーツは、今でもライブでカバーするほどリスペクトしている。特に新しい物の見方に気付かさせてくれた『青空』の歌詞に衝撃を受けた[1]。高校に上がっても、中学時代同様、音楽の道に進むことはなかった。

ギターを弾き始めたのは大学入学後のこと。漠然と音楽をやろうかと思っていた時に、キャンパス内の校舎裏で男友達がギターを弾いている姿を見て、「普段より数倍格好よく見える」と思ったのがきっかけである[1]。当時は、特にプロを目指していたわけでは無かったが、これをきっかけに熱心にギターの練習に取り組むようになったという。本人曰く、『私はギターが上手くなりたいというよりも ギターというものを使って弾き語りというヤツをしたかった。ある日口ずさむわけでもなくアラニス(モリセット)の「HEAD OVER FEET」を繰り返し弾いていた…』[2]。しかし、曲作りを始めて自作曲が何曲か出来てくると、「友達に聴かせるのは恥ずかしいが、もしプロが聴いたらどう思うだろう?」という気持ちが芽生えてきた。そこでオーディションにデモテープを送ってみることにした[1]。その結果、当時、千葉テレビで放送していたオーディション番組「ザ・デビュー」に出演することになり、見事グランドチャンピオンを獲得。その副賞としてバンダイ・ミュージックエンタテインメントよりCDをリリースできることになった。

SEESEE時代[編集]

1999年
  • 6月:SEESEE名義でバンダイ・ミュージックエンタテインメントより「nothing,」をリリース。アニメ『魔装機神サイバスター』のエンディング・テーマだった。メジャーデビュー後のアルバム『daiya-monde』の「Nothing」の原型であり、このCDは現在、オークションなどで高値で取引されることが多い。

インディーズからメジャーへ〜東芝EMI時代[編集]

2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
  • 2月-6月:全国ツアー「YAIKO/ROCKS/50ROUNDS」50公演を開催し、最多公演回数記録を更新した。
  • 6月:50公演ファイナル翌日に「YAIKO/ROCKS/BORNUS/ROUND」を札幌で開催。50公演とセットリストが異なっていた。
  • 2年ぶりとなる野外ライブ「矢井田瞳 SUMMER FESTIVAL GIRLS TALK 2004」を8月1日に大阪万博記念公園、8月7日は横浜みなとみらい臨港パークで開催した。
    • 横浜公演翌日となる8月8日には、追加公演及びオーサカキングの最終日イベントの一環として「オーサカキング 矢井田瞳 SUMMER FESTIVAL GIRLS TALK 2004」を大阪城西の丸庭園で開催した。基本的な公演内容は前述した2公演と同じであるが、大規模会場において見受けられる観客用大型ビジョンやせり出し舞台が設置されていなかった。
  • 12月:“最後のドーム公演”として「矢井田瞳 Dome Live 2004 Music in the Air」を18日は大阪ドームで、23日には東京ドームで開催した。
  • 12月31日:名古屋レインボーホールで年越しカウントダウン・ライブ(COUNTDOWN LIVE 2004-2005)を開催。

再びインディーズへ[編集]

