宇宙戦士バルディオス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
宇宙戦士バルディオス
ジャンル ロボットアニメ
アニメ
原作 葦プロダクション
監督 広川和之
キャラクターデザイン 上條修(田中保)
メカニックデザイン 佐藤元
亀垣一
音楽 羽田健太郎
製作 第一放映
葦プロダクション(現:プロダクションリード)
国際映画社
放送局 東京12チャンネル(現:テレビ東京)
放送期間 1980年6月30日 - 1981年1月25日
話数 全31話
映画:「劇場版 宇宙戦士バルディオス」
監督 鳥海永行
制作 葦プロダクション
国際映画社
封切日 1981年12月19日
上映時間 118分
テンプレート - ノート

宇宙戦士バルディオス』(うちゅうせんしバルディオス)は、1980年6月30日から1981年1月25日まで東京12チャンネルで放送された、葦プロダクション国際映画社製作のロボットアニメである。全31話が放送され、後に劇場版も公開された。

解説[編集]

テレビ版放送開始とアニメ業界の状況[編集]

本作は国際映画社が初めて手がけたロボットアニメであり、『亜空間戦士ビッグバーン』として企画がスタートした。

葦プロがロボットアニメを手がけるのは『超合体魔術ロボ ギンガイザー』以来、3年ぶりである(『ギンガイザー』失敗でいったんロボットアニメの制作から手を引き、ファンタジーアニメ・ギャグアニメ路線(『女王陛下のプティアンジェ』、『くじらのホセフィーナ』、『ずっこけナイトドンデラマンチャ』、『ふたごのモンチッチ』)を手がけるも大成功とは言い難いものであった)。

スタッフは『ホセフィーナ』と『ドンデラマンチャ』の混成スタッフで制作され、元スタジオZのメンバーであった亀垣一らによるスタジオZ5作画担当作品としては第2作目である(ちなみにスタジオZ5の最初に関わったのは東京ムービー制作の『太陽の使者 鉄人28号』)。脚本家も『ホセフィーナ』と『ドンデラマンチャ』で混成されたが、新たに首藤剛志が加わった。

本作開始当初は『宇宙戦艦ヤマト』、『銀河鉄道999』といった松本零士原作アニメや『ルパン三世』といったアニメのブームが一段落し、『機動戦士ガンダム』が放送期間短縮となったが、放送終盤に大きなムーブメントを起こした後で、「ポスト・ヤマト」「ポスト・ガンダム」となるアニメ作品を各社が模索していた時期で、本作も様々な要素を取り入れた意欲作として放送が開始された。しかしアニメ雑誌でもまだ「ヤマト」「ルパン」「ガンダム」関連の記事が多く、また「ポスト・ガンダム」として本命視されていた『伝説巨神イデオン』が放送中だったこともあり、本作の関連記事は小さく、地味なスタートとなった。

打ち切り・放送後の反響[編集]

全39話を予定した作中では、やや高年齢の視聴者層を意識したハードなエピソードが展開されたが、作画面でのバラつきが多かったことからアニメ雑誌での誌面獲得もできなかった。また、度々の時間変更がされていた。結局、これからクライマックスに入るという時に打ち切りとなった。突然の打ち切り決定のため、放送順を調整し、敵の人工太陽作戦に対する判断ミスで地球は水没、人類滅亡が示唆されたシーンで「完」の文字が出て終了という、解釈によっては地球人側の全面敗北ともとれる衝撃の最終回となった。この現実の経緯は、偶然にも苦悩と葛藤から破滅に至るストーリー内容とそのまま重なった。東京地区でこの最終回が放送されたのは1981年1月25日で、『伝説巨神イデオン』も5日後の1981年1月30日に打ち切りとなっている。完成済み未放送フィルムは3話分あり、コンテも最終話まで完成していた。

この衝撃的な最終回の反響は大きく、放送終了直後から問い合わせが殺到、完全版の放送を求める署名活動やファン集会、自主上映会が開催された。

製作会社もこの雰囲気を敏感に感じ取っており、アニメ雑誌への未公開ストーリーや映像の提供が積極的に行なわれ、さらに1981年4月には「豪華本」といわれる愛蔵本が製作元の葦プロから直接出版された。

後年、未放送分を含む34話(テレビ放送は31話)を収録したレーザーディスクDVDが発売されている。

映画化[編集]

一方、アニメ映画界では『ガンダム』もアニメ雑誌との連携によりさらに大きな新しいファン層を巻き込んで1981年3月に松竹で劇場版『機動戦士ガンダム』第1作、同年7月に第2作『機動戦士ガンダムII 哀・戦士編』が公開、同年8月には東映から『999』の完結編である『さよなら銀河鉄道999』が公開された。『ガンダム』の完結編となる第3作『機動戦士ガンダム・めぐりあい宇宙』は翌年3月に公開されることが決定したため、1981年末には超大作アニメ映画が不在となったことから、その役割を期待されて東映セントラル配給で本作の映画化が電撃的に決定した。公開日は1981年12月19日、同時上映は『Dr.スランプ アラレちゃん ハロー!不思議島(再映)』。

劇場版は主にマリンとアフロディアの愛憎に比重が置かれた構成となっており、前半はテレビ放送版の大幅なリテイクを加えたダイジェスト、後半は新作カットでテレビ版未放送ストーリーを簡略化した展開となっており、バルディオスの登場は少ない。またキャラクターのコスチュームデザインを「ニコル」に依頼、エンディングに流されるメッセージをアニメ雑誌で公募、俳優の堤大二郎を声優に起用、と宣伝戦略がとられた。こうして本放送当時とはうって変わって、1981年末のアニメ雑誌はこぞって本作の特集を掲載し、関連書籍、フィルムコミックス、小説が各社から発売された。また、関連商品やセル画も東映のアニメショップ東映動画制作のアニメ映画と同様の扱いで発売された。

スタッフとキャストの大部分が変更になり、作画監督に芦田豊雄を起用し、テレビ版に参加したスタジオZ5(亀垣一平山智鍋島修)やスタジオNo.1(山下将仁越智一裕)やいのまたむつみや井口忠一が参加、コンピュータの導入も相まって作画などはテレビ版から質が向上した。しかし、制作期間が短く、また、『機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙編』や『伝説巨神イデオン』劇場版の公開と話題作が相次ぎ、本作は再びその中に埋もれていった。

玩具・プラモデル[編集]

本作は『宇宙戦艦ヤマト2』『宇宙空母ブルーノア』に続く野村トーイの宇宙ロマンシリーズ第3弾であり、前2作と違い企画は同社のオリジナルである。

メイン商品である「宇宙戦士バルディオス・戦闘合体トリプルクロス」は、本編でのギミックを忠実に再現しているものの、プロポーションなどに無理があった。同社は既に解散しており、この作品は、同社がメインスポンサーとなった番組としては唯一のロボットアニメとなった。

プラモデルは、番組放送中に野村トーイから発売されたが、圧倒的に流通数が少なかったことからその存在自体知る人は少ない。映画化の際にはバンダイから2種類のスケールで発売された。野村トーイ版はパルサバーンからロボット上半身に変形できるが、足は可動のないただの棒状態で、変形ギミックはない。バルディプライズ・キャタレンジャーはミニモデルが付属していた。バンダイ版は可動モデルでパルサバーンを含む3機ともミニモデルが付属していた。

主役ロボ・バルディオスの顔はガンダムタイプのそれに非常に似通っているが、このデザインの類似は偶然や剽窃の類ではない。デザインを担当した佐藤元が後に自身のブログで記しているところによれば、これは玩具メーカー側の都合によるもので、玩具製造のための金型の新規製造には莫大なコストが掛かることから、経費節約のために既存の金型が改修して流用され、その結果として似た形状になったという[1]。佐藤はのちにガンダムのチーフアニメーターだった安彦良和のもとで活動の場を広げていくことになる。

なお、コミックボンボンにて連載されたガンプラをメインにしたプラモ漫画『プラモ狂四郎』の第2話にて、バルディオスのプラモデルが登場している。

2008年10月に玩具メーカーのやまとから「群雄(動)」ブランドでバルディオスのアクションフィギュアが、11月にシーエムズコーポレーションからBRAVE合金ブランドで合体可能なバルディオスの合金トイが発売されている。

その他[編集]

映画化の際には、宣伝ポスターや関連書籍の表紙には主に影山楙倫いのまたむつみのキャラクターイラストが使用され、バルディオスが主役ロボットの名前であることはあえて強調されなかった。

