魔装機神サイバスター (テレビアニメ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
魔装機神サイバスター
ジャンル ロボットアニメ
アニメ
原作 松伝馬
監督 うえだひでひと
シリーズ構成 酒井あきよし
キャラクターデザイン 伊藤岳史
メカニックデザイン 伊藤浩二、森木靖泰
音楽 信田かずお、須藤賢一
アニメーション制作 葦プロダクション
製作 テレビ東京NAS
バンダイビジュアル
放送局 テレビ東京系列
放送期間 1999年5月3日 - 10月25日
話数 全26話
テンプレート - ノート 
ウィキプロジェクト アニメ
ポータル アニメ

魔装機神サイバスター』(まそうきしんサイバスター)とは1999年5月3日から同年10月25日にかけてテレビ東京系列で放送されたロボットアニメ。全26話。

概要[編集]

ゲーム「スーパーロボット大戦シリーズ」に登場するオリジナルロボット『魔装機神サイバスター』をアニメ化したスピンオフ作品。内容は大幅に改編されており、主役ロボット・サイバスターのデザインと一部の固有名詞を除きアニメオリジナルとなっている。

ストーリーは父子関係を主軸としたヒューマンドラマが中心となっており[1]、アニメ的誇張を避けたキャラクターデザイン[2]や現行兵器を踏まえたメカデザイン[3]などリアルさを追求している。一方、ロボットアニメとしてはメカ描写が少なく、そのクオリティについても「絵のクオリティについては申し訳ないと思う部分もあります」と監督自ら釈明しており[1]、ビデオソフト版では大幅なリテイクが施された[4]

主題歌「戦士よ、起ち上がれ!」は、ロボットアニメソングとして高い評価を得ており、第4回アニメーション神戸の主題歌賞で5位に入賞している。

ストーリー[編集]

西暦2040年。大地震による被害、自然環境の破壊で東京は壊滅状態となっていた。

主人公・安藤ケンは、地球環境調査研究所「D.C.(ディバイン・クルセイダーズ)」への入隊を目指していたが落第。失意に沈むケンであったがそんなとき、新宿上空で謎の大爆発が発生し正体不明の巨大ロボット(サイバスター)が現れた。D.C.の新入隊員が次々やられる中、ケンは機転を利かして巨大ロボットを退ける。その活躍が認められたケンは、戦闘で欠員の出たD.C.に入隊を許される。夢が叶って喜ぶケンだが、その日を境に武装化を始めたD.C.には不穏な空気が流れ始めていた。

登場人物[編集]

主人公と協力者[編集]

安藤ケン[† 1]
- 有馬克明
本作の主人公。妹想いで、妹の喘息を少しでも軽くするためD.C.に志願。成績が悪かったため、補欠合格でD.C.に入隊する。D.C.に懐疑的で家庭を顧みない竜蔵を軽蔑している。しかし、怪我をしたマサキに代わりサイバスターの操縦者に選ばれたことから、D.C.の実態を知りマサキをつれて脱走。以降はサイバスターを駆ってD.C.と戦った。
性格はお調子者で、普段の任務もまじめに取り組まないことが多い。しかし、仲間がピンチの際は身を挺して助けに行くなど、いざというときは高い行動力を発揮する。
上条ミズキ
声 - 増田ゆき
ケンの幼なじみで、共にD.C.に入隊する。勝気で、いい加減な性格のケンとは喧嘩が絶えない。マイクロブラックホールの発生装置である黒い箱に興味を持ったため、サフィーネから命を狙われた。マサキに助けられラ・ギアスの存在とD.C.の実態を知り、ケンと共にD.C.を脱走する。後にマサキの跡を継ぎジェイファーの操縦者となる。
尾崎ナナセ
声 - 永田亮子小林由美子
ケン、ミズキと同じ新入隊員。サイバスター出現とダラス達傭兵が来てから、D.C.が変わることに不信を抱くようになり、D.C.を辞めないかと仲間達と相談する。辞めた後は、ケン達を探し出しD.C.と戦うメンバーに加わった。
リューネ・フランク[† 2]
声 - 武藤寿美
D.C.創設者フランク博士の娘。非常に高飛車な態度で周りからの評判は良くない。D.C.がシュウに乗っ取られつつある中、実力を示すため父親の残したバルシオンに乗りこんだが、魔装機神には歯が立たずD.C.内で孤立してしまう。シュウ所長達の思惑を知ってしまった後、別荘に隠されていたバルシオーネのパイロットとなり、D.C.を取り戻そうとしていた。後にザムジードの操縦者に選ばれる[† 3]
マサキ[† 4]
声 - 吉岡文夫
異世界ラ・ギアスにホワイトホールを通じて送り込まれてくる廃棄物の出所を調べるため、サイバスターに乗って地球にやって来た青年。ミズキを助けた際に負傷しD.C.に捕らわれるが、ケン達に助けられ共に戦う仲間となる。ケンがサイバスターの操縦者に選ばれてからは、ジェイファーの操縦者となる[† 5]。実はミズキの生き別れの兄だったが、彼女を庇ってマイクロブラックホールに飲み込まれてしまう。
安藤サユリ
声 - 永田亮子
ケンの妹。長いこと喘息を患っているため、体が弱い。後にガッテスの操縦者に選ばれる。
安藤竜蔵
声 - 森田順平
ケン・サユリの父親。フリージャーナリスト。妻の死の原因となった謎の爆発現象を取材し、黒幕がD.C.ではないかと疑っている。
上条一徹
声 - 小高三良
ミズキの父親。D.C.のチーフメカニック。ケン達のよき理解者。