2005年
  • 2月:第54回別府大分毎日マラソンテレビCMに出演。
  • 3月:キリンビール発泡酒「やわらか」のテレビCMに出演。
  • 4月24日:TOKYO-FMホールにおいてMTVアンプラグドに出演。国内アーティストとしてはCHAGE and ASKA・平井堅宇多田ヒカルに次いで4例目であった。
  • 5月:アコースティックライブツアー「acoustic live 2005 〜オトノシズク〜」
  • 7月-8月:いくつかの主要都市の野外ライブ(いわゆる夏フェス)に参加。そのうち東京公演(お台場冒険王)に出演した際は、アコースティック編成で登場した。
  • 10月:東芝EMIとの契約を終了し、インディーズレーベル「青空レコード」での活動に。「青空レコード」の販売はエイベックスグループの「エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ」が請け負う。
  • 10月30日:「京都文化祭典'05 京の華舞台 平安神宮幻夜コンサート第2夜」(アコースティック編成)公演。
  • 「矢井田瞳 HERE-TODAY LIVE 2005」を大阪城ホール(12月13日・14日)と日本武道館(12月27日・28日)で開催
2006年
  • 7月-8月:「爽健美茶限定 矢井田瞳 LIVE」(東京2ヶ所・札幌・仙台・大阪・愛知・福岡・広島)開催
  • 11月22日:青空レコードで活動開始後初めてオリジナルアルバム「IT'S A NEW DAY」を発売
2007年
  • 1月12日と1月19日放送分の『探偵ナイトスクープ』にて顧問(ゲスト)として出演。
  • 3月 - 4月:ライブツアー「矢井田瞳 TOUR 2007 “IT'S A NEW LIVE”」(全国21会場・23公演)を開催し、裸足ではなくブーツを穿き、また初めてスカートを穿いて登場した(これらは翌2008年のライブツアーにおいても同様)。このライブツアーからは、一部のバンドメンバーが変わり、曲のテンポが速めになっているなど楽曲にアレンジが多くなされていた。矢井田本人は、このライブツアーに参加したバンドメンバーをアルバム『IT'S A NEW DAY』に掛け合わせ「IT'S A NEW BAND」と称している。なお、この“IT'S A NEW BAND”は2006年に発売されたシングル「STARTLiNE」のミュージックビデオから既に出演している。
  • 5月8日(ZEPP NAGOYA)、9日(ZEPP OSAKA)、11日(ZEPP TOKYO)に「IT'S A NEW LIVE 追加公演」を開催。前項のライブツアーとはセットリストが異なっていた。
  • 7月-8月:「矢井田瞳 DoCoMo PRIME6 プレミアライブ」(札幌・福岡・大阪・仙台・名古屋・東京それぞれ2日間公演)を開催。小曽根真塩谷哲によるピアノデュオと矢井田の唄だけというアコースティック構成であった。
  • 7月28日:自身の誕生日である「ナニワの日」に、音響関係の仕事をしている1歳年上の東北出身の男性と2年間の交際を実らせ結婚。本人の公式ホームページ内にある「サイキンノヤイコ」で突然発表され、話題となった。今後も音楽活動時は「矢井田瞳」を名乗っていくことを合わせて発表。
  • 12月25日:TBSの音楽番組『クリスマスの約束』で小田和正と共演。新曲「恋バス」を披露し、佐野元春の「SOMEDAY」でコーラスも担当した。
2008年
2009年
  • 2月18日:デビュー10周年として、ベストアルバム『THE BEST OF HITOMI YAIDA』・ビデオクリップ集『HITOMI YAIDA MUSIC VIDEO COLLECTION』を同時発売。青空レコードおよびクリアスカイコーポレーションとの契約を終了。
  • 6月1日:第1子を妊娠したことを発表。
  • 10月28日:長女となる第1子を出産。

ユニバーサル時代[編集]