先述の『伝説巨神イデオン』も玩具と視聴率の苦戦から打ち切りの憂き目に遭い、真のラストを劇場公開という形で発表しているが、時期的にこうした形態はバルディオスが先を越す形となった。その快挙に関してイデオンが先と自負していた監督の富野由悠季は、書籍でちょっとした悔しさを吐露している。

主人公マリン役の塩沢兼人はかなり熱心に役に打ち込み、ファンレターにはすべて目を通して、演技の参考にしていたという。

著作権は、国際映画社プロダクション リードが所持していたが、後に国際映画社が権利を放棄したため2010年現在はプロダクション リードがすべての権利を保持している。

2000年代に入り、インターネットが普及してブロードバンド化が進むと、一部の画像掲示板で本作のキャラクター、トリノミアス三世がパロディ的に流用され、同人誌や同人フィギュア界隈も絡んで一大ブームを巻き起こすに至った。

ストーリー[編集]

物語はソウルと呼ばれる恒星の第1惑星、S-1星から始まる。かつては高度な文明を誇っていたが、いつの頃からか地表は放射能に汚染され、地下都市でしか生活のできない星と化していた。さらに放射能汚染と物資不足は年を追うほど深刻な状況となっており、地下都市の人民の生活すら存続が危うくなっていた。S-1星首脳部では2つのグループの意見が対立していた。一つは、科学力による放射能の浄化を第一とする科学者グループ、もう一つは軍事力によって居住可能な惑星を侵略し、その星への移住を主張する軍部である。だが、軍部を掌握する皇帝親衛隊のガットラーは、皇帝を暗殺し最高権力者、総統を名乗り、亜空間要塞「アルゴル」で侵略目標の惑星へと旅立つ。親衛隊によって科学者の父を殺され、皇帝殺しの濡れ衣を着せられたマリン・レイガンは、亜空間戦闘機パルサバーンでアルゴルに戦いを挑むが、アルゴルの亜空間突入に巻き込まれてしまう。

亜空間突入時のトラブルから西暦2100年の太陽系へと流れ着いたアルゴルは、第3惑星・地球が居住可能と知り、アルデバロンは侵略を開始した。一方、地球防衛組織・ブルーフィクサーのバルディプライズに救出されたマリンは、ガットラーへの復讐心とパルサバーンを唯一操縦できる才能、そして何よりも青い海、大自然を愛する心を認められ、パルサバーンに地球メカを改造、合体させることによって誕生した巨大ロボット「バルディオス」でアルデバロンと戦うこととなる。

味方である地球人たちからは孤立し、そして同胞であるS-1星人からは裏切り者と罵られながらマリンは孤独で過酷な運命へと立ち向かっていく。

幾多の戦いを経て、水星と金星が消滅し、地球の地形が一変するほどの激しい戦いの中、マリンは人類が恐るべきタイム・パラドックスの渦中にいることを知る。

登場人物[編集]

キャスト表記は「テレビ版/劇場版」。特記がないものは共通。「スーパーロボット大戦シリーズ」では劇場版に準じたキャスティングが起用された。

ブルーフィクサー(地球)[編集]

世界連盟所属の地球防衛軍。BFS(Blue Fixer Secret)と略する。西暦2091年に放射能汚染、大気汚染など地球環境を調査・管理する目的として設置されたが、ストーリーが開始する西暦2100年の時点では既にバルディ・プライズ、キャタレンジャーを開発・保有する独自戦力を持つ防衛組織となっており、バルディオスの開発で一層その傾向は強まった。世界連盟所属ではあるが一定の権限を持つ独立した組織であるため、世界連盟上層部の政治的干渉や正規軍との軋轢もみられた。「影の軍隊」の異名を持ち、その秘密主義と世界連盟の統制の及ばない戦力増強を非難されたこともある。隊員の中でも特に最前線で任務をこなす最精鋭の隊員を指して「フィクサー」もしくは「バルディオスチーム」と呼称する。各隊員には階級が与えられているが、挨拶の際には敬礼ではなく握手を基本とする、パーティやコンサートの開催許可を与え隊員の親睦に努める等、文官出身の月影長官の人柄が反映された組織となっている。

マリン・レイガン
声優 - 塩沢兼人 / (スーパーロボット大戦シリーズでは山崎たくみ
S-1星人。特務戦闘隊特別隊員。20歳。パルサバーンのパイロット。父を殺したガットラーを追って地球に辿り着いた。その素性から母星からは裏切り者、地球人からはスパイの疑いを掛けられる。青い空と海を汚す者は許さない熱血漢。S-1星ではUFムセイオンと呼ばれる平和主義者の集まる学校の学生で、最高学位であるUF学士号を獲得しており、軍部の同校制圧後は父親の研究を手伝っていたようである。地球来訪後もこうした科学知識は彼の大きな武器となる。外見的特徴は青みがかったやや長髪の髪型。なお小説では3作とも年齢設定が異なっており、コバルト文庫版では19歳、ポケットメイツ版では21歳、ソノラマ版では23歳とされていた。なお、「マリン」とのネーミングは、青い海を守る者、という意味合いを込めて設定されたと言われる。一部の資料には「マリン・レーガン」と表記されている。
ジェミー・星野
声優 - 横沢啓子(現・よこざわけい子) / 潘恵子
科学開発局応用物理研究室員。特務戦闘隊員ではないが、同等に訓練を受けており、作戦内容によってはバルディ・プライズの操縦補佐なども行なう。18歳。私生児として出生。母親の死後、一時期日系ギリシャ人に養育されたが保護者死亡のため施設に。15歳でBFSに志願。第9話で父親がバード国王だった事が判明。孤独だったマリンの心を開くきっかけを作った。次第にマリンへ想いを寄せるようになる。テレビ版オープニングではこれを象徴するかのように、マリンの手を引くように2人で野原を駆けるシーンが描かれている。しかし、マリンはジェミーに対し「妹」または「仲間」としての感情以上のものは抱かなかったようであり、終盤ではオリバーと接近することになる。BFSではクインシュタインの助手的なポジション。主な登場人物では最年少であり、言動に未熟さが垣間見えてしまうこともあるが、第6話ではバルディ・プライズ、第28話では(マリンと共同操縦だったとはいえ)パルサバーンを操縦、合体までこなす等フィクサーにふさわしい働きも見せる。特に第28話のチャージ・アップ成功は地球人では劇中唯一である。
ジャック・オリバー
声優 - 鈴木清信 / 田中秀幸
特務戦闘隊伍長。22歳。バルディ・プライズのパイロット。アメリカの下層階級出身でアフロ金髪の気障な皮肉屋でクリスチャン。幼い頃に両親と離別、妹エミリーと共に過酷な少年期を過ごしたためか妹に年齢の近いジェミーには何かと気をかける。マリンに疑いの目を向けていたがやがて信頼するようになる。
北斗 雷太
声優 - 玄田哲章
特務戦闘隊軍曹。キャタレンジャーのパイロット。放棄された月面植民都市「リトルジャパン」出身。オリバー以上にマリンを信用しておらずスパイと疑っていたが、共に肉親を失った天涯孤独の身ということもあり、戦いの中で信頼を置くようになっていく。武道の達人で豪放磊落、質実剛健的なキャラクターだが、時にはコメディ・リリーフ的な一面も見せる。また直接の描写はないが、通常勤務終了後は士官学校で教鞭をとる等誠実な人物を思わせる設定も。テレビ版では、第38話(未製作)でアルデバロンの手に落ちた核ミサイル基地の核弾頭を処理するために出撃、スピリット・ガットラーIIの集中攻撃を受け戦死する。なお劇場版ではエピソード自体がカットされたために最後まで生き残った。そのカットされたシーンの一部がLPの名シーンスチルセレクトに収録されている。
エラ・クィンシュタイン
声優 - 加川三起(現・鳳芳野) / 此島愛子
科学開発局長。32歳。ドイツ出身で任務中は主に「博士」と呼ばれ、自分のことは「わたくし」と語っている。常に物静かな物腰と上品な言葉遣いとは裏腹に、感情よりも論理を優先する沈着冷静な人物である。BFSの頭脳でありナンバー2として月影を補佐、彼の不在時はBFSの指揮を代行する。マリンの能力に注目しチームに引き入れるが、根底にあるのは「憎しみは愛よりも強い」という徹底的にリアリスティックな人間観ゆえである。特にロボット工学や亜空間力学に関しては地球人としては随一であり、パルサバーンを解析、改造強化した上合体機能を与え、バルディオスを開発した。第36話(未製作)では脱走してBFS基地に匿われたアフロディアに暴力に等しい尋問を行い、小説版では家族を失ったBFS隊員によるアフロディアに対する暴行を容認するなど、冷酷な一面も。劇場版の土星決戦ではジェミーと共にバルディオスに搭乗して要塞中枢炉攻撃に参加していたため、BFS基地崩壊からは難を逃れる。地球帰還後は生存者をシェルターに避難させる中心的な役割を果たしたと推測される。設定身長は183センチでマリンや雷太よりも背が高い。純白のショールと肘までの長手袋がトレードマーク。時期は不明だが、教師をしていたことがあり、デビットはかつての教え子である。合理性が全てのような人物ではあるが、BFS隊員、特にマリンが精神的に追い詰められた時などは女性らしい母性と優しさを発揮してその精神的支えとなることもあった。
月影 剛士
声優 - 石森達幸 / 堀勝之祐
司令長官。40歳。沈着冷静な司令官。日本出身で、あまり軍人的な考え方をしない理想主義的な人物として描かれるが、時には「甘い」と側近や上層部からとがめられることもあった。第32話(テレビ版第31話)の人工太陽への対応を慎重すぎるが故に誤っている。第34話では、アルデバロンの攻撃でチャイナシンドロームを起こした核物質と共にミニパルサバーンでスピリット・ガットラーに特攻、劇場版の土星決戦でもBFS基地と共に壮烈な最期を遂げた。日本に妻子を残して単身赴任しており、彼にとってクィンシュタインは良きパートナーではあるが、あくまで仕事上の一線を越えることはなく、クィンシュタインの彼に対する評価は「立派な人です」の一語だった。外見的特徴はこの年齢にしては白みがかった銀髪と口ひげ。また、あまり大柄なキャラクターとは描かれていないが、実は身長185センチと日本人としてはかなりの長身である。
デビット・ウェイン
声優 - 井上和彦
テレビ版第29話および劇場版に登場。パルサバーンのパイロット候補でマリンと互角の操縦テクニックを誇る天才。
生意気な性格で気障な人物。最初は異星人であるマリンを見下す様子が見られた。クインシュタインの教え子であり、クインシュタインを密かに想っている。アルデバロンの地球氷河期作戦の際、地球のためにではなくクインシュタインのためにフィクサー1でガニメドに特攻する。
劇場版ではオリバー、雷太とは士官学校での同期という設定で登場。マリンがアルデバロンの基地に潜入している間、パルサバーンのパイロットとして出撃したがチャージアップに失敗、パルサバーンのパイロットを辞退しBFSを去った。土星決戦にはフィクサー1で駆けつけ、命尽きるまでクインシュタインへの想いを断ち切らなかった。