D.C.[編集]

シュウ・ゾルダーク[† 6]
声 - 根岸朗
現D.C.所長。ラ・ギアスで反乱を起こして異次元の監獄に収監されていたが、偶然ホワイトホールを通じて2020年の地球に漂着する。その後、地球人の科学者に成りすまし、D.C.に参加。フランク博士を事故に見せかけて殺し、所長の座に着いた。
故郷ラ・ギアスへの復讐を目論んでおり、その第一歩として地球征服を計画していた。当初は、ラ・ギアス人のスタッフのみでフランク博士の遺したロボット兵器の量産やマイクロブラックホール砲の実用化を密かに進めていたが、サイバスター出現後は自衛を理由に表立ってD.C.の軍隊化を推し進めた。
サフィーネ・グレイス[† 7]
声 - 三浦七緒子
シュウの忠実な部下[† 8]で、D.C.のRT隊の隊長。美人だが鬼隊長としてD.C.隊員に恐れられている。シュウと同じくラ・ギアスの反逆者で異次元の監獄に収監されていたが、シュウの手引きによって地球へやってきた。
隊長として瓦礫の撤去作業に出動する立場から、屋外でのマイクロブラックホールの発生実験を担当していた。しかし、マイクロブラックホールの発生装置をミズキや竜蔵に見られたため、2人を事故に見せかけて殺害しようとする。
イザキ
声 - 乃村健次
D.C.の教官。実直な性格だが権力に弱く、D.C.の武装化に疑問を感じながらもシュウ達に全く頭が上がらない。そのため、D.C.の武装化に反対する隊員たちとの板ばさみになり、たびたび罵声を浴びせられていた。その後、ダラス達がやってきてからはD.C.内に居場所がなくなってしまい、単身サイバスターの捜索に出るも湖で溺れかけたところを逆にケンたちに助けられてしまう。結局D.C.に戻ったものの、助けられた手前告げ口をするわけにもいかず、中立の立場となってしまった。
ダラス
声 - 佐藤政道
シュウ所長が、対サイバスター戦力として呼び寄せたプロの戦闘屋。プレシオンのパイロット。シュウやサフィーネと同じく反逆者として時空の檻に閉じ込められていた1人で、共にラ・ギアスへの復讐を考えていた。だが本当は、ラ・ギアスに帰りもう1度、故郷の夕日を見たいと考えていて、地球でも日が落ちる夕日を眺めていたことがある。

その他[編集]

ゼオラ
ラ・ギアス人で精霊を祭った神殿を管理する神官。
染谷博士
D.C.創設者の一人でフランク博士の死の真相を知る人物。
安藤マリコ
ケン・サユリの母親。カメラマン。竜蔵と共に取材に出ていた最中に東京で起きた謎の爆発現象に巻き込まれ命を落とす。

登場するメカ[編集]

魔装機神[編集]