2010年
  • 7月28日:所属事務所をヤマハミュージックアーティストに移し活動再開することを発表。
  • 12月1日:レーベルをユニバーサルに移籍した上で、年明けにシングルリリースと単独ライブの開催が明らかになる[3]。翌2日に矢井田も自身のホームページ上で“再始動”を報告。
  • 12月23日:塩谷哲プロデュース Saltish Night vol.XIVに出演し、自身の楽曲である「この恋はもうしまってしまおう」「My Sweet Darlin'」「悲しみが吹いた時(未発表曲)」のほか、アンコールでは他の出演者全員で塩谷の楽曲「星の夜」を披露した。妊娠・出産の関係で、公式的に発表されていなかったものの2009年前半を最後に事実上の活動休止状態となり、公の場には顔を見せていなかった矢井田にとって、これが再始動宣言後初のステージとなった。
2011年
  • 1月:17日にSHIBUYA-AX(東京)、20日はなんばHatch(大阪)にて「10周年記念限定ライヴ〜ただいま、ありがとう〜」を開催。2008年3月から4月にかけて行われたライブツアー以来、この単独ライブは約3年ぶりである。
  • 2月9日:約3年半ぶりとなるシングル「Simple is Best」をリリース。
  • 4月20日:シングル「同情みたいなLOVE」をリリース。
  • 5月18日:前作より3年2か月ぶりとなる8th album「VIVID MOMENTS」をリリース。
  • 6月:HEATWAVEの山口洋が中心になって立ち上げた福島県相馬市の復興支援プロジェクト「MY LIFE IS MY MESSAGE」に参加を開始。
  • 6月-7月:6都市で約3年ぶりとなるライブツアー「矢井田 瞳 LIVE TOUR 2011 VIVID MOMENTS」(6月17日グランキューブ大阪6月19日神戸国際会館こくさいホール6月22日NHKホール6月24日Zepp Nagoya6月26日横浜BLITZ7月1日Zepp Sendai7月3日Zepp Sapporo7月8日:福岡ドラムロゴス)を開催。
  • 7月23日:SETSTOCK'11出演。
  • 7月24日:2005年以来となるFM802主催の野外での夏フェス「MEET THE WORLD BEET」に出演。
  • 7月30日:情熱大陸 SPECIAL LIVE SUMMER TIME BONANZA'11 大阪公演出演。
  • 8月6日:情熱大陸 SPECIAL LIVE SUMMER TIME BONANZA'11 東京公演出演。
  • 8月8日:Date fm「夕涼みコンサート2011」〜A.Y.A. for East Japan〜 出演。
  • 8月26日:明治神宮奉納 原宿表参道元氣祭(前夜祭) とうきょう森祭り 出演。
  • 9月20日:Chloé red presents "MY LIFE IS MY MESSAGE" Vol.3 出演。
  • 11月14日:JAF presents KIDUNA LIVE 2011 出演。
  • 11月30日:シングル「間違いだらけのダイアリー」をリリース。
  • 12月23日:LAWSON presents MUSIC FOR ALL, ALL FOR ONE supported by スカパー! 出演。
2012年
  • 2月15日:ポピュラーウィーク2012 「屋敷豪太×NOKKO×矢井田瞳」 出演。
  • 2月17日:浜崎貴司 弾き語りツアー“LIFE WORKS LIVE 〜Since2011/終わりなきひとり旅” sono21にゲスト出演。
  • 4月28日・29日:ARABAKI ROCK FEST.12 出演。
  • 7月11日:シングル「もぎたての憂鬱」をリリース。
  • 7月15日:SUN BURST 2012 に矢井田瞳×HEATWAVEとして出演。
  • 7月-8月:ワンマンライブ「矢井田瞳 夏の元気祭り 728・815」を7月28日は東京のSTUDIO COASTで、8月15日には大阪のZepp Nambaで開催。
  • 8月25日:UMISAKURA MUSIC FESTIVAL 2012 TOGETHER UMISAKURA × MY LIFE IS MY MESSAGE 出演。
  • 8月26日:Slow Music Slow LIVE '12 in 池上本門寺に矢井田瞳×山口洋×細海魚によるMY LIFE IS MY MESSAGEとして出演。
  • 9月26日:9枚目のオリジナルアルバム「panodrama」を発売。
  • 9月29日:大阪・千里セルシー「panodrama」発売記念イベントを行った。初の地元凱旋ライブ。(千里中央近くの大阪府豊中市上新田出身)
  • 11月:アルバムを引っさげたライブツアー「矢井田瞳 HALL TOUR 2012 “panodrama”」(11月18日:NHKホール(東京)/11月20日オリックス劇場(大阪)/11月23日名鉄ホール(名古屋)/11月24日:神戸国際会館こくさいホール)を開催。
2013年
  • 7月-8月:前年に引き続き「矢井田瞳 夏の元気祭り 728・815」を7月28日は東京のSHIBUYA-AXで、8月15日には大阪のなんばHatchで開催。
  • 9月18日:自身初のミニアルバム「123456」を発売。
  • 11月-12月:アルバムを引っさげたライブツアー「123456」を11月30日に愛知Diamond Hallで、12月11日は大阪のなんばHatchで、翌12日には東京の赤坂BLITZで開催予定。

関連人物[編集]

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

発売日 タイトル
インディーズ 2000年5月3日 Howling
1st 2000年7月12日 B'coz I Love You
2nd 2000年10月4日 my sweet darlin'
3rd 2001年1月24日 I'm here saying nothing
4th 2001年6月24日 Look Back Again/Over The Distance
5th 2001年9月27日 Buzzstyle
6th 2002年3月27日 Ring my bell
7th 2002年7月10日 アンダンテ
8th 2002年12月4日 未完成のメロディ
9th 2003年4月23日 孤独なカウボーイ
10th 2003年9月10日 一人ジェンガ
11th 2004年3月17日 Chapter01/マーブル色の日
12th 2004年10月27日 モノクロレター
13th 2005年7月6日 マワルソラ
14th 2006年3月15日 Go my way
15th 2006年6月21日 STARTLiNE
16th 2006年11月1日 初恋
17th 2007年10月10日 I Love You の 形/ハネユメ
18th 2011年2月9日 Simple is Best
19th 2011年4月20日 同情みたいなLOVE
20th 2011年11月30日 間違いだらけのダイアリー  
21st 2012年7月11日 もぎたての憂鬱