その他の地球人[編集]

モーガン
声優 - 稲葉実 / 大宮悌二
世界連盟代表。地球人が生き延びるためには少数の犠牲もやむを得ないと考えるリアリストで、戦争の方針をめぐってしばしば月影と対立する。世界連盟も直属の軍を保有していることもあり、マリンやBFSを切り捨てようとすることも幾度となくあったが、劇場版および第33話では大津波が迫っても世界連盟本部から避難せず、本部と運命を共にする等、本来は責任感の強い人物である。
スー・ハーマン
声優 - 堀勝之祐
テレビ版第12話と第30話に登場。世界連盟のエリート将校で、月影の長官としての適性を軍人の目から審査する監察官としての密命を帯びていた。生粋の軍人らしく規律に厳しい人物に見えたが、実はブルーフィクサー側の人間関係や内情を冷静に観察。最終的には月影長官やマリンたちの良い後援者になる。もみあげとサングラスが特徴的な外見のキャラクター。未放送のテレビシリーズでも残存戦力を糾合した世界連盟軍最高司令官として度々登場し、水没した地球で潜水艦隊を率いて奮戦。土星決戦で月影亡き後のBFS基地を指揮し、最終的にネグロスの指揮するギャグレーと一騎打ちの末に戦死した。当初は、映画版でも活躍が検討されたが、デビットの登場が決定、その事とのバランスから、映画版には登場しなかった。
エミー・ラティン
声優 - 増山江威子(第15話) / 小山茉美(第33話)
「ガラガラ蛇」の異名を持つ女性ジャーナリスト。世界連盟ですら政治介入できない世界放送テレビ局の人気レポーターで、大きな世論形成力を持つ。第15話ではBFSとバルディオスの存在こそがS-1星人との平和共存の障害となると宣伝するが、逆にアルデバロンに利用されてしまう。第33話では水没していく地球の最後の様子を放送。絶望的な現状の地球をきっとブルーフィクサーが救ってくれると自身の思いを伝え、乗っていたヘリで水没した海に沈みその命を絶つ。仕事も出来て且つ美しい、というキャリア・ウーマン的な人物として描写されている。愛用の香水はニナリッチのレールデュタン。
アラン
声優 - 古川登志夫
世界連盟からBFSに出向していた技術者。第5話にてキャタレンジャーを無断で使い出撃してしまう。その見せしめとして実刑となるが、クインシュタインの判断により死刑は免れ、地球に平和が来る日をいのるという形で冷凍刑で済んだ。第36話(未製作)では意外な形での再登場を果たす。
エミリー
声優 - 島津冴子 / 鈴木富子
オリバーの妹。兄と共にスラムで過酷な幼年期を過ごし、世界連盟本部の看護婦となる。第33話および劇場版では婚約者と子供を儲けたことがオリバーに伝えられる。
ロイ
声優 - 三ツ矢雄二
エミリーの婚約者。世界連盟の兵士だったが負傷して退役している。
ネルド
声優 - 綏片達雄
第7話に登場。科学者でクィンシュタインの元恋人。恩師ランベルト博士、クィンシュタインと共同研究していた「真空爆弾」が世界連盟によって研究中止に追い込まれたため失踪、酒びたりの日々を送っていたがアルデバロン協力下のシルベリア基地で真空爆弾を発展させた「ロストスペース・ボム」を開発、バルディオスを窮地に追い込む。
バード国王
声優 - 田中崇(現:銀河万丈/第27話と第33話)/ 大木民夫(第9話と劇場版)
テレビ版第9話、第27話、第33話および劇場版に登場。北アフリカのレニア国の国王でジェミーの実父。レニア国の鉱物資源「ガウラーX」がアルデバロンに狙われたことをきっかけに、ジェミーと再会を果たす。第33話で大津波の中、通信でジェミーに呼びかけるシーンが劇場版に残る。

アルデバロン軍(S-1星)[編集]

ガットラー率いるS-1星の地球侵略軍を総称してアルデバロンと呼ぶ。アルデバロン軍は科学力では圧倒的な優位にあるが、物量、特に資源や生産力に関しては劣っていることから資源の確保や工業地帯の占領もしくは破壊を目的とした作戦を優先して遂行していた。アルデバロン=S-1星人全てではなく、統一評議会七人委員会など行政官や評議員も交えた行政機構と軍部の両面をガットラーが統括するという政治形態を採用している。S-1星を脱出した移民団は劇中ではおよそ1億人、別の資料によると約3億2000万人と語られている。放射能に汚染されていない美しい星である地球を無傷で手に入れることが本来の目標であったが、激しい戦いの中でABC兵器すべてを使用、地球を醜く汚染していくことになってしまう。