風の魔装機神サイバスター
地球製のロボットとは比べ物にならない力を持ち、風を操ることができる。操縦者はマサキからケンに移る。飛行能力を有しているがほとんど飛行しない。なお、作中では一度も破損しなかった。
「サイフラッシュ」という強力なエネルギー砲を装備しており、グランゾンを一瞬で消滅させるほどの威力を誇る。最終話で1度だけ使用。
炎の魔装機神ジェイファー[† 9]
炎を操ることができ、プレシオンの装甲を容易く溶かす事のできるフレア現象を起こす。しかも、サイバスターと同じく瞬間移動もできる。
サイバスターを譲ったマサキが操縦者に選ばれたが、ミズキが後を継ぐことになる。
水の魔装機神ガッテス[† 10]
水を操ることができる。サユリが操縦者として選ばれる。
土の魔装機神ザムジード[† 11]
土を操ることができる。リューネが操縦者として選ばれる。

D.C.製兵器[編集]

RT
D.C.の作業用ロボット。地上用と水中用の二種類がある。倒壊した建物の近くで撤去作業を行うため、パイロットの安全が最優先で考えられており、コックピットブロックは射出できるよう独立した構造になっている。作業用であるため戦闘力は皆無であり、サイバスターにはまったく歯が立たなかった。武装も施されたが、最後はプレシオンに取って代わられた。
バルシオン[† 12]
D.C.創設者・フランク博士が設計したロボット。RTに比べより人間に近い体格をしている。フランク博士亡き後もシュウたちが密かに開発を継続し、戦闘用ロボットの試作機として完成する。リューネがテストパイロットとして乗り込みサイバスター戦に駆りだされるが、まったく歯が立たず負け続けた。最後は、サイバスターの放った風の刃に胴体を切断され大破し、富士の樹海に放置される。
バルシオーネ[† 13]
フランク博士の別荘に隠されていたバルシオンの試作機。未完成だったが、回収したバルシオンのフレームを利用することで完成する。当初は魔装機神のないリューネの愛機として戦闘に参加した。
地球製の機体としては高いスペックを秘めているのだが、それでも魔装機神やグランゾンには全く太刀打ちすることができず、足手まといになることが多かった。
プレシオン
バルシオンを元に開発された戦闘用ロボット。武装は右腕に装備されている電磁投射砲。各所にRTやバルシオンの部品が流用され、バルシオン以上の性能と生産性の高さを両立している。開発後すぐに量産され、D.C.主力兵器としてサイバスターと戦った。戦闘のプロフェッショナルであるダラスたち傭兵が乗り込んでいる。
グランゾン
シュウが開発した破壊兵器。人型からタンク形態に変形する能力を持ち、マイクロブラックホール砲を始め多数の火器を搭載している。その巨体から、操縦にはパイロット1名に加え2名のオペレータを必要とする。また操縦席以外に指揮官席も用意されている。パイロットとしてサフィーネ、指揮官としてシュウが乗り込む。
ブラックホールを通じてラ・ギアスに侵攻するが、最後はサイバスターが放ったサイフラッシュによって消滅した。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ「戦士よ、起ち上がれ!」
作詞 - 工藤哲雄 / 作曲 - 坂下正俊 / 編曲 - 須藤賢一 / 歌 - 遠藤正明
エンディングテーマ「nothing」
作詞・作曲・歌 - SEE SEE[† 14] / 編曲 - 鎌田雅人WATER