その他シングル[編集]

  • nothing, (1999年6月21日)
  • I Like 2 (2000年9月22日)
    • YAIKO名義で英国で発売されたシングル。2000年9月15日にアナログ盤も発売。
  • Darling Darling (2001年1月1日)
    • YAIKO名義で英国で発売されたシングル。同日にアナログ盤も発売。
  • 初恋 〜Exclusive〜 (2006年12月4日)
  • 恋バス (2008年12月3日)
    • 矢井田瞳&恋バスBAND with 小田和正名義。

アルバム[編集]

オリジナルアルバム[編集]

発売日 タイトル 備考
1st 2000年10月25日 daiya-monde
2nd 2001年10月31日 Candlize
3rd 2002年10月9日 i/flancy 初回限定盤 ライヴ音源とウェブ・ページにアクセス可能な8cmCDシングル付き。
4th 2003年10月29日 Air/Cook/Sky CD-EXTRA仕様
5th 2005年8月15日 Here today-gone tomorrow CD-EXTRA仕様
6th 2006年11月22日 IT'S A NEW DAY 初回限定盤 PVとライブ映像が収録されたDVD付き。
7th 2008年3月5日 colorhythm
8th 2011年5月18日 VIVID MOMENTS 初回限定盤 ライヴ映像が収録されたDVD付き。
9th 2012年9月26日 panodrama

ミニアルバム[編集]

発売日 タイトル
1st 2013年9月18日 123456

コンピレーション・アルバム[編集]

トリビュート・アルバム[編集]

  • 「EARTH ARK」魔装機神サイバスター Vocal Edition (1999年8月21日)
    • SEESEE名義 「nothing,」で参加。ASIN: B000064CAU 
  • DEATH NOTE TRIBUTE (2006年6月21日)

VHS・DVD[編集]

発売日 タイトル 規格
ミュージック・クリップ集 2001年4月2日 The First Reflection DVD・VHS
ライブ・ビデオ 2001年11月28日 HITOMI YAIDA 2001 SUMMER LIVE SOUND of CLOVER DVD・VHS
ボックス・セット 2002年7月3日 Casket of Candleyes DVD
ライブ・ビデオ 2002年7月3日 Candle in the eyes DVD・VHS
ツアードキュメントビデオ 2002年7月3日 Candle in the lives DVD・VHS
ミュージック・クリップ集 2003年3月29日 Sparkles of light DVD・VHS
ライブ・ビデオ 2004年1月28日 Live Completion '03〜i can fly,can you?〜 DVD
ライブ・ビデオ 2005年2月16日 HITOMI YAIDA Music in the Air 〜dome live2004〜 DVD
ライブ・ビデオ 2005年1月27日 Hitomi Yaida MTV Unplugged DVD
ライブ・ビデオ 2008年6月25日 Hitomi Yaida COLOROCK LIVE 2008 DVD
ミュージック・クリップ集 2009年2月18日 HITOMI YAIDA MUSIC VIDEO COLLECTION DVD

著書[編集]

タイアップ[編集]