ゼオ・ガットラー
声優 - 青野武 / 柴田秀勝
元S-1星皇帝の親衛隊長で現アルデバロン軍総統。38歳。S-1星人移民のため地球侵略を開始する。力が全てであるという、いわゆる独裁者タイプの人物ではあるが、有能であると認めた人物は積極的に登用する一面も持つ。また私利私欲ではなくS-1星全人民の命運を賭けた戦いを指揮しているという自負も持っている。重大な決断を下す際にはシンク・ルームで外界との接触を断ち瞑想にふける等、繊細な面も描かれている。テレビ版ではスピリットガットラーIIから脱出する際に誤って核ミサイルの発射ボタンを押してしまい、地球(=S-1星)は放射能に汚染。その出来事が過ぎてから、自身が地球を汚している事実を知る事となった。
マリンとの決闘の後、生き残ったS-1星の人々を率いて新天地へ旅立つ。劇場版では重傷を負ったまま、冷凍エリアがワープする描写しかないので生死不明。
髪の色は白、長身で胸板が厚いかなりの大男として描かれている。常時手にしている杖は護身用の武器でもあり、テレビ版ではネグロスを、劇場版ではガロをショック死させた。直接の描写はないが、ボクシングの軍隊リーグの元ヘビー級チャンピオンという設定がある。
ローザ・アフロディア
声優 - 神保なおみ / 戸田恵子 / (スーパーロボット大戦シリーズでは永田亮子
アルデバロン軍最高司令長官。25歳(ソノラマ版小説では23歳)。ガットラーの腹心。
マリンによって弟のミランを殺されたため彼に激しい憎しみを抱いている。アフロディアとミランの姉弟は軍人の父が事故死した後、その部下だったガットラーの庇護の下で成長したため、彼に対する恩義と忠誠は並ぶ者がいない。女であるがゆえにガットラーの寵愛を受け、高いポストを与えられていると周りからは思われており、他のアルデバロン幹部の嫉妬と偏見に最後まで悩まされた。
テレビ版では司令官を解任された後、ネグロスの姦計にかかりアルデバロンから脱走兵として追われ攻撃を受けて死亡する。劇場版では脱走後行方不明となり、ガットラーとマリンの最後の対決の場に現れ、ガットラーの攻撃からマリンを庇ってガットラーに致命傷を与えるが、かつてのガットラーの恩から罪悪感に追い詰められ自らの銃でその身を撃った。その後マリンの介抱によって地球へ降下。意識が朦朧とする中でマリンとの出会い、戦いを涙ながら悔やみ幕を閉じた。
当初原案でのネーミングは「ベルバラン」。設定ではガットラーと愛人関係にあるとされ、作中にガットラーに「薔薇を散らされる」イメージシーンがある。また父親の事故死は、実は軍部内での権力抗争を背景としたガットラーによる暗殺との設定もあり、ソノラマ版小説ではより明確に作中で明示されている。
ネグロス
声優 - 飯塚昭三
地球の未来がS-1星である事を知り、ガットラーを脅してアフロディアを失脚させ最高司令長官になった野心家。司令長官になるまでに作戦会議で核攻撃を進言するなど勝つ事にこだわっていたが、劇場版ではバルディオスの猛攻に逆上し、核ミサイルの発射ボタンを押した。地球(=S-1星)を放射能汚染に導いた張本人となった。
ガロ
声優 - 伊武雅之(現・伊武雅刀) / 木原正二郎
第7話、劇場版に登場。ネグロスの双子の兄弟。テレビ版では単なる一幹部だったが、劇場版ではアフロディアの作った「鉄の戒律」の見せしめとして処刑され、ネグロスの憎悪が煽られる契機を作った。
ミラン
声優 - 井上和彦 / 千葉繁
親衛隊員。アフロディアの弟。レイガン博士を射殺したが、研究所に現れたマリンが苦し紛れに投げた金属片が喉に刺さって死亡した。この事件により、マリンとアフロディアはお互いが肉親の仇という関係となった。ただし、アフロディアはマリンを個人的に恨むのに対し、マリンの憎しみはどちらかといえば軍部(アルデバロン)とガットラーに向けられている。劇場版では、階級が少尉であることが明かされている。
ラトピ
声優 - 古川登志夫
テレビ版第22話に登場。ミランと同じ紫の軍服の親衛隊長。アルデバロンでの親衛隊長はガットラー、アフロディアが経験しており最上級のエリートコースである。リスルの助命と引き換えに反光波爆弾を満載した特攻メカ・ブロリラーでバルディオスに挑む。ポケットメイツ版の小説では、テレビ版でのカイザーの役割を担当している。
リスル
声優 - 滝沢久美子
テレビ版第22話に登場。アフロディアの付き人として公私に仕える。外見的特徴はポニーテールの髪型。
ラスカ
声優 - 堤大二郎
劇場版で登場した下級兵士。テレビ版第22話のラトピがモチーフ[要出典]。S-1星人が地球を奪えばその地でリランと平和に暮らせると信じ戦ったが、土星決戦であっけなく戦死。ソノラマ版小説ではアフロディア親衛隊員で、彼女が乗っているとは知らずにアフロカーを追撃し、マリンに倒されている。
キャリン・フリック
声優 - 鈴置洋孝 / (スーパーロボット大戦シリーズでは藤原啓治
テレビ版第10話のメインゲスト。マリンの旧友で、マリン曰く『無二の親友』。マリンと同じくUFムセイオンの学生だったが、ある事情から軍に身を投じる。入隊後は迎撃メカシルバーシャークの操縦士だったが、アルデバロンを裏切り地球へ亡命する。
ロマン
声優 - 村山明
テレビ版第27話に登場。アルデバロン戦車隊長。捕虜となったジェミーと親しくなるが、その真意を知ったマリンに射殺される。
デグラス
声優 - 神谷明 / 寺田誠(現・麦人)
第17話・第18話のメインゲストで、アルデバロン軍幹部。アフロディアを追い落とすべく、マリンをアルデバロンに引き入れるために策略をめぐらす。劇場版でもネグロスの側近として登場するが、作戦失敗の責を問われガットラーに粛清される。外見的特徴は胸のバラの花。

アルデバロンの戒律(鉄の戒律)[編集]

  • 一つ、勝手な行動は死刑
  • 二つ、敵に背を向けた者は死刑
  • 三つ、敵に情をかけた者、かけられた者は死刑
  • 四つ、戦隊を乱す者は死刑

その他のS-1星人[編集]

レイガン博士
声優 - 宮内幸平 / 山内雅人
S-1星の科学者。マリンの父。UFムセイオンを根拠地とするS-1星浄化派(主に科学者グループ)のリーダー格で、放射能濾過装置の研究を重ねていたが、実験が成功した直後に、親衛隊に撃たれ、心血を注いで完成させた放射能濾過装置とその研究記録まで破壊されてしまった。パルサバーンの設計・建造も行なった。最後の力を振り絞ってマリンを逃がし、息絶える。
トリノミアス三世
声優 - 大久保正信 / 中村武巳
放射能汚染されたS-1星の皇帝。最高会議で科学者チームに放射能濾過装置が5日以内に完成しない場合は他の移住可能な星に軍事侵攻する事を決定した。ガットラーの命を受けたアフロディアに暗殺された。
リラン
声優 - 越智裕子
劇場版に登場。ラスカの恋人でテレビ版のリスルがモチーフ。非戦闘員削減のために決戦前に冷凍睡眠に入る。声優は話題作りのため一般公募された。
カイザー
声優 - 曽我部和行
テレビ版第25話に登場。射撃の達人でS-1星反体制グループの一員。式典で士気高揚のための演説をするガットラーを狙撃、暗殺しようとした。士官学校でアフロディアと主席争いをしていた優秀な士官候補生だったが、現在の地位は不明。ガットラーの気迫に怯んだところを、影で彼を利用しようとしていたアルデバロン幹部ジョブ、デレリに射殺される。
移民局長
声優 - 蟹江栄司
主に亜空間要塞内のS-1星人の生活面を統括する。軍人ではない行政官だが、総統であるガットラーの指揮下にある。
冷凍局長
声優 - 戸谷公次
主に亜空間要塞内の冷凍睡眠中のS-1星人民の管理、機器のメンテナンスの責任者。
ナレーター
声優 - 石森達幸 / 堀勝之祐

登場メカ[編集]

ブルーフィクサー側[編集]

バルディオス[編集]

  • 全長:100.0m
  • 重量:900.0t
  • 速度:大気圏内ではマッハ25、宇宙空間では光速の30%での飛行が可能で、亜空間航法により超光速での恒星間航行も可能である。

ニュー・パルサバーン(改造を受けたパルサバーン)、バルディ・プライズ、キャタレンジャーの3機のメカが合体して生まれる巨大ロボット。合体コードは「バルディオス、チャージ・アップ!」。S-1星よりマリンが乗ってきた亜空間航行機パルサバーンをクインシュタイン博士が改造し、地球製のバルディ・プライズ、キャタレンジャーと合体できるようにしたもので、ストーリー開始当初の地球側では唯一の亜空間への突入、帰還が可能なメカである。パルサバーンが胴体部、頭、腕を構成し、バルディ・プライズが右足、キャタレンジャーが左足になる。透明円盤とすれ違うだけ、あるいはただ殴るだけで破壊したり、巨大メカを遭遇からわずか1分少々、あるいはたった一撃で破壊したりとその力は圧倒的だった。亜空間への滞在可能時間は5分間。

