マニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マニア(mania,maniac)とは、普段から自己の得意とする専門分野に没頭する生活習慣を持つ人物。特定の事柄ばかりに熱狂的な情熱を注ぐ者や、その様子を称して言う。

概要[編集]

マニアの語源はギリシャ語で狂気(madness)のことであり、自身の趣味の対象において、周囲の目をも気にしないようなところもある事から、「~狂(きょう)」と訳され、ほぼ同義のものとされる。同様の表現としては「○○バカ」に代表されるバカも挙げられる。なお下記の分類のうち、「収集家」及び「趣味狂い」に関しては「好事家(こうずか)[1]」と表記される場合もある。

精神病疾患としてのマニア
英語マニアMania:正確な発音は「メイニア」)とは、熱狂、熱狂の対象あるいは精神疾患の1つである躁病を意味する言葉であり、日本語で言うところのマニアに該当する言葉にはマニアックManiac)のほか、エンスージアストEnthusiast。エンスーと略して使用される)などが挙げられる。また、日本ではマニアやオタクとほぼ同義に用いられているフリークスFreaks)という言葉は、英語では「奇人・中毒者」などの意味を持つ[2]
収集家としてのマニア
スポーツ文化活動など、様々な分野のマニアがいる。特定の品を収集するものを、コレクションマニア(収集家・コレクター)と称し、美術品マニア・カーマニア・ビブロマニア(稀覯本収集家)といったような、様々な物品を収集する人もいるが、これが物品にかかわらず情報に指向した収集も存在する。
趣味狂いとしてのマニア
釣りキチ」のようにキチ(きちがいの省略形。差別用語)と付け、「気が狂ったように熱中しています」と自嘲するマニアもいる(→釣りキチ三平)。英語にも銃器マニアに対する「Gun nut」(nut=気違い、すなわち「銃キチ」である)のように、同様の表現がある。

脚注[編集]

  1. ^ 好事家とは‐コトバンク
  2. ^ なお、フリークスという言葉は日本でも「容貌が醜い、奇怪な者」に対するスラングとして用いられることがある[要出典]

関連項目[編集]