曲名 タイアップ
nothing, テレビ東京系アニメ「魔装機神サイバスター」エンディングテーマ
B'coz I Love You TBS系「COUNT DOWN TV」オープニングテーマ
my sweet darlin' ニコンデジタルカメラ「COOLPIX 880」CMソング
Girl's Talk 明石被服興業「富士ヨット学生服」CMソング
Look Back Again 資生堂ピエヌ」CMソング
Over The Distance 日本航空「ACTIVE 北海道 2001」キャンペーンソング
le vent brulant フジテレビ系「F1グランプリ」エンディングテーマ
Buzzstyle 日本テレビ系ドラマ「歓迎!ダンジキ御一行様」主題歌
日立マクセル「JUST Real!」CMソング
オリコン・グローバル エンタテインメント「オリコンヒットネクスト着メロキャンペーン」CMソング
Life's like a love song 日本テレビ系ドラマ「おいしい女たち」主題歌
Ring my bell 資生堂「neue Virgin Bright」CMソング
Dizzy dive CS日本」CMソング
アンダンテ 日本テレビ系「ろみひー」エンディングテーマ
未完成のメロディ 東芝HDD&DVDレコーダーRD-Style」CMソング
東芝「au A5304T」CMソング
i can fly RKB毎日放送大分放送製作・TBS系「第52回別府大分毎日マラソン大会」テーマソング
孤独なカウボーイ 日本テレビ系ドラマ「伝説のマダム」主題歌
東芝HDD&DVDレコーダー「RD-Style」CMソング
日本テレビ系「汐留スタイル!」Stylish Play
チェイン リプトン「リモーネスパークル」CMソング
Hello タイトー「EZmelody取り放題」CMソング
RKB毎日放送・大分放送製作・TBS系列「第53回別府大分毎日マラソン大会」テーマソング
Chapter01 スズキソリオ『FLOWER』篇」CMソング
マーブル色の日 コムストック配給映画「きょうのできごと」エンディングテーマ
日本テレビ系「きょうの出来事」エンディングテーマ
モノクロレター 日本テレビ系「音楽戦士 MUSIC FIGHTER」10月度エンディングテーマ
馬と人参 RKB毎日放送・大分放送製作・TBS系列「第54回別府大分毎日マラソン大会」テーマソング
YOU ARE MY SUNSHINE キリンビール「やわらか」CMソング
マワルソラ 20世紀フォックス配給アニメ映画「ロボッツ」日本版エンディングテーマ
ビルを見下ろす屋上で NHKテレビ系ドラマ「オーダーメイド〜幸せ色の紳士服店〜」エンディングテーマ
Pajama Holiday 日本テレビ系「ザ・サンデー」エンディングテーマ
Go my way 日本コカ・コーラ爽健美茶『新芽・ティザー』篇」CMソング
STARTLiNE フジテレビ系「2006 FIFAワールドカップ」サポートソング
初恋 日本テレビ系「音楽戦士 MUSIC FIGHTER」11月度POWER PLAY
やさしい手 赤い羽根共同募金CMソング
I Love You の形 コナミ「佐伯チズ式 夢美肌」CMソング
日本テレビ系「おもいッきりイイ!!テレビ」コーナーテーマ曲
ハネユメ テレビ朝日メ〜テレ系ドラマ「ガンジス河でバタフライ」主題歌
靴音 赤い羽根共同募金CMソング
ミラクルワイパー 関西テレビ・フジテレビ系「さんまのまんま」エンディングテーマ
君こそ道しるべ 千寿製薬「マイティア美瞳」CMソング
ドキドキのつぼみ 花王メリット」CMソング
ハッピースピナー 江崎グリコ「Pが導くコラーゲン」CMソング
恋バス 毎日放送ラジオテレビ)2008年12月の「おいしいうた[4]
Simple is Best 読売テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」テーマソング
同情みたいなLOVE TBS系「教科書にのせたい!」エンディングテーマ
間違いだらけのダイアリー NHKテレビ系ドラマ「ビターシュガー」主題歌
もぎたての憂鬱 テレビ東京系「JAPAN COUNTDOWN」7月度エンディングテーマ

カヴァー曲[編集]