合体後の操縦システムは、主にマリンがメイン操縦、オリバー、雷太がそのアシストをする形式だった。特に当機の最大の特徴である合体と亜空間突入はマリンの操縦が不可欠である。パワーアップ後は「マリンのサイコ・エネルギーで動く」とされており、パワーアップ直後の戦闘では操縦桿を使わずマリンの動きをトレースしたアクションで武器を繰り出していたが、その後の回では殆どが操縦桿を使っていた。

テレビでは第4話からの登場。第38話(未製作)ではキャタレンジャーを破壊され、バルディオスとしての活躍を終えたため、第39話では登場しない。

第18話で、第二ブルーフィクサー基地でニュー・バルディプライズ、ニュー・キャタレンジャーが開発されていた事が明かされるが、第二基地ごと攻撃を受け破壊され、その性能等は不明のままに終わった。

主に空中を飛行して移動するが、第24話で大破した際には、地上を歩行して移動していた。水中戦闘も比較的得意なようで、リスクの大きいはずの初戦闘は海中での対ビッグオクト戦だった。

劇場版では以下の点がテレビシリーズにない描写である。

  • クィンシュタイン博士による「バルディオス」の命名シーン
  • デビッド操縦のパルサバーンによる合体の失敗
  • アルデバロンとの最終決戦時に「メインコクピット」が登場、ジェミー、クィンシュタイン博士を加えた5人で操縦
  • 強制チャージ・オフによるパルサバーン離脱後に、バルディプライズとキャタレンジャーのみが合体した中間形態の登場

主な武器[編集]

下記以外にも、ガメバリウスを撃破したミサイルなど、名称不明の武器も画面上に登場している。

パルサーベル
胸部エンブレムの下から取り出されるバルディオスの主要武器。鍔の部分が先端に移動する事でソード、ランス、ジャベリンの都合3種類の変型形態を持つ。ただし設定上の名称もなければ劇中での呼称もない。特に刀身が2段階に伸びるジャベリンモードは使用は1回のみ。また、そのまま投げつけたり(第19話、第25話)、ブーメランのように使用した時もある(第15話)。劇場版のクライマックスでもこの武器を使っている。
放送当時、単体で玩具が発売された。BRAVE合金では、独特の鍔のスライドアクションが採り入れられていない事と中間形態のソード伸縮前の状態を無視したため、ランスモードは再現されていない。
亜空間ビーム(バルビーム)
額のクリスタルから放射される亜空間エネルギーを応用したビーム武器。強力だがエネルギー消耗が激しい。第27話ではリング状の光線を発射している。
サンダーフラッシュ
胸部エンブレムが白く発光して発射されるプラズマ兵器。威力は亜空間ビームより強力だが、エネルギー消耗はさらに激しい。
ショルダーキャノン
両肩のシャッターが開き現れる大砲。発射されるものはロケット弾またはエネルギー。肩に装備されているため安定度が低く、戦闘機への攻撃や牽制に用いられる。
バルディミサイル
両足脛の側面部分から発射されるミサイル。
バルディクラスター
内部スパイクを収納した菱形状の分銅にチェーンが付いた投擲武器。通常は左腰のボックスに収納されている。
バルディカッター
両足脛の前面に付いたカッターナイフ状の刃。発射されると回転しながら敵に向かって飛んで行く。厚さ10メートルの鉄をも切り裂く威力がある。
サンダーフラッシュ・フルパワー
亜空間ビーム・バルディミサイル・ショルダーキャノン・パルサーベル・サンダーフラッシュを使った一斉攻撃。全エネルギーを使用する為リスクが大きい。第24話で捨て身の必殺技として使用されたが、バルディオスも大破した。
ベストリンガー
周囲にエネルギーを発生させて敵メカを蹴散らす攻撃。パワーアップ後に登場。
スリーディバルディ(3D-バルディ)
分身攻撃。パワーアップ後に登場。
パルサーベル・ドリンギング
パルサーベル2本を接続して回転させるか、または二刀流で切り掛かる。パワーアップ後に登場。
亜空間シャワー
破壊力はなく亜空間への物質の転送・帰還を可能とする一種のトラクタービーム。ミニパルサバーンにも装備されている。また、ジェミーメカのスペースサイクロンもほぼ同様のものと描写されている。
バルディロイザー
バルディオスの全身からエネルギーを放出、そのまま機体を文字通り火の玉にして特攻する捨て身の最終技。第2段階では敵の内部で強制チャージ・オフ、そのまま離脱することでバラバラに引き裂く。全エネルギーを使用するため多用が不可能で上記のサンダーフラッシュ・フルパワーと同様、機体が大破する可能性が高いため、この技は封印されていた。
テレビシリーズ第38話(未製作)でスピリット・ガットラーIIに使用される予定だったが、製作されなったためにソノラマ文庫の小説版のみに登場した。映像での登場は小説の出版から27年後に発売されたゲーム『スーパーロボット大戦Z』が初。
バーストソーサー
エネルギー不足の時のために開発された、基地から射出される大型の光線砲。設定画が存在し挿入歌「立て!バルディオス」の歌詞にも登場するが、本編には未登場。
クロスソーサー
バーストソーサーから発射される円盤型カッター。設定画のみ。
レーザー・ボウガン
パチンコ型のボウガン、設定画が存在するが本編には未登場。プラモデルとBRAVE合金に付属。
バルディガード
腕の赤いダイヤ部分が変化した大型の盾。設定画が存在するが本編には未登場。小説版ではコバルト文庫版で名前のみ登場。プラモデルとBRAVE合金に付属する。
ブーメラン
胸部のエンブレムを取り外し、ブーメランとして敵に投げつける。設定画が存在するも本編では未登場。
ハンドカッター
両腕のマークの部分から出して使用するレーザーソード。設定画が存在しているが本編では未登場。
トンファ
両腰のボックスを外し、レーザー刃を出てくる武器。設定画が存在するも本編では未登場。
バルストリンガー
トンファの柄を抜いて使用するレーザームチで、設定画が存在しているものの、本編では未登場。
ヌンチャク
足のマークを外してして使用する武器で、設定画が存在するも本編では未登場。

パルサバーン(パルサ・バーン)[編集]

  • 全長:50m
  • 重量:400t
  • 速度:大気圏内ではマッハ20、宇宙では光速の4分の1、亜空間では無限

(以上のスペックは改造後のもの)

ストーリーのほぼ全編に登場。レイガン博士が開発した亜空間を航行可能な宇宙戦闘機で、S-1星の科学力の粋が結集されている。動力はパルサ・ビーム。基本的には一人乗りだが、コクピットスペースにはかなりの余裕があり、余剰空間に救助した人員や捕虜を搭乗させることもある。

第4話でクィンシュタイン博士の改造を受け、ニュー・パルサバーンとなり、同時にバルディオスへの合体機能が与えられ、バルディオスの腰から上を構成する。改造後も便宜的にパルサバーンと呼称。

亜空間航行と合体にはマリンの操縦が不可欠。その証拠に劇場版でマリンのスペアとして搭乗したデビットはチャージアップに失敗している。クィンシュタイン博士による本機の解析は地球側のメカの科学水準を飛躍的に向上させた。

バルディプライズ(バルディ・プライズ)[編集]

  • 全長:40m
  • 重量:250t
  • 速度:宇宙空間ではマッハ18、海上では180ノット

BFSが最初に開発した戦闘メカ。海上で最も能力が高くなるよう設計された。宇宙空間や空中でも戦闘可能。広い複座式コクピットを持っており、前線では作戦本部となる。ストーリー序盤では月面でマリンとパルサバーンを発見、地球に移送した。第4話でキャタレンジャーと共に改造を受け、バルディオスへの合体が可能となる。パイロットはジャック・オリバー。合体後はバルディオスの右脚となる。

キャタレンジャー[編集]

  • 全長:25m
  • 重量:250t
  • 速度:宇宙空間ではマッハ15、地上では時速250km。

戦車に似た形状を持つBFSの陸戦メカ。操縦情報を登録する「プリセットシステム」を採用しているため、3大メカでは最も操縦が容易。パイロットは北斗雷太。キャタピラを装備している。空中、宇宙空間、海中でも戦闘可能。合体後はバルディオスの左脚となる。テレビ版では、第38話(未製作)でスピリットガットラーIIの集中攻撃を受けて大破、命を代償になった雷太と共に大気圏で燃え尽きた。