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 放送日
1 風の使者 酒井あきよし うえだひでひと 伊藤岳史
伊藤浩二
1999年
5月3日
2 バルシオン 小林哲也 永田正美 5月10日
3 東京崩壊 星川泰子 高田淳 加藤茂 5月17日
4 ラ・ギアス 酒井あきよし うえだひでひと 棚沢隆 坂元大二郎 5月24日
5 武装訓練 星川泰子 山口頼房 斎藤弘 5月31日
6 黒い罠 酒井あきよし 加藤敏幸 辻初樹
金泰日
6月7日
7 真実とは?[† 15] - 6月14日
8 光る土 酒井あきよし 長澤剛 楠田悟 6月21日
9 樹海の攻防 神戸一彦 阿宮正和 棚沢隆 八橋聖 6月28日
10 DC脱走 酒井あきよし 小林哲也 永田正美 7月5日
11 バルシオーネ 島崎奈々子 土屋浩幸 斎藤弘 7月12日
12 神の十字軍 星川泰子 うえだひでひと 畠山茂樹 7月19日
13 風と炎の精 神戸一彦 高田淳 加藤茂 7月26日
14 プレシオン軍団 酒井あきよし 奥田誠治 長沢剛 8月2日
15 戦火の翼 星川泰子 棚沢隆 8月9日
16 裏切りの谷 酒井あきよし 小林哲也 永田正美 8月16日
17 MBH砲 神戸一彦 長沢剛 8月23日
18 グランゾン 酒井あきよし 島崎奈々子 森井夏穂 斎藤弘 8月30日
19 水の魔装機神 星川泰子 高田淳 伊藤岳志
加藤茂
9月6日
20 湖底の罠 箕ノ口克巳 山内富夫 9月13日
21 和睦 酒井あきよし 木宮茂 倉嶋丈康 9月20日
22 望郷 島崎奈々子 永田正美 9月27日
23 ザムジード 星川泰子 小林哲也 10月4日
24 マサキ 酒井あきよし 高田淳 村上勉 10月11日
25 異空間突破 長沢剛 土屋幹夫
永田正美
10月18日
26 激突 うえだひでひと 長沢剛 伊藤岳史
伊藤浩二
10月25日

関連商品[編集]

コミック[編集]

魔装機神サイバスター(全1巻)
画:みづの剣士メディアワークスISBN 9784840214032
リューネが孤立しない、マサキが死なずミズキがザムジードの操縦者に選ばれる、シュウがグランゾンではなく闇の魔装機神グランドルに乗っているなど、アニメとは一部展開が異なっている。

小説[編集]

魔装機神サイバスター(上下巻)
著:酒井あきよし、メディアワークス刊 上巻:ISBN 9784840213356 下巻:ISBN 9784840213592
アニメに忠実なノベライズ。描写が人間ドラマ中心となっている。

CD[編集]

魔装機神サイバスター オリジナルサウンドトラック VOL.1、魔装機神サイバスター オリジナルサウンドトラック VOL.2
本作のサウンドトラック。
「EARTH ARK」魔装機神サイバスター Vocal Edition
本作のテーマである地球環境保護をコンセプトにしたコンピレーションCD。オープニング曲「戦士よ、起ち上がれ!」のみ収録されていない。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 姓はゲーム版のマサキ・アンドー(安藤正樹)から取られている。
  2. ^ 名前はゲーム版に登場するリューネ・ゾルダークから。
  3. ^ ゲーム版のリューネはヴァルシオンにもザムジードにも乗っていない。
  4. ^ 名前はゲーム版でのサイバスターの操者マサキ・アンドーから。
  5. ^ ゲーム版のマサキはジェイファーに乗ったことはない。
  6. ^ 名前はゲーム版でのマサキの宿敵であるシュウ・シラカワとリューネの父でDC総帥だったビアン・ゾルダークから。
  7. ^ 名前はゲーム版のサフィーネ・グレイスから。
  8. ^ ゲーム版でもシュウの部下である。
  9. ^ スーパーロボット大戦シリーズに登場する炎の魔装機神は「グランヴェール」であるが、本作ではBクラス魔装機「ジェイファー」の名が使用された。
  10. ^ ゲーム版での名前は「ガッス」である。
  11. ^ ゲーム版では「大地の魔装機神」である。
  12. ^ ゲームでは「ヴァルシオン」。
  13. ^ ゲームでは「ヴァルシオーネ」であり、こちらの方がヴァルシオンの後継機。
  14. ^ 当時大学在学中のインディーズ歌手だった矢井田瞳が「SEE SEE」名義で歌唱している。
  15. ^ 総集編。

出典[編集]

  1. ^ a b DVD11巻の監督:うえだひでひとへのインタビューより。
  2. ^ DVD4巻のキャラクターデザイン:伊藤岳史へのインタビューより。
  3. ^ DVD7巻のメカニックデザイン:伊藤浩二へのインタビューより。
  4. ^ SBG:アニメ「サイバスター」ビデオ発売記念イベントが全国で』、1999年9月30日2012年2月23日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

テレビ東京系列 月曜18:30枠
前番組 番組名 次番組
魔装機神サイバスター