Nothing Compares 2 U (2000年10月4日)
プリンス (ミュージシャン)のカヴァー。シングル『my sweet darlin'』に収録。
みずいろの雨 (2000年10月27日、2001年12月31日)
八神純子のカヴァー。渋谷 ON AIR EAST でのライブ、矢井田瞳 COUNTDOWN LIVE (2001-2002)で披露された。
CD化・DVD化に至っていないカヴァー曲である。
I'm so small (2001年11月28日、2001年12月31日)
Fleming & John(英文のみ)のカヴァー。ライブDVD『HITOMI YAIDA 2001 SUMMER LIVE SOUND OF CLOVER』に収録。
また、矢井田瞳 COUNTDOWN LIVE (2001-2002)でも披露された。
ラブレター (2002年7月3日)
THE BLUE HEARTSのカヴァー。ライブDVD『Candle in the eyes』に収録。
fast car (2002年7月10日)
Tracy Chapmaneのカヴァー。シングル『アンダンテ』に収録。
また、ライブCD『Sound drop 〜MTV Unplugged+Acoustic live 2005〜』に収録、
ライブDVD『Hitomi Yaida MTV Unplugged』にも収録されている。
(ライブDVD・CDにおいては、同じものであるが、映像になっているのはDVDの方である。)
ベルと本とキャンドル(原題:Bell Book and Candle)(2003年9月10日)
Mark Hewerdine(=Boo Hewerdine・英文のみ)のカヴァー。
シングル『一人ジェンガ』に収録。タイトルは邦題であり、歌詞も矢井田が日本語に訳している。
You Are My Sunshine (2005年3月19日 - 4月3日まで)
Jimmie Davis(英文のみ)と、Charles Mitchell(英文のみ)による楽曲のカヴァー。
キリンビール「やわらか」のCMでカヴァーされた。CMでは矢井田が弾き語りで歌っている。
この曲も、CD化・DVD化に至っていないカヴァー曲である。
涙そうそう (2005年10月30日)
BEGIN夏川りみのカヴァー。
アコースティックライブ『京都文化祭典'05 京の華舞台 平安神宮幻夜コンサート第2夜』で披露された(この模様はBSで放送された)。
津軽海峡・冬景色 (2005年12月7日)
石川さゆりのカヴァー。ライブDVD『Hitomi Yaida MTV Unplugged』に収録。
ファイト! (2008年6月28日)
中島みゆきのカヴァー。『中之島音楽特区(SALTISH NIGHT)』で披露された。
わかんない(原題:Until Dawn)(2011年2月9日)
Sophie Zelmani(英文のみ)のカバー。シングル『Simple is Best』に収録。
安らぎはまだ先に(原題:Don't Dream it's Over)(2011年4月20日)
Neil Finn(英文のみ)のカバー。シングル『同情みたいなLOVE』に収録。


2006年に行われた『爽健美茶限定 矢井田瞳 LIVE』での披露曲は大半がカヴァー曲であるため割愛する。

楽曲提供[編集]

  • i don't know me. (2008年9月3日)
作詞・作曲:矢井田瞳、編曲:村田昭 みつき1stアルバム『COLOR』(2008年9月3日発売)に収録。
  • つかまえて! (2009年7月15日、歌詞のみ)
作詞:矢井田瞳、作曲:noi、編曲:大西克己 上戸彩5thアルバム『Happy Magic〜スマイルプロジェクト〜』(2009年7月15日発売)に収録。
HALCALI「TOKYO GROOVE」(2010年5月26日発売)のDISC2『COVER Songs』で、メジャー2ndシングル『my sweet darlin'』をカバーしたHALCALIとのフィーチャリングアーティスト(デュエット相手)としてセルフカバー参加。[5]

ミュージックビデオ[編集]

監督 曲名
稲垣理美 GOOD OLD DAYZ
大森規弘 Oasis
Kunihiko Okazaki/Atushi Takahata 「Dizzy dive」
須藤カンジ 「I Love You の 形」「STARTLiNE」
スミス 「Go my way」「モノクロレター」「初恋」
宅野祐介 「マワルソラ」
もぎたての憂鬱」「間違いだらけのダイアリー」「同情みたいなLOVE」
永石勝 B'coz I Love You」「my sweet darlin'」「一人ジェンガ」
丹羽貴幸 「地平線と君と僕」
Balt DON'T CRY
番場秀一 「Simple is Best」
尾藤領太郎 あまよの月
武藤真志 Buzzstyle」「Chapter 01」「I'm here saying nothing」「Over The Distance」「Ring my bell」「アンダンテ」「チェイン」「孤独なカウボーイ」「未完成のメロディ
山田智和 YES or NO
行定勲 「マーブル色の日」
不明 How?」「Look Back Again」「ねぇ

出演[編集]

テレビCM[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 2012年11月5日放送『Music Travel』(BSジャパン)より
  2. ^ a b 旧公式サイト(青空レコード)より。
  3. ^ 矢井田瞳ママ、3年半ぶり新曲で2月復活
  4. ^ ちちんぷいぷい」や「MBSサウンドキングダム(現「MBSうたぐみ Smile×Songs」)」などで放送
  5. ^ HALCALIカバー「My Sweet Darlin'」にヤイコ本人登場 - ナタリー、2010年4月19日

外部リンク[編集]

ウェブサイト
プロモーションビデオ