ブルーフィクサー基地[編集]

  • 全長:2015m
  • 最大幅:573m
  • 高さ:386m
  • 乗員:106名
  • 速度:宇宙では光速の5分の1、空ではマッハ3、海では160ノット、陸では時速85キロメートル。

南米某所に設置されている巨大な基地。固有名はなく、単に「基地」と呼ばれる。第二基地を除いてBFSには他に支部らしきものは登場していない。そのため、この建造物がBFSという組織ほぼそのものといえる。形態は空母に似ており、緊急時には陸海空を自在に移動し、単独で大気圏離脱も可能。3大メカの母艦であり、主要隊員には個室も与えられている等、BFS隊員の生活の場でもある。劇場版では多数の武装が登場し、亜空間要塞と壮絶な攻防を繰り広げた。主な戦力はやはりバルディオスと3大メカで、他にもバルコプター、ジェミーメカ、ミニパルサバーン、フィクサー1など偵察や特殊任務を目的としたメカも登場している。これらは世界連盟軍で採用されている機体を小改造、もしくはそのまま採用しているものと、パルサバーンの技術をベースにBFSが独自に開発したものに大別される。軍規は比較緩いようで、オフタイムであれば基地内での飲酒も許可されている。その性格上交通の利便が悪い立地にあり、外部との往来は小型ヘリやエアカーが用いられている。劇場版では亜空間要塞に特攻し、バルディオスを要塞内に突入させるチャンスを作った。

シークット9[編集]

テレビ版第8話に登場。エラ・クィンシュタインが開発したアタッシュケース型の秘密兵器であり、取っ手の部分がキーとなっており、ジェット噴射機能とペリスコープを内蔵しており、中身は暗号解読機、手榴弾、小型ミサイル、小型ガスバーナー、通信機、レーダーパネル等の装備品などが備わっている。マリン・レイガンがアルデバロンによって拉致された少女を救出と可変要塞の破壊を目的に使用された。元々は本作のスポンサー元でもあった野村トーイの要求によって登場したものである。本放送時のCMでも登場していた。

フィクサー1[編集]

テレビ版第29話および劇場版に登場。パイロットはデビット・ウェイン。テレビでは衛星ガニメド破壊専用の特攻兵器。大型ブースターを後尾に装備しており、一気に光速まで加速できる亜空間飛行用の破壊ロケット。乗りこなすにはパルサバーンの操縦と同レベルの高度なテクニックを必要とし、デビットはその操縦技術でガニメドに特攻を果たす。劇場版では高性能の宇宙戦闘機という位置づけで土星決戦にBFSへの唯一の援軍として現れる。小型戦闘機の体当たりによる集中攻撃で中破してしまうが、デビットはその勢いで敵艦を道連れに自爆する。

ミニパルサバーン(ミニバーン)[編集]

テレビ版に登場。パルサバーンを解析して得た技術を基に開発製造された小型機で、バルディオス以外の地球側メカでは唯一亜空間への突入・帰還が可能である。元々は偵察機として開発されたため亜空間シャワー以外に特別な武装はないが、バルディオスの背面への合体によって別系統からのバルディオスの操縦が可能となる。パイロットは月影長官。

バルコプター[編集]

主に連絡、偵察に用いられる小型機。特別な武装はないが、随所に登場する。

ジェミーメカ[編集]

テレビ版第31話に登場。白鳥をイメージした形状で、チャージアップにより簡易変形する。戦闘力はほとんどないが、スペースサイクロンというトラクタービームが装備されている。パイロットはジェミー星野。ケイブンシャの『宇宙戦士バルディオス大百科』では「スペース・スワニー」という名称が記載されていた。小説ではポケットメイツ版に登場し、蟹のような形とされており、「宇宙風車ジェミー」と名付けられていた。

ガムジャード[編集]

テレビ版第17・18話に登場。世界連盟軍がバルディオスの性能を元に作った戦闘ロボットで、剣と腰の2門の光弾砲、足の裏側のビーム砲が武器。月影も認める高性能を持っていたが、アルデバロンの作戦に利用された挙句、デグラスが指揮する空母の体当たりによって破壊された。その名称は本番組の企画時の題名『宇宙戦士ガムジャード』より。小説では3作全てに登場。ポケットメイツ版では、亜空間突入も可能という表記があった。ソノラマ文庫版では、バルディオスの二倍の大きさ、20種類の武装、ワープも亜空間航法も可能とのこと。

アルデバロン側[編集]

アルデバロンが送り込む戦闘メカ。もとよりアルデバロンに配備されていたものと、地球攻撃用として新しく建造されたものが存在する。総称はなく、単に「メカ」もしくは「巨大メカ」と呼ばれる。バルディオスと直接戦闘するものばかりではなく、人工太陽や天然の衛星兵器として利用するケースもあった。劇場版では、アフロカーのデザインが一新されたほか、宇宙空母や宇宙戦闘機が新たに登場した。

亜空間要塞(アルゴル)
亜空間に存在するアルデバロンの本拠地。全長21300m、最大幅9500m、高さ8500m、乗員3億5000万人、基本材質ハイバナジウム-ニッケル鋼。アルデバロンの本拠地であると同時にS-1星移民団の居住地であり、一般市民も冷凍睡眠中の者を含めて多数居住している。兵力不足、食糧不足に悩むアルデバロンは一般市民を順次冷凍睡眠により削減し、予備役兵士を目覚めさせることで兵力を補充していた。テレビ版ではこの要塞に「アルゴル」という名称がついていた。地球軍の干渉の及ばない亜空間での存在を常時維持するために莫大なエネルギーを消耗しており、このエネルギー確保がアルデバロン軍の至上命題だった。ストーリー終盤でついにそのエネルギーも尽き、土星付近の通常空間に出現する。
空母(アルゴル)
アフロディアら指揮官が搭乗する赤色の宇宙空母。主にアフロディアが搭乗し、前線での司令部となる。劇場版ではこちらに「アルゴル」という名称がついている。透明円盤の搭載可能機数は117機。
透明円盤
全長15m。劇中のほぼ全般に登場した半透明の戦闘攻撃機で微生物プラナリアに似た外見。光線砲で空中・地上を問わず攻撃し、亜空間突入も可能な性能で世界連盟空軍を圧倒した。アルデバロン側では主に「戦闘艇」と呼ばれる。第19話では合体して透明エイになった。
アフロカー
アフロディア専用の小型機。設定上はエアカーであるが戦闘力も非常に高く、パルサバーンと互角に戦える宇宙戦闘機でもある。
ビッグ・オクト(第4話、劇場版)
バルディプライズ・キャタレンジャーを深海に誘い込み撃破するべくアフロディアが考案し、建造された、アルデバロン初の巨大メカ。アフロディア自らが乗り込み指揮した。合体に成功したバルディオスに圧倒され亜空間でパルサーベルの一撃で撃破される。小説ではコバルト文庫版・ポケットメイツ版に登場。
メガ・ドーザー(第5話)
都市破壊用のキャタピラつき巨大メカ。全長100mのバルディオスの2倍近い巨体で、文字通り街を踏み潰した。パルサーベルでの突撃で貫かれ撃破。小説ではポケットメイツ版に「重戦車メガドーザー」という名で登場。コバルト文庫版では名前のみ登場。
モグサー(第6話)
火山帯刺激用に建造された地中用の地熱変換メカ。デルス隊長の率いる部隊が操縦した。世界連盟の反磁力爆弾で撃破された。小説ではポケットメイツ版に登場。コバルト文庫版では名前のみ登場。
可変要塞(第8話)
ヒマラー山脈の要塞を変形させた巨大メカ。変形後の形態は「フォーメーションZ」と呼ばれる。亜空間ビーム一撃で破壊された。小説では3作全てに登場。
シルバーシャーク(第10話)
マリンの旧友フリックの乗る亜空間メカ。小説ではコバルト文庫版・ポケットメイツ版に登場。
ベムラー(第11話)
敵側初の人型巨大ロボット。ロケット弾を発射する銃が武器。動きも素早い。パルサーベルで両断された。小説ではポケットメイツ版に登場。
ベムロイド(第12話、劇場版)
双頭の竜型メカ(ブルーフィクサーでは「ベム型メカ」と呼んでいた)。テレビ版では至近距離からのサンダーフラッシュで撃破したが劇場版では亜空間へ逃げた後、その後は不明。
ガニム(第13話)
リトルジャパンを襲撃した緑色の巨大メカで、両目から光線を発射する。ブラムという幹部が乗り込み指揮した。パルサーベルで真っ二つにされる。小説ではポケットメイツ版に登場。
名称不明の巨大メカ(第17話)
2体の人型巨大ロボットで、どちらも腹部からミサイルを発射する。ガムジャードの剣であっさり破壊されたが、それはデグラスの作戦に過ぎなかった。
透明エイ(第19話)
透明円盤が合体したもの。亜空間ビームで撃破。
スーパーバーン(第21話)
アフロディアが乗った宇宙艇。第三帝国の核ミサイル排除のために、アフロディアが呼び寄せた。破壊はされなかった。
ブロリラー(第22話)
強力な「反光波爆弾」を満載した戦闘メカで、パイロットの脳波で誘導する有人特攻兵器。1号機は特攻に失敗して大破、2号機は自爆。
名称不明の巨大メカ(第23話)
日本に向かったパルサバーンを破壊するために現れた赤いメカで、アフロディア自らが乗り込んで指揮した。3門のビーム砲が武器。サンダーフラッシュで破壊される。
ミラジャガー(第24話)
全部で8機登場しており、4機ずつ出撃した。エネルギーを反射する特殊空間に閉じ込める作戦でバルディオスを大破させた。敵メカとしては最も健闘したが、パワーアップ後のバルディオスの敵ではなかった。一度目の出撃はジョリロ隊長が、二度目はアフロディアが指揮した。
ガメバリウス(第26話)
世界連盟レーダー基地攻撃に出撃。主武器はイオン砲で、空中砲台的な性格のメカ。ハル戦闘隊長が乗り込み指揮した。バルディオスのミサイルで撃破。
アクーダイカン(第27話)
赤い人型ロボット。バルディオスの動きに反応し、その全ての攻撃を避けられるように造られている。亜空間ビームで撃破。小説ではポケットメイツ版に登場。
ジョラー(第30話)
地球不毛作戦(穀倉地帯を耕作不能にする薬剤を散布)のために建造された金色のメカ。飛行形態から人型ロボットに変形する。バルディオスに対しても健闘したが、パルサーベルで切り裂かれて撃破。
ドルカ(第31話)
アルデタイト吸引作戦に使用された。直方体型に変形する。アフロディアが乗り込み指揮した。実体は白い球体である。光波爆弾をアルデタイトに対して撃ち込み、超吸収空間を太陽系内に出現させてしまう。小説ではポケットメイツ版に登場。
人工太陽(第32・33話、劇場版)
2台開発され、北極と南極に送り込まれた巨大メカ。攻撃を吸収し強力になって行くため、バルディオスでも破壊できなかった。両極の氷を溶かしきった後、燃え尽きた。小説では3作全てに登場。
スピリット・ガットラー
その名が示す通り、ガットラーの象徴といわれる巨大宇宙戦艦で、アルデバロンの旗艦。テレビ未放送の映像中では、月影の核物質転送を伴った特攻によって撃沈している。小説では3作全てに登場。コバルト文庫版では「スピリット・ガットラーI」と呼称されていた。
ガットキング(第35話)
未製作である第35話に登場する予定だったメカ。バルディオスの片腕をもぎ取る予定だったという。その姿はデザインされていない。ケイブンシャの『宇宙戦士バルディオス大百科』では、ドルカの画像が使われている。
ギャグレー(第37話)
未製作である第37話に登場する予定だった、ネグロスの指揮する円盤型メカ。ハーマンの指揮する万能潜水艦に体当たりされて相討ちとなった。
スピリット・ガットラーII
亜空間要塞の司令塔ブロック。初代とは大きく形状が異なる。キャタレンジャーの破壊に成功するも、バルディロイザーで撃沈された。小説ではソノラマ版にのみ登場。コバルト文庫版では名前のみ登場。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ - 「あしたに生きろバルディオス」
作詞:保富康午、作曲・編曲:羽田健太郎、歌:伊勢功一
エンディングテーマ - 「マリン・いのちの旅」
作詞:保富康午、作曲・編曲:羽田健太郎、歌:伊勢功一
挿入歌
「立て!バルディオス」
作詞:保富康午、作曲・編曲:羽田健太郎、歌:たいらいさお
「星空の虹」
作詞:保富康午、作曲・編曲:羽田健太郎、歌:川島和子
映画主題歌
「素顔のままで」
作詞・作曲:上田雅利、歌:TONY
「Sea Wind」
作詞:上田雅利、作曲:佐藤真紀、歌:TONY
映画挿入歌
「思い出ブルー・ドリーム」
作詞:保富康午、作曲・編曲:羽田健太郎、歌:戸田恵子
『女いのち歌』
作詞:保富康午、作曲・編曲:羽田健太郎、歌:戸田恵子
補足
  • テレビ版サウンドトラックLPレコード収録の際には、『アルジャーノンに花束を』→「アフロディアに花束を」、『火星人ゴーホーム』→「異星人ゴー・ホーム」、『世界の中心で愛を叫んだけもの』→「宇宙の中心で愛を叫んだマリン」や、『亜空間要塞』、『夏への扉』のようにSF小説のタイトルをもじったりそのまま使ったりしたものが曲名として使用された。この点については、監督の広川和之が、これは「パロディ」ではなく「ラヴ・レター」との趣旨である、すなわち一種の「オマージュ」であることを明かしている。
  • 羽田が作曲した主題歌・BGMは、テレビ版・映画版それぞれ放送・公開当時にLPレコード・カセットテープとしてキングレコードから発売されていた。CD化は長らくされていなかったが、テレビ版・映画版をまとめたものが2009年10月23日にディスク・ユニオンから復刻発売された。

放送時間[編集]

東京12チャンネル(現・テレビ東京)における放送時間。

曜日 放送時間 放送話数
毎週月曜日 18:45 - 19:15 第1話から第13話
毎週月曜日 19:00 - 19:30 第14話から第18話
毎週日曜日 7:00 - 7:30 第19話から第31話

※本放送時には製作上の第32話が第31話(最終回)として放送された。

放送リスト[編集]

本放送では第1話から第30話、第32話(放送上では第31話)が放送されたが、実際には第34話までが完成しており、完成していた回は後に発売されたレーザーディスクおよびDVDに収録されている。CS放送などで放送される場合は第34話まで放送され、この回が最終回とされているケースが多い。第35話以降も脚本と絵コンテは完成していた。脚本・絵コンテは、「豪華本」やアニメ雑誌の付録などという形式で一部が公開された。

  • タイトルに「※」が付いたものは本放送時には放送されなかった回
  • タイトルに「†」が付いたものは脚本と絵コンテのみが製作された回
話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 敵巨大メカ
1 孤独の追跡者 酒井あきよし 広川和之 田中保
2 パルサバーンの秘密 鳥海尽三 広川和之 二階堂主水 多賀一弘
3 スパイの烙印 筒井ともみ 四辻たかお 蕪木登喜司 飯野皓
4 亜空間突入の日 首藤剛志 湯山邦彦 大庭寿太郎 海野金太 ビッグオクト
5 甦える復讐者 鈴木裕二 宮崎一哉 飯野皓 メガドーザー
6 灼熱の決死圏 首藤剛志 野寺三郎 二階堂主水 上條修 モグサー
7 愛の墓標 筒井ともみ 宮崎一哉 飯野皓
8 ヒマラー山脈の決闘 酒井あきよし 野寺三郎 広川和之 田中保 可変要塞
9 めぐり逢い、そして… 筒井ともみ 田中修司 飯野皓
10 我が友 亜空間に散る 首藤剛志 佐藤元 二階堂主水 上條修 シルバーシャーク
11 情無用の戒律 酒井あきよし 田中修司 飯野皓 ベムラー
12 世界連盟から来た男 鈴木裕二 野寺三郎 広川和之 田中保 ベムロイド
13 想い出のリトルジャパン 首藤剛志 佐藤元 大庭寿太郎 海野金太 ガニム
14 さらば愛しの妹よ 筒井ともみ 宮崎一哉 飯野皓
15 いつわりの平和会議 首藤剛志 山室清二 二階堂主水 上條修
16 悪夢からの脱出 中村亮之介[2] 広川和之 山田雄三 田中保
17 裏切りと暗殺の旅路(前編) 酒井あきよし 田中修司 飯野皓 名称不明の巨大メカ2体
18 裏切りと暗殺の旅路(後編) 山室清二 大庭寿太郎 田中保
19 亜空間に架ける橋 山田雄三 透明エイ
20 甦った悪魔(前編) 首藤剛志 西村純二 上條修
21 甦った悪魔(後編) 湯山邦彦 田中保
22 特攻メカ・ブロリラーの挑戦 佐藤元 大庭寿太郎 ブロリラーI
ブロリラーII
23 マリン、日本を救え! 酒井あきよし 湯山邦彦 西村純二 上條修 名称不明の巨大メカ
24 ガットラー暗殺計画 首藤剛志 山室清二 石田昌平 田中保
25 謎の宇宙生命体 佐藤茂 山田雄三 ガメバリウス
26 バルディオス・パワーアップ! 首藤剛志 山室清二 石田昌平 ミラジャガー
27 私が信じたスパイ 酒井あきよし 関田修 アクーダイカン
28 決死のランデブー飛行 筒井ともみ
鈴木裕二
佐藤元 西村純二 上條修
29 地球氷河期作戦 首藤剛志 野田作樹 広川和之 本橋秀之
30 地球不毛の日 鈴木裕二
広川和之
山室清二 石田昌平 田中保 ジョラー
31 失われた惑星 首藤剛志 湯山邦彦 西村純二 上條修 ドルカ
32 (31) 破滅への序曲(前編) 広川和之 人工太陽
33 破滅への序曲(後編) 湯山邦彦 大庭寿太郎 田中保
34 地球の長い午後 野寺三郎 山田雄三 スピリット・ガットラー
35 アフロディアに花束を(前) 酒井あきよし 山室清二 石田昌平 ガットキング
36 アフロディアに花束を(後) 筒井ともみ 広川和之 本橋秀之
37 亜空間要塞最後の日 首藤剛志 山室清二 大庭寿太郎 田中保
38 雷太よ 明日を救え!! 野田作樹 石田昌平 猪股むつみ スピリット・ガットラーII
39 永遠への旅立ち 酒井あきよし
広川和之
山室清二 西村純二 上條修

次回予告[編集]

  • テレビシリーズ次回予告では冒頭に宇宙空間が描かれ、「宇宙……限りなく広がる星の海。地球の運命は……そしてマリンの運命は……!?」というナレーションが入り画面はホワイトアウト、『次回予告』が表示されて始まるSF性を強調していた。
  • 劇場版はTONYの主題歌に、マリンの「アフロディア、君とだけは戦いたくなかった」とナレーションが挿入される。キャッチフレーズは「スペース・ラブロマン、『宇宙戦士バルディオス』」というもので、ここでもテレビシリーズのSF性に加え、「愛と戦い」を強調した構成となっており、主役ロボットのバルディオスは1カットも登場しない。

オープニング、エンディング[編集]

  • テレビシリーズのオープニングはマリンとBFS隊員の活躍、バルディオスの合体シーン等が簡潔に登場するが、敵のガットラーやアフロディアは登場しない。
  • 同エンディングでは宇宙空間にバラの花、夕焼けの中に旅立つマリン、それを悲しげに見送るBFS隊員が描かれている。アフロディアも登場するが、私服姿であるため、本編のアフロディアと同一人物であるのは一見しただけでは不明確に描かれている。物語の結末を暗示していたが、結果的にどのメディアでも描かれなかったifエンドとなっている。

劇場版スタッフ[編集]

小説版[編集]

劇場版に合わせて3種類のノベライズ(各上下巻)が発売された。

原作者・酒井あきよし書き下ろし。劇場版のノベライズではなく、テレビ未放送部分の補完のための小説。構成は劇場版を基本にしているため、大部分が「破滅への序曲」以降のエピソードとなっている。テレビ版との違いは劇場版に準じたアフロディアの扱いのみ。
若桜木虔書き下ろし。テレビシリーズのノベライズ。ソノラマ版と違い、大半を「破滅への序曲」以前のエピソードが占めている。そのため、劇場版ではクライマックスの3次元復帰した亜空間要塞との最終決戦は、マリンとガットラーの最後の対決も含め、全巻約600ページの中、わずか15ページしかない。
北見徹書き下ろし。劇場版のノベライズ。

ゲーム[編集]

本作の直接的なゲーム化ではないが、シミュレーションRPGゲーム『スーパーロボット大戦シリーズ』にて本作に登場するキャラクター、並びにロボットが複数登場している。

スーパーロボット大戦Z
PS2にて2008年9月25日発売。特殊ゲームオーバーイベントとして本作の最終回が再現されているなど、幾つかのストーリーエッセンスもゲームシナリオに組み込まれている。前述の通り、製作時には塩沢兼人が死去していたためマリンの声優は山崎たくみが代役を務めた他、オリバーやガットラーの声優は劇場版準拠である。また、中断メッセージではテレビ版の次回予告の再現もされている。
第2次スーパーロボット大戦Z 破界篇/再世篇
PSPにて2011年4月14日発売(破界篇)2012年4月5日発売予定(再世篇)。携帯機初参戦。『Z』の直接の続編で『宇宙戦士バルディオス』も引き続き登場している。

イベント[編集]

  • バルディオス復活祭:映画化記念イベント[3]
  • バルディオスナイト2009:2009年10月22日に新宿ロフトプラスワンで行われたサントラCD発売記念イベント[4]

その他[編集]

  • DVD-BOXの解説書の広川和之によると本作の元ネタは『猿の惑星』であるという。かなり早い段階で物語の謎は明かされており、放送開始前のトイジャーナル1980年5月号や、本放送開始直後にキングレコードから発売されたサウンドトラックライナーノートにもその記述がある。
  • 英語表記での本作のタイトルは「BALDIOS」。
  • アマチュア特撮作品『愛國戰隊大日本』エンディングテーマ「起て!大日本」は、本作の挿入歌「立て!バルディオス」の替え歌である。
  • 劇場版公開当時、作中の名場面が印刷した、フィルムを模したセルロイドシートとシールおまけとしてつけた「バルディオスフーセンガム」が発売された。セルロイドシートは36種類あり、通し番号順に並べると劇場版のストーリーがほぼ再現できる。
  • 劇場版のラスト、テロップが流れるのに続いて、公募によるポエム・「愛のメッセージ」が字幕によって披露された。作は島田知保。
  • 理由は不明だが、TV版の最終話「破滅への序曲」は前話の「地球不毛の日」の次回予告でナレーターがタイトルを読み間違えている。
  • 2007年4月日本テレビ系列で放送された連続ドラマ『セクシーボイスアンドロボ』に主人公のロボ(松山ケンイチ)のロボットアニメマニアぶりを表現する小道具としてバルディオスの玩具が登場した。
  • 2009年春にバンダイビジュアルよりBlu-ray Disc-BOXが発売予定だった[5]が、中止になっている。
  • テレビ版、劇場版および、後年のスーパーロボット大戦シリーズ、その3つ全てにおいて同一キャストなのは、雷太の玄田哲章、デビットの井上和彦、ネグロスの飯塚昭三の3人である。

脚注[編集]

  1. ^ 気分転換的宇宙戦士バルディオス与太話 | 心の元点
  2. ^ 中村亮之介は広川和之のペンネーム。
  3. ^ 『アニメージュ』1981年9月号、『アニメディア』1981年9月号などを参照。
  4. ^ 佐藤元のブログEnjoyTOKYOなどを参照。
  5. ^ http://baldios.hp.infoseek.co.jp/gifuto3.html に掲載されているチラシを参照。

外部リンク[編集]

東京12チャンネル 月曜18:45-19:15枠(1980年6月-1980年9月)
前番組 番組名 次番組
ハクション大魔王
(再放送)
宇宙戦士バルディオス
マンガのひろば
※平18:30-19:00
宇宙戦士バルディオス
※19:00-19:30
東京12チャンネル 月曜19時台前半(1980年9月-1980年10月)
宇宙戦士バルディオス
※18:45-19:15
まんがふるさと昔話
(再放送)
※平19:15-19:30
宇宙戦士バルディオス
マンガのひろば
※18:30 - 19:30
【月のみつなぎとして30分拡大】

月曜スペシャル
(第1期)
※19:00-20:00
東京12チャンネル 日曜7時台前半(1980年11月-1981年1月)
宇宙戦士バルディオス
プロダクションリード制作アニメ
前番組 番組名 次番組
宇宙戦士バルディオス